FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

もう冬ですか?!

プチ残業をして帰宅の途中、近所のスーパーに寄ってみたら…
 
あら、もう冬ですか!まだ9月なのに。

 
確かに今年のだね。

スポンサーサイト



昭和を感じる言葉 の続き

昨日、表題のネットニュースのリンクを記事にしたけど、皆さんからのコメントに触発されて、ちょっと続きを。
 
元のニュース記事→ 使うと恥ずかしい!? 年代を感じる昭和な名詞1位「アベック(カップル)」
 
記事に出ていたのは、こんな単語。カッコ内が今の言い方。
 1位 アベック(カップル) 29.6%
 2位 乳母車(ベビーカー) 22.9%
 3位 パーマ屋(美容院、ヘアサロン) 21.9%
 4位 メリケン粉(小麦粉) 18.6%
 5位 国鉄(JR) 14.2%
 番外編 レコード店(CDショップ)
 番外編 汽車(電車)
 番外編 ソ連(ロシア)
 ほかにも 逢引(デート)
 月賦(分割)
 旗日(祝日)
 
皆さまからのコメント、敬称略で失礼!
 kazubon  テープ起こし(音声文書化か?)
 tomo    ビデオを巻き戻す(何て言うの?)
 8818   死語(最近あまり使わないか?)
 いちろう  ビデオに撮っておいてね(録画しておいてね)
 tomo    ダイヤル回したよ(電話番号プッシュ)
 Azurin   コールテン(コーデュロイ)
 Maiu    スパゲティ(パスタ)
 オジサマ  ビフテキ(ステーキ)
 
そう言えば色々と教養が湧き上がってくる。言葉って変遷するものなんだね。
 着るもの関係は結構あるな。
 背広 → スーツ
 ズボン → パンツ
 ジャンパー → ブルゾン
 トックリ → タートルネック
 オーバー → コート
 メリヤス → ニット、カットソー
 ベッチン → ベルベット、ビロード
 
 
食べ物はいろいろありそうだけど、あんまり出てこない。
 デザート → ドルチェ
 
 生活系はこんな感じ。
 チャンネルを回す → チャンネルを変える
 マニキュア → ネイル
  金持ち → セレブ
 
 
他にも色々ありそうだけど、思いついた人はコメントプリーズ♪
 

昭和を感じる言葉

ネットを見ていたら、こんなニュースが出ていた。
 
使うと恥ずかしい!? 年代を感じる昭和な名詞1位「アベック(カップル)」
 
以下青字は、記事からの抜粋引用。
 
Q.使うと恥ずかしい!? 年代を感じる昭和な名詞を教えてください(複数回答)
 1位 アベック(カップル) 29.6%
 2位 乳母車(ベビーカー) 22.9%
 3位 パーマ屋(美容院、ヘアサロン) 21.9%
 4位 メリケン粉(小麦粉) 18.6%
 5位 国鉄(JR) 14.2%
 
番外編としてレコード店(CDショップ) ・汽車(電車)ソ連(ロシア)
ほかにも、「逢引(デート)」「月賦(分割)」「旗日(祝日)」など
 
なるほどね。
チャンネルをまわす、とかも要注意かもね。

恵比寿・ライオン 今月もマジックとビールの夜を

先週某日、恵比寿駅ビルのライオンへ。
駅につながってるから、行きも帰りも安全安心、のはずだ。
でも実は恵比寿駅って埼京線と湘南新宿ラインが乗り入れてるから、高崎、宇都宮、逗子、北鎌倉、川越、新木場など、色々とデンジャラスなところにつながっていて、それほど安全安心でも無かったりする。
誰かさんの東武東上線と違って、元町中華街や森林公園に行く心配はあんまり無いけどね。

 
なにはともあれ、乾杯!

