FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 6月の演劇人句会

6月17日の月曜日は、演劇人句会に参加した。
劇評家、現役女優、元女優等演劇関係者に混じってどさくさに紛れて演劇とは何の関係も無いけど参加しているこの句会、個性派の参加者が多いのが面白い。

本日の兼題は、釣堀・グラジオラス・「バン」詠み込み・当季雑詠で五句出し。
一階銀漢亭の奥に陣取って、まずは句会だ。
投句、清記、披講まで進んだところで、ビールを開ける。
あとは飲みながら、食べながら、俳句や演劇について語り合う。
このうち演劇の部分は私には良く分からないので、主として聞き役に徹する。

<裏tomo君>
飲み役に徹してるよね。


この日のスマホには〆ラーメンの画像は無かったんだけど、なぜだか夜空の写真が一枚残されている。そっか、ストロベリームーンだったのね。
でも所詮は酔っ払いのスマホ写真、何がなんだかよく分からないね。

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107

~ 今日の俳句 ~
 釣堀のラジオ世界の株価告ぐ
 路地裏に女優住む家濃紫陽花
 釣堀のビールケースに今日も座す
 梅雨深し算盤匂ふやうに鳴る
 グラジオラス蕾もろとも剪られけり

来月の兼題は、青山椒・暑気払・「ソロ」詠み込み・当季雑詠。
またガンバロウ♪


外で飲んでる人がいたので外観写真は無し、句会一段落で乾杯!
銀漢亭

この日もビーフシチューとバケットが、従ってワインをたんまり飲む。
銀漢亭

キャベツ炒め。
銀漢亭

ズッキーニにゆかりをまぶした一品、さっぱり美味しい。こんな食べ方もあるのね。
銀漢亭

おなじみの、根菜煮物。
銀漢亭

トマトと新玉ねぎ、野菜たっぷりね。
銀漢亭


よくわからないストロベリームーンの写真。
2019年ストロベリームーン
スポンサーサイト



神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 6月の極句会

6月13日の木曜日は、極句会に参加した。
所属俳句結社の裏組織「芸能部」で主として宴会の運営や余興で活躍する人を中心とした句会なので、いつも楽しく盛り上がる会だ。

まずは2階の会議室で、まじめに句会をやる。
この日の兼題は、梅雨一般・蟇・当季雑詠の四句出し。
この日は若手女子のN子さんが初参加で、ユニークな句が目を引く。
と言うわけで、さくさくっと句会をすませて、一階の銀漢亭に場所を移しての反省会となる。

いつものような大皿料理に加えて、たぶん私はこのお店で初めてお目にかかるビーフシチューとバケットが出て来る。なんだか調子に乗ってワインをたくさん飲んで、すっかりいい気分になる。

そして写真を見ると…
どうやら熱烈中華食堂の日高屋さんに寄ったみたいだね。
ああ、またやってしまった(笑)

<裏tomo君>
ヒトゴトみたいに書いてるけど、アンタが誘ったんでしょ。


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107

~ 今日の俳句 ~
 梅雨空の飛行機軋む揺れ具合
 白紫陽花皇女供養の寺の庭


銀漢亭、今の時期まだ外は明るい。
銀漢亭

句会を終えて、乾杯!
銀漢亭

大皿料理を取り分けて。
銀漢亭

薬味たっぷりの鰹タタキ。
銀漢亭

とろとろのビーフシチュー。
銀漢亭

銀漢亭

ホッピー…銀漢亭には無いはず。
日高屋

この食器は、日高屋さんだね。五目あんかけラーメン…
日高屋

温泉道 2019年初夏 箱根湯本温泉 2日目

箱根湯本への温泉旅行、2日目の朝となる。
まずは大浴場でのんびりと温泉を楽しんで、朝食へ。

この温泉旅行を始めたのは、かれこれ20年くらい前。
いわゆる職場の慰安旅行が、若手や女子の参加率低下やその他もろもろの事情で行われなくなり、それならば我々が立ち上がろう!と、職場の有志で旅に行くことにしたのだ。
第一回目はバブルのしっぽを引きずって、那須の温泉に泊ってのゴルフ旅。第二回は企画したけど職場のオトナの事情で中止。その後再開してからはほぼ年2回の旅を続けている。その間メンバーの職場は異動や転職で変わり、単身赴任する人、戻ってくる人、退職する人といろいろだ。
最初のうちは慰安旅行らしくということで「余興」として寸劇をやっていたけれど、最近さすがにネタ切れで休止中。
スピンアウト企画として一部メンバーによるソウル旅行なんてのもあった。
最も多く訪れているのは箱根湯本、そして宿はこのホテルおかだじゃないかと思う。

