FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 六月の雛句会

今週某日、銀漢亭にて雛句会に参加。
夕方日本橋のオフィスに行く用事があったので、割と早めに到着。句会はちょうどはじまったところ。
 
 
会場は、俳句好きのたまり場である、立飲みダイニングバー「銀漢亭」。
銀漢とは天の川のこと。七夕が近づくこの季節、輝きを増すお店だね。

 
この雛句会は投句や選句などの事前作業は、世話人のT氏があらかじめメールのやりとりでやっておいてくれるから、句会では飲みながら披講(みんなが選んだ句の披露)を聞くだけって言う、飲み会目当ての私には最適の形式。
いつも面倒な事前準備をして下さる主宰のT氏に、感謝しつつ、乾杯!
テーブルに広げられた俳句が書かれた紙とペンが、かろうじて句会っぽさを出しているけど、基本的には最初から宴会風景。

 
みんなが出し合ったお金をかごに入れておいて、キャッシュオンデリバリーで精算してもらう。
この烏賊は美味しくって大評判。

 
マグロも冷凍ものじゃなくって生、やっぱり一味違うね。

 
てんこ盛りガーリックチャーハンは、しっかりした味付けで酒の肴になるチャーハン。

 

 
句会の兼題(この季語を使って俳句を作る、宿題みたいなもの)は・・・
 父の日、夏帽子、蛍、十薬(ドクダミ)、さくらんぼ
 
この日は「I川さんの日」だったようで、I川さんの俳句が皆さんに選ばれて絶好調。
私はいつも通り、ぼちぼちって感じだな。
 
 
で、句会も終わる頃・・・
おひささんからの「ラーメン食べた~い!」の動議に、近隣のラーメン屋さんになだれこみ、さらに乾杯を重ねる句会メンバー達だったとさ♪

 
 
◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 立ち飲みダイニングバーだけど、奥にスツール席もあり。土日休。
 俳句愛好者じゃなくっても、誰でも入れます。
 サントリーグルメガイド→ http://gourmet.suntory.co.jp/zenkoku/koretabe/0608/east_01.html
 
スポンサーサイト



目黒・割烹酒場まる 美味しい和で客人迎撃

今週某日、目黒のオフィスに客人K氏をお迎えして打ち合わせ。
終了後は当然、よりぬきメンバーで迎撃~♪
 
お店は和が美味しい、割烹酒場まる。弊社妖怪チームのYIさんが手配してくれた。
先発3人で、乾杯!
おっと、妖怪ウォッチのROLEXがキラリと光ってるね。

 
お刺身はお任せで。
ちょうど最近鱧を題材にした小説を読んだばっかりだったんで、早速鱧をいただく。
この日の一番人気は奥の方にあるハガツオのヅケ。

 
このお店は仕入れが良いみたいで鮮魚はどれも美味しいんだけど、それと並んでお勧めなのが粕漬け類。
スジコの粕漬けは、あれば必ずオーダー。

 
これまた美味しい、自家製の糠漬け。
この虜になっちゃったナカマは、家からタッパーを持参して持ち帰ったこともあるとか。

 
日本酒は店主さまにおまかせで。
ひと夏の恋のラベルを見て、私が山口百恵さんの「ひと夏の経験」を口ずさめば、連れのYIさんは天地真理ちゃんの「恋する夏の日」を口ずさむ。そういう教養のあるお年頃なのだ。

