FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

ありがとう&さよなら、Yahoo!ブログ コメント欄開いてるよ!

*Yahoo!ブログ用に書いた記事ですが、記事シンクロのためにこちらにも掲載しときます。
 なんせあっちは12月で消えちゃうからね。

***
いよいよYahoo!ブログの記事やコメントの投稿等ができるのは明日の8月31日が最後となった。
最終日に最後の記事を投稿しようかと思ったけれど、明日はちょっと遠出の予定がありなので、一日早いけど最後の記事を。

Yahoo!ブログさんには、14年間にわたって無料で遊ばせてもらったことに感謝。
おかげでたくさんの素晴らしい人たちに巡り合うことができて、自分の人生を変えるきっかけにもなっているところがすごい。
ブログ開設時に他のブログもいくつか試したり、パラレルで運用していた時代もあったけれど、Yahoo!ブログは当初からアバターと名前アイコンやランダムなど交流の輪が広がりやすい仕掛けが優れていたと思う。

惜しむらくは…と書きかけたけど、8行ほど削除して、当ブログの記録を。
(数字は今夜寝る前か明日朝に更新する、かも)

Yahoo!ブログ 日本ビール党の部屋の記録
 URL      https://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama
 開設日     2005/3/11(金)
 総記事数    4221
 総訪問者数  1286011(*)
 総コメント数  126150(*)
 総トラックバック数 954(*)
 消滅日   2019/12/15(日) 予定
  (*)~2019/8/30 22:00現在

引越し先の新ブログは、こちら
 URL      https://japanbeerparty.blog.fc2.com/


5月以降の記事(ほぼ新ブログ記事へのリンクのみ)のコメント欄は閉じていたけど、最後なのでこの記事は開けとくよ。
と言っても、開いてるのはほぼ1日だけだけどね。

まだお知らせいただいてないけど引越し先を知らせたいっていう方がいたら、FC2であろうとなかろうとぜひ!

では、これにて、私のYahoo!ブログ活動はおしまい。
みなさま、ごきげんよう♪
スポンサーサイト



神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 8月の十六夜句会

8月も明日で終わり、古巣のYahooブログはいよいよ明日で更新機能停止(記事の登録、修正、コメント投稿などができなくなる)、あとは12月15日の消滅を待つばかりとなる。
そんな中、こちらのブログ記事はやっと8月に突入♪

7月30日は色々野暮用あってふらりと銀漢亭へ。
月末間近とあって超閑散で、生ビールなどいただきつつ店主やカウンタースタッフ君とお話ししたりして、早々に退散する。

1日おいて8月1日の木曜日は再び銀漢亭へ。この日は女子限定の十六夜句会なんで、まずは一階でハッピーアワーの200円生ビールをいただいてから、2階の会議室へ。
兼題は秋近し、流星。席題は溝萩、あと当季雑詠で4句出しだ。
席題は、その日銀漢亭に居る人にその場で出してもらうお題なので、即興での俳句作りが求められる。

<季語tomo君>
溝萩~ミソハギと読む、千屈菜とも。湿地や田の畔などに自生するミソハギ科の多年草。高さ1メートルほどで、淡紅紫色の花を長い穂状につける。精霊棚に水を掛けるときこの花を使うので、盆花として栽培もされている。(気になる方はググれば画像色々みつかるはず)

で、まあ、句会が無事終わって一階のお店に舞い戻り、反省会。
先日の小諸でおひささんと買い求めて送り込んでおいたソラリスワインをみんなで楽しむ。
もっともこの日はおひささんは都合により(たぶん別の宴会あり)欠席だったんだけどね。
あれこれ飲んで食べていると、この日来店していたKM氏から持ち込みの鯖と穴子の押し寿司、玉子焼きの差し入れをいただく。旨し。
こうして女子会句会の面々は、夜遅くまで楽しく銀漢亭にたむろしていたのであった。