朝食はブッフェスタイル、かつては食べ盛りで3回もフルセットでおかわりをとってきちゃう人もいたけれど、最近さすがに落ち着いてきた感じで、それぞれ実力相応に朝食をいただく。
でも、温泉旅行のモーニングビールは今も昔も欠かせない。
朝食が終わったところで、Mちゃんは所用のため一足先に帰る。
残りメンバーで今日をどう過ごすべきか、残された幹事として皆を引率して行動をせねばならない。
部屋でだらけながらホテルのフロントに有った観光地図などをつらつら眺めていると、箱根のあじさい寺阿弥陀寺というのが目についた。省略された観光地図だと箱根湯本からも意外と近そうだ。でもネットで調べると、塔ノ沢駅から20分以上山道を歩くハードなプランのようだ。
または、箱根湯本の温泉街を散策、買い物などして、早めのお昼で蕎麦屋にでも入って飲んだくれると言う、魅力的な軟弱プランもある。

10時前にホテルをチェックアウト。本来なら共同幹事の私が精算すべきところだけど、なんせ財布の無い身。前日3万円をキャッシュでお借りしたHN氏のカードで、無事精算する。

本日の行動計画、私としては軟弱プランを心に秘めつつ、いちおう最初に阿弥陀寺の話をしたところ、男子の皆さんが極めて乗り気で、結局渋々ながらこのプランとする。

これが予想以上にきつかった。
塔ノ沢駅から間もなく山道と言うかけもの道と言うか道なき道と言うか、厳しい斜面を茂みをかき分けて上ったり下りたりして歩く。やっと山門が見えたと思ったら、そのあとも延々と急な階段を上がっていく。
息も絶え絶えになったところで先頭を歩いていたSK氏が、
「これはちょっとショックかも」
と言う。
追いついてみれば、なんと私達の歩いているけもの道のような急坂に隣接して、明らかに車が通行できそうな舗装道路がある。ここってもしかして、タクシーで簡単に来られたのね。

でも、今更引き返せないので、さらに石段を上り、坂を上り、阿弥陀寺にたどりつく。
あじさいはまだ色づき始めくらいだけれど、山に囲まれたなかなか風情のあるところだ。
こちらのご住職は琵琶の演奏家でもあり、お願いすれば琵琶の演奏を聴かせていただけると言う。前日はイタリアンなカンツォーネを聴いたことだし、では今日は日本情緒あふれる琵琶でも楽しもうかと、お願いする。(一人1000円、お抹茶付き、たぶん5人以上でホントは予約した方がいいみたい)

琵琶の演奏って言うと平家物語で壇之浦とかそう言うのかと思ったら、何でもアリのようで、吉田松陰の辞世の歌や、宮沢賢治の「雨にも負けず」なんかを琵琶で語ってくださる。
最後は、皇女和宮の物語。
聞けばこの阿弥陀寺、皇女和宮が転地療養先であった塔ノ沢で亡くなった際に密葬を行った場所であり、今も和宮を供養している寺であるとのこと。

帰りは塔ノ沢へのきついルートを避けて、車も通れる舗装道路を箱根湯本まで一気に歩いて降りる。傾斜は急だけど、けもの道と比べれば楽々。ここでロマンスカー発車まで自由時間、お土産でも買おうねと言うことで、いったん解散。
すっかり疲れた女子2名は、今更おみやげもね~とか言って、通りがかりのカフェでサンドイッチとビールなどいただき、まったり休憩。酔ったイキオイでなぜか帽子を購入。帽子も売ってるカフェだったのだ。

最後は駅でビールを買い込んでロマンスカーで帰京して、やっぱりそれでは終わらず、精鋭たちは新宿でさらに飲みなおす(翌朝早くから梅採りの予定のSN氏は、ここで帰る)。

今回も楽しい温泉旅行だったね♪

◆阿弥陀寺(アミダジ) 神奈川県 足柄下郡箱根町塔之澤24 0460-85-5193
 http://amidagi.com/ ← 琵琶演奏の視聴も可能

◆Timuny.(ティムニー) 神奈川県足柄下郡箱根町湯本706−32 1F・2F 0460-85-7810

◆ミュンヘン 新宿店 新宿区西新宿1丁目5−1 ハルチカ地下3階 03-3342-5660


朝食は控えめに、このあとヨーグルトとコーヒーね。
ホテルおかだ朝食

モーニングビールで、乾杯!
ホテルおかだ朝食


箱根登山鉄道は紫陽花が名物、ふもとから上の方に向けて順番に咲いて行く。
塔ノ沢駅の紫陽花

雨上がりの紫陽花、素敵。
塔ノ沢駅の紫陽花

けもの道をかき分け進み、苔むした急な石段を登り、ヨレヨレ化。
箱根のあじさい寺阿弥陀寺への道

いよいよ箱根のあじさい寺、阿弥陀寺。
箱根のあじさい寺阿弥陀寺

箱根のあじさい寺阿弥陀寺

箱根のあじさい寺阿弥陀寺

箱根のあじさい寺阿弥陀寺

左奥にあるのは皇女和宮の御念持仏であった黒観音。
箱根のあじさい寺阿弥陀寺

琵琶いろいろ、譜面台やマイクもちゃんとある。
箱根のあじさい寺阿弥陀寺


ロマンスカーを待つ間に、女子2人の乾杯!
箱根湯本Timuny.

