FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) Oh!月見句会と10月の極句会

本日はKCM(句会コネクトメソッド、句会の記事が多すぎるのでいくつかくっつけて一つの記事にする手法。尚、コネクトメソッドは猿吉君ブログインスパイア)でお届け。

10月9日の水曜日は、銀漢亭で年4回超結社で行われるOh!句会のうちの一つ、Oh!月見句会が行われた。
この日は幹事としてお手伝いのため、早めに銀漢亭に到着して、どさくさに紛れてビールなど飲みながら準備を進める。
Oh!花見句会、Oh!納涼句会、Oh!つごもり句会は、いずれも週末の休日に昼過ぎから行い、句会も兼題、席題で3回くらいやるんだけど、Oh!月見句会は平日夜の開催で、句会も一回だけ。
今回の兼題は「月」で三句出し、「つき」の詠み込み(「つき」という読みが入っている当季雑詠)も可となっている。
Oh!句会の特徴は、大量の差し入れ。特に美味しい酒・ワインが多い。
従って、ついつい飲みすぎる。

翌10月10日は、極句会。
所属俳句結社の宴会で活躍する人々を中心に結成された句会だけど、いつのまにか38回目、3年以上経ってるんだね。
今月の兼題は、小鳥来る、末枯、当季雑詠の四句出し。
前日の句会用に作ったけれど出してなかった月の句も動員して、何とか四句揃える。

こうして色々句会をこなしているうちに、どんどん10月も過ぎていくのであった。


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。

~ 今日の俳句×2回分 ~
Oh!月見句会
 月更くる空に無人の観覧車
 胸騒ぎの腰つきのまま捨て案山子
極句会
 解体のビルに名残の月かかる
 透き通りさうな指先月の客
 子のゐないちびつこひろば小鳥来る

<裏tomo君>
 胸騒ぎの腰つきのまま捨て案山子…サザンじゃあるまいしねぇ。

<表>
 いちおう、腰つきのとこが「つき」詠み込み、捨て案山子が季語ってことで許してほしい。


Oh!句会の日は、準備のために早めに到着。まだ明るいね。
銀漢亭

差し入れ歓迎の超結社句会、様々な差し入れが掲示される。
銀漢亭Oh!句会

翌日の極句会、夕刻の外観はすでに暗い。
銀漢亭

始まる前に、ハッピーアワーの生ビールでエネルギーチャージ。
銀漢亭

新作、マグロの刺身にとんぶりとイクラをまぶしたもの、激旨。
銀漢亭

ヘルシーに高野豆腐と切干大根の煮物。
銀漢亭

句会を終わって、乾杯!
銀漢亭

茄子ピーマン炒め。
銀漢亭

鶏焼きには付け合わせの野菜たっぷり。
銀漢亭

牛すじ煮込み。
銀漢亭

信州帰りの方からの差し入れ、美味しかった。
KIMG6619 (560x420)

この日のスタッフはKちゃんだよ。
KIMG6625 (560x420)

スポンサーサイト



神保町・銀漢亭(ギンカンテイ)㐂道庵(キドウアン) 旧職のナカマのみなさまと

旧職のナカマのみんなには、今でも時々会って遊んでいる人が結構いる。
で、先月そんな何人かと神保町で飲んだ時に、私がいつもたむろしている銀漢亭に行こうと言う動議が出て、10月7日にみんなが銀漢亭にやってきた。
当初言い出したメンバーのうち、残念ながら野獣派M氏は関西出張が入ったため来られなかったけれど、追加であんな人やこんな人も来てくれて、なかなかの豪華メンバーで、思ったより大人数だ。
飲んで食べて、楽しく語らう。