 
女子の健康のために、鶏レバースモーク。 

 
ピリ辛コンニャクステーキは、お好みでレモンを絞って。バターのとけ具合が良い感じ。

 
UFOみたいな、ジャーマンポテト。(←その場にいた人にだけしかわからない表現かも…)

 
だれか到着するたびに、乾杯が続く。
この日は残念ながら、三角クジのイベントは無しだから、みんな好みのドリンクで。

 
さくさくのコロッケ。

 
野菜たっぷりのサラダ。

 
肉食系はローストビーフとソーセージ盛り合わせで、ガッツリいただく。

 
そしてお待ちかね、テーブルマジックのお時間。
毎月一度、マジシャンさんが各テーブルを回って、テーブルマジックを披露してくれるサービスがある。
テレビや舞台とはまた違った、目の前でのマジックはホントに楽しくって癖になる。
こっそり選んでおいたはずのカードがなぜだかいろんなところから出現するマジック、今回はなんとこちらのハンカチにピッタリ焼きついちゃった(?)のかな。マジシャン信之介さんの笑顔が、いいね!
今月も楽しませてもらいした。 

※写真は撮影・掲載の許可をいただいてます
 
 
〆の炭水化物は、ビアホールのナポリタン、贅沢に具だくさんだ。

 
さらに、チーズのピザ。これはまたビールがすすんじゃう。

 
最後の〆は、いつものビューアトレカードの無料サービスを使って、それぞれお好みの〆ビールを。
私はクリーミースタウトで、キュッとね。

 
 
ラストオーダーの後で駆けつけてくれたメンバーもあり、お仕事お疲れ様でした!
この後2次会もあったみたいだけど、スタートから飛ばしてたので、私はこれにて帰る。
 
 
私の隣の駅に住んでるお酒をほとんど飲めないTさんと一緒に安全安心に帰宅、いつもありがとね♪
 
<裏tomo君>
あの時Tさんが声かけてくれなかったら、たぶん引き込み線か車庫に…
 
 
◆ビヤレストラン銀座ライオン アトレ恵比寿店 渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿6F 03-5791-7871
 エレベーターを降りれば、すぐそこが改札♪

赤羽ゴルフ グルメカップの喜多方ラーメン

皆さまお忘れかもしれませんが・・・
 
赤羽ゴルフ倶楽部で真夏に開催されたグルメカップで見事(?)4位となっていただいた賞品が送られてきたので、週末ランチで早速制作。 

 
麺、スープ、メンマ、それに作り方の紙が入ってる。それ以外は自分で何とかしろってことだね。

 
くろっぺさん自作のチャーシューや味玉がほしいところだけど、残念ながら無いから、出来合いで。
あ、カンタービレさん、チャーシューは高崎ハムの谷川物語だよ!

 
 

 
 
うふふ、実力で勝ち取った喜多方ラーメン、縮れ麺がスープにからんで、美味しかった♪
 
 
<裏tomo君>
だからぁ~、ハンディホールであれだけ叩けば…

目黒・Brownie & Kookie(ブラウニーアンドクーキー) 目黒のさんまでランチ

毎年9月になると、目黒のさんま祭りの事がニュースになる。
おなじみの落語「目黒のさんま」にちなんでのお祭りだけど、このお祭り、実は2つあるのを知ってるかな。
 
一つは目黒駅東側の「目黒のさんま祭り」、目黒駅前商店街振興組合青年部(通称「め組」)が1996年から開催していて、品川区が後援、使っているサンマは岩手県宮古市の提供。今年は9月8日の日曜日に開催された。目黒駅は目黒区じゃなくって品川区にあるのはかなり有名な話で、このお祭りの開催地も品川区だ。私が良く行くスパゲティダンのマスターは、このお祭りで大根おろし係をやっているらしい。
もう一つは目黒駅西側の「目黒のSUN祭り、目黒区民まつり実行委員会主催、目黒区・目黒区教育委員会後援による行事で、目黒区民祭りの一部として、さんま祭りがおこなわれる。使っているサンマは、宮城県気仙沼市提供。今年は9月14日の日曜日に開催された。開場は駅からちょっと離れた目黒川沿い。こっちは主催も開催地も目黒区だね。
このように、二つのお祭りはたいてい一週間違いで開催される別モノだ。
でも、どちらのお祭りも焼きサンマの無料配布が最大の呼び物であり、また落語「目黒のさんま」が演じられる。
 