 
メンバーは次第に増えて、繰り返される乾杯。

 
最終的には男女3人ずつの総勢6人。
私のお隣はいつも割り勘詐欺の被害にあっている、S氏。この日もウーロン茶だね。

 
フォアグラ大根、味の染みた大根に濃厚なフォアグラが良く合う絶品。

 
ちょっと中休みで野菜も食べる。

 
豚肉の粕漬け焼き、お酒も進むけど白いご飯も欲しくなる絶品な甘辛味。

 
炙りタラコは、ツブツブ感がおいしい。

 
最後は揚げ出し豆腐の大根おろしかけ。
どうもごちそうさまでした♪

 
客人K氏、最初は「軽く」とか行ってたはずが、店主さんレコメンドの美味しい日本酒の数々に、結構美味しく飲み進んでいた様子。
目黒の夜をエンジョイしてもらえらかな♪
 
 
◆割烹酒場まる 目黒区目黒1-6-16 明洞ビル B1F 03-3492-8988
  揚州商人のあるビルの地階一階。
 
 
<裏tomo君>
家に帰ったら上着が無かったよね。

恵比寿・ライオン 駅ビルで美味しい生ビールとマジックとちょっぴりギャンブル

先週某日、いつもの恵比寿の駅ビルにあるビアホールで美味しい生ビールを飲んできた。
 
でもその前に・・・
博多からの客人にどうしても会いたい要件があり、ちょっと飯田橋の立ち飲み屋さんに立ち寄る。

 
で、恵比寿に移動。改札を出てエレベーターで1分で、美味しい生ビールが待ってるんだな。

 
先発3人で、乾杯!

 
美味しそうなトマトがメニューに載ってたから、トマトが苦手な最強飲み友Mちゃんが来る前に、食べちゃう。

 
ドイツ風のパン、プレッツェル。いきなり炭水化物だけど、ビールに合うんだな。

 
みんなブーツグラス。
なぜならこの日もブーツグラスフェア。ブーツグラスの生ビールを一杯飲むたびに、三角クジがひけるのだ。 

 
一等、二等、三等、ハズレの4種類。辺りに応じて次回使えるお食事券がもらえるしくみ。

 
ビールに合うのは、やっぱり揚げ物。

 
美肌に良いって言うサーモンも、最近の定番。

 
そしてこの日は、マジシャン信之介さんのテーブルマジックのサービスがある日。
あら不思議、私が選んでサインしておいたカードが、なぜだかペットボトルの中にある! 

 ※マジシャン信之介さんの写真は、ご本人の許可を得て撮影・掲載してます。
 
これまた美肌に良さそうなアイスバイン。 

 
バケツでムール貝♪

 
ムール貝のスープで作ってくれるパスタ、貝の旨みがたっぷり。 

 
ビューアトレカードを提示すると、同行者全員に一人一杯の生ビール(小)をプレゼントの特典を使って、仕上げの生ビールで乾杯!

 
さて、本日の成果はどうかな・・・

 
こうしてゲットしたお食事券を使うために、またみんなでリピートしちゃう。
このイベント、お店にとってもなかなか良いシステムかもね。
 
 
◆ビヤレストラン銀座ライオン アトレ恵比寿店 渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿6F 03-5791-7871
 駅ビルだから、帰りも安心。

目黒・TADA CURRY(タダカレー) チキンカレー野菜トッピングでランチ

某日ランチ、ウコン補給の必要性を激しく感じて、タダカレーへ。
タダって言っても只じゃないけどね。
 
チキンカレー野菜トッピング。
ヘルシーに野菜たっぷり。やっぱり私もカレーが好きなのさ♪

 
メニューにチキンカレー、タイカレーに加えて、キーマカレーもラインナップされてました。
 
 
◆TADA CURRY(タダカレー) 目黒区下目黒1‐5‐16 本田ビル2F
 元は中目黒でやっていたお店が、移転してきているらしい。

2014-17 吉井南陽台ゴルフコース 約束のファミリーゴルフ 

今日はファミリーゴルフの予定。
今週は何かとハードでお疲れではあるものの、私が言い出した企画でもあり、朝5時起床で出発する。
世間では、疲れてるとか朝が早いのは厳しいとか言って、自分が言い出したお友達との約束を反故にしようとする人がいるって言う噂もあるけど、私は約束を守るオンナなのだ。
 
本日の目的地は、カンタービレさんの縄張りである上州の群馬県にある、吉井南陽台ゴルフ場。本日めでたく世界遺産に決定した富岡製糸場とは、10キロくらいの距離みたい。

 
ほわほわした巨大猫じゃらしみたいなのがたくさん揺れてる。

 
天気予報が心配だったけど、日ごろの行いが良いからか、晴れから薄曇りのゴルフ日和だ。

 

 

 
途中のバンカーで、なぜか砂がてんこ盛りになっているところがあってビックリ。
よく見ると補修地の青杭があるね。手前の黄色いボールは私の。

 
ランチタイムの乾杯!

