FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

目黒・ふきだまり 新潟の美味で新潟の美酒を

昨夜はお仕事関係で立食パーティー。
この日は、わんこはん殿(ピロくん殿改め)&まこはん殿の日本帰国1周年記念パーティーが飯田橋の高級割烹で開催されていたのであるが、この会は以前から予定していたので已む無く断念。
 
立食パーティーが果てると、いつものことだけど、中途半端に飲んだ気がして(←実は結構飲んでる)、同じ会に出席していたナカマと、上司様を拉致して、飲みなおしへ。
 
始めていくお店の店名は「ふきだまり」。
では、ふきだまっちゃいますか、乾杯!

 
つきだし、本格派な感じだね。

実はみんなさっきの立食パーティーで結構食べてるので、野菜系でスタート。
味のしっかりした野菜で、ビールもすすむ。

 

 
と、お店のお兄さんが、普通は予約しないと飲めないお酒が一本だけありますけど・・・って言うので、いただいてみる。微発泡の日本酒。この時午後9時。

 
お刺身はタコと・・・あとひとつは鯨?

 

 
焼き野菜…だったような気がする。

 
それにしても、なんで「ふきだまり」って言う店名なんですか?ってご主人に聞けば、ご主人は新潟出身で、新潟では雪の吹き溜まりにはなにか良い意味があるらしい。
新潟のご主人が作る新潟産の美味をツマミに新潟の美酒を楽しむ。
 
あなたもちょっと、ふきだまってみない?
 
<裏tomo君>
なんで雪の吹き溜まりに良い意味があるのか、聞いたけど酔っぱらってて忘れたんだよね。
 
 
 
 
 
で、金曜日だし、2軒目はカラオケへなだれ込む。

 
 
楽しい一夜、だったような気がする。
 
 
◆旬味処ふきだまり目黒 品川区上大崎2-27-1 サンフェリスタ目黒 2F 03-6321-1858
スポンサーサイト



夏風邪

今週某日。
 
なんとなく朝起きたときに喉がヒリヒリしたけど、そのまま出社。
喉も特に問題なくエグゼクティブ(?)にお仕事に励み、ランチを食べに外出して戻る。雨がふっているせいか肌寒いなと思っているうちに、ゾクゾクっとする。夕方別のオフィスに会議に行く予定だったけど、雨の中移動したくない気持ちが強まって、ビデオ会議での参加に切り替え。その会議中に今度はだんだん暑くなってきた。
 
どうも熱がでてきたみたいなので、同じビルにあるクリニックで検温すると、38.5℃もある。診察と薬の処方をしてもらって、同じくビル内にある薬局で薬を受け取って帰宅。食事を作るのも食べるのも面倒な感じで、ヨーグルトだけ食べて薬を飲んで寝る。
 
朝起きると、熱は嘘のように下がっている。
食事を作るのも食べるのも意欲的な感じにもどったみたい。
とりあえず会社は午前半休と連絡をして、おじやを制作して完食、どうやら完全復活したみたいだ。

 
 
気温差の激しい毎日、皆様も夏風邪にはお気をつけて!
 
 
 

新宿・安東閣(アントウカク) 急なお誘いで中華宴会

先週某日、エグゼクティブにお仕事をこなしつつ、ふと、7時過ぎにもう疲れちゃったから帰ろうかな~って思って携帯を見ると、昼前に飲み友達のまこはんからメールが着信してる。今日6時から大久保中華の会を開催するとのこと。
ちょうど喉も乾いてるしおなかもすいてきた。これは、行かなくちゃ!
 
会場は私たちの愛する中華「安東閣」。これまで、開店二周年記念で餃子3個で2円とか、開店三周年で餃子3個で30円とか、記念セールの時ばっかり行っていたけど、たまには通常営業の時に行かないとね。

 
生ビール240円、安い♪

 
お店に到着すると、まこはんの他に、ご夫君のぴろくん、姉のおひささん、飲み友kazubonが、すでに良いご機嫌で歓談中。

 
このお店のお気に入り、シイタケの天ぷら。

 
蒸し鶏のネギソース。
この日参加者の一部は諸般の事情により現在にわかベジタリアン中とのことで、鶏肉は一手に引き受けて、どんどん食べちゃう。

 
これはベジタリアンでもOKの、メンマ。

 
こちらもベジメニュー、タマゴ、トマト、キクラゲの炒めもの。

 
焼きそばも、肉抜きでお願いね!

