FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

西新宿・えびそば一幻(イチゲン)とTOROTTO(トロット) 合間に新年会余興の準備

ついこの間紅白見てゆく年くる年見て年が明けたかと思ったら、もう今日で1月も終わり。
残り僅かな平成もさらに残りわずかとなってるね。

さてブログはちょっとさかのぼって1月19日の土曜日。
この日は俳句結社の新年会余興の準備ってことで、N蔵センパイと新宿へ。
まずは一幻でオヤツにえび塩ラーメンなどいただいてから、都内某所に気が向いた時だけ出現する、Bar Ohisaに向かう。

この日のミッションは、余興で使う小道具、キラキラポンポンの制作と、歌と踊りの練習だ。
メッキテープのロールから長さを揃えて切って真中をゴムで止めて展開していく。まずは私が試作品を一つ制作するんだけど、これがなかなか難しい。説明書をいくら見ても良く分からない。メッキテープと呼ばれるキラキラテープは紙や布のテープと違って突っ張ってるので思い通りに行かないのだ。
テープのメーカーのサイトに作り方の動画があったので、何度も何度も見ているうちにやっとポイントが分かって、何とか一つ作り上げる。1時間近くかかった気がする。
とろこが、N蔵センパイは手先が器用なのか、15分くらいでさくっと作っている。
急激にやる気を失って、あとはN蔵センパイに作ってもらうことにして、私はビールなど飲みながら余興の動画を見て練習ね。

<裏tomo君>
サボってたでしょ。


そして気が付くとすでに夜、今日のところはこの辺で切り上げることにして、3人で飲み場所を求めてあたりをうろつきまわる。
土曜日の夕方だからお店はすいてるかと思ったら、意外にも何軒かすでに満席で振られる。
頼りの一酔亭は土曜不定期営業だけど、残念ながらこの日はお休み。
何軒目かに見つけた良さげなお店のハッピーアワーの掲示に釣られてカウンター席に滑り込んで、乾杯!

ビールのあとは、3人いるからってことでボトルワインになるのは最近良くあるパターン。
最後はパスタで〆て、どうもお疲れちゃん。


◆えびそば一幻(イチゲン) 新宿店 新宿区西新宿7-8-2 福八ビル 1F 03-5937-4155

◆Bar Ohisa(バーオヒサ) 都内某所に気が向いた時だけ出現する謎のスポット

◆TOROTTO(トロット) 新宿区西新宿7-16-1 コンシェルジュ石原101 03-5937-0150


まずはオヤツのえび塩ラーメン。






Bar Ohisaにて、小道具のポンポン制作と練習。


テレビではお相撲をやってたね。




そして、ハッピーアワーの280円ビールで、乾杯!


究極の鶏レバー、旨し。


燻製ポテサラ。


サラダ、野菜も食べないとね。


オムレツ。


ラム肉のスパイシーカレー、予想以上にスパイシー。


マッシュルームのアヒージョ。


最後はナポリタンで〆。


ごちそうさま♪
スポンサーサイト



池袋・タパス&タパス 新年会余興の練習は続く

1月18日の金曜日、美味しい点心を楽しんだ日の夜は、またも所属俳句結社新年会の余興の準備のため、池袋に集合する。
まずは小道具の材料探しでユザワヤとハンズを回り、さらにそろいのスニーカーを調達する。
で、全員夕食がまだなんだけど、ここで居酒屋とかはいっちゃうと果てしが無いので、色々検討した結果近くにあったカジュアルイタリアン、タパス&タパスに入る。
懐かしのタパス&タパス、目黒勤務時代は良く目黒店にランチに行ってたんだよね。

で、さすがに夕食ではソフトドリンクってわけにもいかないので、仕方なくビールなど飲み、さらに「3人いるから」と言う良く分からない理由で、ボトルワインも頼む。

そのあとはカラオケ屋さんで、割とまじめに練習して、解散。
こんな調子で果たして本番、大丈夫なのかな。

<裏tomo君>
カラオケ屋さんでも良いピッチで飲んでたみたいだね。


◆タパス&タパス 池袋店 豊島区東池袋1-12-10 ヤンズビルB1F  03-3590-1238



買い物も無事終えたってことで、まずは乾杯!