この日の銀漢亭は遅くに俳句勉強会帰りに飲む人たちの予約があるので、私たちは適当なところで切り上げて、並びのお蕎麦屋さんへ移動。

さらに飲んで食べてお蕎麦で〆て、結局良く分からないただの飲み会となったのであった。

<裏tomo君>
 結局ただの飲み会だねって突っ込もうと思ったのに、先に言うなよな。


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。

㐂道庵(キドウアン) 千代田区神田神保町2-12-8 ビラ神保町 1F 03-5213-4949


銀漢亭はいつものたたずまい、でも今日は初銀漢亭の人がいっぱい来るのだ。
銀漢亭

先に到着して、ハッピーアワーの生ビールでスタート。
銀漢亭


2軒目は並びのお蕎麦屋さんで、思い思いのドリンクを。
㐂道庵

クリームチーズに茗荷。
㐂道庵

鶏大根煮、これを乗せたあたたかいお蕎麦もこの店の人気メニューだよ。
㐂道庵

シラスとネギ。
㐂道庵

玉子焼き。
㐂道庵

〆はせいろ蕎麦で、すっきりと。
㐂道庵

おひさ姉妹と箱根への旅 2日目 海賊船、箱根関所跡、そして熱海へ

10月6日はおひさ姉妹との箱根旅2日目。
目覚めてカーテンを開けると、窓から富士山が見える。
さすが箱根だ。

温泉に入り、朝食をいただく。
本日の旅の作戦は、大涌谷方面が火山警戒レベルの関係で立ち入れないらしいんで、久しぶりに芦ノ湖の海賊船に乗ることと、ブラタモリで見て気になっている箱根関所跡を見学することとする。
そして、突然ではあるものの、ランチはまこはん行きつけの熱海の寿司屋でちょっと遅めにいただこうということになる。

芦ノ湖の海賊船、ベタな観光船ではあるものの、芦ノ湖を突っ切るスケールは大きくてなかなか楽しい。尚、この後の台風での記録的降雨により芦ノ湖の水位が上がり、一時運航休止中していたけれど、今は営業再開しているとのこと。

箱根関所跡は、かつての関所跡を復元した施設だけれど、怪しい旅人を役人が取り調べるところを劇団の人が演じるのに遭遇、小ネタギャグが入っていてなかなか面白い。

近くにある駅伝博物館にも心を惹かれたけれど、時間切れってことで、ここからまこはん運転の車で熱海へ向かう。
まこはん邸に車を置いてビールで一息入れてから、いざ目当てのお寿司屋さんへ!

私は以前まこはんに教えてもらって来たことがあり、2回目の訪問。
金髪の店主(外人さんじゃないよ、カラーリングね)に最初は驚くけれど、お料理もお酒も美味しい。そしてなんと店主さん、最近ご結婚とのことで、初々しい奥様もお店を手伝っていて、なかなかいい雰囲気だ。
お刺身で飲み、お寿司をつまみながら飲み、じゃんじゃん飲んで店を後にする。

さらにまこはん行きつけのワインバーで今度はワインを楽しみ、チーズをつまみ、さらにワインを楽しみ、熱海から帰路についたのであった。

◆寿司孝 静岡県熱海市中央町17-9 0557-83-1868

◆ルパレあたみバール  静岡県熱海市渚町15−3 090-2174-6614


朝、部屋の窓から富士山が見えた。この後残念ながら雲に隠れる。
かんぽの宿箱根

朝食でしっかり元気をチャージ。車移動があるので、ビールは無しね。
かんぽの宿箱根

芦ノ湖で、ひさしぶりの海賊船をゆったり楽しむ。
芦ノ湖

芦ノ湖

芦ノ湖

海賊さんも、ちゃんといるよ。
芦ノ湖

箱根関所跡。
箱根関所跡

再現展示や説明を見ながら進む。
箱根関所跡

箱根関所跡

このお芝居が、なかなか面白かった。
箱根関所跡

関所の柵は斜面まで続いている、昔は山の上までつづいていたらしい。
箱根関所跡

見晴らし台からは、芦ノ湖を渡る怪しい船も見張っていた。
箱根関所跡


ここから熱海までドライブしてまこはんの家に車を置いて、お寿司屋さんで乾杯!
熱海寿司孝

まずは、酢の物。
熱海寿司孝

お刺身を切ってもらう。
熱海寿司孝

そしてお寿司が次々と出て来る、地魚中心でどれも美味しい。
熱海寿司孝

熱海寿司孝

これは、鰺だな。
熱海寿司孝

熱海寿司孝

がんもどき、寿司じゃないよ。
熱海寿司孝

熱海寿司孝

熱海寿司孝

熱海寿司孝

熱海寿司孝

最後は、蜆のお椀で〆。
熱海寿司孝

そしてワインバーにて、ワインをセレクト。
熱海のワインバー

熱海のワインバー

チーズなど摘まみつつ。
熱海のワインバー



そして無事東京に帰ったものの、なぜか残るラーメン写真。一体何があったのか謎だ。
ラーメン

おひさ姉妹と箱根への旅 1日目

10月5日からの週末、おひさ姉妹が箱根に遊びに行くと言うので、私もくっついて行くことにした。
おひさ姉妹は知る人ぞ知るかんぽの宿フリーク、一方かんぽの宿は今や身売りや廃業で次々に宿泊施設の営業を終了している。
なので、近く営業終了が決まっている箱根のかんぽの宿に行って泊まる、と言うのが今回の旅の主なミッションだ。

おひさ妹のまこはんは熱海在住なので現地集合、おひささんと私は都内から小田原へ、のんびり在来線のグリーン車で向かう。あら、おひささんビール買ってないのかな?と思ったら、なんとミネラルウォーターのペットボトルに赤ワインを入れて持参、家で飲みかけのものらしい。
ってことで、ワインとビールで、乾杯!