<裏tomo君>
夜遅くに…押し寿司系って炭水化物ギッシリだよね。

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。

~ 今日の俳句 ~
 浅間嶺は青さを増せり秋隣
 流星の消えしあたりの土匂ふ
 秋近し丹念に引くアイライン
 千屈菜の刈られて水を恋しがる

7月30日、店内は超閑散。
銀漢亭

茄子など摘まみにハッピーアワービールをいただいて、退散~♪
銀漢亭

銀漢亭


そして8月1日は、十六夜句会。
銀漢亭

終わって銀漢亭で、反省会なのだ。
銀漢亭

カボチャが美味しいのは素材が良いのか調理法が良いのか、とろりほっくり。
銀漢亭

おひささんと私からの差し入れワインはこちら。
銀漢亭

銀漢亭

こちらは北軽でいただいてきた巨大なインゲン、新鮮でこれまた超絶美味。
銀漢亭

KM氏差し入れの押し寿司と玉子焼き、ぺろりといただいてしまう。
銀漢亭

2019-05 ゴルフ5カントリーかさまフォレスト 親睦コンペに参加

7月29日月曜日は、KT氏にお誘いいただき、かさまフォレストで親睦コンペに参加した。
このため朝が早かったんで、前夜の飲みは若干抑えてたんだな。

<裏tomo君>
あれで?


で、早起きしてtako氏の運転でゴルフ場へ。
他に、俳句ナカマのKT氏とRKさんで一組となって参加する。
晴天の中キャディさんの励ましを受けつつ回るも、なかなか思うにまかせず。
ランチをはさんで後半、最後の方でもくもくと不吉な雲が出て来る。
遠くで雷鳴も聞こえる。

ゴルフは相当な雨でも決行する人もいるけど、雷だけはだめ。命にかかわるからね。
ってことで、テキパキサクサクとプレーをすすめて、ホールアウトしたとたんにサイレンが鳴り響き、雷警報でプレー中断。滑り込みセーフだったね。

その後は表彰式兼パーティー、なんとKT氏が優勝で、いい気分で解散となったのであった。
ちなみに私は前回成績悪すぎて罰金だったけど、この日はかろうじて罰金レベルをクリアだったよ。

<裏tomo君>
またみなさんノンアルなのに一人だけ生ビール…

◆ゴルフ5カントリーかさまフォレスト 茨城県笠間市福原301 0296-74-4561


私には何の参考にもならないインフォメーションボード。
GOLF5かさまフォレスト

良いお天気、綺麗なコースなのだ。
GOLF5かさまフォレスト

ランチは冷やし中華。
GOLF5かさまフォレスト

美味しかったんだけど、「プチマリン」って言うお刺身のツマとかに出て来る透明で固いシラタキみたいなのは、個人的には無くても良いかも。
GOLF5かさまフォレスト



終了後は簡単な表彰式とパーティー。
GOLF5かさまフォレスト

私だけビールで、他の人はノンアルなのであった。
GOLF5かさまフォレスト

小諸・笊蕎麦 刻(ザルソバ トキ) 絶品そばの店で貸切宴会も

7月28日、29日のこもろ・日盛俳句会のひとこま。
ここ数年お気に入りでランチでお世話になっているお蕎麦屋さん、刻(トキ)。
今年はお願いして、28日の夜に俳句祭参加者有志の貸切で宴会をやらせていただいた。

元々のメニューは蕎麦(ざる、田舎、つけとろ、かけ、冷やおろし、釜揚げ)、蕎麦がき、玉子焼き、蕎麦味噌と日本酒、ビールくらいなんだけど、天ぷらをはじめいろいろと美味しいラインナップを用意してくれてた。
ホールでのお運びは、奥様に加えてかわいらしいお嬢さんがお手伝いしてくれるのも微笑ましい。
途中からこのお嬢さんとしりとりの大バトルが勃発、オトナチームが意外な苦戦となる。

<裏tomo君>
語彙豊富なはずの俳人が、幼子相手に苦戦とはねぇ(苦笑)

で、この宴会、お値段は極めてリーズナブル・これはこれから毎年の恒例になりそうな予感だよ。

29日は改めてランチで訪問、最近飽食だからあっさりざるをいただこうと思いつつ、ついつい二色(ざると田舎)でガッツリいただいてしまう。

小諸に行く機会があったら、超お勧めのお店。
ただし小さなお店で調理は店主お一人なんで、多少待つ場合もあるのはご覚悟で。

◆笊蕎麦 刻(ザルソバ トキ) 長野県小諸市大手1-3-14 0267-22-0246 

記事書いたら、また行きたくなってきた~


28日の夜宴会は貸切のお任せで、まずは乾杯!つき出しはお漬物、旨し。
小諸 笊蕎麦刻(トキ)

