日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

18

温泉道 2019年冬 温泉旅行の王道熱海へ 1日目

11月29日~30日、いつもの温泉ナカマの皆さんと熱海へ出かけた。
東京駅に集合して、スーパービュー踊り子号で熱海に向かう。
今回の参加者は6名、1名が遅れて参加、1名が早めに帰るので、往復ともに車中は5名だ。
早速ビールを飲みながら各自が持ち寄った食べ物で、楽しい宴会状態へと突入する。

到着後はタクシーで起雲閣へ。
1919年(大正8年)に別荘として建築され、所有者の変遷を経て1947年(昭和22年)に旅館に生まれ変わった建物を、今は熱海市の文化財として一般公開しているところ。旅館時代には熱海を代表する宿として山本有三、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、舟橋聖一、武田泰淳など、日本を代表する文豪たちにも愛されていたと言う。
少し歪みのある大正時代のガラス窓や、今見てもモダンなタイル張りの床のサンルーム、マントルピースのある洋館などが、美しい和風庭園を囲んで建っている。
のんびり順路に沿って見て回っているうちに、いつのまにか最強飲み友Mちゃんの姿が見えない。
どうやら途中の部屋のソファで寝てしまっていたようで、慌てて後から追いついてくる。

少し早いけどこのまま宿に向かおうかと思ったら、熱海梅園でもみじまつり開催中とのチラシが目に入り、行ってみることにする。
この頃にはだいぶ日が傾き、寒くなってきたので早々に退散。

ここから宿までは地図で見ると割と近そうだけれど、歩くとなるとかなりの急こう配の車道だ。
女子3人は迷わずタクシー、男子2人は徒歩と2手に分かれる。

チェックインしようとしたら、ここで驚愕の事実が判明する。
なんと、宿泊予約が本来あるべき29日ではなく30日で入っていたのだ。
誰だ、こんな基本的なことを間違えたのは?と言うと、それは私なのであった。
みんな、ゴメンナサイ!

<裏tomo君>
あまりにもアホすぎて、もはやツッコミようもなし。

幸い宿の方がご調整下さり、何とか泊まれるとのことで、ほっと一息。
危うく熱海の山の上で路頭に迷うところであった。
ただし夕食時間はバイキングで午後7時開始とやや遅めしか用意できないとのこと。
この際贅沢は言っていられないので、あいた時間はカラオケをやることにする(ちょうどカラオケ半額セールをやっていたしね)。