テレビで見るとどちらも大行列の大混雑だから、そう言うのが苦手な私は一度も行ったことが無い。
実際、サンマのために朝5時から並ぶ人もいるらしいけど、私にはその根性無いもんね。
でもやっぱりこの季節、目黒のさんまを堪能したくて、先週某日のランチで食べてきた。
 
サンマのパセリパン粉焼きランチ、ガーリックが効いててサクサク美味しい。

 
コーヒー、ミニデザート(自家製プリン)がついてて、千円。

 
やっぱりさんまは、目黒に限るね~♪
 
 
◆Brownie & Kooky(ブラウニーアンドクーキー) 目黒区下目黒2-18-7  03-5435-0355

yokoさんに教えてもらった桃の剥き方

山梨県出身で果物大好きなyokoさんに教えてもらった、桃のきれいな剥き方。
 
1)大きくて適度に熟れた桃を冷蔵庫で好みの具合に冷やしておく
2)アボカドのタネを取るときの要領で、くるんと一周包丁を入れてパカッと2つ割り
 ※桃は優しく持つこと、 種が残っている方はさらに半分に切ると種から外しやすい
3)皮をむいて適当にカットする
 
今日はわりあいうまくいって、良い気分♪

 
 
 

目黒・つきはし 京風料理と美人ママ

某日、長い付き合いのラディカルな酒飲み、Tちゃんから、いつものように突然のメールが来る。
「秋の例会をやるから都合を知らせろ」と言う内容で、候補日は直近2週間、宛先はいつもの飲みナカマ、Tちゃんと同じ会社のO氏と某大手ITベンダーのS氏だ。
で、なんやかんやで日程調整、お店は私が手配しろとのご指示に従って、目黒のつきはしを予約しておく。
 
この日出先から直行のO氏は早めに飲み始めるとのことだったけど、私が到着した時にはすでに3人とも飲み始めている。皆さんタイムマネジメントがお上手なのね。

 
京都で修行したと言うご主人のタコの煮物は、絶品。
そして美人ママさんはいつものように、かわいい。

 
つきだしは、イクラおろし。季節の美味だね。

 
O氏は効き酒セット。巨大なピッチャーに入ってるのは、お酒じゃなくってチェイサーだよ。

 
生麩の田楽は、お麩も味噌も種類色々で選ぶのも楽しい。
そしてこのもっちり感は、まさに私好みにドストライクなんだな。

 
S氏も効き酒セット。同じブランドの酒類違い3本らしい。

 
健康が気になるお年頃の4人だから、豆腐サラダもね。

 
いぶりがっことカマンベールチーズ。

 
炙り明太子。このあたりのオーダーはいつもの定番。

 
お兄様方につられて、私も日本酒をいただいてみる。
Tちゃんはもっと遅くまで元気に騒げるように、今日はビールで通すみたいだ。

 
O氏が、シャーベットみたいな日本酒にチャレンジ。
写真を撮ってFBにあげてるみたいだけど、お酒がとけちゃうよ(笑)。

 
山形牛のせいろ蒸し、これは最高の肉質で美味しかった。お肉の下には蒸し野菜がたっぷり。
庶民の4人、この1枚のお肉を分けていただく。一杯のかけそばみたい。

 
玉子も、ダシがきいてて美味しい。

 
この日のつきはしは満席の賑わいで、美人ママさんもてんてこ舞いだ。
しかも、なぜだか欧米系の外人さんが多い。
さすが世界遺産の和食、人気もインターナショナルなのかな。
 
 
さらに塩辛やもずくでしっかり飲んだ後は、Tちゃんのリクエストで昭和のスナックPに乱入。
歌ったりしゃべったり飲んだりしているうちに、目黒の夜はふけていったのさ♪
 
 
◆つきはし 目黒区目黒1-5-17 目黒パルテノンビル4F 050-5798-1846
 たこ焼き屋さんの横の階段を二階にあがって、そこからエレベーターで4階へ。 