 
ランチは梅干し入り冷やし麺、焦がしネギ風味。なかなかいけてる。

 
 
終盤近くになって次第に雲が厚くなってきて、遠くから雷鳴が響き始める。
ここ上州群馬は雷の多いところ。なんせ地元の名産米のブランド名が「ゴロピカリ」だもんね。
なんとか逃げ切って、雨が降り出す前に無事ラウンド終了。
どうもお疲れ様でした♪
 
 
ナイスショォ~ット!

 
<裏tomo君>
80歳過ぎの父親にスコアで20も負けるとは…
 
 
◆吉井南陽台ゴルフコース 群馬県高崎市吉井町南陽台 027-388-3111
 高速の出口から近くて、東京からのアクセスも結構便利。

目黒・タパスタパス 怖いお姉さんの壮行会

今週某日、とある人事異動に伴って、私たちのチームを離れて別の部署に行く人の壮行会が開催された。
その人はとっても大物の怖いお姉さんなんだけど、怖すぎるから細かい話は省く。
 
さすが主役が怖いから出席率も抜群。
チーム19人のうち唯一の欠席者からは、最近結石の摘出手術を受けてまだ抜糸が済んでいないから欠席したい、すいませんと、行間に恐怖が感じられるお詫びのメールが送られてきた。
 
嵐の前の静けさか・・・

 
いつになく高い出席率、いつになく早い集まりで、壮行会はテンポ良く進む。

 
私のお隣は、野獣派のM氏。ウォッカソーダ割りをハイピッチであけてる。

 

 

 

 
野獣派M氏のドリンクのピッチがあまりに早いため、お店側も対策を考えたらしい。
グラスをやめてジョッキで持ってきてくれるようになった。
若者向けのイタリアンのこのお店に、ジョッキなんてあったのね。

 

 
でも、ジョッキでもすぐ終わっちゃってお代わりになるのよね。

 

 
イカのフリットらしき画像を最後に、写真は残されてないけど、たぶんこの後もスパゲティとか出てきてたはず。
お料理盛りだくさんに飲み放題までついて、4千円でおつりが来るリーズナブルなパーティー。
 
◆Tapas & Tapas(タパスタパス) 目黒店 品川区上大崎2-25-5 久米ビルB1F 03-3493-8956
 
 
 
 
このあとは精鋭10人でカラオケに繰り出して、さらに弾けて、目黒の夜はふけていったとさ♪
 
このROLEXのお姉さんが歌った「不思議なメルモ」の歌が、翌日頭に浮かんで離れなかったよ・・・

 

大阪・旬穀旬菜 (シュンコクシュンサイ) 薬膳フレンチキュイジーヌでランチ

週末大阪旅行二日目は、各人勝手に自由行動の日。
二日酔いでチェックアウトまで寝ているも良し、どこかでサッカーワールドカップをテレビ観戦するもよし・・・
そう、この日は日本対コートジボアール戦の日だ。大阪の街角にも、ブルーのユニフォームジャージを着ている人がちらほら。
 
とりあえず、ホテルの近くの喫茶店で、モーニングセットをいただく。ミニサンドセット。

 
ゆでたまごに塩をつけて食べるのなんて、久しぶりな気がする。意外に美味しい。
そう言えば昨夜はおでん屋さんでもたまご食べたな。

 
◆VICTOR(ビクター) 大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街北館1F 06-6371-9387
 
