日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

20

グループる・ばる 蜜柑とユウウツ ~茨木のり子異聞~ 観劇




9月15日の土曜日は、池袋の東京芸術劇場シアターイーストにて、グループる・ばるの蜜柑とユウウツ~茨木のり子異聞~を観劇した。

グループる・ばるの説明はHPによると、以下青字の通り。

グループる・ばるは1986年、松金よね子、岡本麗、田岡美也子の3人の女優が集まって結成した演劇ユニットです。「東京乾電池」の舞台にゲスト出演し、そこで何度か共演するうちに「自分たちの芝居を作りたい」という共通の思いを抱き、グループを結成しました。
結成の主旨は、3人の女優が与えられた芝居をするという受け身の姿勢を止め、自分たち自身の手で「よりリアリティーのある舞台を目指して企画し、作り、演じていこう」というものでした。
女優3人が、毎回違った作家・演出家と企画からともに芝居作りをしていくアグレッシブなグループと自負しています。
新しい出会いをしっかりと正面から受け止め、時代と対話する舞台作品を掘り起こしていきたいと考えています。


今回の公演は、「さよなら身終(みじま)い公演」と題されており、このグループでの最後の公演となるらしい。
俳句ナカマの方が関係していることもあってお声がけいただき、ナカマ4人で観にいってきた。

まずは夕方東京芸術劇場1階ロビーで待ち合わせて、ロビーにあるカフェで「コバラをみたす」ことに。
生ビールやつまみをいただきつつ、開場を待つ。

劇場は地下にある。
4人で並んで座って、舞台を楽しむ。

【ストーリー】
実在の詩人茨木のり子を題材として、彼女が死んで数か月後のお話らしい。
舞台にはのり子の幽霊(?)やその他この世のものでない人たちと、リアルな人たちが交差する。
やがてのり子の過去から現在までの物語が再現されてゆき・・・

【スタッフ、キャスト】

    長田育恵(てがみ座)
演出
    マキノノゾミ
出演
    松金よね子
    岡本 麗
    田岡美也子

    木野 花
    小林 隆
    小嶋尚樹
    古屋隆太(青年団)


公演終了後は、4人で近くの居酒屋で反省会となる。
そこで話し合われた劇の話題から、私は決定的なことを理解しないまま観ていたことが判明。
う~ん。。。

東京公演は9月23日で終了。なんと、千秋楽に岡本麗さんが舞台から転落すると言うアクシデントがあって公演は中止となったものの、無事回復して今後の地方公演は予定通り実施とのこと。
ご興味がある方は、是非ご覧あれ。

<裏tomo君>
決定的なことを理解してない人にストーリーとか書かれてもねぇ。


日記を補足しておくと、この日は午前中は家庭の野暮用あり、午後は四ツ谷でI斗氏・おひささんと待ち合わせて、近く予定している迎賓館吟行の下見をしてからの池袋行き。
久しぶりに、なかなか慌ただしい1日であった。

◆蜜柑とユウウツ ~茨木のり子異聞~ http://www.lebal.jp/stage/241809/

◆ベルギービールカフェ ベル・オーヴ 東京芸術劇場 豊島区西池袋1-8-1 東京芸術劇場 1F
 03-3987-7895

◆くいもの屋わん 池袋西口公園前店 豊島区西池袋1-10-8 サン・グロウビル 4F 03-3980-1152



午後から、迎賓館吟行の下見へ。


今は事前申し込み無しで見学可能。
ただし室内は撮影禁止とかメモ帳も禁止とかスマホも携帯も筆記具もぜんぶ鞄に仕舞えとか色々制限あり。


このあたりが記念撮影スポットかな。


迎賓館だけじゃ俳句作るの難しそうなので、近くの名所旧跡も探索。


ホテルニューオータニのお庭も散策しようということに決定。





吟行後の宴会場所下見はI斗氏とおひささんにお任せして、私は池袋の東京芸術劇場に移動。
まずは1階カフェでビールで乾杯。


カラスミパウダーがかかったサラダ、美味しかった。


田舎風パテ。




ザワークラウトは、酸っぱい美味しさ、体の中が浄化されそうな気がする。




で、蜜柑とユウウツの観劇が終わって近くの居酒屋へ。わんは、お通しがサラダなのが良いんだよね。


枝豆はふつう。


乾杯!