蕎麦屋の玉子焼き、甘み控えめでドストライクな美味しさ。
小諸 笊蕎麦刻(トキ)

蕎麦米のお粥、塩昆布が効いててペロリと食べちゃう。
小諸 笊蕎麦刻(トキ)

野菜の煮物、さつま揚げ入り。ジャガイモがまた美味しい。
小諸 笊蕎麦刻(トキ)

揚げ立てのかき揚げ。
小諸 笊蕎麦刻(トキ)

そして〆は、当然、ざる。
小諸 笊蕎麦刻(トキ)


そして29日のランチも、ビールとともに始まる。
小諸 笊蕎麦刻(トキ)

何度食べてもたまんない、ざる。
小諸 笊蕎麦刻(トキ)

そして、田舎。ほとんどうどんって感じの太さが癖になる。
小諸 笊蕎麦刻(トキ)

こもろ・日盛俳句祭 2019 そして北軽井沢句会へ

ちょい多忙でブログさぼり勝ちの今日この頃。
10年以上続けていたYahooブログでは操作も馴れたもんで、目をつぶって左手でちょちょいのちょいっと記事をかけたけど(嘘です)、5月に引越してきたFC2はまだ操作に習熟しているとは言い難く、ちょっと忙しくなるとついつい億劫になってサボっちゃうのよね。

そんなわけで、気が付くともう一か月近く経っちゃってるんだけど、7月27日、28日の週末のお話。信州は小諸で開催された、こもろ・日盛俳句祭に参加してきた。
毎年この時期、金・土・日の3日間にわたって開催されるこの俳句祭は、戦時中に小諸に疎開していた高浜虚子にちなんで開催されるもの。
講演会、パネルディスカッション、句会、懇親会と盛りだくさんだ。
今年はおひささんと一緒に土曜日に高峰高原へ行くツアーに初めて参加した。
マイクロバスでニッコウキスゲなどが咲き乱れる気分の良い高原に向かい、周辺を散策したりして俳句作り。ランチにお弁当をいただいて句会をやってまたバスで地上に降りてくる。
このお弁当、花豆おこわがすごかった。抜群の存在感の花豆がトッピングされていて、開けてびっくりなビジュアル、そしてほっこりおいしい。

句会では他の人の句で間違って名乗ってしまうアクシデントは有ったけど、何とか終了。
パネルディスカッション、懇親会とこなす。
懇親会終了後はお気に入りのお蕎麦屋さん「笊蕎麦 刻(トキ)」にて、貸切宴会。
これは別記事でUpの予定。

翌日曜日は他の俳句ナカマと合流して、虚子が疎開中に暮らしていた家である虚子庵や虚子記念館を見て、そのあと昨年行ってみて味を占めたマンズワインのワイナリーへ。
ワイナリーを見学し、試飲して、この工場で作っているおすすめワイン「ソラリス」を句会の差し入れ用に銀漢亭に送り付ける。
昨夜と同じ蕎麦屋刻でランチして午後に句会を済ませたところで、銀漢チームはここから北軽井沢に向かう。

北軽井沢にはTSさんをリーダーとする北軽井沢句会があり、毎年小諸から北軽井沢に移動して合同で宴会と句会をやるのが恒例となっている。

この宴会の歓迎ぶりがすごい。山荘の外壁には歓迎の旗が飾られ、到着早々菜園での収穫体験や、BBQ料理、夏野菜の揚げたて天ぷら、そして炭水化物系はサンドイッチ、ちらしずし、おにぎり、素麺と果てしなく出てくる。恒例の西瓜割りもお楽しみ。
そして限られた時間の中で5句出しの句会、慌ただしい中にも熱気がこもった一時だ。

あっという間に時間は過ぎ、軽井沢駅から新幹線で飲みながらの帰京となる。
小諸から北軽井沢、そして北軽井沢から軽井沢と、北軽句会の皆様が車で送迎してくださる。したがって、楽しいBBQ宴会でも運転担当のみなさんはノンアル、本当にただただ感謝。