 
その後は大阪のメモリアルスポットをいくつかぶらついてから、こんな所へ行ってみる。
日本一の超高層ビル、あべのハルカス。
でも、展望台は混んでいるからスルー。そう言えば私、ソラマチもスカイツリーも行ったことないんだよね。

 
 ここで携帯ニュースでサッカーをチェックすると、本田のゴールで1点リードしているみたいだ。
 
◆あべのハルカス http://www.abenoharukas-300.jp/
 
 
 
大阪駅付近まで一旦戻って、Yさんと待ち合わせ。
Yさんは半年ほど前から大阪に赴任しているけど、その前は千葉や目黒のオフィスでご一緒した仲だ。
 
大阪駅あたりは新しいビルがいっぱい、Yさんの案内で近大マグロが食べられるって言うお店を目指したけど、まだ早いのに長蛇の列。そばにMIKUNI系列らしきお店があったんで、入ってみる。
 
 
まずはおつまみでドライフルーツがでてきた。

 
おつまみが出たってことは、なんか飲まないといけないから、生ビールをオーダー、Yさんはハードシードル。
乾杯~!

 
Yさんのオーダーはもち麦のスパゲティ。健康に気を使った素材を大胆に美味しく調理してる感じ。

 
私はワンプレートランチ。
これまた、野菜たっぷりに肉も魚もの、欲張りランチだね。サラダの野菜は自家農園で作ってるらしい。

 
デザート。

 
カプチーノ。

 
 
休日の贅沢ランチ、ごちそうさまでした。
半年ぶりに会ったYさん、とっても元気そう。大阪の暮らしがすっかり気に入ってる様子に、一安心だね。
 
◆旬穀旬菜 グランフロント大阪店  大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪ナレッジキャピタル6F
 
 
 
さて、ここでふと気がついてサッカーの結果を確認すると、ああ何という事でしょう、ご存じの通りの逆転負け。
残念!
 
再び大阪駅に向かって歩いていけば、どこかでパブリックビューイングをやっていた名残か、青いジャージの人がそこここにいる。中に3歳くらいの小さなお子さんが、小さいながらもちゃんとユニフォーム姿で無心に噴水で遊ぶ姿が、かわいかった。
 
 
Yさんと別れて新大阪駅へ。
新幹線で東京からの遠征チーム3人が集合して、本日のサッカーの残念会。

 
<裏tomo君>
アンタだけ500mlみたいに見えるけど。
 
 
週末大阪旅行記、これにておしまい。
また行きたいな♪

大阪ぶらぶら

大阪迎撃班の地元の皆さまに案内してもらって、大阪ぶらぶら。
ベタだと思いつつ、おのぼりさん観光客としてはこういう写真を撮らずにはいられない。
 
おなじみ、かに道楽本店。
大阪紹介に必ず出てくる画像だけど、「かにの日」のタスキをかけてるのはレアとのこと。

 
太郎さんはあちこち出没しているらしい。

 
道頓堀川、デッキができてすっかりきれいに整備されてる。

 
「おもろい解説付き」って言う、道頓堀川クルージング。どんな解説がつくのかちょっと興味あったけど、時間が無いので断念。

 
 
グリコの看板が見えるのは戎橋。
阪神タイガースが優勝すると、多くの熱狂的ファンがこの橋から川に飛び込むとのこと。

 
こちらは案内してくれた地元の人に教わった大阪トリビア。
地下鉄本町駅の通路天井には、蛍光灯で「HOMMACHI」って書かれてるの、知ってました?
写真一番手前がH、続いてO、M、Mくらいまでは見えるかな。

 
御堂筋線ホームに降りる通路の天井あたり、だったと思う。
 

曽根崎・おでんひさご 大阪でもちくわぶが食べられるって

大阪の夜のつづき。
 
秋田料理と稲庭うどんが美味しい佐勘でおなかいっぱい食べて大量のお酒を飲んだ一行は、夜の大阪をさ迷う。この横断歩道を渡って、あの通りに入って行ったような行かないような・・・

