日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

16

温泉道 2022年初夏の箱根湯本へ

6月3日の金曜日は、いつもの温泉ナカマとの箱根湯本温泉への一泊二日の旅へ。

1997年に那須温泉へのゴルフ旅行を行ったのをきっかけに、1999年の12月からほぼ毎年12月ごろと6月ごろに当時の職場のメンバー8人くらいで温泉旅行を続けてきた。
2020年初夏以降のコロナ禍での中断を経て昨年12月に復活したけれど、その時は私を含む女子メンバーは日帰り参加だった。
そして今回はついに泊りがけでの参加だよ。

とは言え、極力感染防止を心がけることとして、往路・復路での車中宴会を回避するため、現地集合・現地解散ってことにする。
この日は各自昼食まですませて箱根湯本温泉駅での集合だ。
参加者は東京駅から小田原経由とか地下鉄直通のロマンスカーとか名古屋から小田原経由とか新宿からロマンスカーとか、それぞれの手段で箱根湯本駅に向かう。

箱根湯本温泉に集合したのは8人…のはずが、最強飲み友Mちゃんの姿が無い。
小田原の鰻の名店でランチをしたら思ったより時間がかかり遅れるとのこと。先に出発してくれとのことなので、ゆるゆると出発。
今回は安全安心な屋外中心に、箱根湯本周辺のモデル散策コースを歩く計画だ。
箱根湯本駅ー箱根町郷土資料館(箱根の街道や温泉街の歴史などが展示されている、ここでMちゃん追いつく)ー早雲寺(秀吉の小田原攻めの際に焼失した後再建されたもの、北条五代の墓などがある)ー正眼寺(曽我兄弟ゆかりの寺)ー信濃邸の火砕流堆積物(1万8000年前の噴火で蒸し焼きにされた樹木が含まれている地層っていう、ブラタモリ的なネタ)ー猿沢の石畳道(箱根旧街道の石畳が残る道)
ここまで来たところでポツポツと雨が降り出す。
ちょうど宿泊予定のホテルおかだの近くだったことから、この日の散策はここで打ち切って抜け道を駆け抜けて、ホテルへ。
ここで名古屋から参加のK野氏から、おみやげにサイダー味のういろうが配布される。
どうもごちそうさま!
今回日帰り参加のMちゃんは、ここでお別れ、また会おうね!

部屋に入って早速浴衣に着替えて温泉へ。
そのまま女子3人は湯上りに茶店にふらふらと座り込み、生ビールなど堪能する。
そこに男子チームのNH氏がぶらぶら通りかかったので、誘い込んでご一緒に生ビール。

その後一旦部屋に戻ってから、お食事処での夕食タイムとなる。
改めて生ビールで乾杯後、ビールや日本酒やそれぞれ好みのものを飲みながらのお食事。
席はゆったりめの配置で、感染防止にはそれなりに配慮されてる感じだ。

夕食のあとは男子部屋でチョコっと飲んで解散、その後女子部屋の冷蔵庫の瓶ビールを飲みつくして、おやすみなさいとなったのであった。

◆箱根湯本温泉ホテルおかだ 神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋191 0460-85-6000  

