日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

16

赤坂・トゥールダルジャン 美しくも美味しいひととき

昨日はお天気にも恵まれた秋の良い一日、会社の若手ホープYちゃんの結婚披露宴が開かれました。
 
受付をすませ、食前酒のキールを片手に窓辺の席へ。
優雅にカナッペがサーブされ、同席になったYちゃんの叔母さまと名古屋メシの話題で話がはずむ。
(Yちゃんは愛知県のご出身なのです)

 
そして披露宴会場へ。
 
私のテーブルは、最も怖いお姉さんであるK子姉さん、妖怪チームKさん、妖怪予備軍のRちゃんと私の4人。
新婦の同期らしき華やかなグループのテーブルとは異質の雰囲気を放つ、怖いお姉さんテーブルってことでしょうか。

 
新郎新婦の入場、美しく輝くばかりの新婦のYちゃん、まぶしいね。そして新郎の心のこもったウェルカムスピーチに続いて、シャンパンがやってくる。
 
これはシャンパンサブラージュっていうイベント、専用のサーベルでシャンパーニュのコルクを瓶の口ごと切り落としちゃいます。すごいワザだ、でも良い子はマネしないでね。

 
で、シャンパーニュで乾杯になるんだけど、この乾杯のご挨拶が良かった。
私が今まで聞いた数々の結婚披露宴の乾杯挨拶の中で、最高のものだった。
 
指名されたYちゃんの伯父さん、司会の方に、
「○○さま、乾杯のご発声の前に、一言お言葉を賜りますようお願いいたします」
って言われてマイクの前に立つと、
「私は乾杯は頼まれたがお言葉は頼まれていないので、このまま乾杯します!」
って、きっぱり言い放つ。
 
この乾杯の前の挨拶って、話す人は短くと思っていても、ついつい決まり文句やらあれもこれもと喋ってるうちに、シャンパンはぬるくなり、泡もしだいに弱まって…っていうのは良くある話だけど(私もやっちゃったことあり)、今回はつぎたてフレッシュ、良く冷えたシャンパンを美味しくいただくことができました。
 
~Champagne Brut Majeur Ayala シャンパーニュ ブリュット マジュール アヤラ~

 
続いて、お料理の責任者らしきフランス人の方から、本日のお料理とワインについての解説が、フランス語で執り行われる。まったく意味が分からないけどだいじょうぶ、隣の日本人スタッフの方が通訳してくれます。

 
パンもバターも美味しいのは、素材が良いからなのかな。
隣のK子姉さん、立派なカメラを持ってきてるね。

 
前菜は贅沢にあしらわれたキャビアがまぶしい。ホワイトアスパラのサクサク感と伊勢海老の濃厚と、さすがの怖いお姉さんテーブルも、静かにお料理に専念。でもしっかりシャンパーニュはお代わりしてます。
 
~Charlotte "Argenteuil" a la Langouste d'Ise et caviar~
伊勢海老とアスパラガスのシャルロット キャヴィア飾り

 
ハートと星の形の何かが入っているこのお皿は何かって言うと、この後スープがつがれて・・・

 
~Consomme de canard etoie aux paillettes d'argent
Ravioles de cuisses confites a la sarriette~
琥珀色のコンソメ 銀の輝き ラヴィオリと共に

 
 
次はお魚料理ってことで、白ワインがサーブされる。
 
~Meursault 2008 Sylvain Loichet~
ムルソー シルヴァン ロワシェ

 
皮がパリッとした真鯛の下には、濃厚なソースのリゾットが敷かれてる、さすがの怖いお姉さんテーブルも、静かにお料理に専念。でもしっかり白ワインはお代わりしてます。
 
~Dorade rotie sur risotto et supions frits, sauce Bercy~
真鯛のロティとリゾット 小イカのフリット ソースベルシー

 
本日のメインの前のお口直しのシャーベット。
爽やかな甘酸っぱさに、シャンパーニュが注がれてて、爽快感アップ!
 
~Sorbet pomelo rose et ses semgments ecllates arrose de Champagne "Tour d'Argent"~
グレープフルーツのシャーベット 華やかなシャンパーニュを注いで

 
そしてケーキ入刀。
 
最近は披露宴前に入籍はすませていたりするので、昔よく使われた「お二人の初めての共同作業」っていうフレーズは無かったね。ケーキの側面にはりつけられてるカラメルで固めた小さなシュークリームは、最後のコーヒーの時に出てきました。
ケーキ入刀のあとにお互いに「あ~ん」ってのをやるのは、近頃の流行りなんでしょうか。

 
トゥールダルジャンと言えば鴨、鴨と言えばトゥールダルジャン。
そして鴨のお供には、赤ワイン。
~Gevrey-Chambertin 2007 Alain Burguet~
ジュヴレイ シャンベルタン アラン ビュルゲ 

 
昭和天皇がかつてパリのトゥールダルジャンを訪問された際にも召し上がったという鴨のロースト、昭和天皇が召し上がったのと同じレシピとのことで、さすがの怖いお姉さんテーブルも、静かにありがたくお料理をいただく。でもしっかり赤ワインはお代わりしてます。
 
