FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

目黒・TIP TOP(チップトップ) 11月のメニューゲット

今日は冷たい時雨が降る中、目黒雅叙園入り口前、とあるマンションの半地下にある、昭和ムード満点な喫茶店チップトップでランチ。ここの昭和レトロな洋食メニューの日替わりランチは、近隣のサラリーマンに熱烈支持されている。
 
そう言えば今週の金曜からはもう11月、2013年も一気に年末が近づいてくるね。
11月の日替わりランチメニュー、ゲット!

 
本日の日替わりは、手作りコロッケ。
ちょっと小ぶりなまんまるコロッケが3個、アブラがくどくなくって、ほっとする美味しさ。
お店の大将によると、なぜだか天気が悪いと客さんが多いらしい。今日もお客さんが多くて、この後まもなくご飯が品切れ、追加で炊いてたみたい。

 
食後のコーヒーも美味しいのがたっぷりで、今日も大満足♪

 
<裏tomo君>
 そして午後の会議でzzz…
 
 
◆Tea room TIP TOP(ティールームチップトップ)  目黒区下目黒1-4-7 03-3490-8512
 ランチタイムも喫煙可ってとこが、私にとっては唯一の欠点。
スポンサーサイト



週末の食卓

朝ごはんはジャパニーズスタイルで、こんな感じ。
小鉢類は残ったらそのまま夜のツマミにシフトする作戦。

 
その後は美容室に行って、いつものメニューに加えてヘッドスパもお願いしてまったり。
何やら美容ドリンクが置いてあって、3種類試飲させてもらう。
ジンジャーのが割と美味しくて、「焼酎で割っても良いかもね」とか、担当の美容師さんと談笑。なお、担当の美容師さんはお酒が飲めないとのこと。

 
帰宅してお昼は軽くパンなどいただき、いい加減な掃除洗濯。
夕方のビールタイムは、こまごまとしたおつまみで、黒ビール。キリン一番搾りスタウト。
おつまみは、白菜の古漬け、シラスとブロッコリースプラウト、ピリ辛シラタキ、胡桃、黒オリーブの実。
 
それに、ネギ味噌味のおからかりんとう。
こちらは社内で開催された東北地方と障がい者自立への支援イベント、東北の障がい者施設の産品即売会でゲットしてきたもの。ほのかな甘みとネギ味噌の香りが、ビールに絶妙なんだな。宮城県の「はらから福祉会」のもの。

 
メインディッシュは、ゆで豚チャーシュー風。
じんわり味がしみてて、美味しかった。

 
ゆで豚のチャーシュー風
<材料>
豚のかたまり肉(肩ロース)、長ネギの青いとこ、ニンニク、生姜、日本酒
つけだれ~タマネギ薄切り、ニンニクをたたいたもの、醤油、日本酒、みりん
 
<作り方>
1.鍋に豚かたまり肉、ひたひたな水、長ネギの青いところ、生姜、ニンニク、日本酒を入れて煮る
 (最初は強火で、沸騰したら弱火にして、肉の大きさによるけど、30分~1時間くらい)
2.別の鍋でつけだれの材料をひと煮立ちさせる
3.ゆだった肉を熱々の2につけて、あら熱がとれたら、ジップロックなどにいれて冷蔵庫で半日くらい置く
 
<食べ方>
・写真は茹でたほうれん草とスライスした豚肉、味玉をもりあわせて、つけだれをかけたもの。
・スライスした豚肉をフライパンでコンガリ焼いてつけだれをかけても美味しい
・茹で汁を煮立ててつけだれ(野菜ごと)と刻んだトマトや白髪ねぎなどを入れて胡椒を振ってスープに
・もやしやキャベツをゆでてつけ汁をドレッシング代わりにかけた温野菜サラダも美味しい

 
たまには週末、クッキングも楽し♪ 

目黒・いいかげん 新規開拓でおまかせそばセット

先週某日、前から気になってたお蕎麦屋さんに、新規開拓で突撃する。
その名も「いいかげん」。
 
場所は飲み屋ビルサンフェリスタの地下一階。

 
L字型のカウンターと、3~4人がけのテーブルが一つのお店、カウンターの奥がキッチンになってて、一見気難しそうなこわもての大将が出てくる。
店に置かれたメニューはかなり「いい加減」な感じで、全くお料理とは関係なさそうなイラストが描かれていたりする。仕方ないから大将に「初めて来たんですけど」って相談すると、「それなら、そばセットが良いでしょう」とのことなんで、それをオーダー。ドリンクは、「ビールお願いします!」って言ったら、「そこ(冷蔵ケース)から出して」、とのこと。
 