毎年恒例の小諸~北軽井沢の楽しい夏休み、2016年から参加して今年で4回目となるけれど、行くたびに新しい楽しみが見つかる感じだね。

◆こもろ・日盛俳句祭 → https://www.city.komoro.lg.jp/material/files/group/3/20190419_hizakari_youkou.pdf

~ 今日の俳句 ~
 日光黄菅遠くなるほど一面に
 高原のアイスクリーム乳匂ふ
 高原ホテルの小さきポストや夏の旅
 夏霧の流るるあたり浅間山
 木道は草に埋もるる梅雨涼し

 虚子庵の硝子に歪む夏の雲
 草いきれ浅間に向かふ虚子の道
 やはらかき虚子の墨跡青田風

 鬼押出の熱さますかに大夕立
 夏霧の裾長く引く浅間山
 子は育ち庭木は繁る露涼し
 

軽井沢駅からしなの鉄道で小諸に向かう。
しなの鉄道

高峰高原はニッコウキスゲが花盛り。
高峰高原

ランチのお弁当は、花豆おこわらしい。
高峰高原

蓋を開けると、花豆でかい!
高峰高原

デザートのアイス、近くに牧場があるからアイスも美味しいのだ。
高峰高原

高峰高原ホテル、ランチや句会はこちらで。
高峰高原

ここまではお天気だったけど、霧が流れてきてこのあとどしゃ降りに。
高峰高原

句会はまじめにやってるのだ。
高峰高原

高原から地上に降りて、時事俳句についてのパネルディスカッション。
こもろ・日盛俳句祭

そして夜は懇親会。
こもろ・日盛俳句祭

こもろ・日盛俳句祭

こもろ・日盛俳句祭

壇上にはそうそうたるスタッフ俳人のみなさま。
こもろ・日盛俳句祭

翌朝、朝食前に一人懐古園を散策。
こもろ・日盛俳句祭

こもろ・日盛俳句祭

こもろ・日盛俳句祭

弓道場がある、身の引き締まる感じ。
こもろ・日盛俳句祭

小諸の街中をぶらぶら、ここはその昔ミルクホール銀座会館跡。
こもろ・日盛俳句祭

こもろ・日盛俳句祭
虚子の甕にはメダカが泳いでる。
こもろ・日盛俳句祭
マンズワインでソラリス三種類飲み比べ。
こもろ・日盛俳句祭
マンズワイン敷地内には広大な和風庭園もある。
こもろ・日盛俳句祭

ブドウ畑、美味しいワインになれよ。
こもろ・日盛俳句祭

ワイナリーは見学コース、売店、二階にはレストランあり。
こもろ・日盛俳句祭


そして北軽井沢へ、今年も歓迎の旗が掲げられている。
北軽井沢の夏

じゃんじゃん焼く。
北軽井沢の夏

じゃんじゃん食べる。
北軽井沢の夏

じゃんじゃん飲む。
北軽井沢の夏

北軽井沢の夏


帰りの新幹線車中、実は私は翌朝早いんで軽めにね。
北軽井沢の夏



アラジン 映画鑑賞と反省会

アラジン

またまた久しぶりな映画鑑賞。
7月25日の木曜日は、日比谷で実写版のアラジンを観てきた。
公開からだいぶ日が経ってるけど、すでに一回観たと言うN氏が、きっとtomoさんが気に入りそうな映画だったよ、なんなら付き合ってもう一回観ても良いよとまで言ってくれたので、みさ姉も誘って平日の時間が自由な3人で午後3時前のTOHOシネマズ日比谷へ。
東京ミッドタウン日比谷の4階にあるこの映画館へは初訪問。ロビーではゴジラ像がお出迎えしてくれる。このロビーで無事3人落ち合って、映画鑑賞へ。

監督
 ガイ・リッチー

製作総指揮:
    マーク・プラット/ケヴィン・デラノイ

キャスト
 メナ・マスード;アラジン
 ナオミ・スコット;ジャスミン
 ウィル・スミス;ジーニー(ランプの魔人)
 マーワン・ケンザリ;ジャファー(悪者ね) 
 
