FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 闇鍋パーティー

6月某日、おひささんから、いつもの銀漢亭で闇鍋パーティーをやるとお誘いを受けて、参上する。

聞けば、某地方都市にあるおひささんのご実家でおひささんが丹精をこめた水菜が大量に収穫されたため、これを俳人たちが集って食べようという企画らしい。
季節感を大切にする俳人たちが夏に集って、初春の季語である水菜を使って、冬の季語である鍋をやるというのはいかがなものかと言う気もするけど、まあ楽しければ良いのだ。
何か鍋に入れるもの一品持ち寄りがルールなんで、私は吉野の本葛を使った葛切を持参。でもそれだけじゃ寂しいから、美味しげな赤ワインも一本下げていく。きっと肉の持ち込みが多そうな予感だもんね。

お店の奥のテーブル席が闇鍋パーティー会場となっている。
予想通り、銘柄牛やら銘柄豚を持ち寄っての高級闇鍋だけれど、おひささんが実家から新幹線(しかも片道はグランクラスだったらしい)で持ってきた水菜が、輸送費も入れればたぶん一番高級品だね。

最後は辛い火鍋にしたい人とカレーなべにしたい人がいて結局両方の味が投入される。
すると、カレーの威力は絶大で、火鍋の味はカレー味に吸収されて、単なる辛いカレーなべ。
美味しくって楽しい闇鍋宴会、またやろうね♪



◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多し。


<手前の方の席は通常営業中>


<この鍋にどんどんいろんなものが投入されていく>


<牛肉~>


<おひささんが丹精込めた水菜はシャキシャキ美味しくって、あっという間に消えた>


スポンサーサイト



白金・カフェカリフォルニア 懐かしの女子会

本部句会(宴会だけ参加)翌日の日曜日。

この日はものすごく久しぶりの懐かしのメンバーでのランチの予定があった。
なので、会場の、都ホテルにあるカフェカリフォルニアへ。

一緒に某開発プロジェクトで苦楽を共にしたSさん、Iさん、その後メンテフェーズになってからチームに加わったAさんと、4人の女子会。十数年前に一度プロジェクト関係者が集まったことがあり、それ以来の再会となる。

みんなそれぞれの人生をエンジョイしているみたいで、昔話より近況報告が楽しい。
話しているうちに一緒にお仕事をしていたころにタイムスリップする気分、みんな変わらないね~。

Aさんが手配してくれたランチを楽しみ、時間はあっという間に過ぎていく。
最後にホテルの前で記念撮影をパチリ。

あとで写真を見てみたら・・・
う~ん、やはり、「変わらないね~」と言うわけにはいかない部分もあるかな。
みんなオトナになってるもんね。

◆カフェ カリフォルニア 港区白金台1-1-50 03-3447-3111  0120-95-6661




<ツードリンク付きのランチコース@3,500は、女子会向けでリーズナブルだと思う>












6月の本部句会の反省会だけ@はなの舞湯島店

6月某日土曜日、月に一度の一番緊張する句会、本部句会の日だ。
ところが、野暮用があって午後1時からの句会には参加できない見込み。
本部句会は欠席投句は無しだから、朝からのびのびと俳句を忘れて過ごす。

ところが、別件でおひささんとメールをやり取りしていると、おひささんも本部句会は欠席だけど、反省会だけ参加するという。え、それってありなの?

ってことで、私も反省会だけ参加することにする。

この日の反省会場は、メトロ湯島駅直結の居酒屋、はなの舞だ。
自分の方向音痴力を過小評価して上野駅から散歩がてら徒歩で向かい、結局道がわからず、ほぼ根津駅経由でやっと現地到着。早めにつくはずがやや遅れての参加となる。

この日の懇親会は参加者が少な目だったようで、座ったテーブルには4人、でも私以外は「ピロリ菌除菌中」とか体調不良でノンアルコールビールだったり、最初から日本酒だったりで、ビールを飲むのは私一人。卓上に並ぶ大量の瓶ビール、がんばって消費しないとね♪

そのうち遅れていたおひささんも到着し、ビールは順調に消費され、飲み放題メニューに載ってない日本酒も勝手にオーダーされ、席もだんだん入れ替わって良くわからなくなったところで、お開きになる。