東中野・カオル 脱サラ新規開店の居酒屋さん

9月にオープンしたてって言う、東中野の居酒屋カオル。
まだ開店ほやほやで胡蝶蘭も飾られてる某日、弊社野獣派M氏と盟友おひささんと一緒に訪問してきた。
 
おひささんはお仕事で遅れて到着の予定なので、まずはM氏と二人で。
地図で見ると落合の方が近いみたいだけど、東中野駅からも徒歩5分くらい、東口改札出て左の階段を下りて、あとは道なりに行けばいいからこっちからの方がわかりやすいらしい。

 
生ビールはプレモル、つきだしはダイエッターを意識してか(?)、野菜だね。

 

 
カウンターにはずらりとお酒が並ぶ。
焼酎、日本酒、それにバーボンも。

 
北九州出身のご主人は、50歳になったのを機に勤め人をやめて、お店を開店したとのこと。
これからの季節に美味しいおでんだけど、北九州では右上の器にある味噌をつけて食べるのが一般的らしい。ためしにちょっとつけてみたけど、これは名古屋の人が好みそうな味かも。
かわしり奥様、こんど一緒に行きませんか?

 
オニオンスライスじゃこのっけは「試作中」とのことで、トッピングをかけすぎちゃったらしいけど、酒のつまみにはかえって好都合。

 
野菜の素揚げはメニューに載ってなかったから、裏メニューか、はたまた試作品か。

 
この日のメニューはこんな感じ。
あらら、心霊写真…ってわけじゃなくて、カメラを構えた私が写りこんでるね。

 

 
おでんと並ぶおすすめメニューが、「ぬか炊き」。きびなごとイワシをオーダー。
これも、北九州の郷土料理らしい。骨までやわらかく煮込まれた魚に、糠から出た色々な旨みがしみ込んでる感じで、やみつきになる味だ。どっちも美味しいけど、特にイワシが、たまんない。
能登などにある鰯の糠漬けとも通じるものがあるらしく、そっち方面に造詣の深いおひささんとも話が弾む。

 
糠つながりで、キュウリの糠漬けもオーダー。良い漬かり具合だ。

 
牛すじコンニャクは、期待通りの美味しさ、焼酎が欲しくなる。
 
<裏tomo君>
欲しくなる、じゃなくって、飲んでたんじゃない?

 
さっきの野菜の素揚げが美味しかったから、もっと食べたいと所望すると、ネギをさっと揚げて出してくれた。
これまた美味しい。

 
 
まだ開店したてで不慣れなご主人だけど、その素人っぽさが良い感じ。
ちなみにご主人は、若い頃芸術家を目指していた事もあったそうで、店内に飾られている絵は、その作品。
一見の価値、あると思うよ。
 
 
◆カオル 中野区東中野4-23-1  070-6479-8032
 

ソウル仲良しツアー その7 ~トッポッキランチと帰国~

二泊三日のソウル旅行、三日目の朝食をみんなで食べた後は、お昼まで自由行動とする。尚、2日間何かと助けていただいたM先生は、この日は別行動だ。色々ありがとうございました。
K野氏ご夫妻は、お子さんたちへのお土産を求めて街に消え、N氏とも別れて、Yさん、Mちゃんと女子3人、明洞の繁華街をうろつく。
 
ここで気になっていた、前にソウルに来た時に泊まったホテルのある一角を探して行ってみる。もうすぐ帰る頃になって、やっと地理を把握しつつある感じだけど、前に泊まったのはメトロ4号線の明洞駅に近いところ、今回泊まったロッテホテルは、2号線ウルチロイック(乙支路入口)駅が最寄駅だ。

 
ここで突然Mちゃんが、「では、私はこれから一人で冒険に行ってきます」と言って、去っていく。
これを見送りつつ、Yさんと私はつるんで明洞放浪。K野氏夫妻とはお会いしなかったけど、かわいいハンドクリームを購入したN氏と遭遇。ご家族へのお土産みたいだ。
でも、なんだか同じところをぐるぐる歩いているようで、いつも気が付くと、朝食を食べた参鶏湯の店の前に出てしまう、。恐るべき方向音痴ぶり。
この魅力的な路地も、辿って行くと朝の参鶏湯屋さんにつながる。