 
そして、路地裏のとある一軒にすいこまれていく。

 
ここは、おでんひさご。弊社大阪オフィスのみなさんには、おなじみの店らしい。

 
ビールは私だけ、他はみんな日本酒だね。

 
各自で好きなものをオーダーする。こちらはシラタキ。このあと、大根と玉子もいただいちゃう。

 
 
ところで、知ってる人は知ってると思うけど、おでんの中に入っているもの、関東と関西では違いがある。
東京のおでんでは定番の白くてふわふわしたはんぺんは、大阪ではまず無いらしい。そして私がおでんの具の中で最も愛するちくわぶも、大阪にはほとんど無い。
でもこのひさご、大阪のおでん屋さんではめずらしい、ちくわぶを出してくれるお店。
 
単身赴任族、出張族からのアツいリクエストに応えて用意してくれるようになったらしい。
念のためお店に行く少し前に電話を入れてお願いしておけば、ちょうどいい煮え具合のが食べられるとのこと。
嬉しいね。
 
◆おでんひさご 大阪府大阪市北区曽根崎2-14-25 06-6313-2334
 
 
 
そして、さらに精鋭4人でカラオケへ。
大阪ではメジャーだって言う、ジャンカラ(ジャンボカラオケ)。
さすがにビールや日本酒は飲み飽きて、ハイボールで乾杯!
 

 

 
そう言えば昼間こんな景色を観たよな~とか思い出して、宗右衛門町ブルースなど歌いつつ、
大阪の夜はふけていったとさ♪

 
 
 
 
♪きぃっと来てねとぉぉぉ~
 
<裏tomo君>
だれも知らないんじゃない?
 

梅田・佐勘(サカン) 大阪で秋田料理、その訳は…

週末大阪遠征のディナーは、地元迎撃班が手配してくれたこちらのお店、佐勘。
私たちが泊まったホテルからも、繁華街からも近い良い立地。
 
ここで、夜だけ合流の東京からの遠征班1人と大阪迎撃班1人が加わって、総勢6人になる。

 
お久しぶりとお疲れさまの、乾杯!

 
お料理はおまかせで出てくる。ジュンサイにとろろ、エビの素揚げ、蟹の和え物、オクラのゼリー寄せ。

 
大阪の怖いお姉さんは、早くも日本酒でどんどん飛ばす。遠征班の男子二名も日本酒で応戦。

 
お造り盛り合わせ。

 
ワインボトルみたいだけど、これも日本酒らしい。

 
グラスの上に5ミリくらいの余裕があるのを目ざとく見つけた大阪迎撃班のお姉さんは、お店のスタッフに向かってもっとつぐように要求する。以後日本酒はすべて、上までナミナミと注がれるようになる。

 
揚げ物は、ゴリと鱧かな。

 

 
鮎の塩焼き。

 
野菜の炊きあわせ。

 
メインはこちら、遠近法で小さく見えちゃってるけど、奥の牛肉は質・量ともにたっぷり。

 
さらに激しく飲む。

 

 
 
〆は稲庭うどん、どうやらこのお店、大阪で本格的秋田料理が楽しめるってのがウリのお店らしい。
大阪に来たら粉モンと串カツと・・・って言うのはよそ者旅行者の発想、この日は地元迎撃班3人に加えて、東京からの2人も、関西赴任経験3回の人と、関西の大学出身の人、関西に関係無いのは私1人だったみたい。
 
このお店を手配してくれた大阪迎撃班のお姉さんにお店選択の理由を聞けば、
「日本酒の品ぞろえが良かったから」
とのこと。
関東でも関西でも、怖いお姉さんが考えることは一緒みたいだね。
 
ともあれイカ刺しのように透き通った稲庭うどん、つるつるっといただけば、最高に美味しかった。

 
さてこれで解散するはずもなく、
 
 
 
◆佐勘 梅田店 大阪府大阪市北区芝田1-7-10 06-6372-7024
 東京の銀座コリドー街を思わせるような、飲食店アーケードの中にあるお店。
次のページ