FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

恵比寿・バンデルオーラ もう一つ自主的お誕生会

2月16日の金曜日、またも2月生まれ3人を結集して自主的お誕生会を開催した。場所は恵比寿のバンデルオーラ、カジュアルなイタリアンのお店でいっぱいたべていっぱい飲もうっていう作戦だ。
3人集まった2月生まれのうちの一人は、なんと私と年月日すべて同じ。ってことで、同世代の話題でまた盛り上がる。

<裏tomo君>
若い人には全く分からない話題ばっかりだったね。

おすすめメニューの説明を聞くのも、このお店の楽しみの一つ。
そしてデザートに合わせてオーナーの松下さんが、得意のギターでお店のスタッフさんと一緒にイタリア語の「ハッピーバースデー」を弾き語り!

おいしくって楽しいこのお店、相変わらずの繁盛ぶりだね。

◆BANDERUOLA(バンデルオーラ)
 渋谷区恵比寿2-7-5 03-6712-2377



微妙にわかりにくい隠れ家的立地。




タコの前菜。


ワインはおまかせ。


3人そろって、乾杯!


ワインがすぐになくなっちゃう不思議~


パスタはおすすめから2種、どっちも美味しい。




このあとメインは羊肉のクスクス、そしてデザートプレート。
ごちそうさま♪
スポンサーサイト



神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 2月の銀漢句会

2月15日は、銀漢句会に参加した。
某公営施設会議室で行われる句会は、ノンアルでまじめに進む。
兼題は、魞挿す、凍解、当季雑詠の五句出し。

<季語tomo君>
魞挿す~エリサスと読む。魞は琵琶湖などの湖や川の定置網漁の一種、魚が障害物に ぶつかると移動する習性を利用し、魚を誘導す る道筋を作って一か所に集める。早春に、この魞を設置する作業が「魞挿す」。


で、句会が終わればいつもの銀漢亭で反省会となる。
今日の兼題、俳句、句評などの俳句の話もあれば、関係ない話もある。
やがて皆さんそれぞれ家路につくんだけど、気が付くとまた精鋭たちは炒飯屋さんへ。

まったく俳人って良く飲むのだ。


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、奥は椅子席アリ、俳句関係者多し


~ 今日の俳句 ~
 凍ゆるむ西行庵へ続く坂
 魞挿すや湖面に淡き日の沈む
 空の青欠片に透かす御神渡り
 諏訪の国凍返らする神の恋


句会が終り、反省会へ~









二軒目~♪






八幡山・アンダンテ 町の洋食屋さんで飲む

2月14日のバレンタインデーは、いつも雲呑会の企画をしてくださるNI氏とおひささんで、NI氏地元の洋食屋さんで飲むことになった。

カウンターに陣取れば、店内はまさに昭和のちょっとゴージャスな洋食屋さんっていう感じ。
私が到着したらすでに地元のNI氏は飲み始めたところで、ほどなくおひささん到着。
お店はお料理も担当するオーナーのママさんとアルバイト1名っていうのが基本の布陣で、この日は遠方に住んでいるお嬢さんもサポートに入っている。

前菜的お料理で飲みながらよもやま話。
でも育ち盛りのおひささんと私がおなかがすいたと訴えて、ピザ、エビマカロニグラタン、そして自慢のカレーライスと糖質系のオンパレード。
どれもきっちり昭和の洋食のおいしさ。
聞けば地元在住の宍戸錠さんも常連らしい。

八幡山、私にはあまり行く機会がなかったところだけど、新宿から京王線で結構近い。
ここはまた行きそうな予感だよ♪

<裏tomo君>
食べ過ぎでしょ、最近怖くて体重計ってないよね。

◆アンダンテ 杉並区上高井戸1丁目6-15 03-3304-8902


駅から徒歩8分ってとこかな。


まずは、乾杯!


