FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

伊香保温泉吟行 海は無いけど潮騒はある!

先週末は俳句仲間の皆さまと、上州の伊香保温泉への吟行に参加した。
前夜激しく余興の特訓(と飲み)をやりすぎたおひささんと私。今朝はどんよりお酒は見たくない気分だったけど、おひささんはしっかり私の分までビールを買ってきててくれてる。お酒を見たくない気分だったはずなのに、あれば飲めちゃう。人間って不思議だね。
乾杯!
 
<裏tomo君>
 自分個人の事を、人間全般に普遍であるかのように表現するのはやめよう。

 
高速バスは代々木駅前から一路伊香保温泉へ。
おなじみの石段街、良い天気だ。

 
まずは石段のてっぺんにある伊香保神社へ、ご挨拶のお参り。

 
句碑もある。

 
近くに森林公園もあるみたい。あの人に乗り越してきてほしいね。冬は凍りそうだけど。

 
ランチは石段途中のお蕎麦屋さんにて、まずはビールから。
紅葉まっさかりのピーカン晴れに、この日の伊香保は大賑わいだった様子。混雑に不慣れな家族経営っぽいお蕎麦屋さん、結構てんぱってました。

 
何となく胃腸の疲れを感じて、あったかいけんちんうどん。
群馬県、実は小麦食文化盛んな土地なのだ。

 
この後みんなと再合流して徳富蘆花記念館を見学、宿にチェックインしてから近くの夢二記念館を見学。
色々見学するのは、俳句のネタになるかなとの下心もあり。
午後6時の〆切りギリギリまで粘って、何とか5句をつくって提出、今回の吟行は句会1回だけとのことだから、これで俳句の部はクリア。あとは宴会の部に全力投球だ!
 
あわただしく温泉を浴びて、宴会場に駆けつけるのも温泉旅行の風情の一つ。
畳敷きの大広間、浴衣姿での乾杯は日本の伝統だね、
 
でも実はおひささんと私は、この浴衣の下に密かに余興の衣装を着ていたのだった。

 
サービスショット。
真ん中にいらっしゃるのは、本格的なフラダンスを披露なさったS夫人。
両隣はその前座、なんちゃって潮騒のメモリーズ。
2人この衣装で宿の廊下をふらふらしてたら、別の宴会に参加しているらしきお兄さんに「こっちの部屋でもやってよ」って呼ばれちゃった。私たち、タレントさんじゃないのよ(笑)。

歌って踊って、やっぱり温泉宴会はこうでなくっちゃね。
 
<裏tomo君>
 何も、海無し県の群馬で「潮騒」の歌やらなくっても・・・
 
 
 
宴会の後は二次会。
この日は宿をご手配くださったS先生のご配慮で、俳句会のI主宰のお部屋は、離れの広々とした露天風呂付き和スイートルームだ。そこにみんなで集合して、楽しく飲む。
こちらは宿の近くの酒屋さんで買ってきた、おひささんと私からの差し入れ。

 
でも、油断して呑んだくれてると突然句会が始まって、俳句を作らなきゃいけなくなったりする。
「香」か「保」の文字を読み込んで、2句って言われても…歳時記も筆記用具も持ってきてないのに、ピンチだ。
俳句の部、まだ終わってなかったのね。

 
 
さらに、近くにあるスナック「ひまわり」になだれこんで、お店のお姉さんたちから「もう閉店だからお帰りください」って言われるまで、楽しく歌って踊っていたとさ♪

 
◆武久夢二伊香保記念館 http://yumeji.or.jp/ 
◆如心の里 ひびき野 http://www.j-hibikino.com/
スポンサーサイト



飯田橋・やまじ 直前特訓でやりすぎる

先週の週末はちょっとした予定があり、ちょっとした余興をやることになっていた。
そこでその直前特訓で、金曜はカラオケに行くことにした。
 
でも、その前に・・・
飯田橋の名立飲み屋「やまじ」で、待ち合わせ♪

 

 
カウンターで、乾杯!