ストーリー
「ダイヤモンドの原石」のような純粋な心を持ち、でも貧しい暮らしをしている青年アラジンは、ある日お忍びで街を歩いている王女ジャスミンと出会い、恋をする。一方、国務大臣ジャファーは自分が王となって国を支配するため、3つの願いをかなえてくれる魔法のランプを手に入れようと、アラジンをそそのかしてランプを取りに行かせる。
アラジンはランプの力を知らぬまま手に入れるが、たまたまそれをこすると中から魔人が現れ、3つの願いをかなえてくれると言う。王女と結婚したいアラジンは、自分を王子にしてくれと願うが…

感想など
実はアニメ版観てないんだけど、エンディングも含めてお気に入り映画となった。
実写版とは言えCG技術を駆使したスピード感のある動き。朝ドラ「なつぞら」では日本のアニメの黎明期が描かれてるけど、やっぱりディズニー、やるなあって感じ。
素敵な音楽と踊り、笑いと恋と陰謀と、可愛い猿と憎らしいオウム、スリルとサスペンスのランプの奪い合い、そして結末は…
N氏の見込み通り、私の好みにピッタリの映画だったよ。

終了後はお決まりの「軽く飲んで帰ろうか」とのことで、駅前の英国風パブへ。結構大きなお店で時間はまだ6時前と早めだから問題無いかと思ったら、席は空いているものの予約でいっぱいらしい。7時までならいいけれどと言われる。
感覚的に1時間ちょいじゃ足りない気もしたけど、まあ軽くなら良いかな、それにきっと7時とは言ってももうちょっとは粘れるかもと思い、入店する。
ビールは美味しかったけど、見る間に店内いっぱいになっていってホントに1時間で退店。
ってことは当然もう一軒ということになって、通りがかりの居酒屋さんでさらに飲みなおして、まあ予想通りの展開となるのであった。

◆ザ・ローズアンドクラウン 有楽町店 千代田区有楽町1丁目7−1 有楽町電気ビル 1F 03-3214-7920

◆九州 熱中屋 有楽町LIVE 千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 03-5224-3733

ロビーのゴジラ、逆行なんでシルエットね。
TOHOシネマズ日比谷

終了後は、まずはビール。ハッピーアワーなのだ。
ザ・ローズアンドクラウン

チキンサラダ。
ザ・ローズアンドクラウン

よだれ鶏、ピリ辛だ。
ザ・ローズアンドクラウン

これまたピリ辛な水餃子。
ザ・ローズアンドクラウン

パブらしい1パインとグラスが良い感じ。
ザ・ローズアンドクラウン

そして結局もう一軒。
九州熱中屋

N氏とみさ姉は日本酒ね。
九州熱中屋

乾杯!
九州熱中屋

このお店はつきだしが明太子盛り合わせ。
九州熱中屋

酢もつ。
九州熱中屋

サバ塩辛とサバチップスのシーザーサラダ。
九州熱中屋

さらに、ごま鯖。
九州熱中屋



神保町・漢陽楼(カンヨウロウ) 7月の雛句会は中華の名店で

7月24日の水曜日は、雛句会に参加した。
兼題は、花火・トマト・玫瑰(ハマナス)・夏惜しむ・当季雑詠の五句出し。
世話人TT氏が事前にメールで投句、選句まで済ませてくれているこの句会は、当日は飲んだり食べたりしながら披講をする、限りなく宴会に近い形式の句会。
この日はいつもの会場である銀漢亭が店主さまの都合(俳句のお仕事)でお休みのため、近隣にある中華料理の名店での開催となった。
ここ漢陽楼は1911年創業で、かつて留学生時代の孫文、魯迅、周恩来等も愛用していたと言う由緒正しいお店らしい。確かに、箸袋にも「周恩来ゆかりの店」との記載がある。
雛句会は某金融機関OBが多い会でもあるんだけど、その人たちが時々使っているお店らしい。
初訪問の私は地図を頼りに店の前までたどり着いたものの、達筆すぎる看板が読めず、周囲を一周してやっとたどり着く。
この日の参加者は15名、個室の円卓にびっしり並んだ感じ。
お料理は「この店では一番安いノミホつきコース」とのことだけど、どれも美味しい。
途中エビチリではあまりの美味しさに全体人数を考えずに大量確保する人がいたりと小さな軋轢は有ったものの、楽しく句会は進む。別の宴席に出ていたMI氏も合流してきて、さらに盛り上がる。