フィンガーフードで飲む。


キッシュ、3人だから3つにカットしてくれたけど、おひささんは確か2切れ食べてたような・・・


アボカドと海老のサラダ、このあたりでワインへ。


クラシカルな美味しさのピザ。


洋食の王道、海老マカロニグラタン。


これもお勧めのハンバーグステーキ。


〆はがっつりカレーライスで。





雑司ヶ谷・割烹大倉(カッポウオオクラ) 久しぶりの粋酔会

2月13日の火曜日は、久しぶりに日本酒愛好会の粋酔会に参加した。
様々な日本酒を楽しむこの会、以前は年に3回開催されていたんだけど、最近俳句の会と重なる日程が続いてしばらく欠席が続いていた。昨年は幹事の都合もあって1年間開催されなかったらしく、私は約3年ぶりの参加となった。

その時々のテーマに合わせて幹事さんが手配してくれる日本酒の一升瓶が提供されるこの会だけど、ビールは禁止。どうしてもビールでスタートしたい私は、こっそり缶ビールを持ち込んでこっそり飲む。

<裏tomo君>
バレバレでしょう。

会は座敷の大広間に並ぶ座卓で、日本の伝統にのっとった宴会形式で行われる。


終了後はO師や大倉句会関係者を中心にしたメンバーで、タクシーを飛ばして銀漢亭へ。
ただしさすがに私はもう飲めず、途中で一人帰路につく。

粋酔会、楽しけれど飲みすぎ注意だね。


◆割烹大倉 豊島区雑司が谷3-14-11 第3オオクラビル 03-3971-3230


お店外観、雑司が谷駅から徒歩10分弱。


この提灯が、良い感じなんだな。


ルール違反の持ち込みビールで、乾杯!


お料理は、ちゃんとした日本料理、最後にはご飯ものやデザートも出るけど、そのころには座席は入り乱れて、かなりカオスとなる。


日本酒は、とにかくおいしいのがいっぱいある。


















最後は全員起立しての〆屋ら御挨拶やら。



銀漢亭へはこの日は立ち寄っただけって感じ。




錦糸町・谷記(クキ) クラシックコンサート鑑賞の反省会

最強飲み友Mちゃん所属のマオケ定期演奏会を楽しんだ後は、N氏、K野氏、みさ姉と反省会へGO!

このコンサート、午後4時過ぎって言う中途半端な時間に終わるんで、多くの居酒屋はまだ開いていない。
そこで最近ほぼ定番化してる、早くから飲める中華屋さんへ。

このお店、生ビール一杯プラスお料理一皿でお得なセット料金が設定されてるので、それを利用してどんどん飲むと同時にどんどんお料理を注文する。
コストパフォーマンスが良いお店だから、どのお料理も安いけど美味しい。
途中でもうこれ以上食べられないのではと危険を感じて、お料理セットとは関係ない紹興酒のボトルに切り替え。
何本か飲んでもう一本追加しようとしたら、どうやらN氏、この近くでもう一軒行きたいところがあるらしいので、オーダー取りやめ。会計を〆て、二軒目に向かう。

Mちゃんのコンサートはこのホールでやることが多いので、スカイツリーの建築中は錦糸町に行くたびに少しづつ成長していく工事中のスカイツリーを見てたけど、今やすっかり街になじんでる感じだ。

2軒目のお店は近くにあるモダンな居酒屋って感じのところ、午後5時にならないとあかないけど、N氏とK野氏は一度来たことがあるらしい。店名にもある通り、味噌にこだわったお店らしい。
突き出しで、みそ汁のお椀が2種類、赤みそと白みそのものが出てくるのが面白い。
日本酒の品ぞろえ極めて豊富だ。
みんな食べる方はかなり食べてるから、こちらでは軽めのおつまみで日本酒を色々。
途中からもうすっかりコンサートの話題は途切れて、単なる飲み会になっていくのは、いつもの通りなんだな。

<裏tomo君>
もういっそコンサート行かずに最初から飲みに行けば?


◆谷記(クキ) 3号店 墨田区錦糸1-14-7  03-3829-2616

◆蔵 みそら屋 墨田区錦糸2-7-1 050-5789-0530


コンサート鑑賞お疲れさまの、乾杯!


ホイコーロー、炒め物の火加減が美味しいんだな。


アスパラとイカの炒め物、さっぱり塩味。


焼き餃子はビールセットとは別に追加で注文、これで3皿分。


チンジャオロースー、シャキシャキ美味。


ニラレバ炒め。


茄子の肉みそ炒め。


ゴーヤと玉子炒め。


トマトと玉子炒め。


海老とカシューナッツの炒め物。


紹興酒は温めてもらう。



錦糸町からスカイツリーって結構近い。


ここが2軒目。


各人好きな日本酒をオーダー、ほかの人の分も撮ってるから全部飲んだわけじゃないよ、たぶん。










突き出しに赤みそと白みその味噌汁が出てくる。


クリームチーズ味噌漬け、ピント合ってないけど、ちびちび系のつまみ。


焼き味噌。


厚揚げに2種類の味噌を塗って焼いたもの。


まだ飲むか!




