FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

2017年もよろしくね




紅白も終わり、NHKはゆく年くる年。
みんなは年越し蕎麦を食べたかな。

赤羽ゴルフ場のそばに製麺工場があって毎月一回だけ直売をしてるんだけど、年末は特別にもう一回、年越し蕎麦を求める人のために販売してくれる。
今年もウチの年越し蕎麦は、香りの良いここの工場直売。
あっというまに、ぺろりっと消える。

みなさま、2016年は日本ビール党の部屋にきてくれてありがとう。
2017年もよろしくね。

2017年が皆さまとご家族にとって、素晴らしい年となるようお祈り申し上げます。

tomo@日本ビール党の部屋
スポンサーサイト



大倉句会 明治神宮吟行

今年は毎月吟行を続けてきた大倉句会、
2016年12月の某日曜日に、本年最後の吟行が明治神宮を舞台に決行された。

待ち合わせは原宿駅の表参道口に午後一時、
が、原宿駅でいくら待っても一人来ない。何と待ち合わせ場所を間違えて、表参道口ではなくて地下鉄の表参道駅に行ってしまったとのことで、何とか携帯で連絡を取り合って落ち合う。

明治神宮はそろそろお正月の準備も始まっている様子だ。外人客の目につく参道を、一同句材を求めてきょろきょろしながら、進む。

ここで南参道から左に折れて、清正の井へ向かう。途中で幹事役のI斗さんがガサゴソと取り出したのは、殻付きピーナッツ。これをつまみにビールを飲む…という訳ではなくて、このピーナッツの殻をむいて小さく砕いて手に載せていると、小鳥がやってきてピーナッツをついばむのだ。I斗さんに倣って各々やってみると、本当に来る。私もこわごわやってみると、来た!けれど、思いのほか強い力で手にしがみついてくる。
結構怖い。私、こういうの苦手だったことを思い出す。

このあたりは菖蒲田があり、シーズンのころは賑わうんだとか。その奥に、清正の井があるが、今はパワースポットとして若者にも人気で、行列状態になっている。
本当に加藤清正が作った井戸かどうかは確かではないけれど、この地にかつて加藤家の屋敷があったのは本当の事。

再び参道に戻って、本殿に参詣する。所用で遅れていたおひささんとも落ち合い、本日の参加者が全員集合となる。

さらに北参道を散策して、代々木駅に出る。
居酒屋にて、大倉吟行恒例の八句出しの句会を開催する。ビールや日本酒を飲み、つまみを食べながらの、いつもながらの和やかな句会だ。O師の愛ある指導は、時には「こういうのは二度と作るな!」等と厳しいこともあるけれど、もうちょっとこうしたら良いのでは、というヒントも多い。これをちゃんと忘れないでいられると良いんだけどね。

そして精鋭たちは通りがかりの中華料理店になだれ込んで、二次会となる。その店の洗面所の看板が「洗手間」となっているのに目を止めたO師の指示で、洗・手・間の読み込み三句出しで、おまけの句会となる。

さて、俳句を作ったらおなかがすいたってことで、小籠包やら焼きそばやら、どんどん頼んでどんどん食べる。もちろん、ビールから紹興酒に切り替えて、どんどん飲む。これでこそ、大倉句会だ。

一年間ご指導いただいたO師さま、いつも句会の手配や栞の準備をしてくださったI斗さん、そして一緒にご参加いただいた大倉句会の皆さんに、感謝!


~ 今日の俳句 ~
 池の辺の色は寂しき返り花
 一面の落葉流れぬ水路かな
 青木の実緑に混じる赤二つ
 冬日差すパワースポットてふ井戸に
 常緑樹多しと言へど冬ざるる

 冬日差すベランダ隅の洗濯機
 冬うらら新婚六畳一間なり
 数へ日や王手飛車取り勝負時


都会の森、明治神宮へGO!