小田原から乗り換えるバスまでちょっと時間あるみたいだから、駅前のプロントで生ビールを補給して、路線バスにて箱根のかんぽの宿へ。
フロントに到着すると、今回はまこはんのお誕生月だからバースデープランで申し込んでいるので、玄関前での写真撮影サービスがついていると言う。
すでに到着しているまこはんを電話で呼び出したけれど、写真はいらないからお二人でどうぞと言う事で、おひささんと2ショットの写真を撮影する。
(帰りに渡された2ショットの写真には、「HAPPY BIRTHDAY!」と飾り文字が入ってたけど、写ってるのは8月生まれと2月生まれで、全然ハッピーバースデーじゃない2人なのであった)

部屋の冷蔵庫にはまこはんが自宅から持ってきたと言う缶ビールが冷えているので、まずは乾杯。お風呂でまったりしてから、夕食へ。

営業終了間際な特別セール(?)で、夕食はバイキングの一択だ。
だけど、お料理はどれも小皿に盛られているかスタッフが盛り付けてくれて、バイキングのせわしなさは感じられないのが、良いね。
ビールを飲み、利き酒セットを飲み、だんだんいい気分になって来る。

食事を終えて部屋に戻ってテレビをつければ、そう、ラグビーワールドカップの日本対サモア戦だ。
私は典型的な、ルールも良く分かってない「にわかファン」なんだけど、何と日本リードしてるじゃない。応援しなきゃ!

…と思いつつ、連日の寝不足と飲み過ぎとくつろぎ感と、そして重力に負けて布団に倒れ込み、そのまま朝までぐっすり、なのであった。

<裏tomo君>
にわかファンとも呼べないレベルだよね。

◆かんぽの宿箱根 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根159 0460-84-9126
 12月20日チェックアウトにて、営業終了の予定。


まずは乾杯!おっと、おひささんはいきなりワインだ。
箱根旅

どうみても、水じゃない。
箱根旅

小田原駅前で、ビール補給。
箱根旅

これがかんぽの宿箱根外観。
箱根かんぽの宿

夕食バイキングはどれも小皿で選びやすい。
箱根かんぽの宿

まずは生ビールで、乾杯!
箱根かんぽの宿

利き酒セットもある。
箱根かんぽの宿

ローストビーフおかわり、厚切りでなかなかのクォリティだね。
箱根かんぽの宿

お寿司も食べちゃうのだ。
箱根かんぽの宿


これから週末にかけてお出かけ予定のため、2日目の記事は来週かな。

<裏tomo君>
世間はもう11月も近づいてるのに、ちゃっちゃと載せんかい!

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 10月の大倉句会

10月4日の金曜日は、大倉句会に参加した。
今はいろんな句会に顔を出しているけれど、大倉句会は初めて俳句を始めたときから続けている、いわば私の本籍地みたいな句会だ。
大倉句会関連記事だけは、別書庫に独立してるのだ。