終了後、精鋭たちは二次会場を求めて周辺をうろつく。10人くらいいるのでなかなか空いてる店が無かったけど、やっと路地裏の居酒屋へ落ち着く。魚が自慢のお店らしいけど、もうおなかいっぱいであんまり食べられそうもない。
ってことで、言い訳程度に食べつつ楽しく飲んでいると、ギターを抱えたお兄さんが入ってきた。
なんと、「流し」だと言う。
かつて飲み屋横丁の小店で飲んでると、流しのお兄さんやらお姉さんが入ってきて、リクエストに応えて弾き語りをやってくれたり、場合によっては客が歌う伴奏をしてくれたりした。いろんなお店を流して歩くから「流し」だったんだけど、このお兄さんはこの夜はこの店の専属っぽい感じ。
曲目リストを見せてもらうと、みんなの歌心をくすぐるラインナップだ。
ひとしきり弾き語りしてもらってみんなで声をそろえて歌って、途中でお店に有ったタンバリンをお借りしたりして、神保町の夜はこの日も熱かったのであった。

さて雛句会、8月の会場はまた銀漢亭に復帰の予定だよ。

◆漢陽楼(カンヨウロウ) 千代田区神田小川町3丁目14−2 1~2F 漢陽ビル 03-3291-2911

◆魚百(ウオヒャク)  千代田区神田神保町1-2 03-3291-1295

◆さとうもとき(流しのもっくん) http://motoki-s.com/#2


~ 今日の俳句 ~
 はまなすや墓標に刻む異国文字
 風ごとに葉擦れの匂ひ夏の果
 すずなりの次々赤くプチトマト
 梅雨寒のニーベルングの指輪かな


店名が達筆すぎ。
漢陽楼

乾杯!
漢陽楼

まずは前菜。
漢陽楼

軋轢を生む(?)、絶品エビチリ。
漢陽楼

春巻きも、スタンダードなおいしさ。
漢陽楼

肉料理は合鴨の中華ロースト。
漢陽楼

中華粽、デザートはライチ。
漢陽楼


そして、路地の居酒屋にたどり着く。
百魚

熱唱する流しのもっくんことさとうもとき氏、若いお兄さんかと思ったら51歳ですって。
さとうもとき

室蘭出身、歌手を夢見て上京して活動中らしい。中年の星、ガンバレ!
さとうもとき

※さとうもとき氏の写真は、本人の許可を得て撮影・掲載してます♪

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 7月の演劇人句会とひまわり句会

あまりの猛暑にブログもさぼりがちな今日この頃だけど、ブログ日記の続きを。
7月22日の月曜日は、銀漢亭で演劇人句会に参加した。

銀漢亭近くのビルが最近建て替えられて一階にお蕎麦屋さんが出来たけど、今度はその並びのワインバーが閉店してビルごと建て替えになってる。こうして神保町の街並みもどんどん変わっていくんだね。

さて、現役女優、元女優、演劇評論家などそうそうたる顔ぶれの句会に、演劇とは関係ないけど無理矢理紛れ込んでからずいぶん経つ。
その間メンバーの変遷もあったけれど、毎月話題豊富な句会だ。
最初から銀漢亭で句会をやって、選句・披講まで終わったあたりから飲み始めるスタイル。
今月の兼題は、暑気払、青山椒、「ソロ」詠み込み、当季雑詠の五句出し。
ちなみに来月の兼題は星月夜、カンナ、「ドイ」詠み込み、当季雑詠ね。

<季語tomo君>
暑気払~晩夏の季語。生ビールなんかをガブガブと飲む夏の宴会って言うイメージの言葉だけど、本来の意味は暑さをしのぎ、弱った体に鋭気を満たすために薬や酒を飲むこと、またその薬や酒を指し、暑気下しとも言う。

続く7月23日火曜日は、ひまわり句会に参加。
銀漢亭2階の会議室で句会をして、終了後に1階で反省会っていうスタイル。
この日の兼題は、釣忍、夏芝居、当季雑詠で四句出し。
俳句勉強会Y塾を引き継いだこの句会は、指導者Y氏の俳句よもやま話が楽しい。
皆に褒められた句だけでなく、だれも褒めなかった句をどうすればもっと良くなるのかの指摘が勉強になるのだ。