冷蔵ケースの中には恵比寿のビンビールとグラス、栓抜きは冷蔵ケースの上に置いてあるから、セルフサービスでね。
ロレックス2つの乾杯!(※)
(※)ロレックス~弊社妖怪チームのシンボル。お仕事も遊びも時計も一流の、怖いお姉さんチームだ。
 なお、私は通販で買ったお安い国産時計を愛用中。

 
お料理のスタートは前菜3品。
きんぴらごぼう、イカキムチ、カレー味のマカサラ。

 
連れの二人は早々に日本酒へ、でもチェイサーでビールも飲むらしい。
なんとなく冷蔵ケースの一番近くに座った私が、ビール供給係になる。その特権を利用して、次々にビールを出しては開けて、チェーンドリンク状態。楽しいお店だね。

 
そば粉のクレープ、中は生ハムサラダ。

 
カルパッチョ。

 
良い感じに味のしみた大根、周りはコンガリ。

 
モツ煮込みとお新香がでたところで、あとはお蕎麦になりますとのこと。

 
キラリと星が入ったお蕎麦は本格派。
大将一人でやってるこじんまりしたお店だけど、ここはアタリみたいだね。
席数が少ないから、行く前に電話で席を予約しとくほうが安心。

 
 
たくさん飲みながら食べたから、かなりおなかいっぱい。
少し運動が必要かと思い・・・
 
 
某昭和系スナックへ。
先客は1名、常連のお姉さんだ。
ふと見れば、常連のお姉さんの腕にもロレックス!
やっぱり、怖いお姉さんはみんなロレックス愛用者なのね。

 

 
太田裕美など歌いつつ、目黒の夜はふけていったとさ♪

 
 
 
◆いいかげん 品川区上大崎2-27-1 サンフェリスタ目黒 B1F 03-3491-7755

目黒・シバフ 路地裏カフェの夜と昼

某日、
 
夜のとばりが降りるころ、例によって喉が渇いてくる。
で、例によって飲み会フィクサーのTさんに電話を入れると、今夜も路地裏カフェ、シバフに出撃予定とのこと。
なんだか最近このお店多いねって聞けば、どうやら目当てがあるらしい。
 
このカフェ、夜だけの営業で月曜定休なんだけど、原則として木曜の昼にランチボックスの販売をする。
そのランチボックスの営業有無とメニューをあらかじめ確認するために、火曜か水曜の夜に出撃しているのだ。
 
このお店の好きなところの一つは、生ビールのグラスが大き目なとこ。

 
これは…何でしたっけ?

 
こちらは定番、パテ・ド・カンパーニュ。レンコンが入ってて、サクサクと食感が良い。

 
こちらも超定番、季節の果物と生ハムのサラダ。今の時期はイチジクが美味しい。

 
白レバーペースト。鉄分補給だね。

 
この辺でワインも。

 

 
サテ、香草がたっぷりかかってて、ボリュームあるけどさっぱり食べられる。

 
最後はお漬物がわりのピクルスに、ガーリックライスで〆て、ランチのメニュー表もゲットして帰路に就く。

 

 
どうもごちそうさまでした♪
※店内暗いため写真はイマイチおいしそうに写ってないけど、実物はどれも美味しい。
 
 
 
日付は変わってこちらは木曜の昼。
新メニュー、野菜のライスグラタンのランチボックス、¥600。アツアツでおいしかった。
ニンジンサラダ、ひじき煮などのサブのおかずがヘルシーなのもポイント高くて、お客さんは女子比率高い。
イートインもテイクアウトも可能。

 
イートインなら+200円で、コーヒーもある。

 
 