マッシュルームのアヒージョ。


アンチョビキャベツ。


テーブルに持ってきてからチーズをたっぷりかけてくれるカルボナーラ。


明太子の和風ピザ。



そしてカラオケ屋さんで猛特訓(?)で、夜はふける。



二重橋・YAUMAY(ヤウメイ) ラグジュアリーな点心専門店

1月18日金曜日のランチは、中華料理に詳しいFOさんのお誘いで、美味しい点心が食べられるというお店、ヤウメイへ。
昨年暮れにオープンした新しいお店で、ググってみると世界的に有名なAlan Yau(アラン ヤウ)さんって言う人が日本で初プロデュースしたところらしい。私はたくさん食べられるようお腹をすかせるため、東京駅からちょっと歩いて早めにお店に向かうことにした。ところがお店があるビルまでは行き着いたもの、なかなか肝心のお店への入り口が探せず、ビル内を10分くらいうろうろ。結局ギリギリの到着となる。

<裏tomo君>
ビルにまでたどり着いても迷う、筋金入りの方向音痴だよね。


天井高い店内はゆったりした座席配置で、お店のスタッフの目も良き届いている。
次々にオーダーするお料理は、どれも目にも美しく、そしてもちろん美味しい。
で、ランチとは言えこれだけのお料理をお茶でと言うわけにはいかないので、やむを得ずビールをいただいてしまう。さらに、「3人いるから」と言う良く分からない理由で、ボトルワインも頼む。
それぞれ好みを言い合って、あれこれ思いのままに食べる。スープやお粥も食べてみたかったけど、最後に北京風水餃子をいただいたところでさすがにもう限界ってことで、これにて解散。それぞれ夕方から夜の予定へと散っていったのであった。

平日の昼にこういうランチをする贅沢も、良いもんだね。


◆YAUMAY(ヤウメイ) 千代田区丸の内3-2-3 二重橋スクエア 2F 03-6269-9818


久しぶりの東京駅丸の内口、内側から見上げるドームが美しいね。ここから歩いて行く。


丸の内界隈は歴史ある建物がほとんど姿を消して高層ビルの街になってるけど、たまにこういうクラシカルな建物があるとほっとする。



やっとお店に到着して、FOさんと乾杯!


午前中自宅でお仕事をしてたUOさんも、ちょっとだけ遅れて到着。もう一回乾杯!


海老蒸し餃子、こういう定番ものもクォリティ高くて別格なおいしさ。


湯葉巻き。


鴨肉の春巻き、鴨肉みっしり。


素晴らしいランチに、もう一回乾杯!


帆立焼売、旨さが半端じゃない。


チャーシューパオは、ホカホカ。


大根餡のパイ包み、さくさく美味。


北京風水餃子は、もっちりまったり、そして熱々。


池袋・キリンシティプラス 1月の銀漢句会の後で新年会向け打ち合わせ

1月17日は、麹町で銀漢句会に参加した。兼題は凍る・煮凝(ニコゴリ)・当季雑詠の五句出し。
この日は風邪やインフルエンザが猛威を振るっていたらしく、O師や司会進行&指導担当のY人氏をはじめ多くの方が欠席で、いつもよりちょっぴり寂しい句会となった。で、本来なら終了後は反省会と言うか懇親会に参加するんだけど、この日は句会だけ参加して失礼させていただく。
新年会まで残された日数は少なく、池袋で衣装や演出方針についての打ち合わせをするためだ。

ってことで、句会終了後におひささんと地下鉄で池袋へ向かい、この日池袋でお仕事のN蔵センパイと、キリンシティで落ち合う。
まろやか3度注ぎの泡が美味しいキリンシティのビールやビールに合うお料理を楽しみつつ、打ち合わせ。
大体の方針が決定したので、翌日は買い物や練習をすることにして、この日は解散したのであった。

<裏tomo君>
みんな気づいてるけど、要するに飲んで食べてるだけだよね。


◆キリンシティプラス 池袋WACCA店 豊島区東池袋1-8-1 WACCA IKEBUKURO 1F 03-5957-5261


~ 今日の俳句 ~
 月冴ゆるガラスのビルを並ばせて
 つきだしの煮凝らしき立方体


スフレみたいな泡が美味しい生ビールで、乾杯!一杯目はブラウマイスターね。


2杯目はハートランドで、乾杯!