その後は有志で近くのカラオケボックスになだれ込んでの二次会、そして最後は某駅ナカにてもう一杯。
楽しい土曜日だったな。

<裏tomo君>
ついに本部句会まで懇親会だけ参加とは、あきれた。

◆海鮮居酒屋はなの舞 湯島店 文京区湯島3-24-13 東京家具会館ビルB1 03-3836-5945



<本部句会お疲れさまの乾杯!って、私は句会やってないけどね>


<お料理は色々でてきたけど、この焼き物がコースっぽくなくてなかなか良かった>


<飲み放題メニューにはない、禁断のオーダー>


<〆はうどんのカルボナーラっぽいもの>




<二軒目はカラオケで燃える>


<カラオケ店でたまに頼んでしまうハニトー>




<最後は駅ナカでクールダウン>








おつかれちゃん♪

<裏tomo君>
来月はちゃんと句会から出た方が良いと思うよ、マジで。

スパサラの季節

昨日、当ブログ愛読者Q氏より、最近は料理記事を楽しみにしていますとの連絡をいただいたので、ひさしぶりに。

水道橋にある立ち飲み屋さん「うけもち」では、夏になるとスパゲティサラダがメニューにのる。
何てことないんだけど、つまみと思って食べていると食事にもなるっていう、すぐれものなのだ。

最近うけもちに行く機会がなかなか無いから、某日家で制作してみた。
中途半端に残ってた、ディチェコのリングイネを使用、ちょっと平べったい感じがマヨソースと絡みが良くって、我ながらなかなか美味しかったのだ。

【材料】パスタ、キュウリ、プチトマト、新玉ねぎ、たまご、ツナ、マヨネーズ、プレーンヨーグルト、パルメザンチーズ、塩、コショウ

【作り方】
1.パスタは半分に折って塩を入れたお湯でゆでる、たまごもゆでる
2.キュウリは千切りして塩もみ、玉ねぎはスライスして水にさらして絞る、ゆで卵は適当に切る、プチトマトはスライス、マヨネーズとヨーグルトとパルメザンチーズ、塩コショウでマヨソースを作る
3.ゆであがったパスタをざるにとって冷水で〆て、2と油を切ったツナと混ぜて、パルメザンチーズと胡椒をふる






うけもちより、ちょっぴり美味しいかも♪

<裏tomo君>
勝手に自画自賛してなさい。

目黒・なんちち食堂 フライデーナイトは終わらない

先週金曜日、職場のR氏、Yさんとビールでも飲みに行きたいねという気分、
朝イチで職場の主だったメンバーに転送自由で「今夜はお仕事早めにあがってビール飲みにいかない?」ってメールしてみる。

<裏tomo君>
朝っぱらから何やってんだか。


で、夕方。
R氏、Yさん、私の3人は良いとして、あと一体だれが参加してくれて何人になるのか見当もつかないけど、金曜の夜だから場所を確保してから出かけないと、行き場のない放浪状態となる可能性があって危険だ。

こういう場合のお店予約はいくつかコツがある。
まずは奇数の法則。多くのお店のテーブルは偶数人単位だから、7人で予約するとたいてい4人テーブル2つ確保してくれて、8人でも入れるし、6人になってもそれほど申し訳ない感じもしない。

次にお店を選ぶポイントは遅くまでやってるところ。
金曜に五月雨式参加となると、エンドレスとなる可能性が高く、途中でカラオケなどに移動しないで一軒でだらだらやるなら、ラストオーダーが遅いか、できれば朝までやってる店が良い。

そしてもう一つ、一番大事なのは、候補の店をたくさん持ってて、あきらめないこと。
金曜夜遅くに大人数は、良いタイミングに恵まれないと難しい。
満席だと断られてもあきらめずに次の候補を当たるネヴァーギブアップの精神が求められる。
この日は4軒NGで5軒目でお店確保成功、沖縄料理が楽しめる大き目な居酒屋「なんちち食堂」、金曜は翌朝4時まで営業のお店だ。

来る可能性のありそうな人にお店の場所をメールで飛ばして、先発隊はスタート。
ちょうどタイミング良く大人数のお客さんが帰ったところで、真ん中の大テーブルをゲットする。
その後次々にみんな到着して、結局11人になったのかな。