51回以降の兼題は、こんな感じ。
第51回(2016年1月) 新年、鏡餅、福寿草、冬深し、初(詠み込み) @銀漢発行所
第52回(2016年2月) 立春、鶯餅、春の雪、椿、水(詠み込み) ここから、ひまわり会館にお引越し
第53回(2016年3月) 啓蟄、タンポポ、春一番、蜆、来(詠み込み)
第54回(2016年4月) 春の昼・四月馬鹿・朝寝・草青む・戸(詠み込み) 欠席
第55回(2016年5月) 初夏、五月雨、菖蒲湯、蟇、葉(詠み込み)
第56回(2016年6月) 梅雨寒、朝焼、冷し酒、青芒、清(詠み込み) 欠席
第57回(2016年7月) 暑し、泉、草取、蛍、長(詠み込み)
第58回(2016年8月) 涼し、片陰、滝、月見草、番(詠み込み)
第59回(2016年9月) 残暑、虫籠、鰯、木犀、村(詠み込み)
第60回(2016年10月) 秋澄む、落し水、栗、茸(一般)、田(詠み込み)
第61回(2016年11月) 立冬、酉の市、山茶花、大根、初時雨
第62回(2016年12月) 冷たし、柚子湯、鴨、白菜、山(詠み込み)
第63回(2017年1月) 六日、初景色、笹鳴、万両、湯(詠み込み)
第64回(2017年2月) 日脚伸ぶ、残雪、入学試験(大試験)、梅、島(詠み込み)
第65回(2017年3月) 朧、薄氷、鶯、辛夷、朝(詠み込み)
第66回(2017年4月) 春泥、汐干狩、鳥交る、桃の花、上(詠み込み)
第67回(2017年5月) 卯の花腐し、山滴る、田植、羽抜鳥、井(詠みこみ) 反省会のみ参加
第68回(2017年6月) 雲の峰、草取、目高、蕗、岩(詠み込み)
第69回(2017年7月) 風死す、虹、水着、金亀子、部(詠みこみ) 
第70回(2017年8月) 夜の秋、西日、土用波、水連、久(詠み込み)
第71回(2017年9月) 朝顔、新涼、休暇明、鰯雲、語(詠み込み)
題72回(2017年10月) 名月、新米、砧、鰡、本(詠み込み)
第73回(2017年11月) 冬めく、茶の花、虎落笛、神無月、天(詠み込み)
第74回(2017年12月) 寒波、鰤起し、襖、白菜、有(詠みこみ) 欠席
第75回(2018年1月) 年男、悴む、縄飛、煮凝、当季雑詠
第76回(2018年2月) 待春、冬の虹、狸、冬芽、当季雑詠
第77回(2018年3月) 焼野、水温む、三椏の花、若布、当季雑詠
第78回(2018年4月) 春の宵、陽炎、苗代、桜蕊降る、当季雑詠
第79回(2018年5月) 麦秋、代田、柏餅、袋角、当季雑詠
第80回(2018年6月) 走り梅雨、飛魚、豆飯、新樹、当季雑詠
第81回(2018年7月) 梅雨明、汗、泳ぎ、向日葵、熱帯魚
第82回(2018年8月) 夏の果、夏休み、滝、木槿、当季雑詠
第83回(2018年9月) 秋風、生身魂、秋の蚊、鶏頭、当季雑詠 @麹町区民館
第84回(2018年10月) 秋出水、とろろ汁、秋思、芒、当季雑詠
第85回(2018年11月) 山粧ふ、松手入、燕帰る、柿、当季雑詠
第86回(2018年12月) 師走、隙間風、綿虫、八手の花、当季雑詠 @KoNA水道橋
第87回(2019年1月) 初雀、小正月、寒鯉、冬萌、当季雑詠
第88回(2019年2月) 春近し、冬霞、氷柱、芹、当季雑詠
第89回(2019年3月) 雪の果、北窓開く、雛祭、蛍烏賊、当季雑詠
第90回(2019年4月) 菜種梅雨、草餅、潮干狩、雪柳、当季雑詠
第91回(2019年5月) 夏めく、粽、雨蛙、薔薇、当季雑詠
第92回(2019年6月) 白南風、更衣、金魚、万緑、当季雑詠 旅行とバッティングで欠席
第93回(2019年7月) 灼くる、雲海、花火、紙魚、当季雑詠
第94回(2019年8月) 土用一般、風鈴、端居、蠅、当季雑詠
第95回(2019年9月) 二百十日、良夜、稲干す、石榴、当季雑詠
第96回(2019年10月←今回) 行く秋、干柿、猪、新松子(しんちぢり)、当季雑詠
第97回(2019年11月←次回) 小春、切干、酉の市、帰り花、当季雑詠

1~50回の兼題は、この記事参照→ https://japanbeerparty.blog.fc2.com/blog-entry-3196.html
句会の作法は、この記事参照→ https://japanbeerparty.blog.fc2.com/blog-entry-1678.html

会計を担当しているので、少し早めに句会場である神保町の公共施設の会議室へ。
で、いつも通り粛々と句会をやって、終了後は銀漢亭にて反省会となる。
酒飲み揃いの句会だけに、反省会への出席率が高い。

反省会の終了後はさらに反省するため、精鋭たちはいつもの角の炒飯屋さんへ。
今月も炒飯屋さんにはどう見ても私達が入れるほどの空席は無いんだけど、フロアのお姉さんが笑顔でテーブルを動かし、椅子を足したりして席を作ってくれる。イキオイにおされて、隣の席の人たちは席を立って帰っていく。
みんな、ありがとね♪
こうして100回に向けてのカウントダウンがまた一つ減ったのであった。