箱根湯本Timuny.


ロマンスカーの中でも、乾杯!
箱根ロマンスカー


そして新宿でももう一軒、乾杯!
ミュンヘン新宿

ザワークラウト。
ミュンヘン新宿

ゆで落花生。
ミュンヘン新宿

おつまみミックスピザ。
ミュンヘン新宿



温泉道 2019年初夏 箱根湯本温泉 1日目

6月7日、8日の金・土は、いつもの温泉ナカマと箱根湯本へ。
このうち、SYさんと最強飲み友Mちゃんはパンダ旅行も一緒だったので、中4日開けてふたたびの旅の友ってことになる。
昼前に小田急線の新宿駅ホームに集合して、のんびり飲みながら食べながら向かう予定。
この会は主にMちゃんと私が幹事を務めていて、宿や交通の手配と会計をMちゃん、みなさんへの連絡と精神的な支えを私が担当している。

<裏tomo君>
ほとんどMちゃんが働いてるみたいだね。


直前にお仕事で来られなくなった人もいて、今回の参加者は総勢6人。ただしK野氏は1日めの夜合流、Mちゃんは2日めの朝食後に帰ると言う変則スケジュールだ。
さて、私はまもなく新宿と言うところで、重大な事実に気が付く。
財布を家に忘れてきちゃったんだな。
クレジットカードもキャッシュカードも財布の中にあるんだな。
一文無し(SUICAは持ってるけど残は3千円くらい)の私、どうなる!

お金が無いから買い物もできないので、そのまま集合場所の小田急線ホームへ。
みなさんと合流したところで、ナカマのHN氏がとりあえず、と、お財布からキャッシュで3万円を抜き出して貸してくれる。深謝!
こうして手元流動性を確保したところで、ロマンスカーへ。
ガタンと動き出してから缶ビールを開けるのが、温泉道のルールだ。
乾杯!

この日は雨模様なので屋外での活動は控えめにとの意見が多数で、インドア系の施設っぽい箱根ガラスの森美術館に行くことに決める。
箱根湯本駅で入場券とバスがセットになったチケットを購入して、ガラスの森美術館へ。
様々なガラスのアート作品をインドアで堪能しようとしたら、何と、この美術館はお庭全体をガラスの森にみたてて、池や自然の花々とガラスの作品を見て回る、どちらかと言うとアウトドアな施設なので、傘を差して観て回る。

もちろん施設内にはいくつか趣のある建物もあって、その一つはイタリアンレストランだ。ここで一日に何回か、カンツォーネを歌ってくれるらしい。カンツォーネを聞こうという動議が出て、レストランに入る。オーダーは当然、イタリアビール。
歌手と伴奏のキーボードのイタリア人男性2人組だ。
音楽の方は、オーソレミオとかが出て来るのかと思ったらそういうベタな曲は無くて、私の知らない曲ばかり、唯一分かったのはベサメムーチョ。あれ、でもこれってイタリアの曲じゃないかも。

その後箱根湯本に戻って、宿はいつものホテルおかだ。
温泉に入った後は、夕食タイムになる。

ところで今回はMちゃんのご配慮で私の節目のお誕生日祝いを兼ねたアニバーサリープランにしてくれていて、何と夕食には祝い鯛と金粉入りのシャンパン(2本!)と、コスプレサービス(笑)付き。
どうもありがとね♪

夕食が終わったところで遅れていたK野さんも合流して、さらに飲む。
夕食ではビールなんかも飲んだからシャンパン2本は飲み切れず、一本はクーラーに入れて部屋に持ってきてもらったので、再度乾杯!

2日目に、つづく。


◆箱根ガラスの森美術館 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940−48 0460-86-3111
 https://www.hakone-garasunomori.jp/

◆ホテルおかだ 神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋191 0460-85-6000 
 

Mちゃん手配は、最新型のロマンスカー。
ロマンスカー

列車が動き出したところで、乾杯!
ロマンスカー

車内販売で買い足したビールは、箱根ラベル。
ロマンスカー

食べ物は持ち寄りで色々。
ロマンスカー

箱根ガラスの森美術館、ガラスの粒に雨粒が重なって美しく輝いてる。
ガラスの森美術館

バラはガラスじゃなくってホンモノ。
ガラスの森美術館

ガラスの森美術館

池の真中に、何やらガラスのオブジェ。
ガラスの森美術館

紫陽花は、ホンモノとガラス製の混合。
ガラスの森美術館

ところどころにガラスの作品も並ぶ。
ガラスの森美術館

歩き疲れたところで、レストランでカンツォーネを楽しみながら一息つく。
ガラスの森美術館

魚介類のフリット。
ガラスの森美術館

生ハムやチーズの盛り合わせ。
ガラスの森美術館

ビールはどんどん空いちゃうのだ。
ガラスの森美術館


ガラスのオブジェなどが色々、購入できるものもある。
箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森美術館