 
テーブル、椅子、内装と、手作り感満点のお気に入りカフェ、シバフ。
まもなく開店一周年だよ♪
 
◆シバフ(sibafu) 目黒区下目黒1-7-5 バーナードハウス 1F 03-6321-6315
 木曜のランチボックス、最近人気が出過ぎて行列状態。

湯豆腐で琥珀ヱビス

いよいよ暖房が恋しい季節、食卓にも鍋が登板してくる。
 
本日はなんちゃって湯豆腐、ビールはお洒落な濃い味の琥珀ヱビス。

 
ところで、先週の土曜日、10年ほど使っていた我が家のテレビが壊れた。
その数日前から電源系の調子が悪くなってたんだけど、主電源を入れなおすと復活する状態。買い替えを検討している矢先に、完璧に壊れ、あわてて注文したおニューのテレビが来たのは、水曜の夜。
たった4日間のテレビが無い生活、普段大して見てないつもりだったけど、なんだか寂しい4日間だったよ。
 
おニューのテレビは、こんな感じ。

赤羽・東京バル ゴルフの反省会の反省会

N氏、K野氏、tako氏と4人で楽しく赤羽ゴルフでラウンド、その後逃亡したtako氏を除く3人の最強メンバーで鐵一にてたっぷり飲んで酔っ払って、夜の赤羽をふらふら歩く。
 
ふと気が付けば、そのままふらふらとOK横町の見知らぬ店に呼びこまれていく3人・・・
そう、心優しきN氏は、呼び込みに弱いんだな。
 
 
そして・・・
ここはどこ?
私は誰??

 
おぼろげな記憶では、カウンターとボックス席が3つくらいの小さなお店、カウンターの中にはママさん、あとお運びのお姉さんが一人だったか。
つきだしに里芋の煮物が出てくるところを見ると、家庭的雰囲気がウリなのかもね。
もうおなかいっぱいとか言いながらも、ごま豆腐と揚げ茄子をオーダーして、日本酒やビールをだらだら飲む。
 
そのうち隣のお客さんと何やら紛争ぼっ発の気配もあり、世界平和のためにあわてて店を出る。
あ、健全明朗会計の、ちゃんとしたお店でした。店名も場所も今となってはあんまり記憶に無いけれど。
 
あわただしくお店を出たから何となく飲み足りないんで、飲みなおしに赤羽エキナカにある東京バルへ。
 
ここは、23区内唯一の酒蔵丸眞正宗の赤羽エキナカ限定日本酒「アカバネ」が名物なんだけど、私は仕上げビール、お兄様方お二人は、焼酎、かな。とにかくもう3人とも大酔っぱらい。
 
ここでK野氏と私で、夫婦別姓の是非について熱く語り合いつつ、終らないアカバネの夜はふけていったとさ♪

 
プチトマトのオヒタシ。

 
クリームチーズの酒粕漬け。

 
 
みなさま、お疲れ様でした。
また遊ぼうね♪
 
◆LOCAL STAND東京バル(ローカルスタンドトウキョウバル) 北区赤羽1-1-1 エキュート赤羽内
 03-3598-1178
 
 

赤羽・鐵一(テツイチ) ゴルフの反省会一軒目

楽しいラウンドの後は、もっと楽しい反省会だ。
 
と、ここでtako氏が「明日ちょっと朝から予定があるからどーのこーの…」と言いつつ、逃亡する。
そう言えば前回このメンバーでラウンドした時も、tako氏は「明日ちょっと朝から…」とか言って、逃亡していた。
でも、良識派のtako氏が抜けてしまうと残りの3人(N氏、K野氏、私)、実は果てしなく飲んでしまう危険な組み合わせであることが、過去の数多くの実績で証明されている。大丈夫かなぁ・・・
 
前回と違うお店に行きたいって言うN氏のリクエストで、まるます家とのんきはスルーして、「鐵一」へ。
この「鐵一」、宅配ピザのピザーラを展開する(株)フォーシーズの大衆酒場ブランド。この会社、「くしかつでんがな」もやってるみたい。飲食業界も多角経営の時代なんだね。
 
で、何はともあれ、お疲れさまの乾杯~!