このコーナーは有料


静かな冬の水を湛える池


小鳥来た


パワースポット、清正の井


本殿へ


そろそろ日が傾き、枯れ芝に伸びる影が長くなってくる


句会はてけてけ@代々木にて


結構辛くておいしい麻婆豆腐


生ハム盛り合わせ


鶏鍋


鶏の鉄板焼き、紙のカバーはねを防ぐ


山芋の漬物


クリームチーズ味噌漬け



二軒目は街角の中華料理店




おなかいっぱいなので、キュウリ


エビ野菜炒め


焼きそばオムレツみたいなの


小籠包


くらげキュウリ



目黒・こめの家 今シーズン最強の忘年会

12月の某金曜日、
所属しているお仕事のチームで、歓送迎会を兼ねた忘年会が開催された。
このチームは若手のメンバーが多くて飲み方が荒っぽい。
そして若手以外でも、目黒で飲ませると最も危険なオトコと言われるH氏、最強飲み友Mちゃん、
それにわたくしと言う、危険な人たちが揃っている。

座席については特に指示が無かったから、H氏、Mちゃんがいるあたりに落ち着く。
危険なトライアングルだ。

予想通り、危険なトライアングルの生ビールのピッチは速い。
途中危険を察知したMちゃんが、ビールのピッチを落とせと言っていたような気もするけれど、
もう止まらないもんね。

次第に席は入り乱れ、店名が「こめの家」だけに雑炊とかあさりご飯とかも出てきていたような気もするけれど、
いつしか時間制限とのことで、一軒目は終了。

お店のスタッフが、いつもは時間制限それほど厳しくないんですが、年末で次の予約が入ってしまっていてすみませんと恐縮している。
良いの良いの、お約束は守らなくっちゃね。

ってことで店の外に出ると、わが社の常に沈着冷静で別名デスラーと呼ばれるN氏の一団と遭遇する。
どうやら私たちの終了と入れ替わりで予約を入れてたのは、N氏のグループだったみたい。
奇遇だね。

で、私たちは幹事が二次会用に予約済みのビアバーへ。
美味しく楽しくビールをいただく。

三軒目はカラオケへ。
このあたりになると、みんな楽しくはじけていて、もう何が何だかわからない。
最も危険なオトコH氏は、皆が歌う曲に片っ端から参加して盛り上げる。

何時間いたのかわからないけど、カラオケを出たところで、さすがに体力の限界を感じて、私を含むオトナな数名がタクシーで帰宅。
すでに終電が去ったと言うより、もう少しがんばれば始発が走るっていう時間帯だ。

残りの精鋭はH氏引率のもと、綺麗なおねえさんがいるお店に行ったとか行かなかったとか…

翌日の土曜日、
Lineやメールで様々な情報が飛び交う。

上着を取り違えて帰った人、
帰宅してカバンを開けたらカラオケのマイクが入っていた人、
帰路足をねん挫した人、
その後1週間声が出なくなってた人、

かくいう私も翌日句会の予定があったんだけど、とっても俳句を作るのは無理だと断念して、
無念の欠席となった。

たぶん今シーズン最強(狂、または凶?)の忘年会だった気がする。

<裏tomo君>
今シーズンはまだ一週間あるよ。

みなさま、おつかれさま♪


◆こめの家 目黒店 品川区上大崎2-15-14 高木ビル B1F 03-6459-3297

◆目黒リパブリック 品川区上大崎3-3-1 オバタビル B1F 03-3441-6181


まずは、乾杯!


スタートは鍋から


おつまみ、お料理はこのあとたくさん出てきた



二軒目はビアバー


三軒目はカラオケ



恵比寿・ライオン 今年最後のマジックは食べ物ネタ中心で

12月某日、
今年最後のマジシャンさんの技を楽しもうと、テーブルマジックサービスが行われている恵比寿のライオンへ。

マジシャンのノーヴ・ハッセル・アベさん


何の細工も無いと確認したはずのパプリカから・・・


Y子ちゃんのサイン入りのカードが出てきた!