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。

◆炒飯屋一(チャーハンヤイチ) 千代田区神田神保町2-2 亀山ビル 1F 03-3263-5545
 店名は炒飯屋だけど、メニューは中華全般あり。フロアのお姉さんが良い感じ。

~ 今日の俳句 ~
 甘くなるためのひと月吊し柿
 行く秋の座り慣れたるベンチかな
 本陣跡今は公園新松子
 夕日の色集めて甘き吊し柿


句会を終えて、銀漢亭へ。
銀漢亭

いつも季節感のあるお料理が並ぶ、野菜中心で意外とヘルシー。
銀漢亭

乾杯!
銀漢亭

銀漢亭

めずらしい、マンボウの湯引きの酢味噌和え。柔らかめの鶏肉みたいな感じだ。
銀漢亭


そして炒飯屋へ。狭い席にギュウギュウになって、またも乾杯!
銀漢亭

<裏tomo君>
餃子とか食べてたみたいだけど、画像無いからまた無かったことにするんだね。


恵比寿・ライオン テーブルマジックとビールを楽しむ、そして禁酒~?

10月3日の木曜日は、久しぶりにビールとテーブルマジックの会に参加した。
少し早めに恵比寿に到着して、アトレの西館など探検してから、ライオンへ。
このお店は旧職場の仲間を中心に、毎月マジックとビールを楽しみに来ていたところ。
でも、旧職場が目黒から移転しちゃった関係で、今後はここで集う機会も減りそうだ。

最近俳句の会が忙しくてこちらの会は欠席が続いていたけれど、今回は久しぶりに参加。
いつものように、ビールを飲むごとにひける三角くじに挑戦し、さらにビールを飲む。
ノーヴ・ハッセル・アベ氏のテーブルマジックも、相変わらずミラクルだ。
これからも機会を作ってまた来たいもんだな。

ところでこの日のサプライズは、KHさん。
いつもラディカルな飲みっぷりで楽しいビール好き…のはずが、何といきなりウーロン茶を注文する。
思わず「妊娠したか?」
と問えば、違うと言う。
しまった、この質問はセクハラだったか。

聞けば、どうやら一か月以上前に飲んで何かをやらかして、反省して禁酒を決意して実行しているらしい。
先月の例会の時はすでに禁酒を始めていたけれど、参加したらビールの誘惑に負けそうな気がして欠席。今月はもう誘惑に負けない自信がついたから出席したとのこと。
もう一生分飲んだから良いんだって言うけど、本当にこれっきり禁酒しちゃうのかな。
それにしても、一体何をやらかしたんだろう???

◆マジシャン ノーヴ・ハッセル・アベ氏のブログはこちら → https://magic00.com/blog/

◆ビヤレストラン銀座ライオン アトレ恵比寿店 渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿6F 03-5791-7871


マジックやってるときはこの看板がでてる、原則第一、第二木曜らしい。
銀座ライオン_アトレ恵比寿店

到着順に、どんどん乾杯しちゃう。
銀座ライオン_アトレ恵比寿店

季節限定、色々入った秋のアヒージョ。
銀座ライオン_アトレ恵比寿店
定番、こんにゃくピリ辛。
銀座ライオン_アトレ恵比寿店

これも定番、大人のポテサラ。
銀座ライオン_アトレ恵比寿店

大根と生ハムっぽいもののサラダ。
銀座ライオン_アトレ恵比寿店

スフレオムレツ、トマトソースでハートを描いたりはしない。
銀座ライオン_アトレ恵比寿店

オクトーバーフェストプレート。
銀座ライオン_アトレ恵比寿店

マジシャン・アベ氏、この日も冴えてる。
銀座ライオン_アトレ恵比寿店

仕上げビールで乾杯、KHさんはジンジャエールだ。
銀座ライオン_アトレ恵比寿店

〆はこれも季節限定のフラムクーヘン(ピザっぽい料理)。
銀座ライオン_アトレ恵比寿店

雑司ヶ谷・割烹大倉(カッポウオオクラ) 日本酒を愛する粋酔会

10月2日の水曜日は、久しぶりにO師が幹事をしている日本酒を楽しむ会、粋酔会(スイスイカイ)に参加した。
元々おひささんと私が俳句を始めたきっかけは、kazubonに誘われて参加していたこの粋酔会で何度も顔をあわせていたO師から、ある時突然俳句をやろうと誘われたことだ。
ちなみに、その時一緒に参加していたkazubonも一緒に誘われて、参加するようなことを言ってたような気もするんだけど、指定の日に実際に銀漢亭に来たのはおひささんと私だけ。kazubonはブッチして、今日に至る。
そう言えば最近kazubon、粋酔会にも来てないみたいだね。