 
おっと、さっきからうつらうつらと夢の中だったはずのあの方が、パッチリ目を覚まして対角線上に箸を走らせて、焼きそば大量確保(笑)。本能的な麺食いだね。

 
急なお誘いの中華の会、おなかいっぱいで解散。
周年記念のセールじゃなくっても安くておいしい良い店だね。
 
 
◆安東閣(アントウカク) 新宿区北新宿1-1-20 プリオール三信ビル2F 03-3362-2358
 前に行った時の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/61986406.html
 

目黒・TIP TOP(チップトップ) 昭和レトロなチキンライス

ご紹介が遅れたけど、下目黒にある昭和ムード満点な喫茶店TIP TOP(チップトップ)、6月の日替わりランチメニューはこんな感じ。

 
先週某日、みさ姉とSさんと一緒に行ってきた。
日替わりはチキンライス。ナポリタンを彷彿とさせる懐かしくもベタなケチャップ味に、玉ねぎ、ピーマン、チキンが入って、ごはんもたっぷりで結構なボリューム。日替わりランチは700円。
 
え、糖質制限ダイエット?何それ??

 
もちろん、+250円でドリンクも付けちゃう。
ここのコーヒー、たっぷりでおいしいんだもん。

 
 
◆Tea room TIP TOP(ティールームチップトップ)  目黒区下目黒1-4-7 03-3490-8512
 前に行った時の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/62567981.html

恵比寿・Beverino(ベヴェリーノ) 妖怪たちのお誕生会

先週某日、飲みナカマの妖怪チームに所属する飲み会フィクサーTさんが今月お誕生月だってことで、恵比寿でお誕生会を開催した。場所は気軽に美味しい本格イタリアンが堪能できる、ベヴェリーノ。
 
駅から近くてわかりやすい場所にあるんだけど、私が得意の方向音痴ぶりを発揮して皆さんを遠回りな道にご案内、お店に着いたころにはみんな息は切れ、喉は乾き・・・
まあ、結果としてとりビー(とりあえず、ビール)が一層美味しくなったから、良しとしよう。乾杯!

 
お店では、何とイタリアビールフェアを開催中。
最近日本国内でイタリアビールって言えば、髭のおじさんラベルのモレッティが定番だけど、モレッティにもスタンダード以外に色々と種類がある。こちらは濃い麦汁で作ったタイプと、カラメル香のある赤ビールタイプ。

 
自家製パンは、素材の良さを感じる美味しさ。このパンを食べ過ぎると後でお料理が食べられなくなるからおさえようと思うんだけど、ついつい食べちゃう。

 
生ハムにモッツァレラチーズ、このチーズが何か一味違う濃厚さで、やみつきタイプの美味。

 
エビと野菜のマリネ。

 
このビールは、メッシーナ。シチリア島の青い海と暑い太陽を連想させる、キレのいいラガー。

 
でも、ワインも飲まないとね。

 

 
で、ビールもまた飲む。
メナブレア、下面発酵のいわゆるベルギービールタイプ。フローラルな香りがたまんないね。

 
ビールと揚げ物は永遠の好相性。エビと花ズッキーニのフリット。

 
パスタは二種類、こちらはフレッシュトマトとバジルのリングイネ。

 
アップにすると、リングイネの断面が楕円形だってのが良く分かる。

 
ワインも切れ目なく供給中、7人で何本飲んだんだろうね。

 
ビールはチェイサーがわり、カステロ・ビオンダ。日本人にも飲みやすい、プレミアムタイプのビール。

 
G.MENABREA、幻のビールらしいんだけど、すでにこのあたりでかなり味の記憶は曖昧。
ベルギービールタイプ。

 
もう一種類のパスタは最近のお気に入り、ピチ。日本の手打ちうどんくらいの太さと食感のもちもちパスタ。トマトソースで。

 
ルッコラとパルミジャーノのサラダ。メインは牛肉のグリルみたいなものを食べたはずなんだけど、写真が一枚も無い。記憶には鮮やかなビーフの切り口が残ってるんだけど、あれは夢だったんだろうか。

 
と、このあたりで、店内の照明が暗くなり、イケメンのフロアマネージャー氏とお店のスタッフが私たちのテーブルに集まってくる。フロアマネージャーが手にしてるのは、いつも店内に飾られているアコースティックギター。

 
ギターの奏でるイタリア語のバースデーソングの中、お祝いメッセージのついたデザートプレートが到着!