ゆっくりお風呂を堪能し、時間ギリギリまでめいっぱいカラオケで盛り上がり、夕食やお酒をいただき、部屋でK野氏持参のワインなど軽く飲みなおして、一日目は終わる。

◆起雲閣 静岡県熱海市昭和町4−2 0557-86-3101 https://www.city.atami.lg.jp/kiunkaku/

◆熱海梅園 静岡県熱海市梅園町8−11 0557-86-6218

◆かんぽの宿熱海本館 静岡県熱海市水口町2-12-3   0557-83-6111


車内で飲むビールって、なんでこんなに美味しいんだろうね
熱海旅行_車中

食べ物は持ち寄り、いつも多すぎるので「自分一人ですべてを食べきれる分量」との指令が出ている
熱海旅行_車中

私は黒豚焼売、10個にしようかと思うところぐっと我慢して5個で
熱海旅行_車中

結局最後は食べきれぬほどの量になる、このあとみさ姉がまさかのデザートパン6個を繰り出した
熱海旅行_車中

起雲閣、大正のガラスが残っていて微妙な歪みが良い感じ
起雲閣

2階、太宰治滞在の間からの景色
起雲閣

洋館
起雲閣

起雲閣

マントルピースもおしゃれ、屋根にはサンタさんが来そうな煙突がある
起雲閣

ローマ風浴室、今は入れない
起雲閣

庭の真中の大きな石は20トンの重さで、10人以上の庭師が2か月以上かけて運んできたもの
起雲閣


熱海梅園のもみじまつり、梅まつりと違って入場無料だけど、屋台などはほとんどない
熱海梅園_もみじまつり


紅葉は綺麗だったけど、すでに日が傾きかけていて写真ではイマイチだね
熱海梅園_もみじまつり


チェックインまでにすったもんだあったけど、とりあえず温泉のあとはカラオケでビール
かんぽの宿熱海

なぜかこの温泉旅行メンバーで良く歌われる曲
かんぽの宿熱海

これは元上司N氏のオハコ、ハンカチなどを振りながらの全員合唱となる場合が多い
かんぽの宿熱海


そして夕食タイム
かんぽの宿熱海

バイキングスタイルなので好きなものを好きなだけ、写真はこの一枚しか撮ってなかった
かんぽの宿熱海

さらにK野氏差し入れのボジョレーヌーボーなど飲みながら夜は更ける
かんぽの宿熱海

コップマークは最強飲み友Mちゃん提供
かんぽの宿熱海




スポンサーサイト



コメント

青春アミーゴはわかりましたが、
もう一曲は??? (^^)

事務局とか幹事とかで予約間違えって、いつかやりそうでコワイです。
確保できたのが、布団部屋じゃないみたいで良かったですね。(^O^)

真っ宿泊日の間違え、どこかでマンネリ化していたのかな?
それはそれとして長く続くお付合い、素晴らしいです(=^・^=)

呑み鉄?

あ~、みんなでワイワイ呑み鉄! ホントにいいなぁ~
起雲閣ローマ風浴室、味わいがあるなぁ~
宿の予約日の間違い、焦りましたね。

> 車内で飲むビールってなんでこんなに美味しいんだろうね…

現地で驚愕の事実を突きつけられることをこの時は知る由もなく…
(ーー;)

キャンセル料は大丈夫だったのですね?
良さ気な旅館♪

てつあんさん

もう一曲はかなり古いので難問ですね、でも聞けば聞いたことあるんじゃないかな。
当初予定と同じ海の見える和洋室を確保していただけました、ホントに感謝です。

くろっぺさん

私、割とこの手の間違いを良くやるので気をつけていたんですが、ぬかりました。
このナカマはもう一生のお付き合いですね~

おんだなみさん

車内で飲むのって旅の大きな楽しみの一つですよね。
最近車内販売が減っているのは、寂しい限りです。

takさん

宿に到着したら入り口前に寛一がお宮を蹴ってる場面の顔出し看板があって、女子3人ではしゃいで撮影しました。
その直後に驚愕の事実を突きつけられることをこの時は知る由もなく…

小太郎さん

それどころか、会席料理→バイキング夕食に変更になったため、当初予約していたより結構お安くなったのでした。

起雲閣は未だ営業してた頃泊まりました料理も高級で美味しく暖炉の付いた好いお部屋でした♪

ティコティコさん

わーっ、泊ったんですね!いつ頃なんでしょうか。
暖炉がついていたと言う事は洋館のお部屋だったんですね。
2000年からは熱海市の所有となったようで、居間は観光施設になっています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そういえば、踊り子号に新車が導入されるというニュースが出ていましたね。

kazubon

そうなると今の列車は引退みたいなことをどこかで読んだ、家族旅行とか思い出深い列車なのでちょっとさびしいね。

2019/12/23(月) 16:04:03の内緒さん

ホントに良かったです、日付と金額は絶対間違えてはいけないポイントなんですが、油断がありました(笑)
明日は、確か箱崎方面で句会だったかな~

もっとスゴい

自分は予約を入れて無いことすら忘れていて、宿に入る前に見かけたご主人が
『今日泊まるんだったっけ?』
と電話くれたことあり増田明美。

かわしりさん

負けました(笑)!
あ、それ、気仙沼大島?
非公開コメント
My profile

Author : tomo日本ビール党の部屋

Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

プロフィール

tomo日本ビール党の部屋

Author:tomo日本ビール党の部屋
Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