沖縄料理を楽しみ、ビールを楽しみ、途中から勧められるままに怪しげなハブ酒をなめてみたりする。
昼間のお仕事中とは違ったみんなの一面は、なかなか魅力的だね。

そして確信犯的に終電は去り、
先に帰った人の忘れ物は残った人が回収して、
目黒のフライデーナイトは終わらない♪


◆なんちち食堂 目黒区目黒1-5-19 目黒第一ビル 2F 03-5435-5520

<先発5人で、最初の乾杯!>


<島らっきょう>


<スクガラス豆腐>


<ビールに超絶好愛称なスパムたまご>


<これまたビールが進む高カロリー、スパムチーズのフライ>


<沖縄料理の代表、ゴーヤチャンプルー>


<新たにだれか来るたびに乾杯を重ねて、もうヘロヘロなのだ>



お疲れちゃん♪

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 6月9日はロックの日♪

6月9日はロックの日、そして俳句仲間S馬氏のお誕生日だ。
そこでナカマが集ってお誕生日を祝賀する会が開催された。
会場はいつもの俳句愛好者のたまり場、銀漢亭だ。

この日もお仕事が押していて遅めの合流となったけれど、会場は大盛り上がり。
S馬氏が家庭菜園で栽培している野菜も持ち込まれていて、収穫したてのバジルやパクチーが良い香りだ。
みなさんからの差し入れも多数、おひささん達が遅れた私のために食料確保してくれてるから、取り急ぎさくさくと食べつつゴクゴクとビールを飲む。

S馬さん、いつもいろんなイベントでご活躍、サポートありがとね。
そしてお誕生日おめでとう!


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多し。



<ふるさと(?)、銀漢亭>


<ロックの日の告知ポスター>


<ちょっとかぶりものなど>







<ちょっと飲み足りない、食べたりないので、O氏と某所でもう一軒、辛味噌キュウリがマジで辛い!>


<さらに辛味噌キムチラーメン♪>





<裏tomo君>
もうどうでもいいけど、さすがに最近食べすぎなんじゃない?成長の兆しが・・・




不動前・ババルデ お久しぶりの妖怪チームと

先週某日、久しぶりに弊社妖怪チームと飲みに行こうと話がまとまった。

弊社妖怪チームは仕事も遊びも常人の域を超えているため、自ら妖怪チームと名乗っているお姉さんたちだ。
時計はROLEXが標準装備で、ROLEXを持っていないK子姉さんと私はチームメンバーとして認められておらず、準構成員と言われている。

お店は、肉食系女子ご用達のババルデ、このお店、今年からメニュー改定されてビールがお安くなったので贔屓にしていたんだけど、残念ながら今月いっぱいで閉店らしい。
どんな事情か分からないけど、ほんとに残念だ。

<裏tomo君>
安いビールを大量に飲むタチの悪い客がいたから・・・


今月中にもう一回行けたらいいな。

◆ブラッスリー ババルデ 品川区西五反田5-11-10 リリース不動前 1F 03-6431-9644


<まずは宴会フィクサーTさんとYIさんの3人で、乾杯!この日はROLEX2個ね>


<肉食系はローストビーフから>


<ブロッコリーアンチョビ炒め>


<ちび妖怪と言われるMちゃんも合流して、またも乾杯!>


<レバーパテ>


<バケット、だんだんピントが合わなくなってきた>


<ワインもいただかなくっちゃね>


<アボカドはさっぱりワサビ醤油で>


<トリッパの煮込みかな>

<生ハムとサラミ>


<よく食べ、よく飲む>



こうして不動前の夜はふけていく~♪

<裏tomo君>
この頃、みなさんお仕事大変だったみたいよ。


三越前・ROOTS(ルーツ) 最も怖い女子会

先週某日、わが社で最も怖い女子会と恐れられているとある会合が行われた。
この会合はいちおう勉強会と銘打っており、前半はお仕事上の勉強会が行われる。
女子会ではあるものの、ここで男性ゲストを一人お呼びするのが最近の恒例となっていて、この男性ゲストは講師役となる。

そして終了後、男性ゲストもまじえての楽しい(怖い)懇親会が行われる。

私はこの日お仕事の都合でどうしても開始時刻に間に合わない見込みとなったため、幹事の最も怖いK子姉さんに相談の結果、懇親会だけ途中から参加させていただくことにする。

<裏tomo君>
またも飲み会だけ参加…


今回のお店はワインビストロとのことでみなさんワインを楽しみお料理を楽しんでいる途中で突入。
全員がワイン縛りの中でいきなりおきて破りの生ビールをオーダーして、強引に乾杯する。
そして飲み放題じゃないよっていう幹事の言葉も上の空にじゃんじゃんワインを空ける。

今回は、この会のためにお骨折りくださったMさんの壮行会も兼ねていて、花束贈呈や、ゲストN氏のさすがに老練なユーモアあふれるスピーチもあって、楽しくお開き。

Mさんの今後のますますのご活躍を祈念して、もう一回、乾杯!