 
キャンドルを吹き消してみんなで記念撮影して、大いに盛り上がる。
 
 
そして最後に問題の食後酒・・・
ウォッカにレモンを漬け込んだレモンチェロと、レモンじゃないけど同じような製法のリキュール(何度も説明してもらったのに、まったく記憶には残っていない)、いつものようにボトルごとテーブルに放置されている。
これを小さなグラスでキューっと飲むと、食べ過ぎて疲労気味の胃腸がキューっと元気になるのがわかる。
で、ついついもう一杯・・・・・・

 
この食後酒、これまでも色々な問題を引き起こしてきたけど、今回も(以下、略)。
 
でもまあ、みんなどうにか無事帰宅したようで、翌日は半休したりすることなく出社してたみたい。
イタリアビールに興味ある方、今ならボトルすべて¥600で、色々楽しめますよ♪
 
 
◆Beverino(ベヴェリーノ) 渋谷区東3-15-7 ヒューリック恵比寿ビル1F 03-6427-3525
 カウンターで気軽にグラスワインってのもオッケーな、カジュアルスタイル。
 天上高い店内は解放感あって、居心地抜群。
 
前に行った時の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/62509195.html
 

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 銀漢句会の反省会

先週某日、月に一度の銀漢句会の日。
この銀漢句会、私はお仕事の都合で間に合わないんだけど、最近欠席投句をはじめた。
今月の席代は、出水、衣紋竹、蟇蛙の3句。
で、句会には間に合わないけど反省会には顔を出せそうだから、行ってみた。
 
<裏tomo君>
 またまたお得意の反省会だけ参加、これじゃいつまでたっても向上は見込めないね。
 
 
 
神保町のダイニングバー、銀漢亭。このお店のご亭主は、銀漢俳句会を主宰する方でもある。
客層は俳句好きの人が多いけど、排他的な雰囲気は皆無で、通りがかりの「一般人」でももちろん入店可能。
手前の立ち飲みコーナーで1~2品おすすめ料理をつまんで美味しい生ビールを飲めば、もう極楽。

 
このお店の生ビールは、クォリティ高い。ビール党tomoも大満足の美味しさで、一気に消えていく。

 
お店の天井から下がる不思議なオブジェ。
青のライトは銀漢(天の川の事)を表してるのかな。

 
先週末に参加した俳句の鍛錬合宿でお世話になった方もたくさんいて、御岳山での合宿の話題で盛り上がる。

 
 
◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 土日祝はお休みです。
 サントリーグルメガイド→ http://gourmet.suntory.co.jp/zenkoku/koretabe/0608/east_01.html
 
 
 
 
で、大倉句会の3人で軽くもう一軒。この最後の一杯が、効くんだよね。

 

目黒・らーめん田丸(タマル) 懐かしくも美味しいキャベツの甘さ

目黒駅から権之助坂を下って行く道すがらには、数多くのラーメン屋さんがひしめいている。
でも、その中でも老舗って言えばここ。たぶん最古参じゃないかと思う。

 
ここの名物はチャーシューメン、ちょっと変わった器ででてくる。
でも、普通のラーメン¥600でも特徴ある歯ごたえのチャーシューが3枚乗ってるから、レディーには十分。
優しい醤油味のスープはアツアツ、しっかり味が付いたメンマ、そして茹でキャベツがたっぷり乗ってるのが田丸のラーメンの特徴。
スープの味がしみたキャベツ、美味しいんです。そしてスープにはほのかなキャベツの甘味。

 
麺はやや太めの丸麺、つるつるっとすべりが良い。

 
新興勢力の工夫を凝らしたラーメンやつけ麺も美味しいけど、最後はここに帰ってくる目黒っ子の愛する味。
どうもごちそうさまでした♪
 
 
◆ラーメン田丸 目黒区下目黒1-5-20 03-3493-3978 
 店頭の看板見ると、創業1945年だって!