どうもおつかれちゃん♪

ザ・シンフォニカ第63回演奏会鑑賞@すみだトリフォニーホール





2月12日の月曜日は振替休日でお休み、最強飲み友Mちゃんの所属するアマオケの定期演奏会に行ってきた。
最近俳句イベントと重なって行けないことが続いていて、ちょっと久しぶりの参戦。

錦糸町駅で降りて、すみだトリフォニーホールへと向かう。
Mちゃんは、普段のカジュアルとは打って変わったブラックフォーマルでロビーをうろついているので、ちらっと一声かけて、客席に入る。

最近、休憩時間のバーへのアクセスが良い後ろの方の席が続いていたけれど、ふと見ると前から2列目のMちゃんが良く見えそうな席に、元上司のN氏を発見して、隣へ座る。
久しぶりだから、しっかりMちゃんを見ないとね。

指揮者は矢崎彦太郎氏、私は初めて見る人だな。
長身で踊るように指揮をするので、近くで見ていて楽しい。

前半は、ラヴェルが2曲。
1曲目 高雅で感傷的なヴァルス(約15分)
2曲目 バレエ音楽「マ・メール・ロワ」ナレーション付き(約35分)

元フジテレビアナウンサーの中井美穂さんが登場して、ナレーションをつける。
バレエ音楽なだけに、その背景には物語があるんだけれど、そのストーリーが語られるわけで、楽しい。
後で聞いたら中井さんは終演後の打ち上げにも参加してくれて、とても可愛く素敵な方だったとのこと。

ここで休憩、N氏を放置してダッシュでバーへと向かう。
遅れると行列になってゆっくり飲めないからね。
K野氏ご夫妻、みさ姉と合流して、乾杯!

3曲目はプロコフィエフ 交響曲第7番嬰ハ短調 作品131(約30分)

私のクラシック音楽とのかかわりは、ほぼMちゃんのコンサートだけで、クラシックの事はよくわかっていない。
会場で配られたパンフレットに書かれた解説には、
「~そのまま静かに終わるものと、さらにロンド主題が戻り歓喜のうちに強奏で曲を閉じるものと二通りの結尾がある。本日はどちらになるのか、どうぞお聞き届けください。」って書かれてるけど、さてどっちだったのかしら。

<裏tomo君>
ちゃんと起きて聞いてたの?


いつまでも鳴りやまぬ拍手に指揮者は出たり入ったり。
みなさま、素敵な演奏会をありがとう!

ってことで、この後は反省会へ、GO♪


開演前。


休憩時間の乾杯!


有楽町・外国人記者クラブ THE MAIN BAR 2月の本部句会

2月10日は本部句会に参加した。
会場はいつもの神保町にあるひまわり館。
そうそうたるメンバーが参加するこの句会は、いつも私にはちと敷居が高いんだけど、とにかく参加を続けてる感じ。

本日の兼題は、立春・片栗の花・当季雑詠で五句出し。
どっちの兼題も難しい。
かと言って、好きな季語で作っていいという当季雑詠もまた難しいんだな。
でもまあ何とか五句を提出し、清記、選句、披講と進む。
最後に主催から今日の俳句へのコメントなどのご指導があり、連絡事項などあって句会はお開きとなる。

この後はいつものお楽しみの反省会があるんだけれど、別件ありなので失礼する。

~ 今日の俳句 ~
 白梅や絵馬には第二志望まで
 花びらの下堅香子の瞼伏せ


向かった先は、外国人記者クラブのTHE MAIN BAR。
もともと外国人記者クラブの人向けの施設で、会員さんと一緒でなければ利用できない。
店内では、グラス片手にノートPCを操作する欧米女性など外国人記者っぽい人もいるけれど、普通の日本人っぽいグループも多い。
お料理はかなりいけてて、サラダのブルーチーズソースとか、フィッシュアンドチップスとか、ビールもワインも進む美味だ。
ステーキをシェアしてさらにワインを飲んでパスタで〆て、仕上げはカルヴァドスを少々。
どうもおつかれさま。


◆外国人記者クラブ THE MAIN BAR 千代田区有楽町1丁目7-1  有楽町電気ビル 北館
 03-3211-8171



句会はとっても真面目なのだ。



で、乾杯!