 
やまじは、一階が立ち飲みカウンター、二階はテーブルと椅子の席。
この日は一階のカウンターに、並んで立って飲む。
お金はカウンターの上に置いておくと、注文したお料理や飲み物と引き換えに減って行く、キャッシュオンデリバリーシステム。立って飲むと重力の助けがあるのか、するするとドリンクがすすんじゃう。
 
ちなみにこの「やまじ」、お料理は原則250円均一。
でも、そこらのチェーン系均一店とは違って、創意工夫のお料理がいつも楽しい。
 
ミニピザ。

 
白菜のトンタン炒め。トンタン=豚タンだね。

 
カツオのハンバーグ。一口サイズがビールのツマミにぴったり。

 
お好み焼き。

 
と、空腹も落ち着いてきたところで、いよいよ主目的の特訓へ。
ここで1人脱落。
 
 
4人で、乾杯!

 
延長を重ねて熱心に、翌日のイベントに備えて特訓する。
強いて問題点をあげるとすれば、特訓なのに飲み放題コースにしちゃったことと、散々飲み放題で飲んだ後で、さらにイキオイでボジョレーヌーボーを頼んじゃったことか・・・
 
しかも、あっという間に空だし。 

 
 
翌日の本番では、どんよりと二日酔いだったとさ♪
 
 
◆やまじ 千代田区飯田橋3-11-30千代田街ビル 1F 03-3239-3609

目黒・キャスクルート 今年もボジョレーヌーボーナイト

先週某日、って言うか木曜日、11月の第3木曜日は言わずと知れた、ボジョレーヌーボーの解禁日。
 
今年もここでナカマとボジョレーヌーボーを楽しんだ。
目黒の、既に老舗となったカジュアルフレンチレストラン、キャスクルート。

 
手前のさくらんぼラベルが標準のやつで、左奥の2013ラベルは、「良い方」のやつ。

 
去年は男女4人ずつの8人だったけど、今年はそのうち男子2人が欠席(1名は海外逃亡、1名はポールマッカートニー方面に逃走)したため、女子4人に男子2人。でもなぜ参加するか男子2人も遅れて来るらしく、まずは女子4人で、乾杯♪
最近ワインの話題が多いけど、基本ビール党なんでスタートはビールから。

 
飲み中心だから、お料理はアラカルトで適当に分けることにする。こういうワガママも聞いてくれる、気軽でフレンドリーなお店なんだな。
定番前菜、自家製シャルキュトリー3種の盛り合わせ。この豪快さがこのお店の魅力。

 

 
リヨン風サラダ。ベーコン、砂肝、チーズが入ってて、上に乗ってるポーチドエッグを崩して混ぜていただく。

 
ブリのカルパッチョと下仁田葱のマリネ。

 
このあたりでやっと男子2名も加わって、次第に残ってるワイン(良い方)の争奪が激しくなる。

  
蟹と鮮魚のタルタル。

 
本日は鳩がありますとのこと、残念ながら鴨の入荷は無し。

 
あとはチーズとパンで、延々と飲むのもここ数年の定番スタイル。

 
禁断のカルバドス・・・

 
最後に、整列!

 
気の置けないナカマと楽しいおしゃべりをしながら、ヌーボーをガブガブ飲む。
キャスクルートのお料理は、気取らないけど美味しくってボリューム満点。
こんな楽しい会を今年も開催できて、大満足。
 
みんな、来年もよろしくね♪
 
 
 
ところで、ボジョレーヌーボーって言えば毎年話題になるキャッチコピー。
振り返ってみると結構ツッコミどころ満載。
果たして、100年に1度の出来の2003年と今年と、どっちが良いのかな♪
 
