日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

15

文楽東京公演観劇 2018年5月

5月19日の土曜日、文楽の東京公演を観てきた。
2月に続いて2回目の文楽観劇は、なんと昼の第一部と夕方から夜の第二部を両方観ちゃおうって言う、初心者にしてはアグレッシブな作戦だ。
10時半開場11時開演なんで、早めに行ってプログラムを買い求める。
事前に文楽に詳しい大阪在住のRN氏から、今回のは難しいからプログラム良く読んでおかないとtomoさん理解できないかもと脅かされている。

プログラムには作品の見どころ、ストーリー、出演者、主な登場人物の関係、どんな人形が使われているのか、作品背景なんかが書かれているので、急いで読んで、せめてあらすじくらいは理解するようにがんばる。

2月の時も書いたけれど、文楽はセリフやストーリーを三味線に合わせて太夫がしゃべり、舞台上では人形を人形遣いの人が動かしてストーリーを進めていく。
要するに人形劇なので通常の演劇や歌舞伎よりリアリティに欠けるところもあるけれど、逆に人形ならではの大げさな、ありえないような動きがあって結構楽しい。見栄を切るような場面では、小さなはずの人形がやけに大きく見えたりする。

第一部
本朝廿四孝(ホンチョウニジュウシコウ) 
甲斐と越後のつばぜり合いと、山本勘助誕生のストーリー。
 桔梗原の段 

桔梗原の段が終わるのが11時50分ごろで、ここで25分の休憩になる。
ちょっとせわしないけどお昼を食べるならこのタイミングってことらしいので、館内の食堂で軽食をいただく。
この後も長丁場なのでビールは抜きで、カレーライスね。

五代目吉田玉助襲名披露口上
幕が開くと舞台上にずらりと1ダースぐらいピンクの裃姿のおじさんたちが並んでいる。向かって左端の人が司会役で前列にいる人を次々と指名して、指名された人が襲名の御祝いのスピーチをして、最後に真ん中に座っている今回五代目吉田玉助を襲名した人が御礼の挨拶をする。
結婚披露宴のスピーチレベルの適度にユーモアのある話(昔一緒に麻雀をやったとか)もあって、結構楽しい。中には緊張からか、挨拶のセリフを噛んじゃう人もいる。後で聞くと、今回襲名披露をしたのは人形遣いの人なので舞台上にいるのはみんな人形遣いの人、普段のお仕事ではまったく台詞をしゃべらないから、しゃべりが苦手な人もいるらしい。
これが太夫さんの襲名披露だと、名調子のスピーチの連続になっちゃうのかもね。

本朝廿四孝のつづき
 景勝下駄の段
 勘助住家の段(襲名披露狂言)

義経千本桜 道行初音旅
逃亡中の源義経が吉野山にいると聞き、桜満開の中愛人の静御前がお供と義経に会いに行こうとしている道中。でもこのお供はどうやら狐らしい。

ここまでで第一部が終了、午後3時20分頃だ。ロビーをぶらぶらしたりして4時の第二部開始を待つ。


第二部
英彦山権現誓助剣(ヒコサンゴンゲンチカイノスケダチ)
仇討ち物、姉妹他で闇討ちされた父の仇を打とうとするが、妹のお菊が返り討ちにあったり家来が殺されたりと苦労の末、なんかうまくいきそうになったところで終わる。瓢箪棚の段が面白い。棚の下で争っていた2人が棚の上に上ってまた争う場面。2人と言ったけど、人形1体につき3人の人形遣いの人がついてるから、狭い瓢箪棚の上に人形2体と人間6人が入り乱れるんだもんね。
 須磨浦の段
 瓢箪棚の段
 杉阪墓所の段
 毛谷村六助住処の段

終演は夜の8時40分頃となる。
とにかくこの日は朝から夜までずーっと文楽でちょっとお疲れ、この後は反省会へ、Go♪

<裏tomo君>
で、結局ストーリー理解できたの?



地下鉄半蔵門駅、国立劇場方面は1番出口と6番出口から。6番出口は全てエスカレーター設置で足に自信が無い人向け、1番出口の方が距離は近い。


吉田玉助さん襲名披露があるので、こんな幟がたくさん並んでた。


東京での公演はほとんど満員でチケット難らしい。


ロビーにも襲名披露を祝うこんな飾りがある。


プログラムはこんな感じ、全セリフが書かれた小冊子(向かって右)付で¥600と、意外にリーズナブル。


スポンサーサイト



コメント

No title

学生時代よく観に行きましたよ。それ以来ずっと行ってないかもです(笑)

No title

現役の頃、国立劇場、新国立劇場の仕事をしていましたの、よく社員食堂で定食耐えました。衣装姿の役者さんもいましたよ。
あれ、気がつけば呑み記事無しだ(@_@)

No title

丸一日、フルで堪能しましたね。

文楽って生で見たことがないんですよ。
内容がわからないと、居眠りしちゃいそうです。(^^)

No title

伝統芸能をあなどるなかれですな~。文楽がチケット入手困難だとは全然知りませんでした。
人形使いの人にも襲名披露があることもビックリ!演目もそうだけど口上もあったり歌舞伎と同じ世界なんですね~。

No title

文楽の鑑賞自体なかなか無いのにさらに襲名披露公演とはええ機会でしたね。

ででで~、とーぜん反省会があってその様子は次の記事~~
( ゚д゚)~~

No title

この手は疎いですが、
人形劇?は好きです!
印象深いのは、
差し詰めサンダーバードかな…🎵

No title

文楽と神楽と歌舞伎には日本の伝統的な物語を感じます。

No title

おん蔵さん、なんと学生時代に良く行ってたんですか?もしかして関西御出身なんでしょうか。

No title

くろっぺさん、最近なるべく一日の出来事は一つの記事にしているのですが、今回は飲食は別記事にしました。
こちらのお仕事もなさっていたんですね。もしかしてプログラムとか作ってらしたんでしょうか。

No title

てつあんさん、前回初めて見たときは第二部だけ見たのですが、今回は無謀にも一日通しで見てみました。私にとっては新鮮なのでほぼ起きていた(と思う)のですが、周囲には夢心地の方もいたようです(笑)

No title

如月さん、大阪はそれほどでもないらしいのですが、東京公演は人気があるようです。知人が別の日のチケットを取りましたが、発売後数分で売り切れたとのこと。
歌舞伎っぽいけど、歌舞伎とはまた別の魅力があるみたい。

No title

takさん、おっしゃる通り、反省会は別記事にしました。
文楽の襲名披露がどのくらいの頻度で行われているのかわかりませんが、ご挨拶も面白かったです。

No title

2018/5/22(火) 午後 0:58の内緒さん、大きい方の劇場は、以前歌舞伎を見に来たことがあります。文楽は小劇場でやります。近くには落語とかをやる演芸場もあります。

<裏tomo君>
大劇場に来た時、間違えて演芸場に行っちゃって、落語の人にあきれながら案内してもらってたよね。

No title

itanakaさん、そう言えばサンダーバード、後日イケメン俳優さんたちで実写版も作られましたね。でも人形のやつの方が良かった気がします。

No title

西研さん、最初のうちは何を言っているかよくわからないけど、だんだんわかるようになるのが不思議ですね。
非公開コメント
My profile

Author : tomo日本ビール党の部屋

Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

プロフィール

tomo日本ビール党の部屋

Author:tomo日本ビール党の部屋
Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