~Caneton roti Marco Polo aux quatre poivres~
幼鴨のロースト マルコポーロ

 
そしてなんと、このお店では鴨一羽ごとにナンバリングしたカードを提供しているそうです。
一羽で2人分、私とK子姉さんはおんなじ221083だったから、同じ鴨の肉を食べた仲ってことだね。

 
新郎新婦の鴨は、この鴨をカットする名人(?)の方が、みんなが見ている前で鮮やかな手つきでカット。

 

 
デザートは、ルーブル美術館のピラミッドをかたどったもの。
幸せいっぱいのお二人にふさわしい、明るくてかわいらしいピンク色。
 
~Pyramide "Louvre" de mousse au chocolat glace au Lait et framboise~
チョコレートムースのピラミッド”ルーヴル” ミルクとフランボワーズのアイスクリーム

 
~Cafe et mignardises コーヒーと焼き菓子~

 

 
最後はYちゃんからお母様への手紙の朗読、最近涙腺がゆるみがちな怖いお姉さんテーブルは、全員ウルウル状態だね。

 
Yちゃん、本当におめでとうございます。
いつまでも仲良く、おしあわせにね!

 
 
 
◆トゥールダルジャン 千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ザ・メイン ロビィ階 03-3239-3111
 1582年に誕生した、美食の都パリを象徴するレストラン「トゥールダルジャン」の唯一の支店。
 
 
※料理名は参考のためにいただいたメニューから書き写しましたが、仏語のたしなみが無いので、多少の間違いはご容赦を!
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

11/25(日) 午前 10:45の内緒さん、えぇぇ~っ、そうだったんですね。奇遇だね、遭遇してたら面白かったのにね。
こちらは夜6時ごろお開きでした。

No title

こんにちは!
5万ちょっとの記憶ありますが、まだカウントされているのですね!
AYALAはJALのラウンジで金曜日もいただいてきました。

No title

たっち。。さん、東京で召し上がったんですか、それともパリ?
Ayala、美味しいですね~

No title

シャンパーニュも白ワインも赤ワインも静かにお代わりする怖いお姉さんたちに爆笑です(笑)
コーヒーはお代わりしなかったのね^^;
Yちゃんの伯父さんの乾杯の音頭いいね~♪素敵なご親族と素敵な上司にお祝いされたYちゃんの輝かしい未来に乾杯♪

No title

鴨はオレンジソースがすき♪

No title

如月さん、さすがトゥールダルジャン、催促しなくても空になるとささっと注ぎに来てくださいます。でも、ワインおかわりして飲んでたのは私たちのテーブルだけかも(笑)。
あ、コーヒーもおかわりしてました!

この乾杯の音頭、もし機会があったら私もパクろうかな♪

No title

おひささん、冬の鴨は美味しいですよね~
オレンジソースも、GOOD!

No title

ホテルニューオータニのトゥールダルジャンはいつも前を通り抜けてバーに行ってしまうので入ったことがありません、パリの本店には何度か行きました窓辺の席から見下ろすノートルダム寺院は料理よりも贅沢な美味な景観です

最初にワゴンでカットサービスして供されるのは胸肉の部分ですから食べ終えた後に「もう少し食べたいのですが…」と言うと
カリッと焼き上げたモモを持って来てくれます
これが又香ばしくて美味しい…ホントにお腹一杯になってその後のチーズやデザートを食べるのが苦しくなりますが
マア一つの儀式のつもりで必ず一言いってモモを食べてきます
最後にコニャック(時にアルマニャック)で胃を刺激してパンパンに張り詰めた胃袋を動かします(笑)

No title

この青い食器には見覚えがあります。
怖いお姉さまグループは隔離されて超豪華なコースを楽しみましたネ!!

No title

すごい雰囲気がいい式場ですね。こんなところにお招きを受けたら、マチガイを犯してしまいそうです。

No title

披露宴の料理って美味しそう!!
普段食べに様なものが出てくるので嬉しいです

No title

11/26の内緒さん、がぶ飲みするにしては高級そうな美味しいワインでしたよ~♪

No title

ティコティコさん、なるほど~、そんな裏ワザがあったんですね。あんな大きな鴨からこれだけで、残りはどうなるのかなって気になってました。本場パリには及ばないかもしれないけど、こちらの東京店はニューオータニの庭園に面していてなかなか気分の良い景色です。

本場パリのお店…行ってみたいけど、敷居が高いです、連れてってぇ~(笑)!!!

No title

西研さん、もっと大人数のテーブルが多かったんだけど、なぜだか私たちのテーブルは厳選4人でした♪

No title

かわしりさんの周囲の方々に、かわしりさんをお招きしないように言いふらしとかないとね。

No title

8818さん、この日のお料理はさすがトゥールダルジャンって感じでした。鴨、また食べたいな~♪
非公開コメント
My profile

Author : tomo日本ビール党の部屋

Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

プロフィール

tomo日本ビール党の部屋

Author:tomo日本ビール党の部屋
Yahoo!ブログから引っ越してきました。
飲み歩き、食べ歩き、家ごはん、趣味の俳句関係、ちょっぴりゴルフ、その他もろもろの日常をだらだらとアップしていきます。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