ガラスのバイオリン、仮面のモチーフにかつて訪ねたベネチアのカーニバルを思い出す。
ガラスの森美術館

こんなのも。
箱根ガラスの森美術館

こちらは美術館の特別展示、ピカソ、かな。
ガラスの森美術館

なんだか気に入った作品。
ガラスの森美術館

酒の神、バッカス。
箱根ガラスの森美術館


さていよいよ夕食は、いきなり尾頭付きの鯛。
ホテルおかだ

そして金箔入りのシャンパン。
ホテルおかだ

ホテルおかだ

金箔、光ってるの見えるかな。
ホテルおかだ

当然、生ビールも飲む。日本酒も飲んだかも。
ホテルおかだホテルおかだ

鯛はお姉さんが取り分けてくれた。
ホテルおかだ


さらにお部屋で飲みなおして、1日目は終了。
ホテルおかだ

ホテルおかだ


2日目に、つづく~


三越前・あをによし いつものメンバーでMの会

6月6日の木曜日は、前職のナカマ4人で日本橋へ。
最も怖いK子姉さん、MO氏と3人で始めた、3人の共通点を自慢し合うこの会、最近はRolex輝くYIさんも加わっての4人で、不定期に集まっている。
今回のお店の手配はYIさんで、日本橋室町の「あをによし」。私は初めて行くお店だ。

ものすごい勢いで再開発が進んで高層ビルが林立する室町界隈で、この一角は小さなビルや一軒家が残っていて、そんな一軒家に入る。予約の席は2階だけど、階段がやや急なので、飲み過ぎ注意だよ。
すでにK子姉さんは到着していて、早速2人で乾杯。すぐにMO氏も合流して乾杯。YIさんはお仕事でやや遅れるとのことで、かまわずお料理もスタートする。

メニューを見ると、奈良のお酒が充実している。柿の葉寿司なんて言うのもある。
ここって奈良がウリのお店なんだね。

<裏tomo君>
あをによしって奈良の枕詞だよね。それくらい店名聞いたらすぐ気づけよ。


そう言えば、俳句ナカマがこのお店の人と知り合いで、一時ランチタイムにお手伝いしていると言う話を聞いたことを今更ながら思い出しつつ、ビールから日本酒へ。
奈良のお酒をあれこれ楽しみ、最後は柿の葉寿司で〆る。
お店を出るときに遭遇したスタッフのお兄さんに、このお店をヘルプしていた俳句ナカマさんの話をちらっとすると、何と彼は銀漢亭に来たことがあって、私のことも見知ってたみたい。
世の中狭いね。

ふらふら夜道を歩いていると、クラフトビールの店が歩道にもテーブルを出している。
オープンエアでもう一杯飲みたい気分になって、店内に声をかけて外のテーブルへ。
夜風に吹かれるビールが美味しい季節、だよね。

さて、次回は私が幹事、どのお店にしようかな。

◆あをによし 中央区日本橋室町1-12-14 03-6262-5424 https://awoniyoshi.owst.jp/


まずはK子姉さんと2人で、乾杯!
あをによし

テーブルにはメッセージカード。そう、この日は暑かったのだ。
あをによし

砂肝煮。
あをによし

ポテサラはややウェットタイプ、奈良漬が入ってる。
あをによし

おひたし。
あをによし

地鶏の網焼き。
あをによし

ひんやり茄子は茗荷トッピング。
あをによし

ピリ辛コンニャク。
あをによし

お造りはブリだったかな。
あをによし

炙りアスパラガス。
あをによし

奈良のお酒、春鹿ときめき。
あをによし

ヤマトポークの網焼き。
あをによし

奈良の玉子のオムレツと蘇。蘇というのは古代の乳製品の復元らしい。
あをによし

糠漬けでさっぱり。
あをによし

そして奈良と言えばやっぱり、奈良漬。
あをによし_奈良漬

つくねのミルク煮、のようなもの。
あをによし

鶏肝煮、カレー味。
あをによし

炙り柿の葉寿司、2種類2個づつだったのを半分にカットしていただく。ケンカしないようにね。
あをによし_柿の葉寿司


歩道に出されたテーブルにて、仕上げビールの乾杯!おっと、YIさん、Rolex。
クラフトビアマーケット三越前

お料理はもう終了とのことで、おつまみを少々。
クラフトビアマーケット三越前


今朝ブログを見たら、カウンターが2000超え。
10年以上続けていたYahooブログのカウンターを思うと寂しい気もするけど、まあぼちぼちがんばろう。
みなさま、これからも、よろしくね。