ちぢみほうれん草のソテー。


トマトサラダ。


ムール貝。


ジャガ麺焼き。


あか牛の旨塩焼き。


<裏tomo君>
ビール2杯しか写真撮ってないみたいだけど、もっとたくさん飲んでたよね。

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ)&ねこのしっぽ 新年会余興の練習

昨日は、所属する俳句結社の総会および新年会が行われた。
ここ数年、おひささんやN蔵センパイと一緒に、この新年会で余興をやっている。
その年の流行り物やみんな知ってる懐メロの替え歌をやってるんだけど、今年もいよいよ出し物を最終決定して打ち合わせや練習が本格化した1月16日の水曜日、まずは銀漢亭で集結して、打ち合わせやら軽い練習やら。

で、たまにはイタリアンでも食べるかと、N蔵さんを銀漢亭に残して居合わせたJ子さんとおひささんと3人で、近くにある「ねこのしっぽ」へ。

よもやま話をしながら炭水化物をたくさん食べて、ビールやワインを飲んで、幸せな気分で解散。
今年も頑張るよ~

<裏tomo君>
打ち合わせや練習を口実に飲んでるだけって気がするけど。


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。

◆ねこのしっぽ 千代田区西神田2-1-3 トービケンビル2F 03-3239-5300



まずは、銀漢亭で集合!


生ビールのお供は、あつあつの豚汁。




日本酒もちょっぴりいただく。



2軒目に向かう途中にあるお店で見かけた看板、微妙に違和感のある字が(笑)



ねこのしっぽにて、再度乾杯!


カプレーゼ。


アンチョビポテト。


ゴルゴンゾーラソースのペンネ。


リガトーニのボロネーゼソース、お皿の模様にお店の猫愛を感じる。他にも店内には猫の小物多数。


池袋・Bistro uokin(ビストロウオキン) 奥窪聖美さん 日本伝統漆芸展「東京都教育委員会賞」受賞祝賀の宴

ちょっと多忙でブログの作成や訪問がぼちぼちになってるけど、週末くらいからもう少し復帰の見込み。
ってことでちょっと古いけど、1月15日月曜のできごとを。

かねてから応援している漆芸作家の奥窪聖美(オククボキヨミ)さんの作品が、第36回日本伝統漆芸展で東京都教育委員会賞を受賞したとのめでたい報を受けて、ナカマと池袋の西武デパートで開催中の漆芸展を観にいく。
ホントはもっとタイムリーにご紹介したかったんだけど、この漆芸展は1月22日で終了してるのであった。

<裏tomo君>
せめて開催期間中に記事Upすればいいのに。


同時開催の「漆・おもてなしの器展」も観て芸術作品を堪能した後で、みんなで祝賀会へ。
魚が美味しい居酒屋魚金が展開するBistro uokinにて、色々食べてじゃんじゃん飲む。
で、お祝いなら尾頭付きだろうと、おすすめのキンメダイ一匹をブイヤベースにしてもらって、さらに白ワインを。
最後はブイヤベースのスープでリゾットにして〆て大満足。
まだ早めの時間なんだけど、みんなやや足元の怪しいままに、解散したのであった。

◆Bistro uokin 池袋 (ビストロウオキン)  豊島区西池袋1-3-6 アウルコート B1F 03-5927-9038



受賞作品、乾漆組鉢「旋」、艶のある黒漆に斜めに金線が走り、だまし絵のような不思議な立体感を感じる。

※写真は許可を得て撮影してます




ってことで、受賞を祝賀して、乾杯!