目黒・JILL(ジル) さよなら「居酒屋よし」

昨夜の金曜日、夜9時過ぎに野獣派M氏にお仕事上の確認の電話をかける。
あくまで急ぎのお仕事の確認なんだけど、M氏は開口一番、
 
「姉さん、まだいたの?今日あいてるなら飲みに行く??」
 
もちろん、答えはYes♪
 
ってことで、M氏がさらに、怖いお姉さんYちゃんと若手男子H君にも声かけて、4人でふらふらと夜の街へ。
飲み屋ビル「メグロード」の前に差し掛かると、なんだか見たことない新しい店の看板がでてる。じゃ、新店開拓で行ってみるかってことで、地下へ。
 
外見はこんな感じ。店内満席だったけど、ちょうど一組お客さんが出たのと入れ替わりで、入店できた。
でも、あれ、この場所は・・・

 
そう、私たちの心のふるさと、大衆居酒屋「よし」があった場所だ!
いつのまにかお店を閉めて、違うお店になってたんだ。
最近頻度は減っちゃったけど、それでもここぞっていう時に頼りになるお店、閉店前にもう一度行きたかったね。
 
と、感傷にひたる間もなくメニューをチェックすると、ドリンクは+300円で「男ジョッキ」で出してくれるらしい。
怖いお姉さんのYちゃんが真っ先に「私男ジョッキ!」と言えば、私もすかさず「私も男!」。
男性陣2人もやむなく、「じゃあ、私もそれで・・・」ってことで、全員男らしく男ジョッキで、乾杯!
尚、野獣派M氏は健康診断が近いってことで、健康に留意してトマトハイ♪

 
モダンにお洒落な感じの店内。

 
この壁の前は、かつては座布団と座卓を並べた小上がりの座敷だったんだけど。

 
居酒屋「よし」時代の写真を探してみる。
この壁にはカレンダーの裏紙を短冊状に切ってメニューを書いた紙が、壁一面にはられてたんだよね。

 
「よし」のブログ記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/40778591.html
 
 
お料理は若者向けのビストロ料理だけど、どれもしっかり美味しい。
丸ごとトマトのピクルスは、本日のおすすめ。味がしっとりしみてて、すごく美味しかった。

 
トマト&トマトハイの図。

 
白レバーのパテ。

 
鮮魚のアヒージョ、オイルがグツグツ煮立ってる。

 
アンチョビキャベツで、野菜もとらないとね。

 
若手男子H君を除く3人は、男ジョッキのおかわり。最近の若者はあんまり飲まないのかな。

 
鴨肉のコンフィ。この後Yちゃんが切り分けてくれた、ありがとね。

 
さらに、まだお仕事していたIさんから合流可能との連絡。一生懸命場所を説明してくれてるH君に、一同、「元よしがあった場所って言えばわかるよ」とのアドバイス。
おかげで無事合流できた、お疲れさまの乾杯!

 
ポテサラもおしゃれ。

 
男ジョッキおかわり~

 
スモークサーモンのサラダ。

 
ビーフのなんとか。

 
 
懐かしい「よし」が知らない間に閉店していたのはショックだけど、お店のスタッフによるとマスターは引退してお店を閉めたとのこと。若い人にここでお店をやってほしいっていう意向で、JILLに場所を譲ったらしい。
 
消防団姿が今も目に浮かぶよしのマスター、またどっかでお会いしたいね!
 
 
◆大衆ビストロJILL(ジル) 品川区上大崎2-26-5 メグロードビル地下1階 03-6417-0015
 
 
 

銀漢俳句会鍛錬合宿の反省会

一泊二日の銀漢俳句会鍛錬合宿も無事終わり、宿を出てまた山道を歩いてケーブルカー駅へ。正式な反省会が待ちきれず、ケーブルカー山頂駅の前でO師、おひささんと、乾杯!