ブルーチーズドレッシングが刺激的なサラダ。


ニシンの冷製。


フィッシュアンドチップス、コロモに良い香りがする。モルトビネガーがついてくるのもうれしいね。


メインはビーフをつまみに、さらにワイン。


〆パスタ。


3人で4本は、まあまあのペースかな。


カルヴァドスなめながら、アイスでクールダウン。


神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 2月の極句会

2月8日の木曜日は、2月の極句会に参加した。
所属俳句結社の中でも、特に宴会時の盛り上げ役として活躍している人を中心にした句会、老若男女それぞれバライティに富んだ経歴、みんな話題豊富で楽しい句会だ。

本日の兼題は、お水取、春椎茸(春子)、当季雑詠の4句出し。

<季語tomo君>
春子~春に収穫される椎茸のこと。単に椎茸は秋の季語。ハルコさんじゃなくって、ハルゴと読む。


句会は銀漢亭2階にある会議室で、ノンアルでまじめに行われる。
こういう形式の句会に初参加の人もいて、お互い教えあいながら和気あいあいと進行する。

で、終わった後は一階の銀漢亭にて、反省会。
ここから合流してくれる人もいて、一層賑わう。
おひささんから、お手製の洋風茶わん蒸しの差し入れ、美味しかった。

今回はインフルエンザで欠席の人もいて、まだまだ流行が猛威を振るってるみたいだね。
皆さんもどうぞお気をつけて!

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多し。

ってことで、精鋭でいつもの炒飯屋さんでクールダウンして、解散。




~ 今日の俳句 ~
 松明の切り裂くお水取りの闇
 明け方の遠き足音や御神渡
 やはらかく生醤油はじく春子かな


いつものふるさと、銀漢亭。


句会を終えて、乾杯!


おひささんお手製の洋風茶わん蒸し、ネギが苦手の人向けにちゃんとネギ無しもあるのがすごい。


お料理色々。





二軒目は緑茶割で、乾杯!


玉子好きなITさんのオーダーは、いつものエビ玉炒め。


私は辛い方の麻婆豆腐。


と、白いご飯ね♪


定番の豆苗炒め。






おまけ)罪滅ぼし的に食べた、サラダランチ(笑)


神保町・焼肉処 三幸園(サンコウエン) 絶品焼肉ナイト

冬季五輪が始まった今日この頃だけど、それよりテレビで注目は昨日日曜の午後1時25分から放映されたパネルクイズアタック25だ。俳句ナカマが出場するという。
https://www.asahi.co.jp/attack25/
すでに1月25日に収録は済ませてあるけど、放映するまでは内容はしゃべっちゃいけないとのことで、昨日やっと観ることができた。大興奮~♪
この番組、ものすごく昔観ていた記憶があるけれど、なんと1975年から続く長寿番組なんだって。

で、ブログ日記の方は先週2月6日の火曜日、この日は焼肉を食べに行くお約束があった。
俳句ナカマのKT氏が、俳句結社が毎年募集している賞(そう簡単には受賞できない)に初めて応募して、きっと受賞するようなことを言っていたのを聞きつけて、もし受賞したら焼肉ご馳走してあげるから、その代わりダメだったら焼肉おごってね~っていうような成り行き。

メンバーはKT氏、ITお姉さま、おひささん、私の4人だ。
まずは銀漢亭で待ち合わせて、はす向かいにある焼肉屋さんへ。
KT氏は、傍目には女子3人に囲まれたモテモテとも見えるけれど、その内実は受賞焼肉詐欺の被害者なのだ。

ベジファーストでサラダ、ナムル、キムチ類をつまみつつ、まずは牛タンから焼いていく。
肉、肉、肉・・・
栄養バランスを考えたおひささんがキノコのホイル焼きなどオーダーするも、最後の仕上げにさらに熟成肉、その名も「極」が投入される。

〆はコムタンクッパとユッケジャンうどん。
倒れんばかりに食べすぎてお店を後にする。

で、この後は再びはす向かいの銀漢亭へ。
さすがに良心がいたむのでこちらの支払いは女子持ちってことで。

<裏tomo君>
新たな特殊詐欺、みなさん注意してね!