年   キャッチコピー
1998 10年に1度の当たり年
1999 品質は昨年より良い ←10年に1度より良いのか
2000 出来は上々で申し分の無い仕上がり
2001 ここ10年で最高 ←ここ10年で最高と10年に1度の当たり年とどっちが上なのか
2002 過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え ←じゃ、1998年と比べてどうなの 
2003 100年に1度の出来 ←突然飛躍
2004 香りが強く中々の出来栄え  ←味はイマイチだったのか
2005 ここ数年で最高 ←「ここ数年」に2003年が含まれるなら、100年に1度より上になるが…
2006 昨年同様良い出来栄え ←同上
2007 柔らかく果実味が豊かで上質な味わい ←他の年とは比べたくないのか
2008 豊かな果実味と程よい酸味が調和した味 ←同上
2009 50年に1度の出来栄え ←その50年の中に2003年が含まれるなら、100年に一度より上になるが…
2010 1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来 ←同上
2011 近年の当たり年である2009年に匹敵する出来 ←同等と匹敵では匹敵の方が下なのかな
2012 史上最悪の不作だが、ブドウの品質はよく熟すことができて健全 ←よほどまずかったのか
2013 みずみずしさが感じられる素晴らしい品質、2005年に似ている
 
 
◆キャスクルート 目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1
2005年のボジョレーヌーボーは、こちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/16712917.html

水道橋・太陽のトマト麺 ヘルシーなラーメン

昨夜は久しぶりに、水道橋の太陽のトマト麺へ。
おっと、まずは乾杯!

 
 
太陽のトマト麺+味玉。
リコピンたっぷりのトマトスープに青菜と鶏肉がトッピングされてる。麺は豆乳入りの細麺で、全体にヘルシーを意識したラーメンだよね。このスープがホントに美味しい。

 

 
お隣の連れは、鬼蔵…イヤ、太陽のオニグラポテトマト麺。トマト麺にさらに薄切りタマネギたっぷりで、これまた血液サラサラなヘルシーラーメンだね。

 
ごちそうさまでした。
 
 
<裏tomo君>
立飲み屋で散々飲んできた後で、さらにビール飲みながらの〆ラーメン。どこがヘルシーなの。
店を出たら強風に土砂降りの雨、バチがあたったね。
 
 
◆太陽のトマト麺 水道橋店 千代田区三崎町2-17-8 03-3239-4343
 http://www.taiyo-tomato.com/
 イタリア産完熟有機トマト3個が入ってるっていうスープをいただけば、飲んだ翌朝の目覚めもスッキリ!
 ※お客様個人の感想です、効果には個人差があります(笑)♪

赤坂・Celebourg(セレブウール) 落語の反省会と誕生会

キラキラエレガンスなゆりりーちゃんのお誘いでの楽しい落語会「志らく・喬太郎二人会」観賞の後は、落語について、そして人生について楽しく語り合う反省会。
夜9時半過ぎからでもしっかり食べて飲めるお店がたくさんある、さすがオトナの街赤坂だ。
 
Hさんが手配してくれたこのレストラン、なんと「アフターシアター」って言うサービスで、落語会のチケット半券をお見せすると、スパークリングワイン1杯サービスとのこと。これまたさすが、オトナの街赤坂らしい素敵なサービス、6人でボトル1本いただいちゃいました。感謝の、乾杯!(※ビールは別料金~!)

 
アミューズはバターナッツ(カボチャの一種、オレンジ色が鮮やか)のムース。 

 
前菜は二種、こちらは生ハムサラダ。熟成された生ハムが美味しい。 

 
オリーブオイルや塩にもこだわりあり、胡椒みたいに黒っぽい塩は、温泉卵みたいな硫黄の香りがある。
このオリーブオイルと塩をパンと一緒にいただけば、ワインもするする進んじゃう。