 
その後駅前の蕎麦屋「玉川屋」にて、反省会。
駅前の店舗に入ると二階へ案内される。

 
でも二階かと思ったら、反対側は地上一階。斜面に建っているんだね。

 
俳句漬けの2日間、お疲れさま~

 
ビールも日本酒も焼酎も、私たちの周りだけに何故かお酒類が集まってくる。

 

 

 

 
最後に希望者は〆蕎麦、私たちはさらに飲んで、反省会はお開きに。
 
◆玉川屋 東京都青梅市御岳本町360  0428-78-8345
さらに反省。

 
 
こうして一路青梅線~中央線で帰って行ったとさ。
 
 
おひささんの秀句(兼題 泳ぎ)
 ほんたうは河馬と一緒に泳ぎたし
 
私の最後の一句
 ほんたうは皆と一緒に新宿で降りたし @東京駅にて 字余り、季語無し
 
 

御岳山にて、銀漢俳句会の鍛錬合宿に参加

2011年11月、O師のご指導の下俳句を始めてから1年半ほど、毎月一回の「大倉句会」浅草での吟行と着々と経験を重ね、この週末はついに、修行の聖地御岳山で一泊二日の俳句鍛錬合宿に参加してきた。
 
<裏tomo君>
 偉そうに経験とか言っても句会の出席率最低、反省会のエースだよね。
 
 
 
集合は青梅線の御嶽駅に10時15分、新宿駅を朝8時47分に出発するホリデー快速おくたま5号で一路向かう。車中で同じ大倉句会のS平さんと合流。二人とも合宿の句会なんか初めてだから、それぞれが期待と不安(S平さんの場合)、不安と不安(私の場合)を胸に、言葉少なに車窓を眺める。
 
御嶽駅で全員集合、何と40人以上いるらしい。
駅からはバスでケーブルカーの乗り口まで移動して、25度の急こう配をケーブルカーで登って行く。
 
ケーブルカー駅から宿までは、夏霧がたちこめる幽玄な山道を歩く。

 
由緒ありげなかやぶき屋根の家があったり、

 
知床の岬に咲くとばっかり思っていたハマナスの花が、こんな山の上にも咲いていたりする。

 
今回は飲み飲み旅行じゃなくって俳句の鍛錬合宿。
事前に送付15句、事前送付句の選句、当日持込みで10句と、3種類の宿題がでている。
 
宿題1~事前に俳句を15句作って出す
兼題(事前に指定された季語)は、こんな感じ。
虎が雨、雲海、五月富士、出水、羅(ウスモノ)、サイダー、走馬灯、夏場所、川開、業平忌、守宮(ヤモリ)、金魚、蛾、ダリア、蛍袋
 
宿題2~事前送付句から15句選句
参加者42名が作った15句の全てが印刷して事前に送られてくるので、42名×15句の俳句を読んで、その中で良いなと思うのを15句選んで、紙に書きだして持参する(選句)
 
宿題3~現地での一回目の句会用に俳句を10句作って、短冊に書いて持参
兼題は、片蔭、旱(ヒデリ)、帰省、噴水、泳ぎ、蜘蛛(クモ)、玫瑰(ハマナス)
この10句は、兼題以外の季語を使ったものでも良いし、同じ季語で複数作っても良いみたい。
 
どの宿題も私には荷が重い、だいたい読み方もわからなくて辞書で引きようもない兼題もある。
つじつまを合わせる感じで無理やり宿題を片付けて、出発。でも実は宿題3は途中までしかできていなくて、往路のどさくさに紛れて何とか滑り込みセーフとなる。
 
11時過ぎ頃に宿に到着。
こちらが今回のお宿、御岳山荘。江戸時代から続く、由緒ある宿坊らしい。

 
荷物を置いてゆっくりする暇も無く、昼食。
一日目の昼食は各自持参とのことで、新宿駅で購入してきたサンドイッチをあわただしく食べる。
 
その後参加者全員そろって、12時半から第一回目の句会。

 
各自が持ち寄った短冊の俳句十句をまとめてシャッフルして、10句ずつ別の紙に書き写す。筆跡で誰の作品かわからないようにするのが目的。この書き写された紙を会場で順繰りに回して、全体の中から自分のお気に入りを10句選んで紙に書き写して提出。
 