秋刀魚の竜田揚げ。


牛タン焼き。


だし巻き玉子。


明太とチーズのパリパリ揚げ。


〆は、アサリとタコのボンゴレ風。



台風24号は沖縄に大きな被害をもたらし、強い勢力のまま九州南部に接近中とのこと。
これから関西、関東を駆け抜ける可能性が高いらしいので、みな様お気をつけて。
そして早くも次の台風25号が発生、どうか大きな被害が出ませんように・・・


スポンサーサイト



コメント

No title

明太とチーズのパリパリ揚げ
美味しそう~
ビールに合うなコレは!!

No title

ザワークラウトが大好きなので作りたいのですが、意外と手間がかかる料理なのでちと厳しいかもです(^_^;)

No title

台風の被害が心配ですね。

No title

迎賓館には招待状が来たら、行ってみたいです。(^^)
中で撮影が出来ないのは、残念ですね。

明太とチーズのパリパリ揚げは、チュニジア餃子かと思いましたよ。

No title

おお迎賓館素敵‼️

No title

itanakaさん、職を引いたらあれもやろうこれもやろうと思っていたことの十分の一もできてない感じです。そろそろ気合入れないと(笑)

No title

ナブーさん、実際にいろんな賓客をお迎えしている部屋を見られてなかなか感動ですが、カメラ・携帯はともかく筆記用具も手持ち禁止と、かなり警戒してる感じです。

No title

takさん、東京は暴風が深夜となったので台風の直接的な被害は多くなかったようですが、交通機関がかなり乱れました。

No title

小太郎さん、以前は原則事前申し込みが必要だったそうですが、今は普通に入れるようになっています。ただし手荷物検査は結構厳重でした。

No title

ともさん、明治42(1909)年に、日本人の建築家が西欧の意匠を取り入れつつ和の要素も入れて作ったネオ・バロック建築(←パンフ抜粋で、意味はあんまり分かってません)だそうです。
実物見ると、かなり迫力あります。

No title

西研さん、実物はどう見てもザワークラウトでしたが、写真だとそうも見えるかな。

No title

如月さん、今度お会いしたら(と言っても旅公演のため結構先かもですが)、追加の地方公演無いか聞いてみますね。
木野花さん、すごく存在感のあるカッコいい役でした。

No title

くろっぺさん、私はあんまりストーリー理解できていなかったみたいです(笑)

No title

8818さん、ビールやホッピーなど、甘くない炭酸系のお酒に合う気がしました。

No title

猿君、ホンモノは発酵食品なので失敗するとやばそうですね。オスと調味料を煮立ててキャベツを煮て馴染ませても、似たようなものができるみたいですよ。

No title

おん蔵さん、しかもまた次がスタンバイしてるみたいです。

No title

てつあんさん、私も招待状をいただいたら、イブニングドレスを着て馬車で駆け付けたいと思いました(笑)

この揚げ物は、ワンタンの皮の二つ折りってイメージで、チェニジア餃子と比べるとかなり小ぶりな一口サイズです。

No title

かわしりさん、ぜひご夫婦でお出かけを!

No title

> tomo@日本ビール党の部屋さん
10分の1・・・
そうですかー!
私と対照的ですねー!!
私はやりたかったことを10倍速で片付けてしまい、
失業保険受給後半は暇を持て余してしまいましたよー(笑)

No title

itanakaさん、10倍速、素晴らしいですね。
私はなんだか一日があっという間に過ぎてしまいます。
非公開コメント
My profile

Author : tomo日本ビール党の部屋

Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

プロフィール

tomo日本ビール党の部屋

Author:tomo日本ビール党の部屋
Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