定刻前に到着すれば、和室大広間の壇上には日本各地から集められた日本酒の一升瓶が20本ほどならぶ。
最初の乾杯ももちろん日本酒でビールや焼酎は禁止の会なんだけど、私は来る途中のスーパーでこっそり冷えたビールを持参していて、こっそり飲む。(お店は持ち込みOK)

この会、元々はO師たちの関連業界の皆さんが集まっていたんだけど、私達のような「友達の友達」が次第に増え、気が付けばO師関連で俳句関係の人も多い。

最初のうちはいただいたリストで飲んだお酒に印をつけたりしているんだけど、いつのまにかもう
どれがどれだか分からなくなり、リストは置き忘れられ、席も入り乱れる。
ふと気が付けば〆のお蕎麦がでて、お開きだ。

このあとO師の引率で、残ったお酒を持ってタクシーで銀漢亭に行くんだけど、私は本日はパスしてまっすぐ帰…
…ろうと思ってたんだけど、結局居残り組でもう一軒行って、リセット生ビールから飲みなおし。

粋酔会、気が付けば飲みすぎちゃう危険な会なんだな。

◆割烹大倉 豊島区雑司が谷3-14-11 第3オオクラビル 03-3971-3230
 どこか懐かしさを感じるお店、和洋室あり。


昭和の宴会を思い出す感じの店構えと座敷。
割烹大倉

割烹大倉

ずらりと並ぶ銘酒たち。
粋酔会

粋酔会

全員起立して、乾杯となる。
割烹大倉

私だけ、禁断のビールね。
割烹大倉

お料理は、つきだし、刺身、酢の物、揚げ物、焼き物と一通りきっちり出て来る。
割烹大倉

割烹大倉

でも、だんだんお酒中心となって、座も入り乱れてくる。
KIMG6342 (560x420)

割烹大倉

割烹大倉

〆のお蕎麦が出てきたところで我に返る感じ。
割烹大倉


そしてやっぱり、もう一軒~♪
粋酔会



池袋・キリンシティプラス 大倉句会臨時打ち合わせ → 銀漢亭でKちゃん誕生日祝賀

大倉句会は、次の11月の月例句会でめでたく8周年となる。そこで「生誕祭」と称して、色々といつも以上に飲んだり食べたりしようと計画が進行中だ。
そんな9月30日の月曜日。
色々詳細をつめるようと、突然ではあるがおひささんと池袋のキリンシティでビールを飲みつつうちわせをすることにした。
その前にいくつか確認したいことがあって大倉句会リーダーのO師に質問のメールをすると、O師から「一度会って相談したい」との返信が来る。

私の質問はごく簡単なのが2つくらい(何時開始か、会費は○○円で良いか)なんだけど、たぶん返信を打つのが面倒なんだろう。
今夜おひささんと相談の予定だと知らせると、合流するとのこと。

お店は私が一番乗りで、まずは美味しいスフレの泡の生ビールを。
ここキリンシティも人手不足の波は免れないのか、注文がタッチパネル式になってる。
ほどなくおひささん、O師が到着する。
3人で美味しいビールを飲み、あれこれ相談して生誕祭の段取りを決めていく。
ところで、O師によるとこの日はKちゃんの誕生日らしい。
そして、O師は銀漢亭でお祝いをすると約束しているらしい。

ここでおひささんは帰り、O師と2人で神保町まで移動して銀漢亭へ。
O師からのお祝いってことでヴーヴ・クリコを開ける。
Kちゃんは早い時間から多くのファンにヴーヴ・クリコをご馳走になっているらしく、「もういっぱい飲んだから良いよ」と言ってるんだけど、O師は聞かない。

ってことで、お誕生日おめでとうの乾杯!をして、さらにおかわりを重ねて、神保町の夜は更けていったとさ。

<裏tomo君>
アンタ、O師が帰った後も居残ってなかった?