神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 6月の宙句会

6月5日の水曜日は、宙句会に参加した。
若手が多いこの句会、前の記事に書いたパリに旅立つ若手俳人さんも参加している。

句会は神保町の公共施設の会議室にて、ノンアルでまじめに行われる。
兼題は、走り梅雨・鯰・当季雑詠で五句出し。
鯰…赤羽のまるます家さんで唐揚げを食べたことはあるけど、俳句となると難しいね。

句会終了後はいつもの銀漢亭に場所を移しての反省会となる。
おひさ農園で収穫してきた小松菜(たぶん)の炒め物もでてきて、柔らかくて美味しい。
この日は、宙句会でいつもご指導くださっているYS氏が第二句集を出したお祝いと、パリに旅立つ若手俳人KH氏の壮行ってことで、またもヴーヴ・クリコでの乾杯。
さらに別れがたくて、この句会としては珍しく、お開きの後もさらに角の炒飯屋さんへ。

最近の銀漢亭って、いつも何かのお祝いしてる感じだね。


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107

◆炒飯屋一(チャーハンヤイチ) 千代田区神田神保町2-2 亀山ビル 1F 03-3263-5545

~ 今日の俳句 ~
 白砂の日傘の影を引き剝がす
 予知もせず生簀の鯰食はれけり
 枇杷熟るる坂の上には古き家


句会を終えて、銀漢亭へ。
銀漢亭外観

大皿料理がどんどん並ぶ。
銀漢亭大皿料理

マグロのマリネ。
銀漢亭大皿料理

珍しい、ナルコユリの蕾らしい。
銀漢亭大皿料理 鳴子百合

おひさ農園の野菜。
銀漢亭大皿料理 おひさ農園の野菜

お疲れさまの、乾杯!
銀漢亭

そして今宵もヴーヴ・クリコが。
銀漢亭

銀漢亭


さらに炒飯屋さんで、いつまでも続く乾杯!
炒飯屋一

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) パリに旅立つあの人の壮行会

パンダの旅から帰ってきた6月3日の月曜日は、夕刻明るいうちから銀漢亭へ。
この日はいつもの常連に加えて俳句勉強会やら句会の懇親会やらが重なった上に、遅くなって雑司ヶ谷で日本酒の会をやっていたO師さまご一行がなだれ込んできたりして遅くまでにぎわう。

翌日の6月4日は、3年間の予定でご家族でパリに旅立つ若手俳人の壮行会を開催する。
私は幹事のO師の指示で、会計を担当。
店の入り口近くに関所を作って、厳しく参加費を徴求する。

O師からの鮪と焼きそばをはじめ、差し入れも色々。
そして参加者ほとんど俳人なので、主役の名前の漢字を詠み込んだ俳句四句出しの句会となる。

結局壮行会参加者48名、出句者40名の大句会。
例によってヴーヴ・クリコが開き、そして空く。
力尽きた人から順にさみだれ式に、角の炒飯屋さんに流れていく。

<裏tomo君>
力尽きたら家に帰れってば。


昨日のフライトで旅立った家族3人、今頃は花の都でほっと一息、かな。
ちなみにこの渡仏、奥様がお仕事で現地に赴任するのに夫である若手俳人さんと2歳のお嬢さんがついていくんだとか。
3人の新しい生活に、幸あれ!

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107

◆炒飯屋一(チャーハンヤイチ) 千代田区神田神保町2-2 亀山ビル 1F 03-3263-5545

~ 今日の俳句 ~
 幼子を抱く洋行夏帽子
 この道はかつて堀割花菖蒲
 剥がれかけの仏蘭西切手走り梅雨


6月3日の銀漢亭外観。
銀漢亭外観


こちらは6月4日の銀漢亭外観。
銀漢亭外観

早速ヴーヴ・クリコ開栓準備、奥はキャパを超えた客数にボランティアでヘルプするKちゃん。
銀漢亭乾杯準備

O師が捌いたマグロは気仙沼の漁師さんが獲ってきたもの、絶品なのだ。
銀漢亭マグロ

O師が大鉄板で豪快に焼き上げた焼きそば、これまた絶品。
銀漢亭焼きそば

さらに、さみだれ式に炒飯屋さんに移動していったとさ。
炒飯屋一乾杯


パンダ旅行のお土産 井出商店の和歌山ラーメン

楽しいパンダ旅行のお土産のラーメン、早速作って食べてみた。
豚骨醤油のスープは濃厚に感じるけど、油っぽさはそんなにない。
麺は細めのストレートタイプで、すぐにできるのも良いところ。
私は省略しちゃったけど、和歌山ラーメンは本場では蒲鉾をトッピングするらしい。ちなみにアドベンチャーワールド関連の施設では、パンダ蒲鉾が乗ってるのが楽しいんだよね。