 
かわいい、明洞の交番。

 
12:00に一旦ホテルをチェックアウトして、ランチまでまた自由時間。
この日は日曜日で、家族連れやカップルなど、人がたくさん出てきている。レインボーカラーの綿菓子屋さんの屋台は、結構売れてたみたい。

 
コンビニで買ったお茶は、十六茶ならぬ十七茶。噂には聞いてたけど、ホントにあるんだ。

 
そうこうするうちにランチの集合時刻、待ち合わせ場所は一日目の夜にビールを飲んだテラスのあたり。

K野夫人(一日目に一緒にビールを飲まなかったから、実はこの場所になじみが無い)が通り過ぎて行ってしまう小さなヒヤリはあったけど、N氏が追いかけてくれて、無事6人そろう。ランチはトッポッキのお店へ。
 
何はともあれ、冷たいビールで乾杯!
ソウルの街では生ビールはあまり見かけなかったけど、このお店は生ビールありとのことで、久しぶりの生だ。

 
トッポッキは、韓国のお餅トックを入れた甘辛い鍋料理。御覧のように、インスタントラーメンの麺を入れるんだけど、このお店はそれとは別にまっすぐな麺も入ってる。かなりのボリューム。鍋のうち一つは、基本の鍋にチーズをトッピングするもの。

 
もう一つは海鮮で、貝やイカが色々入ってる。向こうの小皿に入ったのは揚げ餃子で、鍋が煮えてから投入するとのこと。煮えてくると、お店のスタッフが、ムール貝の身をはずしてくれる。ところでこのお店の男性スタッフたち、店長らしき人以外全員が、スレンダーでマッシュルームカット(?)、韓流アイドルみたいなイケメン揃い。みんなおんなじ顔にみえちゃう。

 
小さい揚げ餃子は、ビールのお供に。

 
春雨の煮物。美味しいけれど、思った以上に量が多くて、ちょっと苦戦。なぞのプニプニした具が入ってる。

 
グツグツ煮えてきたところで揚げ餃子も投入、こっちもすごいボリューム。
お餅にラーメンっていうダブルな炭水化物に巨大揚げ餃子だもんね。

 
もちもちした食感の韓国餅、ちくわぶ好きならかならず好きだと思う。私も大好き。
そして、もうあとは帰るだけって言う安心感もあって、ビールに加えて焼酎もオーダー。
残っても良いからとか言ってボトル頼んでたけど、もちろん残らない。

 
さらにダメ押しの〆の炭水化物、さっきの鍋のスープでチャーハンを作ってくれる。
韓国海苔とセリが入っているらしいけど、「少な目」に2つの鍋のうちの1つだけ作ってもらって、みんなで分ける。ホントにおなかいっぱい。

 
◆Red Sun明洞直営店  ソウル特別市 中区 明洞2街 55-14, 2~3F 02-773-8988
 
こうして夢のような二泊三日は終わり、ホテルにピックアップに来てくれたバスで再び金浦(キンポ)空港へ。
かつてよど号がお世話になった空港も、今は平和だ。出国ゲートから振り返って、さよならソウル!

 
空港の免税店では、ダメ押しの大量のお土産物を買い込んだバイタリティーあふれる中国人観光客の皆さんのパワーがすごい。 
そんな喧騒を離れて、18時50分発のKE2711で一路羽田へ。
 
機内食は、ビーフシチューのご飯添え、キムチ、パイナップル、それに何故かお豆腐がど~んと1つ、豆腐サラダ用のドレッシングが添付されてる。パッケージにはMorning Tofuの表記、夜なんだけどね。
さて最後の韓国ビールをと思えば、なぜか出てきたのはバドワイザー。

 
 
羽田到着21時5分、翌日月曜は朝からお仕事だし、さすがに反省会をやる元気は無く、一同解散。
みなさまどうもお世話様、そしてお疲れ様でした!
 
長い記事にお付き合いいただいたあなた、ありがとね♪
 
 
~完~
次のページ