◆キリンシティプラス 池袋WACCA店 豊島区東池袋1-8-1 WACCA IKEBUKURO 1F 03-5957-5261

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。


私が一番乗り、まずはブラウマイスター。以下きりが無いので追加ビールの写真は無し。
キリンシティプラス

舞茸の天ぷら。
キリンシティプラス

ソーセージ盛り合わせ。
キリンシティプラス

翡翠茄子の中華ソース。
キリンシティプラス

あか牛の旨塩焼き。
キリンシティプラス

じゃが麺のタラモサラダ。
キリンシティプラス


そして銀漢亭へ、賑わってるね。
銀漢亭

Kちゃん、お誕生日おめでとう!
銀漢亭


2019-07 赤羽ゴルフ倶楽部 久しぶりにフレンズ会に参加

9月28日(土)は、赤羽ゴルフ場へ。
仲良しのメンバーさんたちの親睦コンペである「フレンズ会」に参加した。
最近俳句のイベントと重なってずっと欠席が続いていたんで、久しぶりだ。

久しぶりの間に少しルールが変わっていて、以前は参加費1000円、バンカー・ワンペナ・3パットなどが1回につき200円の罰金(ただし上限1000円まで)というのが、罰金が無くなって一律1人2000円徴収である。まあ、私にとってはどちらでも結果はおんなじなんだけどね。

ランチはこれまた久しぶりに、定食の店しんへ。
赤羽ゴルフ場はクラブハウスにレストランもあるんだけど、23区内のゴルフ場だけに、近くの食堂やファミレスにランチに行くのもアリなんだな。
こんがり焼かれたオムレツを肴にビールで、エネルギーチャージ。

この日は何故だか途中から、びゅぅ~んっと左に飛んで行ってしまうミスが時々出て、スコアは相変わらずまとまらず。でもおかげで「ブービー賞」をいただく。
この会で賞と名のつくものをいただいたのは、初めてかも。

終了後は近くの王将で、表彰式兼反省会。
餃子を食べ、ビールを飲む。
参加賞では、全英オープンで渋野日向子選手がつまみ食いしていて一気に人気となった駄菓子「たらたらしてんじゃねーよ」をいただく。この頃品薄だった中、幹事さんが苦労して調達してくれたらしい。

帰り道、浮間船渡駅のホームで向い側の下りホームに見慣れない濃紺の電車が入ってきた。
見れば「試運転」の表示、新型車両かなと思ったけど、そう言えば少し前に相鉄線と埼京線が相互乗り入れするって言うニュースを見た記憶有り。
この車両、相鉄線だね。

そんな赤羽ゴルフ場、先日の台風19号(Hagibis)の浸水被害により、現在クローズ中だ。
河川敷としての使命を全うして、街をまもってくれたんだね。
復活の日を待ってるよ♪


◆赤羽ゴルフ倶楽部 赤羽ゴルフ場 北区浮間2-18-7 03-3966-6155
http://www.akabanegolf.co.jp/index.html
JR埼京線各駅停車で新宿から20分の浮間舟渡駅からクラブバス5分、電車で行けるゴルフ場。
現在クローズ中。

◆定食の店しん 北区浮間2-6-10-105  03-3558-6395
 6:00~20:00 日曜定休

◆餃子の王将 浮間舟渡店 北区浮間4-30-15 03-5970-4863


ロッカールームにはられたパンダのポスター、ビールへの酒税も軽減してほしいもの。
赤羽ゴルフ場

インスタート、写真はちょっと暗いけど、秋の雲の広がる好天の日だった。
赤羽ゴルフ場

昔はハート型だった時代もあるオブジェ的植栽。
赤羽ゴルフ場

台風15号の爪痕か、折れている木や枝がちらほら。
2週間後の19号のことは、まだ知る由もない。
赤羽ゴルフ場

ランチは久しぶりに、定食の店しんへ。オムレツ定食ご飯少な目と、瓶ビールね。
定食の店しん

オムレツの中にはひき肉とタマネギを炒めたのが入ってる、お惣菜的スタイル。
定食の店しん

後半はアウト。
赤羽ゴルフ場

そして、餃子の王将で反省会。
餃子の王将

参加賞、なお、渋野選手は「バッグの中がくさくなる」ので、今はこのお菓子はやめてるらしい。
たらたらしてんじゃねーよ

餃子や炒飯など、スポーツの後はガッツリ食べるのだ。
餃子の王将

浮間船渡駅のホームで、不思議な濃紺の試運転車両を見かける。
埼京線ホームに相鉄線

いつから乗り入れるのかな。
埼京線ホームに相鉄線


こちらの写真は10月13日撮影のもの。
その後水はほぼ引いたけれど泥の撤去や芝生の整備など、一か月以上はクローズ見込みらしい。
赤羽ゴルフ場 2019年台風19号被害