<裏tomo君>
その割に成果が出てないみたいね。

ひまわり句会の来月の兼題は、鳳仙花、赤蜻蛉、当季雑詠ね。
この句会をやっている頃はまだ梅雨寒で、夏の季語がしっくりこなかったけど、今や猛暑真っただ中、でも暦の上では8月8日は立秋で、もう秋の俳句なのよね。

翌日7月24日も句会だったんだけど、会場が違うからまた別記事で♪

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。
 今週は夏季休業、行ってもシャッター下りてるよ。

~ 今日の俳句 ~
 正体の知れぬ薬酒の暑気払ひ
 夏館明治のバカラ並ばせて
 風の道探して吊るす釣忍
 殺されし後の見せ場や夏芝居


並びの一画でビルが取り壊されて更地に、先週は地鎮祭が行われてた。
神保町界隈

演劇人句会の日の銀漢亭外観、このビルもいつか建て替えられる日が来るのかな。
銀漢亭

ドアの内側に貼られていたお休みのお知らせ、再掲。
銀漢亭

まずは、ハッピーアワーのビールを。
銀漢亭

で、句会の途中から飲み始める。
銀漢亭

銀漢亭

銀漢亭

銀漢亭

ひまわり句会の日の銀漢亭外観。
銀漢亭

まずはハッピーアワーのビールで。
銀漢亭

句会が終われば反省会、お料理は大皿で色々。
銀漢亭

大倉句会 本郷吟行

7月21日の日曜日、午後1時に東大前駅で参加者9名が待ち合わせて、本郷吟行が行われた。大倉句会では6月に予定していた吟行が悪天候で中止だった。今月も台風が危ぶまれたものの、幸い関東近辺には大きな影響は無く、梅雨のはっきりしない天気ではあったものの雨に降られることもなく、梅雨曇りの中の吟行となった。

まずは東京大学本郷キャンパスへ。農学部側から入り、上野博士に駆け寄るハチ公の銅像の周りをうろつく。農学資料館の展示を見て、さらにキャンパスを進む。どこからともなく蝉の声が聞こえるようだ。
言問い通りを渡って工学部エリアへ。格調は高いけれどやや(かなり)古めかしい校舎が並ぶ。学園紛争の頃にはテレビでおなじみだった安田講堂も外から見学。紛争後は荒廃していたが、旧安田財閥系の寄付などによってふたたび利用可能となっているらしい。
キャンパスのはずれはうっそうと緑が茂っていて、降りていくと三四郎池に至る。大きな鯉が群れて近寄って来る。池の周囲を散策中に2名がはぐれるも、後で無事合流。
さらに学内を散策していく。時間の都合で赤門は遠目のチラ見にとどめて、鉄門から外へ。なんだか最高学府から庶民の住む下界に降りてきた感じ。

次の目的地は旧岩崎庭園。建物に向かうアプローチには小さなキノコの列や巨大ないかにも毒がありそうなキノコが、これぞ梅雨茸っていう感じで生えている。
今も残る建物は廊下でつながる洋館と和館、それに山小屋風の撞球室だ。洋館の半分は改修工事中のようで工事用の足場とシートに覆われているが、館内の見学は通常通り出来るようだ。古びた家具や調度品が並び、平成、昭和、大正を通り越して明治の空気も感じられる。

旧岩崎庭園を後にして上野不忍池へ。一面に生い茂る蓮はところどころに美しいピンク色の花が咲き、葉も花も時折風に揺れている。大きな葉の真中に水が湧きだしているものがあり、びっくり。

これにて吟行を終えて最寄りのファミレスで作句タイム、和食バルさしすせそにて、10句出しの句会となる。句歴が浅く吟行初参加のMSさんも、無事10句を出句。どうもお疲れさまでした!