おすすめのカルパッチョ。


バーニャカウダはクレープに包むスタイル、クレープ無くても良い気もするけど(笑)


ワインも飲む。


牡蠣は広島産だった、生牡蠣が苦手な人は焼き牡蠣で。


白レバーのムース、上にキャラメリゼされたハチミツとフルーツがのっててお洒落だ。


リフトしてみる。


ロメインレタスにチーズをかけてくれるシーザーサラダは、軽く焼いてあるスタイル。


鉄板に乗ってるね。


尾頭付きの、キンメダイのブイヤベース、この後このスープでリゾットに。


野菜たっぷり焼きうどん

調子に乗って、自作ランチシリーズをもう一つ(笑)

いつもはフライパンで適当に炒めてた焼うどんだけど、あれこれネットのレシピを参考にしてやってみたら、割と美味しくできたと自画自賛♪

【材料】
・うどん(冷凍をレンチンか、茹でうどん)、豚肉、野菜(長ネギ、ニンジン、シイタケ、キャベツ)
・タレ~醤油、酒、みりん、ごま油、和風だしの素(混ぜておく)
 備忘録として追記、2玉分つくる時の目安は醤油・酒(水でも可)が大匙1~1.5、みりんとごま油は少々、だしの素は少々か無くてもOK→またはめんつゆ適宜にごま油少々でも
・トッピング~カイワレ、青シソ、刻みのり、削り節
・サラダ油

【作り方】
・豚肉は1~2センチ幅、長ネギは斜め薄切り、ニンジンは短冊切り、シイタケは薄切り、キャベツはざく切り
・カイワレは根元を切って洗い、青シソは細切り
・フライパンにサラダ油を熱して長ネギと人参を炒め、豚肉も加えて炒めて軽く塩コショウする
・うどんを加え、うどんの上にシイタケとキャベツを乗せて、タレの材料をかける
・火を弱めてフライパンに蓋をして、1~2分置き、全体を軽く混ぜて蓋をしてさらに1分 ←ここがポイント!
・ふたをとって火を強めて炒め合わせる、味が薄ければ醤油を足す
・盛り付けて、トッピングを乗せて出来上がり

具が焼け過ぎないので焦げないしシャキシャキ感があってなかなか美味しいんだな。





<裏tomo君>
うどんほとんど見えないし、料理写真の才能無いみたいだね。

和風キノコのパスタ、ありもので

新年以来ちょっと生活に変化があり、ほぼ毎日昼と夜の食事を3~4人分制作している。
偉いぞ、私。

<裏tomo君>
偉そうに言ってるけど、世の中の多くの人が普通にやってることだよね。


そんな一昨日のランチ、買い物に行くのが面倒で家のストックだけで和風キノコのパスタを制作。
まずはキノコだけど、エリンギとかしめじとかマイタケとかエノキとかのパスタの具っぽいのは在庫が無くて、唯一椎茸が一パック。
でも考えてみれば、その昔日本のどこでもで普通に手に入るキノコって椎茸くらい、やや遅れてしめじ(の一種)とエノキって感じじゃなかったかな。
ってことで、これぞトラディショナルな和風キノコのパスタなのだ。

【材料】
・しいたけ1パック、水菜1パック、ベーコン、ニンニク、オリーブオイル、パスタ、水、塩、刻みのり
A.醤油、酒、みりん、和風だしの素 混ぜておく


【作り方】
・たっぷりお湯を沸かして塩を入れて、パスタを表示通り茹で始める
・水菜は洗って長さ3~4センチくらい、ベーコンは幅1センチくらいにカット、シイタケは石づきを取って薄切り
・フライパンにオリーブオイルを熱してニンニクすりおろしを炒め、香りが立ったらベーコンを炒める
・パスタがゆであがったら湯を切ってフライパンに投入し、キノコ、水菜も投入し、Aを振りかけて炒める
 必要に応じてパスタのゆで汁を少し加えるとしっとり仕上がる
・皿に盛って刻みのりをトッピング