 
豚肉と血のテリーヌ。これまた濃厚な美味しさ。 

 
で、スパークリング1本で足りるはずもなく、ワイン通のユリリーちゃんセレクトの1本。
ラベルに年季が入ってるね、しっかりした白。 

 
チーズの器の中には、まったりしたチーズリゾット。 

 
こちらは「ブルゴーニュ!」って言う私のリクエストにあわせてゆりりーちゃんがセレクトしてくれたワイン。
先日の「ワインの会」でtomoさんはブルゴーニュ派ですねって言われて調子に乗ってるけど、基本お味はよくわかってませんから。 

 

 
メインは豚肉と野菜のロースト。ジューシーで美味しい。 

 
ゆりりーちゃんはどんどんワインを選ぶ。 

 
この日は夜遅くの食事を想定した軽い方のコースをお願いしたんだけど、「デザートはいらない」って言ったら代わりにチーズを持ってきてくれた。これでまだ飲めるね♪ 

 
そしてこの日お誕生祝いが2人、偶然同じ日が誕生日なんだとか。
庶民のチーズとは違う、ひと手間かけたチーズプレート。
おめでとうございます! 

 
 
コモエスタ、セニョリータ~
こうして楽しい赤坂の夜はふけていったとさ♪
 
 
◆Celebourg(セレブウール) 港区赤坂3-18-7 パラッツォカリーナ 4F 03-5545-3775

落語鑑賞 志らく・喬太郎二人会@赤坂区民センター

昨日の19日、落語大好き志らく師匠大好きのゆりりーちゃんからのお誘いで、落語会へ。
 
この二人会鑑賞も、今回で3回目。
思い起こせば2年前は、まだ発表されていなかったものの、談志師匠ご逝去直後のタイミングでの開催だった。
 
今回は前から3列目の良席で、舞台上の表情まで良く見える。 
志らくさんの出だしも、前々回が談志師匠が亡くなった直後だったって言う話題から入る。
3年前はまだ弟子達も談志師匠が亡くなったことを知らされていなかったけれど、その時の志らくさんの出し物はいずれも談志師匠のお得意のもの。談志は自分の中にいる、そして昔小さん師匠が亡くなった時に談志師匠が小さんはオレノ中にいるって言ったから、小さんも自分の中にいる・・・
 
で、今回の演目はこんな感じ。

 
 
権助提灯   志獅丸
長短      志らく
雉子政談   喬太郎
 仲入り
仏馬      喬太郎
子別れ    志らく
 
この演目リストの写真をフェースブックにアップしたら、喬太郎さんの演目は2つとも大変珍しい、聴けたtomoさんがうらやましい、とのコメントあり。そうだったのね。 
 
爆笑モノって言うより聴かせるタイプの話が多かった印象。
それにしてもこのお二人は、長い付き合いらしい。共に日大の落研出身でそのころからの仲。先に志らくさんが落語家になると決めた時には喬太郎さんは「俺は一生お前を応援するぞ」ってエールを送ってたのに、いつのまにか喬太郎さんも落語家になってたって言うエピソードが笑いを誘ってたね。
 
で、落語鑑賞も無事終わり、場所は赤坂、この後は当然反省会だよね♪
 
 

大塚・鉄飯碗餃子(テッパンワンギョウザ) 餃子つまみに利き酒会

先週某日、大塚にある餃子専門店だけど、普段から餃子にあわせてビールはもちろん日本酒も飲める店「鉄飯碗餃子」で、日本酒の利き酒会が開かれるって言うんで、行ってきた。
 
大塚駅北口側、みずほ銀行の裏手あたり。黄色い「餃子」の看板が目印だよ。

 
この日は店内貸し切りで、餃子を始めとした鉄飯碗餃子の自慢料理を楽しみつつ、お店に日本酒を納めてくれている「地酒屋こだま」の店主さんおすすめの地酒をみんなで楽しむイベントが開催されてる。
いつもの鉄飯碗餃子さんの客層とはちょっと違って、地酒屋こだまさんの常連らしき人たちで、店内はびっしり。そんな中、テレビ下のテーブルに陣取ってるのは、我が飲み友達のかわしりさん、kazubon、そして鉄飯碗餃子超常連のおひささんだ。
 
