日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

20

関西遠征 二日目は宝塚歌劇花組「ポーの一族」観劇と京都

1月21日、関西遠征二日目はいよいよ宝塚観劇だ。
東京では何度か見たことのある宝塚歌劇だけれど、本場の宝塚大劇場は初体験、おひささんも初めてだという。
近くの喫茶店でボリューミーな朝ごはんを食べて宿をチェックアウト。
大劇場に何度も訪れていて今回の旅の諸手配をやってくれたITさんにくっついて、宝塚へと向かう。

往路は早めに行って、宝塚南口駅からのエントリー。
宝塚ホテルの外観を眺め、商店街を抜けて、橋を渡って劇場へ向かう。
前を歩く若い女子はITさんの見立てではタカラジェンヌらしい。

入り待ちをしている皆さんを横目に、いよいよ劇場に到着する。
東京と違って建物の中から劇場へと広々としたお土産屋さんが並ぶ。
荷物をコインロッカーに預けてお土産のお菓子など物色して、ついでにまだ時間があるからと生ビールなどいただいて観劇の気分を盛り上げる。

ポーの一族は、萩尾望都さんの漫画を原作とした歌劇。
永遠の時を生きる吸血鬼=バンパネラの少年エドガーを中心として数百年のスケールで展開するストーリーをどうやって歌劇にするのかなと思うと、これがなか良くできているんだな。
でもまあ何より、エドガーとアランのビジュアルがすごい。漫画の世界がそのまま舞台に実現した感じ。

かなり込み入った話なんで、通常宝塚では前半の第一部が歌劇、後半はレビューショーってパターンなのが、休憩のあともお芝居が続く一幕ものになっている。
とはいえ、最後はみんなキラキラな服を着て歌って踊って大階段を下りてくるショーは、短いとは言えちゃんとついてる。やっぱり宝塚にはこれがなくっちゃね。

で、終わった後はそのまま京都に出て、京都ぶらぶら。
漬物屋さんに立ち寄り、スタンドって言う大衆酒場で飲み、錦天満宮に参拝し、今度はたつみって言う居酒屋で飲む。
さらに錦市場の酒屋さんでお土産用のお酒を買って、ついでに店先で売ってくれるコップ酒を片手に、そろそろ帰路に就く。コップのお酒を半分ほど飲んだところで大通りに出たのでタクシーで京都駅へ。
駅で生ビールをゲットして、新幹線で一路東京へと帰って行ったとさ。

◆京極スタンド
 京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町546 075-221-4156

◆たつみ 京都府京都市中京区裏寺町通四条上ル中之町572 075-256-4821


朝食はホテル近くの喫茶店で、ミックスサンド。



南口の駅前にあるのはクラシックな宝塚ホテル、ここも一度は泊まってみたいね。


橋を渡って宝塚大劇場を目指す、前を歩くお嬢さんはタカラジェンヌらしい。


劇場のはす向かいに手塚治虫記念館、手塚治虫はこのあたりの出身で、宝塚の大ファンだった。


ここが大劇場の入り口。


観劇前の乾杯なのだ。


ロビーにはポーの一族をイメージしたこんな花のオブジェ。


もうすぐ開演。


休憩時間は赤ワインで乾杯。


後半も食い入るように観劇。




観劇終了後は一路京都へ。
京都の名物大衆酒場、スタンド。お店のお姉さんには決して逆らってはいけないのだ。


オーダーするたびにチェックするこの謎の紙切れで、会計時に値段を計算してくれる。


クラシカルなチーズクラッカー。


子芋の煮たの、夏はよく冷やして、冬の今は温かい。


錦天満宮をお参り。


そして、京都でのお気に入りのたつみやさんへ。




東京のしめさばは関西ではきずし。





明太子と白ご飯。


錦小路の酒屋さんの店先の魅力的な表示。


早速、乾杯。


スポンサーサイト



コメント

No title

呑んでばかりのようなー

No title

宝塚はキラキラな服で背中に羽を付けて歌って大階段を下りてくるレビューが盛り上がります・・・
その気分で京都に移って「スタンド」で飲むのは好い気分ですね~
最近は京都も昼から飲める好い店が増えてハシゴ三昧に成ります(笑)

No title

irukaさん、エドガーとアランの中性的な美しさは宝塚にぴったりでした。
東京でもう一回観たいなと思ったけど、大人気で到底チケットが手に入らないらしいです。残念!

No title

おん蔵さん、店頭で飲んだのとは別に私はお土産用に四合瓶を一本買いましたが、おひささんは一升瓶を宅急便で送ってました。

No title

ナブーさん、間違いのない組み合わせです。

No title

Azurinさん、本場で絶頂期のベルばら見たんですね、うらやましい!
大阪と京都で楽しく飲めました。

No title

takさん、遊園地もあったんですね。
たつみ、このメンバーで京都に行くと必ず行ってますね。前回はちょっと大人数で行ったら入りきれなくて、私を含めて3人くらいは手前の立ち飲みコーナーで飲みました。鱧皮胡瓜美味しかったです。

No title

いちろうさん、宝塚のポーの一族は空前のチケット難らしいですが、お姉さま、ファンだったらいろんな伝手がおありでご覧になっているのではないかと思います。夢のような舞台でした。

No title

8818さん、舞台の上は女性だけですが、なぜだか客席もほとんどが女性っていう不思議な世界です。

No title

itanakaさん、チケットがとれるかどうかハラハラでしたが、無事に観ることができました。東京都はまた違った劇場の雰囲気が良かったです。

No title

猿君、ほんと、これはいい言葉だよね。

No title

西研さん、私もブラタモリ観ました。
予備知識があるとよりいっそう楽しめます。
花のみち、確かに松がたくさんありました。

No title

かわしりさん、楽しい旅でしたよ~

No title

ティコティコさん、これ以上は無理っていうくらいスパンコールできらきらさせておいて、あのしっぽが付いた羽、宝塚ならではの様式美を感じます(笑)
スタンドは、おばちゃんは怖いけど良いお店ですよね。

No title

おお!元ヅカファンの血がさわぐ~~~
みりおちゃんは永遠の命を持つ吸血鬼のイメージにぴったりだね!

No title

如月さん、そうなのよ。
ちょっと華奢なところがまさにぴったり。
今回色々手配してくれたヅカ通のITさんも、みりおちゃん最大の当たり役だと言ってたよ。

No title

学生時代、宝塚へはよく行きました。六甲山を縦走してヘロヘロになりながら…

No title

kazubon、この前ブラタモリでも宝塚やってたけど、昔は温泉街だったって言ってた。関東でいえば熱海みたいな感じだったのかな。

No title

> tomo@日本ビール党の部屋さん
温泉も歌劇団も、阪急電車に乗ってもらうための作戦です。宝塚ファミリーランドという遊園地もありました。でも、ここまで来たら有馬温泉へ行って、新神戸から帰ればよかったのに。

No title

有馬温泉も、いつかブラタモリでもやってましたね。
宝塚から近いのかな。
非公開コメント
My profile

Author : tomo日本ビール党の部屋

Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

プロフィール

tomo日本ビール党の部屋

Author:tomo日本ビール党の部屋
Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