翌朝、さすがに食べすぎかなと思っていたら、ITお姉さまからメールが着信する。
>今日から体重を落とす、とりあえず宣言!
即座に返信する。
>私も落とす!
おひささんからもメールがくる。
>一晩で1.2キロ増えてた

恐るべし、焼肉パワー。


◆焼肉処 三幸園 千代田区神田神保町2丁目142 03-3222-0186


待ち合わせの銀漢亭にて、アペリティフの生ビール。



そして、焼肉屋さんへ!


いちおうベジファーストで。


お仕事で遅れるというおひささんも、焼き始める前に無事合流。








まずは上タン塩からね。


鉄板奉行はおひささん。


お肉はじゃんじゃんオーダーする。


危険な香りの青唐辛子だけど、この刺激で目先が変わってまた肉を食べちゃうのだ。


焼肉はイキオイ勝負だから、おひささんはどんどん焼く。


キノコのホイル焼き。


ダメ押しの、熟成牛「極」。


〆はうどんとごはんで。





そして振り出しの銀漢亭に戻る(笑)



目黒・ランテルナマジカ 自主的お誕生会

2月4日の日曜日は来客あり。
ひさしぶりにおでん大量制作、これまた久しぶりに母お手製の餃子も加わって盛り上がった。

2月5日の月曜日は自主的お誕生会。
目黒でイチオシのイタリアン、ランテルナマジカに職場つながりで2月に誕生日が来るナカマ4人プラスおひささんが集う予定が、残念ながら1名が風邪のため欠席となり、誕生月3人プラスおひささんの4人ね。

久しぶりのランテルナマジカ、ブログをたどってみると4年前の5月以来だ。
まずはイタリアビールでスタートして、さてワインをどうするか。
いつもは「安くて美味しい白」って言う感じで、ワインリストも見ないでイージーなオーダーをしていたけれど、この日のメンバーの一人Ryo氏は、何とワインアドバイザーの資格をお持ちとのこと。ワインのセレクトはRyo氏におまかせして、残り3人は飲む方に専念することにする。

ホワイトアスパラガスがあるって言うのでずいぶん早いなと思ったら、桜と同じで「ホワイトアスパラガス前線」があって、今頃は南の九州産、その後段々北上して、初夏になると北海道産が出てくるんだって。
ってことで、ホワイトアスパラガスはビスマルクにしてもらう。

Ryo氏セレクトのワインはお料理に合わせて白と赤それぞれ2本。
どのワインも美味しく、お料理も美味しく、最後にお誕生日を祝うプレートを出してもらって盛り上がる。

ところでこのRyo氏、職場つながりなんだけど、不思議なご縁があって今は大倉句会のナカマだ。
そんなこんなで俳句の話題も盛り上がり、目黒の夜は楽しくふけていったとさ♪


◆TRATTORIA DELLA LANTERNA MAGICA(トラットリア・デッラ・ランテルナ・マジカ)
 品川区上大崎2-9-26 03-6408-1488
 http://www.lanternamagica.jp/index.html


今はGPSとかあるからたどり着けるけど、なかなか難易度高い隠れ家的立地。


おなじみ、イタリアのおじさんマークのビール、モレッティ。


前菜はカプレーゼ、生ハム、それに一番奥にあるのは・・・


プンタレッラのサラダ、ローマっ子が大好きなセリ科の野菜らしい。ほろ苦さとシャキシャキした食感が魅力。


Ryo氏セレクトの一本目。


ホワイトアスパラガスのビスマルク。


半熟の目玉焼きを砕いて一本ずつ配給される、このために残しておいた生ハムと一緒に。


Ryo氏セレクトの2本目。


牡蠣のリゾットと、ラグーソースのショートパスタ。


Ryo氏セレクトの3本目と4本目は赤。


ってことで、鴨、羊、ソーセージのロースト。


バースデープレート、デザートは少なめで。変な名前が混じってるけど、全員れっきとした日本人なのだ。




最後に備忘録で、日曜日の餃子の写真も入れとこうっと。


<裏tomo君>
昼だからノンアルとか言ってウーロン茶を置いてるけど、この後結局ビール飲んでたよね。
次のページ