 
モツ煮込みを1つ頼もうとしたら、N氏が強引に「人数分」ってことで、3つ頼む。

 
豪快な冷奴、これはさすがに1つだけね。

 
くし焼き類はこれもN氏の指令ですべて3本ずつ。まずは胡椒が効いてるイベリコ豚。

 
ハツは、玉ねぎと交互になってて、このタマネギが良い味出してる。

 
ハムカツは分厚いタイプ。個人的には薄っぺらいのが好きだけど、これはこれでおいしい。

 
鶏焼きは、予想以上のすごいボリューム。もうかなりおなかいっぱいになってくる。

 
お兄様2人はここから日本酒に切り替え。
コップからあふれるまでついでくれるのが楽しい。

 
さらにお代わり。

 
私はホッピー。

 
ここでお兄様方2人は、ハイボールで中休み。
K野氏は「男のハイボール」、そしてN氏は何故か「乙女のハイボール」。何だそりゃ?

 
メンチカツ。もうおなかいっぱいなのに・・・

 
まだハイボールが終らぬうちに、さらに日本酒おかわり。
このアメちゃんのつぎっぷりが一番気前が良かったらしい。

 
 
 
ビール、日本酒、ハイボール、ホッピーと、たくさん飲んですっかり良い気分になった無反省の3人、このままふらふらと夜の赤羽にさ迷い出ていったとさ。
 
 
つづく。
 
◆鉄板酒場鐵一(テッパンサカバテツイチ) 北区赤羽1-15-1 新仲ビル 1F 03-5249-3200
 

2013-026 赤羽ゴルフ倶楽部 ゴルフが快適な季節

台風27、28号がダブルでやってきている今日この頃、今日はおうちでまったりしてる人が多いかな。
さて、先週末の土曜日、またまた赤羽でラウンドしてきた。メンバーは、元上司N氏、K野氏、それにtako氏。
この4人でのラウンドは、8月末以来
 
10番ホールの右手奥は、アプローチの練習場。
練習場の奥は荒川。調子に乗ってフルショットしちゃうと、赤いネットを超えたボールは回収不能だから、練習する人は、ボールなくさないように気を付けてね。
 
<裏tomo君>
アンタも少しは練習したら?

 
13番のハートの植栽、少しずつ枝が伸び始める気配。

 
台風26号の爪痕、大きな柳の枝が折れてる。

 
恒例、ランチタイムの乾杯~!
K野氏と私は生中、N氏とtako氏は午後のプレイに備えてか、生小。

 
クラブハウスのレストラン「ふじ」(名前がしぶい)のメニューがリニューアルしてる。
新メニューの焼きうどんを早速試してみたけど、ビールのツマミにはなかなか良いみたい。

 
後半、空には刷毛で描いたような雲が広がってた。

 
鉄橋の向こうには川口市のマンション群。

 
前半好調なスコアを記録したK野氏は、この7番から突然大崩れ。
結局出来上がりのスコアは、私と同じになっちゃったみたい。お疲れ様でした♪

 
最後の9番ティーグラウンド横の木には、今年もどんぐりが生ってる。実りの秋だね。

 
関東では暑くも無く寒くも無い、ゴルフが快適な季節になったけど、札幌を拠点とする「北の武器商人」氏によると、北海道はそろそろゴルフシーズンも終わりとのこと。
日本は広い。
 
ってことで、この後は反省会へつづく。
 
 
◆赤羽ゴルフ倶楽部 赤羽ゴルフ場 北区浮間2-18-7 03-3966-6155
 http://www.akabanegolf.co.jp/index.html
 JR埼京線各駅停車で新宿から20分、浮間船渡駅からクラブバス5分
 
 

介助犬って知ってますか? やさしい無視 (転載可)

某日、
 
勤務先の社会貢献活動の一環として、社内で介助犬の紹介イベントが行われた。
盲導犬についてはだいぶ知れ渡って市民権も得ている感じだけど、介助犬って何かなと思って、参加してみた。
 
介助犬は、手足が不自由な人をサポートするように訓練された犬。オフィスの中にいても吠えることもなく、様々な介助行動を行う。この介助犬、どんなことができるかって言うと、
 
・落とした鍵やコインを拾って届ける →手足に障がいがあるために自分で拾うことができないと、それを恐れて外出をためらってしまう人もいる。介助犬がいれば、社会参加が可能かもしれない。
 
・どこに置いたかわからなくなった携帯電話を探して届ける →手足が不自由な人は、場合によっては携帯電話が命綱となる。
 
・冷蔵庫から、ペットボトルのドリンクを出して持ってくる →手足が不自由な人は、自律神経にも障がいがある場合が多く、体温調節がしにくい。だれかに頼まなくてもいつでも持ってきてもらえる安心感は大きい。