パンダ蒲鉾のラーメンはこの記事参照 → https://japanbeerparty.blog.fc2.com/blog-entry-2211.html


3人分入った箱入りのお土産が多いけど、こちらは2人分の袋入り。
和歌山ラーメン

チャーシュー、メンマは市販品を乗せただけ。
和歌山ラーメン

麺は細目で、1分ちょっとで茹で上がる。
和歌山ラーメン





南紀白浜パンダの旅 2019 2日目 写真多いです

6月最初の週末は、パンダ仲間女子12人での南紀白浜パンダ旅行。
パンダやいろんな動物を堪能した翌2日の朝は、各自温泉など堪能してから朝食へ。

こまごまとしたおかずが並ぶ充実の朝食に、必然的にビールを注文して、乾杯!
ご飯のおかわりはもちろんアリだけど、希望者には梅粥も出して下さるとのことで、ほとんどみんなお願いする。
旅行中に糖質がどうのこうのと悩むのは愚かなことだよね。

<裏tomo君>
旅行中じゃなくてもいつも良い調子で食べてるよね。


朝食の後は、チェックアウトまで自由時間。さらに温泉に入ったりする人もいる中、私達はビーチに隣接する熊野三所神社へと朝散歩。
数年前に来た時にこの神社のおみくじがとっても辛らつな内容で、一緒に行ったSYさんは「このままでは家族に見捨てられるでしょう」とまで書かれていた。
そのリベンジでおみくじをひいたら、前回より少しはソフトな表現になっていたものの、SYさんへのお告げは「家族に威張るな」。
一体どういう家庭生活なんだろうね。
そして南紀白浜の代表的観光地である円月島が実はここから徒歩ですぐということが分かり、行ってみる。
ホントは海岸沿いから行ける道があるようなんだけど、現在は道が崩れているため通行止め。昨年の豪雨の影響なのかな。
手の上に円月島を乗せた感じのインスタ映え写真など撮ったりして遊ぶ。

チェックアウトの後は物販やイートインなどのある大規模な観光施設「とれとれ市場」と、小規模だけど地元の海産物が色々あるって言うフィッシャーマンズワーフ白浜の2手に分かれることにする。
私はまだ行ったことのないフィッシャーマンズワーフへ。
新鮮な海産物や海鮮丼は美味しそうだけど、それ以外はあんまりやることが無いなと思ったら、海沿いにベンチとテーブルが並んでいて、カフェもあるのを発見。
早速カフェでビールを購入して海を眺めながらのビールタイムとする。
ついでに全然海産物では無いラーメンなんかも購入して、空港へ。
ここでも少し時間があったので、空港のレストランでさらにビールを飲んで、12:10発の2便で羽田へ飛ぶ。

羽田に着いても旅はまだ終わらない。
空港内のライオンを予約済とのことで、一同早速反省会に突入。
折しもライオンではブーツグラスフェアを開催中。
ブーツグラス一杯ごとに三角くじを一枚引けて、当たると次回使えるビール券をいただけるってことで、皆で果敢にブーツグラスにチャレンジする。
お酒を嗜まないTさんのウーロン茶もブーツグラスにしてよ、でもってくじも引かせてよって言うご無理なお願いなどしつつ、飲んで食べて旅を締めくくったのであった。

<裏tomo君>
要するに2日目は、朝ホテル、午前中フィッシャーマンズワーフ、昼前に南紀白浜空港、昼過ぎに羽田空港でビール飲んでたってことね。



◆白良荘グランドホテル 和歌山県西牟婁郡白浜町 868 0739‐43‐0100
 http://www.shiraraso.co.jp/

◆フィッシャーマンズワーフ白浜 和歌山県西牟婁郡白浜町1667−22 0739-43-1700
 1階はカフェ、売店、イートイン。2階はレストランがあるらしいけど11時開店。

◆スカイアドベンチャー 和歌山県西牟婁郡白浜町才野1622−125 0739-43-1480
 南紀白浜空港内唯一のレストラン、アドベンチャーワールド関連グッズもあり