色合いが寂しい気がして、何となくプチトマトもトッピングしてみる。



白ワインが欲しいとこだけど、ぐっとがまん。

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 1月の大倉句会

1月11日の金曜日は、今年最初の大倉句会に参加した。
最近はいろんな句会に顔を出しているけれど、大倉句会は初めて俳句を始めたときから続けている、いわば私の本籍地みたいな句会だ。

最近の兼題は、こんな感じ
第51回(2016年1月) 新年、鏡餅、福寿草、冬深し、初(詠み込み) @銀漢発行所
第52回(2016年2月) 立春、鶯餅、春の雪、椿、水(詠み込み) ここから、ひまわり会館にお引越し
第53回(2016年3月) 啓蟄、タンポポ、春一番、蜆、来(詠み込み)
第54回(2016年4月) 春の昼・四月馬鹿・朝寝・草青む・戸(詠み込み) 欠席
第55回(2016年5月) 初夏、五月雨、菖蒲湯、蟇、葉(詠み込み)
第56回(2016年6月) 梅雨寒、朝焼、冷し酒、青芒、清(詠み込み) 欠席
第57回(2016年7月) 暑し、泉、草取、蛍、長(詠み込み)
第58回(2016年8月) 涼し、片陰、滝、月見草、番(詠み込み)
第59回(2016年9月) 残暑、虫籠、鰯、木犀、村(詠み込み)
第60回(2016年10月) 秋澄む、落し水、栗、茸(一般)、田(詠み込み)
第61回(2016年11月) 立冬、酉の市、山茶花、大根、初時雨(あくまでも初時雨にこだわってください)
第62回(2016年12月) 冷たし、柚子湯、鴨、白菜、山(詠み込み)
第63回(2017年1月) 六日、初景色、笹鳴、万両、湯(詠み込み)
第64回(2017年2月) 日脚伸ぶ、残雪、入学試験(大試験)、梅、島(詠み込み)
第65回(2017年3月) 朧、薄氷、鶯、辛夷、朝(詠み込み)
第66回(2017年4月) 春泥、汐干狩、鳥交る、桃の花、上(詠み込み)
第67回(2017年5月) 卯の花腐し、山滴る、田植、羽抜鳥、井(詠みこみ) 反省会のみ参加
第68回(2017年6月) 雲の峰、草取、目高、蕗、岩(詠み込み)
第69回(2017年7月) 風死す、虹、水着、金亀子、部(詠みこみ) 
第70回(2017年8月) 夜の秋、西日、土用波、水連、久(詠み込み)
第71回(2017年9月) 朝顔、新涼、休暇明、鰯雲、語(詠み込み)
題72回(2017年10月) 名月、新米、砧、鰡、本(詠み込み)
第73回(2017年11月) 冬めく、茶の花、虎落笛、神無月、天(詠み込み)
第74回(2017年12月) 寒波、鰤起し、襖、白菜、有(詠みこみ) 欠席
第75回(2018年1月) 年男、悴む、縄飛、煮凝、当季雑詠
第76回(2018年2月) 待春、冬の虹、狸、冬芽、当季雑詠
第77回(2018年3月) 焼野、水温む、三椏の花、若布、当季雑詠
第78回(2018年4月) 春の宵、陽炎、苗代、桜蕊降る、当季雑詠
第79回(2018年5月) 麦秋、代田、柏餅、袋角、当季雑詠
第80回(2018年6月) 走り梅雨、飛魚、豆飯、新樹、当季雑詠
第81回(2018年7月) 梅雨明、汗、泳ぎ、向日葵、熱帯魚
第82回(2018年8月) 夏の果、夏休み、滝、木槿、当季雑詠
第83回(2018年9月) 秋風、生身魂、秋の蚊、鶏頭、当季雑詠 @麹町区民館
第84回(2018年10月) 秋出水、とろろ汁、秋思、芒、当季雑詠
第85回(2018年11月) 山粧ふ、松手入、燕帰る、柿、当季雑詠
第86回(2018年12月) 師走、隙間風、綿虫、八手の花、当季雑詠 @KoNA水道橋
第87回(2019年1月←今回) 初雀、小正月、寒鯉、冬萌、当季雑詠
第88回(2019年2月←次回) 春近し、冬霞、氷柱、芹、当季雑詠