焼き餃子、水餃子は食べ放題。他に煮チャーシューや漬物がテーブルに並んでる。
ここの餃子は適度な大きさでくどすぎない味がお気に入り。コンガリパリっと焼けた焼き餃子、本来ならこいつをがぶりとやった後で冷たいビールで追っかけたいところなんだけど、本日は日本酒しばり。

 
地酒屋こだまの店主さんがお酒についての解説をして、各テーブルについでまわってくれる。
どれも普通ではなかなか手に入らないお酒らしい。

 
もっちり水餃子は、お酢ベースのタレで食べるといくらでも食べられる感じ。

 
お酒はどんどん出てくる。

 
古酒ではないそうだけど、その一歩手前。熟成された日本酒は、黄金色だ。

 
麻辣肉豆腐、お豆腐に味がしみてて、本場の山椒が美味しい。どっしり旨口の日本酒に負けてないね。

 
飲んだ日本酒のラインナップ。
※この写真は鉄飯碗餃子さんから拝借したものです♪

 
でも、効き酒会が中締めとなった後は、やっぱり〆ビールを飲んじゃうんだな。

 
 
ビールをいただいた後は、近くのカラオケ屋さんで潮騒のメモリー特訓のおさらい会。

 

 
でも、一番ウケたのは、kazubonが朗々と歌い上げたこの一曲。
しっとりしんみりの歌なのに、なぜだか全員が爆笑、kazubonの才能ってすごいね♪

 
 
 
◆鉄飯椀餃子(テッパンワンギョウザ) 豊島区北大塚2-13-5 1F 03-5972-1335
 火曜日定休、餃子他テイクアウトも可。

不動前・Garden(ガーデン) チーズとろけるやみつきナポリタンでランチ

先週某日、久しぶりにHちゃんとどこかランチにでも行こうってことで、話がまとまる。
Hちゃんが所用で歩いている時に見かけた不動前近くのお店がなかなか良さげで、ランチもやってるみたいだからとのことで、行ってみることにする。二人とも初めての訪問。
 
この階段を3階まで上がるらしい。
よく見ると、ランチは「水曜のみ」、だって。
この日は運よくその水曜日だったんで、階段を上って3階のお店へ。

 
店内は、カウンターと4人がけのテーブルが3つ。カウンターの向こうの壁にはずらりと酒瓶が並び、夜はバーっぽく使えるお店って気配濃厚だ。
 
ランチメニューはスパゲティまたはサラダで、イチオシは「チージーナポリタン」らしい。
このチージーナポリタン、生パスタのスパゲティで作ったナポリタンに、とろけるチーズをトッピングしたものとのこと。
私は生パスタって、あんまりイメージが良くない。スパゲティはむしろ乾麺を茹でた方が歯ごたえがあって美味しいような気がするんだけど、今さら別の店を探すのも何なので、チージーナポリタンをオーダー。
 
最初にちょっとした前菜が運ばれてくる。
ミニスープと温野菜に、薄切りのバケット。

 
そしてこちらがチージーナポリタン。
トッピングされてるピザ用チーズがスパゲティの熱でとろけて、もっちりした生パスタとトマトソースに混ざりこむ。
具のスパイシーなソーセージは全体の味をキリリと引き締めてる感じ。生パスタ、なかなかやるな。
 