◆銀座ライオン 羽田空港マーケットプレイス店 大田区羽田空港3-3-2 東京国際空港西旅客ターミナルビルマーケットプレイス5F 03-5757-9130


朝食のおかずはどう見てもおつまみセットなので、ビールをオーダー。
白良荘グランドホテル朝食

乾杯!今日も楽しくやろうね。
白良荘グランドホテル朝食

ご飯の他に、梅のお粥もいただく。しみじみ旨い。
白良荘グランドホテル朝食


2日目はお天気イマイチだけど、白良浜は美しい。夏は海水浴客でにぎわいそう。
白良浜

ビーチの端のこの道から円月島方面に行けたらしいけど、今は通行止め。
白良浜

熊野三所神社、ビーチ側の入り口。
熊野三所神社

神社を抜けて左に行けば、すぐに円月島が見えてくる。こんなに近かったんだ。
円月島

しばし円月島を堪能して、再び熊野三所神社へ。こっちが正面入り口なんだね。
熊野三所神社

神社境内にある火雨塚古墳(ヒサメヅカコフン)。
熊野三所神社

木造の歴史ありげな社務所。
熊野三所神社

境内は白砂が敷かれ、真ん中のシートの下はたぶん土俵なのかな。
熊野三所神社

かつて明治天皇が南方熊楠から粘菌の御進講を受けた際に乗った船がこの中にある。
熊野三所神社
格子の隙間から、パチリ。
熊野三所神社


ホテルをチェックアウトして、マーケットプレイスで乾杯!
フィッシャーマンズワーフ白浜


空港レストランのスカイアドベンチャーで、パンダ饅を。
スカイアドベンチャーパンダ肉まん

もちろん、ビールもね。
スカイアドベンチャービール


さらに羽田空港にて、反省会はブーツグラス祭なのだ。
銀座ライオン羽田マーケットプレイス店

ウーロン茶もブーツグラス♪
銀座ライオン羽田マーケットプレイス店

最初のオーダーでかなり当たったけど、このあともブーツグラスリピート。
銀座ライオン羽田マーケットプレイス店

ニシンのマリネ。
銀座ライオン羽田マーケットプレイス店

大人のポテサラ、黒コショウが効いててスパイシーだ。
銀座ライオン羽田マーケットプレイス店

サラダ。
銀座ライオン羽田マーケットプレイス店

コンニャクのピリ辛焼き。
銀座ライオン羽田マーケットプレイス店

飲むたびにくじを引く。この日は割と当たり確率高い。
銀座ライオン羽田マーケットプレイス店

鶏肉と野菜の鉄板焼き、トッピングは目玉焼き化と思ったらチーズだった。
銀座ライオン羽田マーケットプレイス店

白エビとベーコンのフラムクーヘン、要するにドイツ風のピザらしい。
銀座ライオン羽田マーケットプレイス店

ビアホールのウィンナー。
銀座ライオン羽田マーケットプレイス店

いつも電車なんだけど、この日は初めてリムジンバスで帰宅。
座って寝て帰れるから、結構快適だね♪

南紀白浜パンダの旅 2019 1日目 写真多いです

6月1日、2日の週末は、パンダ仲間の女子グループで、南紀白浜辺パンダの旅に行ってきた。
陸路では遠い南紀白浜だけど、羽田から南紀白浜空港まで飛行機で飛べば早い。

とは言え、朝一便にあわせた集合時間は午前6時50分羽田空港JAL出発ロビー。
私は最寄り駅の始発に乗って向かう。総勢12名無事集合して、南紀白浜へ。
アドベンチャーワールド開園までに1時間弱程度余裕時間があると言う事で、ここで3グループに分かれる。
1.タクシーでバラの名所に行ってバラを眺めてから再びタクシーでアドベンチャーワールドへ
2.タクシーで立ち寄り温泉に行って朝風呂を浴びてから再びタクシーでアドベンチャーワールドへ
3.立ち寄り温泉までラン、素早く朝風呂を浴びてから皆とタクシーでアドベンチャーワールドへ
一番軟弱なバラ組は8名、朝風呂が3名、ラン+朝風呂のアスリートは1名。私はもちろん軟弱なバラ組ね。
ところがこのバラ組、色々な花の名所である観光地平草原に行ったところ、予想以上に広大なところで、バラ園はすごく奥の方にある。荷物を持って結構歩いて、結果としては割とハードだったかも。

アドベンチャーワールドで無事に再集合して、まずは赤ちゃんパンダに会いに行く。
アドベンチャーワールドではこれまで15頭のパンダが生まれ育っているけれど、子供パンダはお年頃になると中国に帰っていくので、今いるのはこの6頭。
 永明(エイメイ)  1992年9月中国生まれオス
 良浜(ラウヒン)  2000年9月生まれメス
 桜浜(オウヒン)  2014年12月生まれメス(桜浜と桃浜は双子ちゃん)
 桃浜(トウヒン)  2014年12月生まれメス(桜浜と桃浜は双子ちゃん)
 結浜(ユイヒン)  2016年9月生まれメス
 彩浜(サイヒン)  2018年8月生まれメス
屋外運動場は上野動物園と違ってガラスで隔てられていないので、身近でパンダさんをじっくり観ることができる。今は赤ちゃんパンダの彩浜とお母さんパンダの良浜が一緒にいるので、甘えたりじゃれたりしているところが見られるのも魅力。