この日は参院選の投票日、会社の一室が某候補者の選挙事務所になっていて開票速報までに戻らなければいけないとのことで、Sさんが途中退出。そして句会宴会が終わった後で精鋭たちはさらにもう一軒、居酒屋かのやへ。そこに実家に帰省していたおひささんが新幹線で戻ってきて乱入してきて、さらに超精鋭たちがもう一軒行ったとか行かないとか…大倉吟行の夜は今回も熱いのであった。

◆和食バル さしすせそ 台東区上野2丁目10−7 かきくけこビル 03-3836-1901

◆居酒屋かのや 台東区上野6-9-14 03-5812-7710

~ 今日の俳句 ~
 フィラメント透かす電球夏館
 扇風機ゆつくり回る岩崎邸
 梅雨茸の列は小人の国までも
 梅雨茸を太らせてゐる低気圧
 三四郎池へ注ぐ水音宵涼し
 古団扇使ひて巡る岩崎邸
 マントルピース塞ぐ手すりや夏館
 病葉や小銭供ふるハチ公像
 白南風に窓開けはなつ撞球室


農学部キャンパスを入ったところにあるハチ公像、置かれた鞄がリアル。
東大本郷

キャンパスにある銀杏の巨木。
東大本郷

気のせいか、賢そうな人々が行きかう。
東大本郷

一時期テレビでおなじみだった安田講堂。
東大本郷

三四郎池。
東大本郷

この並木の先にあるのが赤門。
東大本郷


岩崎庭園、いろんなキノコが大発生してた。
岩崎庭園

向かって左側は工事中でシートに覆われている。
岩崎庭園

山小屋風の造りの撞球室、明治のころの社交場には撞球室がつきものだったらしい。
岩崎庭園

撞球室の内部には入れないけれど、開いた窓から見学できる。
岩崎庭園

撞球室のテラスで句作に励むI斗氏。
岩崎庭園

不忍池は蓮の花が咲き誇っていた。
上野不忍池

ファミレスにて、句作の時間となる。ちょっとエネルギー補給。
ガスト

句会は和食バルさしすせそにて。ちなみに、店名は以前はあいうえおだったらしい。
和食バルさしすせそ

和食バルさしすせそ

和食バルさしすせそ

和食バルさしすせそ

和食バルさしすせそ

和食バルさしすせそ

和食バルさしすせそ

大衆酒場っぽいところで、さらに飲む。
かのや

かのや

かのや

かのや

かのや

おひささんが合流して、また乾杯!
かのや

かのや

どうやらもう一軒いったみたいね。
上野の夜

上野の夜

上野の夜

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 7月の銀漢句会

おはようございます!台風近づく四国松山から昨夜帰ってた、tomo@日本ビール党の部屋。
が、ブログの方は先月7月18日木曜日、この日は銀漢句会に参加してきた。

所属俳句結社の中で最も長い歴史を持つと言うこの句会は、欠席者の投句も受け付けているので地方在住などのツワモノの投句も多くて、いつもなかなか苦しい展開。
この日の兼題は、夕焼・葎・当季雑詠で5句出し(欠席投句は3句出し)。

家で俳句を考えていてもなかなか思い浮かばないので、ランチも兼ねて近所のドトールへ。
ミラノサンドAを齧りつつ、なんとか5句をつくる。
夕方は銀漢亭へ寄って軽くハッピーアワーの水分補給、この日のカウンター担当はKちゃんね。
その後句会場である近くの公共施設へ行き、何とか句会を乗り切って、再び銀漢亭での懇親会となる。

こうして句会に出たり吟行に行ったりしているうちに、どんどん日々が過ぎていくのであった。

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。

~ 今日の俳句 ~
 廃線のかつて駅舎か八重葎
 長梅雨のケーキに沈みゆくフォーク


ミラノサンドA、ドトールはやっぱりこれが一番かな。
ミラノサンドA


まだ明るい銀漢亭で、まずはハッピーアワ~♪
銀漢亭

句会を終えて、再び銀漢亭へ。大皿料理がどんどん並ぶ。
銀漢亭

水茄子の季節になったね。
銀漢亭

銀漢亭

「銀漢」は天の川のこと。
天の川に見立てた天井のライトに、七夕シーズンは天井からたくさんの短冊が下がる。
銀漢亭

お料理はどんどん出て来る。キャベツとソーセージのスープ。
銀漢亭

乾杯!
銀漢亭

この日のサラダはワサビマヨ。
銀漢亭

北海道ゴルフ旅行のおひささんのお土産は、ふらのメロン。
銀漢亭

Kちゃん、この日も笑顔全開だよ。
銀漢亭
次のページ