日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

20

神楽坂・ル ブルターニュ ガレットクラシックでランチ

11月11日の月曜日は、いつもの銀漢亭へ。
小雨模様で早い時間は空いてたんだけど、次第にいろんな人がやって来る。はっきり言って店主さまの人望だね。遅くなって俳句勉強会の反省会の人々が訪れて、先日の伊勢のお土産の献上酒を持ち込み、私もご相伴にあずかり、だらだら飲んで最後は終電で帰宅。

銀漢亭

銀漢亭


少し飛んで11月14日の木曜日は、昼前に神楽坂へ。
来月一緒に東北旅行に行く予定の高校時代の友人と集い、美味しいお昼でも食べながらあれこれ相談しようって言う作戦。友人の一人が神楽坂在住で、お勧めのお店を予約してもらってるんだな。

神楽坂からちょっと路地を折れたところにあるウッディな雰囲気のお店、ル ブルターニュ。
クレープとガレットを中心としたブルターニュ地方のお料理がウリらしい。
初訪問なので一番基本っぽいランチセットをオーダーする。
グリーンサラダ、ガレットクラシック(メニューから選択、私は玉子・ハム・チーズ・玉ねぎのガレットね)、シードルのランチセットが1600円くらい。

<蘊蓄tomo君>
ブルターニュ地方では元々は貴重な小麦粉で作ったクレープは果物やジャムなど甘い具材と一緒に食べるデザートで、いわば贅沢品。荒地でも栽培できてボソボソしているそば粉で焼いたガレットは玉子やハムなどを入れた食事の位置づけだったらしい。
でもまあ、これが日本に渡ってくるとどちらもお洒落な女子好みの食べ物ってことになってるのね。

ドリンクはコーヒーや紅茶もあるけど、シードルもある。
シードルはブルターニュで良く飲まれているリンゴでつくる発泡酒で、アルコール度数はだいたいビールと同じ感じ。もちろん、迷いなくシードルをオーダー。
グラスじゃなくって湯呑みみたいな器で飲むのが、ブルターニュ風らしい。
そう言えばパリで飲んだカフェオレも、丼みたいなカフェオレボールだったよね。
ランチの後は隣にあるショップで、ブルターニュのなんたらを使ったキャラメルを購入。そして地元在住の友達の案内で、神楽坂界隈を散策する。
かつて馬をつないだ金具があったり、夏目漱石ゆかりの場所があったり、文豪たちがこぞって使っていた原稿用紙を得る文房具屋さんがあったり、知らずに歩いていると見過ごしてしまう見どころが色々あるんだね。

歩き疲れたところで喫茶店に入って、やっと真面目に旅行の相談。
その後、さらに神楽坂をうろついてから、この日は解散する。
こうやって一回の旅行をネタに何度も打ち合わせするのも、旅の楽しみだよね。

◆ル ブルターニュ 新宿区神楽坂4-2 コンフォート神楽坂 1F 03-3235-3001

この日はこのあと銀漢亭で句会の予定。
地下鉄で行こうかと思ったけど、時間があるのでウォーキングってことで、ぶらぶら歩いて神保町へ向かったのであった。


ウッディな外観のブルターニュ、席を選べたのでテラス席をお願いしする。
ル ブルターニュ

店の前は石畳、こんな鉢植が置かれてる。
ル ブルターニュ

シードルをついでくれるのは湯呑みみたいなカップだ。
ル ブルターニュ

マッコリかどぶろくで乾杯しているような気分になる。
ル ブルターニュ

グリーンサラダ。
ル ブルターニュ

ガレット、玉子は目玉焼きっぽく落としてあるけど、ガレットが熱々なので食べる頃にはもうちょっと火が通る。
ル ブルターニュ

ランチを終えて神楽坂探索。
神楽坂

路地裏のお宅のこの金具は、かつて馬を繋ぐためのものだったらしい。
神楽坂

神楽坂に関する写真はこの角度から撮るのが絵になるので、しばしば雑誌などに登場する構図らしい。
神楽坂

喫茶店で一休みしながら、いよいよ真面目に旅の相談を!
神楽坂
スポンサーサイト



コメント

ガレットって蕎麦粉入りってイメージがあるので怖くて食べれません(笑)

シードルは出来るだけキンキンに冷やして飲むのが甘みが抑えられて好きです~(^o^)丿

パリには一度行きましたがガレットもシードルも嗜んだ記憶がなく(ー ー;)

…ブルターニュのなんたらを使ったキャラメル

『なんたら』って…(ーー;)

以前、江戸川橋近くの会社にいたころ、神楽坂はランチと散歩に恰好な所でした。でもせいぜい中華か蕎麦屋で、フレンチは行ったことがないな~、裏手の階段下にあるお風呂屋さんはまだあるかな?

おん蔵さん

ガレットの皮の部分はそば粉そのものなので、残念ながらおん蔵さんはやめておいた方が良いみたいですね。

猿君

シードル、良く冷えていて美味しかったです。

小太郎さん

ガレットはブルターニュの郷土料理なのでパリでは一般的じゃないかもですね。クレープは街角でテイクアウトして食べた記憶有ります、

takさん

うーん、バターだったか、あまり記憶が(笑)
美味しかったのはよく覚えてます。

くろっぺさん

コメント欄の件、ありがとうございました!
おかげでみなさんにコメントいただくことができました。
神楽坂で生まれ育って今も住んでる友人が、お勧め店を案内してくれました。他にも行ってみたいお店がたくさんあるので、平日ランチでまた行ってみようと思います。
そしてお風呂屋さん、ありましたよ!

職場が近かったころは、よく飲んでいましたが、先日久しぶりに行ったら、完全に浦島太郎状態。

このタイプのガレットをみると、マサラドーサが食べたくなってしまいます。(^^)
カフェでシードルというのが、オシャレですね。

ガレットは好きなのですが、一つでお腹いっぱいになってしまい、他のものが食べられないのが残念なんですよね。歳と共に胃も小さくなっているようです。

流石、神楽坂、馬止めがあるんですね。

この器で、シードルって(笑)
器に罪はありませんが・・・

甘いクレープもあまり食べませんがフランスで何度食べても・・・ブルターニュの港町ディエップで食べてもガレットは何時も粗末で美味しいと思ったことは有りませんシードルはパリのサンマルタン運河沿いに住んでいた頃冬になると樽から注ぐものを飲ませてくれるのでよく飲みましたしかしアルコール度数が低いのでがぶがぶ飲まないと酔えませんね。太字の文

kazubon

新しい店が多くて、しかもどんどん移り変わってる感じですね。

てつあんさん

ガレットからマサラドーサを思い浮かべるとは、さすがエスニック好きですね(笑)!
シードル、甘いから積極的には飲まないですが、このランチセットに付けられるアルコール印象派シードルだけだったのです。

いちろうさん

割と薄めのガレットだったですが、これだけでおなかいっぱいですね。だらだら食べながら飲みたい夜には不向きだと思います。
神楽坂の裏道は、歩いているといろんな発見がありますね。

おんだなみさん

カフェオレボールを小さくしたような感じだから、案外フランスでは普通なのかも。

ティコティコさん

私はフランスはパリしか知りませんが、物の本で読むとガレットと言うのは元々はフランスの田舎で救荒作物である蕎麦で作った、粗末でおなか一杯になるための食べ物のようです。
日本では独自に進化してお洒落になって、お味も周りはカリっとして中はもちもちして美味しかったです。
非公開コメント
My profile

Author : tomo日本ビール党の部屋

Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

プロフィール

tomo日本ビール党の部屋

Author:tomo日本ビール党の部屋
Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