◆ワインビストロ ROOTS(ルーツ) 中央区日本橋室町1-11-4  03-6225-2239



<ワインとフレンチのビストロみたいだね>


<遅れて到着の私のために、お店でお料理を取り分けてくださってて感謝!>


<ワインもちゃんといただかないとね>






<最後のほうで、ちょっと良いワインも登場、抜かりなくいただく>


汐留 ラ・ベファーナ汐留 REVALUE NIPPON PROJECT鑑賞とランチ

ちょうど一週間前の6月5日、高校時代の友達5人でパナソニック汐留ミュージアムで開催中の「REVALUE NIPPON PROJECT展」を鑑賞してきた。この日が最終日。

会場のパナソニック汐留ミュージアムは、新橋駅から徒歩5分くらいだけれど、このあたりはめったに来ないな。
一角には旧新橋停車場跡が復元されている。このあたり、日本の鉄道発祥の地なんだね。

さてこのREVALUE NIPPON PROJECTは、元サッカー選手の中田英寿が日本の工芸を再発見するプロジェクトで、ここ数年毎年テーマを決めて工芸作家等に作品を制作してもらい、それをオークションにかけ、収益をなんだか有効なことに使うというような活動をしてきていて、今回は作品所有者に作品を貸してもらっての展覧会らしい。

陶磁器、和紙、竹、型紙、漆とモダンな作品が並ぶ。特に陶磁器の宇宙人みたいな不思議な作品が目を引く。
そして漆のコーナーには、私がごひいきにしている漆芸作家奥窪聖美さんの花のようなオルゴールがある。
ゆっくり作品を見て回っているうちに、そろそろおなかがすいてきて、ランチへ。

イタリアンのランチメニューをつまみにビールやワインを傾けて、楽しい女子会となる。
お互いの近況や高校時代からの知り合いの噂話や昔話、女子会のおしゃべりは尽きないんだよね。


◆REVALUE NIPPON PROJECT展(すでに終了)
 http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/16/160409/index.html

◆ラ・ベルファーナ汐留 港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 キャニオンテラス2F 03-5537-0414


<ポスター>


<旧新橋停車場跡>




<ランチタイムは、5種類のランチをとってみんなでシェア>


<水分補給もお忘れなく!>






<お上りさん状態となって、日テレなどぶらつく>


<さらにおしゃべりは尽きず、クールダウンしつつ>






温泉道 2016年初夏の例会は箱根湯本へ 二日目

温泉旅行一日目は怖いトモちゃん降臨があったものの何とか無事終わり、二日目の朝。まずは朝食前に朝風呂でまったりとくつろぐ。そのあとは和定食の朝食だ。
温泉道では必ず飲むと定められている朝ビールで、けだるく乾杯する。

宿をチェックアウトして、箱根湯本の温泉街をぶらぶら歩いて思い思いにお土産を買ったりする。
すでに何回となく来ている温泉街、干物屋さんで試供品の干物を炭火で焼いて食べたりしながら、大体いつもと同じお店で干物、塩辛、梅干しなどを購入する。

その後は11時開店のお蕎麦屋さんで、またも宴会。
さすがに朝ごはん食べたばかりでおなかいっぱいなので、あっさり目のものを中心にオーダーしていくんだけれど、N氏がどうしても天ぷらを食べると言って聞かない。なので頼んでしまう。
もう飲み疲れと言うより食べ疲れだね。

帰りのロマンスカーは初めて乗る青のMSE、地下鉄千代田線に乗り入れているのと同じやつだ。
しぶとく缶ビールを飲んでうとうとしているうちに、新宿に到着する。
新宿で仕上げの反省会をやろうとの案もあったけれど、さすがに燃え尽き力尽き、新宿駅にて解散。

みんなどうも、お疲れさま。
また次回も楽しくやろうね!

◆山そば 神奈川県足柄下郡箱根町湯本704 0460-85-7889 http://www.yamasoba.com/



<朝食のおかずはどう見てもビールのつまみ>




<モーニングビールで、乾杯!>




<ここから見て最上階右端の部屋、露天風呂付だった>


<で、駅前の蕎麦屋でふたたび宴会状態に突入>


<さっぱり、山菜>


<さっぱり、山茸は大根おろしにキノコ>


<さっぱり、板わさ、ワサビ菜がぴりりと美味>


<そしてアブラギッシュに、天ぷら盛り合わせ>


<最後はお蕎麦でしっかり〆る>



<帰りは青のロマンスカー>


<おつかれさまの、乾杯!>



次のページ