私は新宿からロマンスカーで
2022初夏の箱根旅行

車中はおとなしくノンアルね
2022初夏の箱根旅行

箱根町郷土資料館からそれなりの坂道などを超えて、早雲寺
2022初夏の箱根旅行

2022初夏の箱根旅行

2022初夏の箱根旅行

2022初夏の箱根旅行

信濃邸土台火砕流、どこが1万8000年前なのか良く分からぬが
2022初夏の箱根旅行

石畳道、初めて来たけど実はいつも来ているホテルおかだから意外と近い
2022初夏の箱根旅行

K野氏からのおみやげのサイダー味ういろう、ホントにサイダーの味がした
2022初夏の箱根旅行

夕食はなかなか良い感じ
2022初夏の箱根旅行

お造り盛り合わせ
2022初夏の箱根旅行

乾杯~
2022初夏の箱根旅行

牛肉は豆乳のしゃぶしゃぶで
2022初夏の箱根旅行

先付け、おつまみ盛り合わせとも呼ぶ
2022初夏の箱根旅行

焼物は甘鯛西京焼き
2022初夏の箱根旅行

鮎とかエビの湯葉巻きとか野菜とかの天ぷら
2022初夏の箱根旅行

冬瓜湯葉包みの煮物
2022初夏の箱根旅行

湯引き鱧
2022初夏の箱根旅行

ご飯、赤だし、香の物
2022初夏の箱根旅行

デザート
2022初夏の箱根旅行

温泉旅館で食べ過ぎないって、難しいよね。

〈裏tomo君〉
アンタの場合、飲み過ぎないってのがもっと難しいよね。


〈となりのtomo君〉
色々とやらねばならないこともあった先週金曜日、ふとテレビをつけたら金曜ロードショーで「となりのトトロ」をやっていて、思わずずーっと見てしまう。
何度も何度も見ているんだけど、やっぱり好きだな。
ストーリーも良いんだけど、出てくる景色が好き。
幼いころに遊びに行った田舎の父や母の実家の雰囲気がそこここに感じられる。
お風呂とか台所とか夜の裏庭とか夏の夕方の田畑とか勘太の家の土間とか座敷とか。
でも、そういうことを知らない子供たちにも人気なんだよね。





スポンサーサイト



コメント

車中でビール飲まないってtomoさんではないみたい。撮影用の写真ですか(笑)。

やぱり箱根に行くならロマンスカーのほうが、気分が盛り上がることでしょう。

ホテルおかだの料理は、さすがですね。
乾杯のビールがさらに美味しそうに見えます。

トトロはいつも私の心のどこかにいます(^u^)

> 温泉旅館で食べ過ぎないって、難しいよね。
〈裏tomo君〉
> アンタの場合、飲み過ぎないってのがもっと難しいよね。

ロマンスカーで呑んでたらそんなことには…
<裏tak君>
え、おんなじ結果ちゃうんか?
(=^▽^)σ

豪華な食事と温泉と昔馴染みの素敵な仲間・・・好い旅ですね~🎶
でもtomoさんは頻繁に飲み会をしてるのにコロナ感染しないとは立派です❣
常に準備している薬など有るのですか?
私はコロナ禍以来まだ家族以外との飲み会は控えています。

ナブーさん、

現地で十分に飲めるように、車中では控えてみましtた。

てつあんさん、

気がつけばホテルおかださんにも随分通っています。
昔はもうちょっと寂しいお料理のコースもあった気がするのですが、いつしかお部屋もお料理もグレードアップしたのかな。今はいつ行っても安心なところです。

猿君、

昔はビデオも持っていたのですがいつのまにか手放してしまいました。DVDとか買いなおそうか真剣に考えてます。

takさん、

いずれにしても最終的には同じことになりそうな気がします。お泊まり宴会の場合、電車で帰らなくても良いという安心感がブレーキレスになるんですよね。

ティコティコさん、

3年ぶりにこのような時間を持てたことを、幸せに思います。
コロナ禍の飲食は難しいです。ブログにはイベントのあった時のことを中心に記事にしているので頻繁に飲み会をしているように見えるかもしれませんが、基本は感染状況をみてピーク時にはほぼ完ぺき自粛か参加してもノンアルやマスク会食だったりします。
岸田首相も感染なさったようですし、ここまでくると感染するかどうかは運なのかもしれません。
特効薬があれば知りたいものですが、私にできるのはワクチンで重症化を予防し、状況に応じてマスクと換気と手指消毒に気を付け、バランスよく食べて睡眠をとって自己免疫を高め、少しでも体調に不安があれば出歩かないということでしょうか。

湯上り茶店のビールを飲み尽くし、部屋の冷蔵庫のビールも飲みつくす(笑)

愛知のジブリパークいつ完成か知らないけど、早くも前売り券発売になってたなぁ~
1度は行きたい♪

如月さん、

いやいや、茶店では飲みつくしてないから、確か生ビール1杯ずつしか飲んでないし。
愛知のジブリパークのニュース見たよ、一度は行ってみたい、と言いつつ三鷹のジブリの森美術館は行ったことないんだけどね 笑

ロマンスカーわくわくしますね。新宿からでるところがよいのかな。長く続く仲間との交流は宝ですね。早雲寺 山号が金湯山というところが箱根らしいですね。先付けと甘鯛に特に惹かれました。良いなー。

こういうイベントを、また再開したいものです。

林太郎さん、

ロマンスカーに乗った時から旅が始まる感じがしますよね。
もっとも、町田に住んでる友人は、飲んだ帰りにしばしばスマホからロマンスカー予約して乗って帰ってるようなので、あれは旅心とは違いそうですが。
この宿は駅からちょっと離れてますが、割と気に入って通ってます。

kazubon、

とりあえず6月は再開できたけど、次の12月はさてどうなってるでしょうか。
非公開コメント
My profile

Author : tomo日本ビール党の部屋

Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

プロフィール

tomo日本ビール党の部屋

Author:tomo日本ビール党の部屋
Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