マジックサービスは不定期の木曜に開催なので、マジック狙いならお店に問い合わせてから行くのがお勧め。
わたしたちはもちろん抜かりなく問い合わせて、マジックがやってる日に予約して行ってるのだ。

今年最後のマジック、食べ物ネタのテーブルマジックを見たいとのリクエストに、
レモンやピーマンやナマタマゴ持参のマジシャンさん。

Y子ちゃんが名前を書き込んだカードが、パプリカの中から出てきてビックリ。

一同今年最後のマジックに騙されまくって、
「Y子ちゃん、マジシャンとグルなのでは?」
等と、いつもながらのどうでも良いツッコミをいれて、盛り上がる。

ノーヴ・ハッセル・アベさん(←覚えにくいマジシャンさんの名前)、
今年一年楽しいマジックありがとう、来年もヨロシクね!


◆マジシャンさんの近況はこちら! → https://twitter.com/nove_hassel_abe?lang=ja

◆ビヤレストラン銀座ライオン アトレ恵比寿店 渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿6F 03-5791-7871


テーブルマジックショーのある日は、この看板が出てる


本日は一番乗りならず、乾杯!


タコとカブとブロッコリー


コンニャクのピリ辛


突然みさ姉が日本酒をオーダーする


蒸し牡蠣


ブリ


ジンギスカン


ローストビーフ


エビとアボカドのサラダ


おつまみピザ


チキンライスのチキンカツ乗せ


仕上げビールはヱビススタウトクリーミートップ



目黒・鳥芳(トリヨシ)本店 またまた突然のチョイ飲み


上の写真は、先週横浜で洋館巡りをしたときに見かけたクリスマス飾り☆彡


12月某日、
最近水曜夕刻は、最強飲み友Mちゃんと会議で顔を合わせることが多い。
終わった後でちょっと話しているうちに、今夜ちょっと行こうということで話がまとまる。

<裏tomo君>
これから毎週水曜夜がデンジャラスだね。


お互いにお仕事があるのでいったん別れて、ちょっと遅めの出発、
焼鳥気分とのことで意見が一致し、一本単位で頼めるカジュアルな焼鳥屋さん、鳥芳に電話してみる。
鳥芳は権之助坂沿いに本店と2号店があり、いずれも予約は不可だけど、「今から行くけど空いてますか?」との問い合わせには対応してくれる。

めでたく本店が空いていることが判明して、カウンターに並んで落ち着く。

2人ともビール党なんで、まずは生ビールで乾杯!
突き出しは、「わかってる焼鳥屋さん」共通の大根おろし。
それぞれ好みの串を頼んで、大満足の一夜だったよ。


◆鳥芳本店 目黒区下目黒1-5-21 大栄ビル 1F 03-3490-8581


乾杯!


レバー


ぼんじり


プチトマトの肉巻き


鶏皮


うずら串


鳥ささみ


野菜が不足してるとのことで、銀杏とシイタケ追加


銀杏はMちゃんと半分こ


シイタケも来た


目黒・Brownie & Kookie(ブラウニーアンドクーキー)  またも突然のチョイ飲み

12月某日、
だらだらお仕事をしていてそろそろ嫌になってくる。
そういえば、最強飲み友Mちゃんはどうしてるかな~と連絡をとってみれば、
これから友達と待ち合わせてブラウニーアンドクーキーで飲むから、良かったらご一緒にとのこと。
慌てて残務を片付けて、一足お先に飲み始めてる2人に何とか合流する。

何も食べてなくておなかすいた~と騒ぐ私に、優しいマスターはとりあえずこれねって、
オニオンスライスの上にオイルサーディンを乗せたのを出してくれる。
一息ついたところで、今度は牛肉、肉食系にうれしいボリュームだね。

Mちゃんのお友達っていうのは高校時代のお友達で、今はこの近くに住んでてこのお店は行きつけとのこと。
他にも常連さんが楽しく飲んでて、良い雰囲気だ。
最後はマスターに濃厚カルボナーラを作っていただいて、きっちり〆る。
Mちゃん、今夜もありがとね♪

<裏tomo君>
マスター、そろそろ仕事切り上げて飲もうとしてたところでアンタが来て、大迷惑だよね。


◆Brownie & Kooky(ブラウニーアンドクーキー) 目黒区下目黒2-18-7  03-5435-0355



いつも到着早々なにか「とりあえず」を出してくれるのがうれしい。


マスタードソースが美味しい牛肉。




〆は濃厚カルボナーラでまったり、ごちそうさま。




みなさま、良いクリスマスを!