この後進行役の方が選ばれた句を発表して行って(披講)、句会は進行する。
人数も俳句の数も多いから、ここで3時間くらいかかる。
 
一通り終わって一安心と油断してると、この後は7~8人のグループに分かれての分科会。
第二回の句会は16:30開始で、席題(当日指定される季語)は、こんな感じ。
時鳥(ホトトギス)、登山、竹秋、団扇、梅雨蝶
各席題につき1句で計5句を作らねばならない。
 
これまた、意味の良く分からないのが続く。持参の歳時記をひっくり返したり、携帯でネットをチェックしたりして四苦八苦。お昼が早かったからおなかも空いてくるし、喉も乾いてくる。ビ…ビール……
 
第二回の句会が終わったところで、やっとお待ちかねの夕食。
宿坊だけど別に精進料理っていうことも無く、普通に魚なんかも出てくくる。
食卓じゃなくって銘々膳ってとこが、やっぱり由緒なのかな。

 
おっと、それより、ビールだ!
まだ夜にも句会が続くから、良識ある人はパスしたりほどほどに召し上がったりだけど、私はエネルギーチャージのためにビール、日本酒としっかりいただいとかないとね。
ビールも美味しかったけど、この自家製のコンニャクの刺身が美味しかった。
これだけ食べにまた行きたいくらい。

 
夕食後もまた句会は続く。
19:15締切で第三回、席題はこちら。
夏痩せ、昼寝、キャベツ、夏落葉、祭(どんな祭でも可)
 
21:00締切で第四回、席題はこちら。
鹿、新蕎麦、胡桃、龍田姫、藁塚(ワラヅカ、ニオ)
 
22:45締切で第五回、席題はこちら。
冬雲雀、寝酒、鍋、隙間風、近松忌または一茶忌
とりあえずこれを提出したところで本日の提出物はすべて終了したんで、自販機でアルコール補給、歌も出る。
 
 ♪人を愛して~人は心開きぃ~、傷ついて隙間風知るだろう~
 
 
最後に翌朝の句会用の席題がだされて、やっと今日のスケジュールはおしまい。長い一日だったね。
二日目朝の句会の席代は、夏霧、万緑、蜥蜴、五月雨、蚊遣火
今回は各席題で一句じゃなくて、合計で五句あれば苦手な席題はパスしてもいいらしい。
 
終わってみればすでに23:30、そのあとはこの日お誕生日の参加者を祝して、一部屋に集まって飲む。
(※真面目に翌日のために俳句を作っている人は飲んでません)
 
 
 
一夜明けて翌朝。
同じ部屋の5人、朝5時過ぎには起きてくる。今朝の俳句の宿題が気になるからね。
 
朝食もお膳で。日本の正しい朝ごはん。

 
朝食後は8:00締切で昨夜最後に出された席題による句会をやって、分科会での句会は終了。
宙組の皆さん、どうもお世話になりました♪
(分科会は、花組、月組、雪組、星組、宙組の5チーム、何かどっかで聞いたような組名だ)
 
その後は事前送付した俳句の選句発表、これまたたくさんあるから長い。
全部終わらないところでいったん区切って、みんなでちょっとお散歩。
 
徒歩15分くらいのところにある御嶽神社にお参りして、この日がちょうど一般公開のお神楽を見学する。

 

 

 
雅楽や神楽の出演者は、この神社の神職であり、また宿坊の主でもあると言う。
この神楽がなかなかの迫力。
リズミカルな旋律で繰り出される舞いは、現代の感覚でも十分通用する、むしろ新しい感じがするみたい。
 
 

 
神楽の後はまた御岳山荘に戻って、宿で用意してくれたお稲荷さんとお蕎麦でランチをいただいて、事前送付句の披講の続きをやって、今回の俳句関係の行程はすべて無事終了。
 
 
さて、あとは反省会だな。
(つづく)
 
 
 
◆武蔵御嶽神社 http://www.musashimitakejinja.jp/
 
◆みたけ山観光協会 http://www.mt-mitake.gr.jp/
 
次のページ