 

 
 
落としたものを拾う、置き忘れた携帯を探す、冷蔵庫からものを出す…私たちが普段何気無く行っていることも、ひとたび車いす生活になると、他の人の助けなしには困難になってしまう。
そんな人に、家に閉じこもらないで社会参加の機会を広げることを目的としたサポートを行ってくれるのが、介助犬のお仕事なんだね。 
 
街で介助犬を見る機会はまだまだ少ないけれど、盲導犬を見かけることは時々ある。
こうした、障がい者をサポートしてくれる犬たちに対しては、
 
やさしい無視
 
が重要らしい。
 
ついつい話しかけて誉めたり撫でたりしたくなるけど、任務をまっとうすべく頑張っている犬たちにとって、突然他の人からかまわれるのは混乱の元。
 
心の中で応援しつつ、話しかけたり触ったりしないで無視すること。
私も気をつけようっと。
 
※介助犬についての理解促進のため、写真撮影、ブログ等への掲載は歓迎とのことで、記事にしました。
 

銀座・しまだ スペシャルな立ち飲みの楽しみ

心の友yokoさんから、銀座にすごい立飲みのお店があるらしいとの連絡が入る。
からすみ蕎麦って言うのがとにかく絶品らしい。
でも、行列必至のお店で、なおかつ予約は唯一のテーブル席(4人迄)だけしか受け付けていなくて、17時、19時、21時の交代制らしい。行ってみたいけど勤務時間的に17時は不可能だし、21時から予約して飲むのもしんどい。yokoさんが予約にトライしてくれたけど、ベストの19時はずーっといっぱいとのこと。
 
でも、あきらめきれず、今夜飛び込みで行ってみた。
 
裏通りにある店構えはこんな感じ、入りにくい敷居の高さを感じる。

 
でも、思い切って中に入ると、唯一のテーブル席以外は気軽なカウンターの立飲みで、中にいるお兄さんは意外にフレンドリー。
小さめの4人がけのテーブルと、小さめのL字型カウンターの立ち飲み席の店内はほぼいっぱいだったけど、先客の皆さんにダークダックス風にちょっぴり詰めてもらって、なんとか2人で立ち飲みカウンターにすべりこむ。

 
シンプルなきんぴら。しっかりしていてくどくない絶妙な味付け。

 
アマダイのお刺身。

 
ほぼ全員がオーダーしてた名物、生うにに伊勢海老のジュレをかけて、とびこをトッピングしたもの。
かるく混ぜてスプーンですくっていただく。
もう、言葉で表現できないくらいの美味しさ。

 
蟹のクリームコロッケ。

 
ご覧の通り、蟹密度が高い!

 
このあたりでドリンクは焼酎のロックへ。
 
こちらはもう一つのスペシャリテ、からすみ蕎麦。
からすみのフレークを茹でたお蕎麦にかけてある。
香り高い田舎蕎麦1~2本にからすみをたっぷりまぶして手繰りつつ、焼酎をグビリ。まさに至福のひと時。
 
期せずして、飲み友達のkazubonの話題になる。
かつて一緒に蕎麦居酒屋に行った時、4人分の〆蕎麦を一人でざざ~っとさらって一気に食べちゃったっていう実績がある。しかも、お蕎麦を食べたこと自体「お蕎麦なんて食べたのか?」なんて言ってたな。
立飲み界の泰斗ではあるけれど、この店には絶対kazubonと来るのはやめようと、二人で誓い合う。

 
シイタケ煮をつまみに残った焼酎を飲み干して、今日はお開き。
それにしてもこのシイタケ煮が思わぬ実力派。本格的にダシをひいてあるのがわかる。他のお料理がどれも美味しかったのも、納得。和食の基本を押さえたお店なんだね。

 
ホントに最高の立ち飲み屋さん。
断られたりウェイティングになってる人も多かったみたいだけど、タイミングが良く待たずに入店できてラッキー。
まだまだ気になるメニューも多いんで、ぜひ再訪したいもんです。
どうもごちそうさまでした♪
 
 
 
◆銀座しまだ 中央区銀座8-2-8 高坂ビル1F 03-3572-8972
 
 
 
次のページ