上野・梅の花 家族行事で


こちらは待合室、昆布茶でほっと一息。



12月4日の日曜日、
家族のイベントで夕食会だった。

御徒町駅近くにある梅の花・上野広小路店にて。

落ち着いた個室空間にゆったりしたサービス。
前菜類が小さな箪笥のような器の引き出しに収められていたり、
溶岩の上で牛肉を自分で焼いて食べる演出が有ったり、
最後はおこわとお吸い物の後に、デザートの嶺岡豆腐の黒蜜掛け。
ドリンクはやや控えめに猫をかぶって、瓶ビールをいただく。

どうもごちそうさまでした。


◆梅の花 上野広小路店 台東区上野1‐20‐11鈴乃屋ビル5F 03-3834-7712

<裏tomo君>
猫も杓子もかぶりまくってたね。
思わせぶりでみなさんコメントしようないだろうから、コメント閉じとくよ。


寿 お祝い懐石@6,000円
--≪メニュー内容≫--
■小鉢二種
■三段引き出し
■茶碗蒸し
■特製 かにしゅうまい
■黒毛和牛ロースの溶岩焼き
■生麩田楽
■湯葉揚げ
■おこわ
 湯葉吸物
 香の物
■嶺岡豆腐 黒蜜掛け

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) OH!つごもり句会2016

12月最初の土曜日は、超結社で楽しむOH!つごもり句会に参加してきた。
このOH!句会シリーズは、春のOH!花見句会、夏のOH!納涼句会、秋のOH!月見句会、冬のOH!つごもり句会と年間4回開催されている。このうち秋のOH!月見句会のみ平日夜で、それ以外は土曜日の午後1時頃にスタートする。

兼題による5句出しの句会、そのあとは席題による3句出しの句会が2回だ。
最初の兼題は、冬霞、白鳥、秩父夜祭、セーター、日記買ふ。
みんな出句を済ませたところで一息ついて、乾杯となる。
そのあとは、俳句を作り、選句をやり、披講を聞き、
合間を縫ってお料理をいただいたり、ビールやお酒を飲んだりする。

差し入れ大歓迎の句会なんで、酒類は豊富。
お料理が得意な参加者の持ち込み料理も楽しみ、この日はH子さんのマッシュポテトが美味しかった。

最後に成績優秀句に、著名な俳人の皆さん自筆の俳句が書かれた葉書をプレゼント。
良いな~

句会の後は、もう一軒飲みに行くチームとカラオケチームに分かれる。
どっちも行きたい私は、まずは飲みに行く派と居酒屋「大金星」で、乾杯!
そして途中で抜け出してカラオケチームへ。
その後居酒屋チームも解散するときにカラオケチームに合流して、大部屋で楽しくみんなで盛り上がって、
神保町の夜はふけていったとさ♪


~ 今日の俳句 ~
 左袖少し伸びたる赤セーター
 新しき街でいつもの日記買ふ
 白鳥は忘れじ守の爺の声
 因数分解して風通し良き大枯野


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多し。

◆大金星(ダイキンボシ) 千代田区神田神保町1-14-12 1F,2F 03-3518-2566



昼間の銀漢亭の写真は、なかなか無いのだ。


満を持して登場を待つお料理たち、これ以外にも色々あった。


乾杯!


私の差し入れはYEBISU#126のロング缶パック。


成績優秀者にプレゼントされた葉書、いつかも私がらえる日は来るのかしら。



2軒目は大金星にて飲みなおし。


最後はカラオケボックスの大部屋にて、お歌の時間♪




休日の朝食、具沢山な味噌汁を中心に

不健康な12月の埋め合わせに、本日は健康的な味噌汁で朝ごはんしてみたので、ご紹介。





作り方
1.冷蔵庫の野菜室から、味噌汁にいれられそうなものを適宜カット
 今日は、ニンジン、ゴボウ、大根、シイタケ、長ネギ
2.鍋に出汁を入れて野菜を入れて、煮立ったら鶏肉も入れて火を弱める
3.野菜が柔らかくなったら味噌をときいれて、すぐ火を止める