昭和レトロな喫茶店のナポリタンも魅力的だけど、一工夫有りの大人のナポリタン、やみつきの美味しさだよ。

 
食後のドリンクはコーヒー等の他にジュースも選べる。
こでれ千円はお得だよね。

 
帰り際、お店のスタッフに何で水曜しかランチやってないのか聞いてみたら、夜が忙しすぎて、とのこと。
夜の営業時間は、7:00PM~翌朝4:00AMだって。
 
ついつい夜更かししちゃう、危険なお店を見つけたみたい♪
 
 
◆Garden(ガーデン) 目黒区下目黒2-15-10 エムズ目黒3F 4F 03-5435-2335

2013-029 赤羽ゴルフ倶楽部  吹き飛ばしてボンバーガール

♪吹きと~ば~してbomber girl
 
 
今日は急に思い立って秋のスポーツ気分、赤羽でゴルフをやってきた。
ご一緒したのはtako氏と、そのゴルフ仲間のT氏、K氏。
 
紅葉は今がピークかな。

 

 
 
でも今日の赤羽、いつもと違う。
入口にこんな掲示が。
「11月17日(日)不発弾処理作業による変則プレーのお知らせ」
9:30-12:00の間行われる不発弾処理の影響で、アウト4,5,6番と7番の一部が立ち入り禁止区域にかかっているため、作業中は変則プレーになるらしい。

 
以下は、北区のサイトに掲載されていた画像を加工したもの。
×印が不発弾処理を行う場所で、赤枠に囲まれたのが立入禁止の警戒区域。作業中は道路も電車も止まる。
緑の太い線で囲んだのが、ゴルフ場の中で立ち入り禁止になる場所。右の真ん中へんに、5番の魔の池がある。

 
とりあえず、警戒区域とは反対側のインをラウンド。
ところで本日ご一緒いただいた3人は、3人ともこのゴルフ場のメンバーさん。どうやら今日も3強1弱だね。

 

 
自転車の人たちも、警戒区域の手前で引き返すよう誘導されてる。

 
お昼は時間があんまり無かったから、生(小)で乾杯!

 
今日もクロワッサンサンド。

 
後半アウトをスタートして間もなく、11時過ぎに防災無線で不発弾処理は無事終了と言う放送がある。
今回の不発弾処理は、爆発させて吹き飛ばしちゃったわけじゃなくて、信管を抜くだけだったらしい。
 
ってことで、ギリギリのタイミングで立入禁止が解除されて、無事に全ホールラウンド。
 
かなたに見える鉄橋をもっと右に行った赤羽寄りのあたりが、不発弾処理現場だったのかな。
はるか昔に終わった戦争なのに今も不発弾があるなんて。平和のありがたさと戦争の恐ろしさを再認識するね。

 
水上スキーも復活。

 
 
そんなこんなで無事18ホール完了。
本日は終了後、おうちで反省会。
反省点が多すぎて、ビール飲みすぎ中♪
 
 

 
 
<裏tomo君>
苦手な5番パスできるかと思ったら、不発弾処理が早く終わっちゃって残念だったね。
 
 
◆赤羽ゴルフ倶楽部 赤羽ゴルフ場 北区浮間2-18-7 03-3966-6155
 http://www.akabanegolf.co.jp/index.html
 JR埼京線各駅停車で新宿から20分、浮間船渡駅からクラブバス5分
 電車で行けるゴルフ場♪

新宿・キリンシティ 倍返し、ならず

楽しいワインの集いでたっぷり美味しいワインをいただいたS先輩と私。
でも、ビール党の2人、やっぱり〆はビールだよね、何て言いながら、新宿のキリンティへ。
 
ブラウマイスター、スフレみたいな泡がたまんない3度つぎで、乾杯!

 
なんと、あやかり商法か。
くじを引いて当たると「倍返し」でビールチケットがもらえるみたい。

 
でも、結果は残念!

 
色々食べて飲んできてるから健康的に、蕪のサラダ明太子ソース。
 
と、山盛りのムール貝。
たぶん肉とかソーセージよりは健康的だと思うんだけど・・・

 
あとは健康飲料を何杯も何杯ものんじゃって、夜はふけていったとさ。

 

 
 
◆キリンシティプラス 新宿東南口 新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル1F 03-5312-0557
 あおぞら銀行並び、入り口が地味で目立たないんで、要注意。
次のページ