台風19号で犠牲となったみなさまのご冥福をお祈りし、被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。 tomo@日本ビール党の部屋


奥窪聖美漆芸展 -トレ・ボン・バン- 観賞と、反省会

9月27日の木曜日は美術鑑賞の日。
銀座にあるギャラリーおかりやで開催されていた漆芸作家奥窪聖美(おくくぼきよみ)さんの個展を、高校時代の友人と観にいってきた。
なお、この個展は9月30日までだったから、今から行ってももうやってないからね。

<裏tomo君>
だから、こういう記事は時系列にこだわらないでもっとタイムリーにアップすべきだよね。

友人たちとは現地集合だ。ギャラリーってのはたいていなんだか分かりにくいところにあるんで、地図やスマホを見ながら向かったけど、なかなか見つからず、さまよう。
と、「tomoさん!」と声をかけてくる夫婦連れ、現地集合のうちの一人がダンナ様を同伴してやはりギャラリーを探してさまよっていたようで、力を合わせて何とか見つけて無事到着する。

この日は奥窪さんの知り合いのロシア人尺八奏者が、奥窪聖美さんの漆芸作品に捧げる演奏をしたいと来訪することになっているそうで、ほどなく現れる。
若きイケメンだ。奥様が日本人とのことで、日本語も堪能。
尺八って竹でできているっていう知識しかなかったけれど、実は漆が使われていて、かつて使っていた尺八の一つを修理をするときに奥窪さんからアドバイスを受けたのが縁でのお付き合いなんだとか。

個展に展示されている作品は、器が中心。
と言っても、小さいもの、大きなもの、つやつやしたもの、ざらざらとした質感のものと様々だ。
色も、いかにも漆っぽい黒とか朱色もあるけど、緑色や赤紫っぽいものなど、変幻自在。
この漆の手法というか技法については何度か奥窪さんから教えてもらっているけれど、難しくてイマイチ見分けがつかないんだな。
漆芸の世界って奥が深いのよね。
女子に人気の漆を使ったアクセサリーも素敵だ。

で、鑑賞が終わった後は反省会へ。
有楽町駅近くのビルにある居酒屋にて、魚中心に飲んで食べる。
ギャラリーがクローズしてから奥窪さんも合流してくれて、あれこれよもやま話で盛り上がる。

芸術の秋、だねぇ~


◆奥窪聖美漆芸展 -トレ・ボン・バンー http://bunkazai-urushi.org/private-exhibition/2019/09/5090/

◆魚盛 有楽町電気ビル店 千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル B1F 03-6269-9380


個展の様子、漆器にも色々あるのが良く分かる。
奥窪聖美_漆芸作品

木の他に、紙、布、紐、皮など様々な素材がある。柔らかく弱い素材も、漆の力で固く丈夫になる。
奥窪聖美_漆芸作品

小さなお花みたいなのは、ブローチ。
奥窪聖美_漆芸作品

いろんな季節の花をかたどった小皿。
奥窪聖美_漆芸作品

この緑の大きな器は、個展のDM絵葉書に載ってたやつだ。
奥窪聖美_漆芸作品

色とりどりの小さな薔薇や月のようなのも、ブローチ。
奥窪聖美_漆芸作品

オブジェっぽいこれらも、ブローチ。
奥窪聖美_漆芸作品

花器もある。中に試験管が入っている。
奥窪聖美_漆芸作品


ってことで、反省会スタート。
魚盛_有楽町電気ビル店

ベジファーストで、塩昆布キュウリ。
魚盛_有楽町電気ビル店

つき出しは、柚子の香茶碗蒸し、なかなか美味しい。
魚盛_有楽町電気ビル店

ポテサラの酒盗トッピング。
魚盛_有楽町電気ビル店

奥窪さんも合流してくれて、乾杯!
魚盛_有楽町電気ビル店

お刺身の盛り合わせ。
魚盛_有楽町電気ビル店

キャベツ、なんだかおいしいたれがかかってる。
魚盛_有楽町電気ビル店

牛筋煮込み。
魚盛_有楽町電気ビル店

鮭ハラス焼き。
魚盛_有楽町電気ビル店

秋刀魚の姿焼き、この秋は貴重品のままに終わりそう。
魚盛_有楽町電気ビル店

シラストッピングの塩焼きそば。
魚盛_有楽町電気ビル店

さらに乾杯して、夜は更ける。
魚盛_有楽町電気ビル店

<裏tomo君>
芸術の秋より食欲の秋の方が写真枚数多いね。




次のページ