いただきものの無農薬な柚子があったから、皮を削って細かく切ったのをトッピング、
健康的でおいしい味噌汁なのだ♪

<裏tomo君>
いくら朝ごはん健康的でも、夜があれじゃね。
昨夜も〆ラーメン食べてたみたいだし。

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 12月の大倉句会

十六夜句会翌日の金曜日は、大倉句会。
先月11月は五周年記念で派手な宴会をやったけれど、12月は平常モードで。

神保町にある区営の施設「ひまわり会館」にて、まずは句会だ。

最近の兼題は、こんな感じ
第51回(2016年1月) 新年、鏡餅、福寿草、冬深し、初(読み込み) @銀漢発行所
第52回(2016年2月) 立春、鶯餅、春の雪、椿、水(読み込み) ここから、ひまわり会館にお引越し
第53回(2016年3月) 啓蟄、タンポポ、春一番、蜆、来(読み込み)
第54回(2016年4月) 春の昼・四月馬鹿・朝寝・草青む・戸(読み込み) 欠席
第55回(2016年5月) 初夏、五月雨、菖蒲湯、蟇、葉(読み込み)
第56回(2016年6月) 梅雨寒、朝焼、冷し酒、青芒、清(読み込み) 欠席
第57回(2016年7月) 暑し、泉、草取、蛍、長(読み込み)
第58回(2016年8月) 涼し、片陰、滝、月見草、番(読み込み)
第59回(2016年9月) 残暑、虫籠、鰯、木犀、村(読み込み)
第60回(2016年10月) 秋澄む、落し水、栗、茸(一般)、田(読み込み)
第61回(2016年12月←今回) 冷たし、柚子湯、鴨、白菜、山(読み込み)

1~50回の兼題は、この記事参照→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/64153528.html
句会の作法は、この記事参照→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/61457543.html

12月とあって忘年会や所用とバッティングしている人が多いのか、いつもに比べて参加者が少な目。
その分O師の熱烈指導タイムもたっぷりなのだ。

で、句会が終わればいつもの銀漢亭に場所を移しての、反省会となる。
日本酒の集いが母体となって始まった大倉句会だけに、宴会の出席率は高く、
みんな良く飲む。
まだ月初とは言え、この句会でしか会わない方々とはこれが今年最後。
忘年会的気分でいつも以上にしっかり飲んで、二次会は角の餃子屋さんへ。

餃子をつまみ、俳句についてさらに熱く語り、ビールやハイボールを飲む。

ところで大倉句会のメンバーの一人、Hちゃんは、生まれて100000日目の誕生日を祝おうっていう一般社団法人をやってるんだけど、その宣伝用の巨大メガネみたいなのができたとのことで、餃子屋さんでご披露。
10000日記念日は27歳4.5か月でやってくるので、これを祝い、そして人生を見つめなおそうっていうのがコンセプトらしい。大倉句会の中にいるプロのデザイナーR太君にデザインしてもらったとか。
なかなかかわいい・・・かしら♪
10000日記念日すぎちゃった人も、20000日、30000日と記念日があるのだ。

詳しくはこちらをフォロー! → https://twitter.com/10000daysnet




こうして今年最後の大倉句会は無事お開きになる。
みんな、来年もよろしくね!

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多し。

◆天鴻餃子房 神保町二丁目店 (テンコウギョウザボウ)千代田区神田神保町2-2 亀山ビル 2F 03-3263-6992
一階は炒飯屋さん、はす向かいは角のラーメン屋。


~ 今日の俳句 ~
 陶板焼の鴨に残れる血の赤さ
 階段の手すり冷たきイタリアン


大倉句会反省会は人数が多いんで、ブッフェスタイルが基本。


持ち込みで色々めずらしいお酒が出てくることも多い。




二次会は最近良く行く餃子屋さん。


ピータン豆腐。


乾杯!


トマトサラダでリフレッシュ。


黒豚餃子。


野菜餃子。


豆苗炒め。



次のページ