パンダ以外にも、いわゆるイルカショーのマリンライブや、サファリエリアをバスから見られるケニア号など、座って一息つける見どころもある。
今回は参加者のうち私を含む5人がファミリージープって言う、サファリエリアを先導車に続いてドライブしていくアトラクションに参加するので、園内レストランでランチをすませてから乗り場に向かう。
ところで、ランチではほとんどの人がビールをたんまり飲んでしまうんだけど、お酒をほとんど嗜まないTさんがノンアルランチで運転手を引き受けてくれた。深謝!
このファミリージープ、肉食獣エリアも通り抜けるから、窓やドアを開けるのは厳禁だよ。
途中猛獣飼育室の見学と、餌やり体験もあり。厳重に鍵がかかった檻越しだけれど、ちょっと怖い。

<裏tomo君>
アンタめちゃめちゃビビッて腰が引けてたよね。


その後は閉園の5時までそれぞれに観たいところに行ったり休憩したりお土産を買ったりして過ごして、タクシーでホテルに向かう。

宿泊は白砂のビーチに面した白良荘グランドホテル。
温泉に入って浴衣などにくつろいでの夕食タイム。
そしてその後は幹事手配のカラオケルームへ。
コスプレも飛び出す弾けるカラオケで盛り上がりすぎるくらい盛り上がる。

その後は一部屋に集まってだらだらと飲んで、1日目はおしまい。

◆平草原 和歌山県西牟婁郡白浜町2054-1 平草原公園管理事務所 0739-43-2967・090-6738-4081
 http://www.town.shirahama.wakayama.jp/kanko/midokoro/1454041023415.html

◆アドベンチャーワールド 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399番地 0570-06-4481
 https://www.aws-s.com/

◆白良荘グランドホテル 和歌山県西牟婁郡白浜町 868 0739‐43‐0100
 http://www.shiraraso.co.jp/


平草原には、睡蓮の池とか紫陽花の谷とかがあって、なかなかバラにたどり着かない。
平草原

平草原

平草原

やっとたどり着いたバラ園、広大な原っぱにところどころバラがあるという風情。
平草原

平草原

平草原

平草原

平草原の入り口にあった植樹、中国トイレ革命交流団って何だろう。
平草原

高台にある平草原は見晴らしのいいところでもある。
平草原


いよいよアドベンチャーワールド、良浜に甘える彩浜が可愛い。
南紀白浜パンダ

高いところでうとうとしてる彩浜、時々落っこちる。
南紀白浜パンダ

無理のある姿勢だよね。
南紀白浜パンダ

また落ちそう。
南紀白浜パンダ

南紀白浜パンダ

こちらはパパの永明、偉大なるモテ男なのだ。
南紀白浜パンダ

マリンライブで、ほっと一息。
南紀白浜iruka

南紀白浜イルカ

南紀白浜イルカ

園内のレストランでランチタイム、まずは乾杯!
アドベンチャーワールドランチ

Tさんはノンアル、ありがとね。
アドベンチャーワールドランチ

彩浜ハンバーグ。
アドベンチャーワールドランチ

アドベンチャーワールドランチ

少々食べすぎだったかも。
アドベンチャーワールドランチ


ランチを終えて外に出ると、ラクダや馬やいろんな動物を持った人たちがパレード中。
アドベンチャーワールドパレード


ファミリージープ、先頭はガイドさんとお客さんが乗った先導車で私たちは2台目。
アドベンチャーワールドファミリージープ

車窓にはさりげなくライオン。
アドベンチャーワールドファミリージープ

ジープを降りて猛獣飼育室を見学、檻の下から豹の前足が出てるのが怖い。
アドベンチャーワールドファミリージープ

餌やり体験で鶏肉をあげろと言う。怖い。
アドベンチャーワールドファミリージープ


宿にチェックインしてお風呂でまったりして、夕食タイム。
白良荘グランドホテル夕食

豆乳鍋。
白良荘グランドホテル夕食

紀州の梅酒で、乾杯!
白良荘グランドホテル夕食

白良荘グランドホテル夕食

地ビールも旅の楽しみだよね。
白良荘グランドホテル夕食

白良荘グランドホテル夕食

やや小ぶりだけど、伊勢海老さん。
白良荘グランドホテル夕食

お肉は陶板焼きで。
白良荘グランドホテル夕食

日本酒も少々。
白良荘グランドホテル夕食

白良荘グランドホテル夕食

白良荘グランドホテル夕食

白良荘グランドホテル夕食


カラオケではパンダ着ぐるみのコスプレも登場した。
白良荘グランドホテルカラオケ

白良荘グランドホテルカラオケ

2日目につづく~
次のページ