1~50回の兼題は、この記事参照→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/64153528.html
句会の作法は、この記事参照→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/61457543.html


2011年の11月に3人で始まった大倉句会も、すでに30人以上の大所帯の句会となった。
この日も早めに銀漢亭に立ち寄ってハッピーアワービールでも飲んでいくつもりが、諸雑事が勃発して神保町駅到着が18時過ぎとなり、やむなくそのまま素面で会場へ。

<裏tomo君>
やむなくって言うか、それが普通でしょ。


この日もいつもの会議室は工事中のため、本来は調理室の部屋を使っての句会だ。
今年最初の開催だからか、O師から大サービスのラブレター(実は12月の句の講評)が配られ、今年はみんなもっと名句をたくさん読むことにも力を入れえるよう檄が飛ぶ。

そんなこんなで句会は終わり、銀漢亭に場を移しての反省会兼新年会となる。
この日はHSさんからなぜかアメリカンサイズのステーキの差し入れあり。
終了後は角の炒飯屋さんに行ったんだけど、大人数で入れないため、水道橋方面に歩いて祥龍房へ。
ビールや紹興酒を飲み、中華料理を楽しみ、〆チャーハンをいただいて解散。
結局深夜バスにて帰宅~♪


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。

◆祥龍房(ショウリュウボウ) 水道橋店  千代田区神田三崎町2-9-22  03-3288-5158


~ 今日の俳句 ~
 後日追記♪



年初に当たって、いつになく真剣に指導をするO師。


そして句会が終われば、銀漢亭~♪


乾杯!


お料理は次々に出て来る、この日も粕汁が好評。


HSさん差し入れの巨大ステーキを店主さまに焼いてもらう、でかい。


でも人数が多いから、一人一切れなのであった。




2軒目は祥龍房、二階席の横には、この時期しばしば白菜のストックが置かれてる。


先に紹興酒が来たんで、乾杯!


でもって、ビールが来たからさらに乾杯!



トマト玉子炒め。


豆苗炒め。


〆チャーハン、ごちそうさま。


神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 十六夜&極 合同句会

1月10日の木曜は、いつもの銀漢亭へ。
お正月休みの変則日程になったことから、この日は女子会句会である十六夜句会と、宴会で活躍する人々を中心とした極句会の合同での句会が開催された。

午後7時出句〆切、兼題は寒の入り、狸、当季雑詠の四句出しなんだけど、お預かりした投句もあるんで早めに到着する。
時計を見るとまだ6時半前なので仕方ない。ハッピーアワーの200円生ビールでエネルギーチャージ。
本日の銀漢亭担当は、おなじみKちゃん、実はちょっと久しぶりの銀漢亭登板なのだ。

句会は合同ってことで参加者多めで20名、まずは乾杯して飲みながらの選句、披講となる。
お正月らしい和やかな句会だったね。

そして宴、じゃなかった、句会が終わった後も居残る精鋭たち。
お正月だからってことで、またもヴーヴ・クリコが開けられ、閉店後の店内でいつまでもいつまでも飲み続けるのであった。

<裏tomo君>
さらに精鋭2人で、どっかもう一軒行ったみたいだね。


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。


~ 今日の俳句 ~
 秒針の音乾ききる寒の入
 抜け道に親しむ街の狸かな
 書初の最後の跳ねでしくじりぬ
 冬空に聳ゆる銀の滑り台


早めに到着。


ハッピーアワーの200円生ビール。



まずは乾杯、あけましておめでとうございます!




お料理は次々に出て来る、サバ煮と大鍋の粕汁が大好評。


本日のカウンター担当はKちゃん、すでに閉店時刻は過ぎてノリノリ。


ヴーヴ・クリコ、大人の時間なのだ。


結局3本空けちゃったみたい。



あら、ここはどこ?


〆グラタン~♪


次のページ