FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

目黒・TIP TOP(チップトップ) 懐かしのオムライスランチ

懐かしい昭和な雰囲気の喫茶店、チップトップ。
近隣の人にとっては、喫茶店って言うより、この日替わりランチが大人気。
 
こういう感じで毎月一か月分のメニューが発表される。前々からここのオムライスを食べてみたいと狙ってたんだけど、いつも会議や出張で都合がつかなくてチャンスが無かった。でも今週某日、ついに行ってきた♪

 
この日は予想外の降雪で荒れ模様の天気だけど、オムライスの人気は絶大なようで店内はほぼ満席。
連れのYさんと2人何とか空席に滑り込んで、オムライスをオーダー。やってきたのはご覧の通り、最近はやりのトロトロと対極の、コンガリ焼かれた玉子に包まれたお姿。

 
おっと、私が写真撮ってる間に、すでにYさん食べ始めてるね。

 
中は、ケチャップ味がしっかりついたチキンライス、トラディショナルだね~。

 
かなりのボリュームなんだけど、美味しいから2人ともあっと言う間に完食。
食後のコーヒーは、今回もいつもの通りちゃんとナミナミ。

 
どうもごちそうさまでした♪
そろそろ3月のメニュー決まったかな。
 
◆Tea room TIP TOP(ティールームチップトップ)  目黒区下目黒1-4-7 03-3490-8512
スポンサーサイト



大塚・鉄飯碗餃子(テッパンワンギョウザ) 餃子とビールの相乗効果

昨日のフライデーナイト、Mちゃんから「餃子食べに行きませんか?」との呼びかけがあり、大塚の餃子屋さん「鉄飯碗餃子」へ。
 
大塚駅北口を出て、正面に見えるスタバの左の道に入り・・・

 
「さのや」さんの角を右折。
このさのやさんは質屋さんらしい。軍資金が足りない時は、ここに駆け込めばなんとかなる、かも。

 
右手にピンク色のなにやら怪しげな魅力の看板をスルーして・・・

 
この黄色い「餃子」の看板が、目印。餃子や煮チャーシューは持ち帰りもできるとのこと。

 
で、乾杯♪

 
餃子は6個で¥300、こちらはダブル12個で¥600。
やっぱり餃子にはビール、ビールには餃子。コンガリ焼きたての餃子はビールが進むね~♪
 
<裏tomo君>
餃子が来る前にすでに生ビール秒殺で飲み終わってお代わりしてたよね。
餃子有っても無くてもビールは進む、だと思うけど。

 
で、餃子の美味しさにつられてビールをどんどんお代わりしていたら・・・
樽がカラになっちゃったようえです。
あ、私が全部飲んだわけじゃないよ。たまたまタイミングがあっただけだから。ホントに。
 
<裏tomo君>
言い訳がくどいっ!

 
なんと、樽の交換タイミングに当たると「アタリ」ってことで、次回生ビール1杯無料券をいただいちゃいました。
また行かなくっちゃね♪

 
さらにザーサイで飲む。

 
焼き担当のスタッフナカゾー君に任されているディスプレイコーナーは、ナカゾーワールド全開。

 
で、めでたく閉店時間も過ぎたけど、なんだか飲み足りない雰囲気。
 
 
まるで水が低きに流れるように(「またかい!」 by裏tomo君)、最寄りの洋風居酒屋でクールダウン。

 
だいぶ酔ってますな。

 

 
 
解散したのは11時過ぎかな。
0:16にMちゃんからメール着信。
 
山手線ぐるっと回って目黒駅
 
え、もしかしてこれ俳句?季語が無いよ!
 
 
◆鉄飯椀餃子(テッパンワンギョウザ) 豊島区北大塚2-13-5 1F 03-5972-1335
 
二次会のお店はどこだか不明♪

目黒・華(ハナ) 新ランチメニュー、薬膳火鍋ラーメン

ランチのお気に入り店の一つ、中華料理「華」に新ランチメニューが出たらしいって聞いて、行ってみる。
その名も薬膳火鍋ラーメン。スープは辛い赤か、辛くない白の選択で、赤をチョイス。¥1000は、このお店のランチにしてはちょっと高めの価格設定。他はみんな¥850~¥900だもんね。
 
で、出てきたのはこちら。
スープは火鍋のものをベースにきのこを色々増やして、青梗菜もトッピングされてる。
なんだか中国4000年の歴史パワーで、で体の中から浄化されて元気が出てくるような気がしないでもない。
これに、小ライス、ザーサイ、杏仁豆腐付き。

 

 
辛いけど美味しくて、なんだかカラダに良さそうな感じ。
また元気をチャージしたくなったら食べに来たいね。
 
ごちそうさまでした♪
 
◆中国薬膳火鍋専門店 華(ハナ) 目黒区下目黒1‐5‐16 本田ビル101  03-3779-4655

目黒・たつみや 今年も懐かしいあの人を囲む会

もう20年くらい前に会社を退職して故郷の高知に帰られたA氏。
今は蘭を栽培して出荷する、蘭のプロ。
 
そんなA氏は、いつも2月に上京してくる。
年に一度この時期東京ドームで開催される「世界らん展」を、お仕事の参考に鑑賞するのが主目的。
 
そしてこのA氏を囲んでゆかりの人々が集まる会も、毎年この時期開催される。
今年の会場は、トラッドなお座敷宴会ができる、目黒の「たつみや」さん。
 
このA氏を囲む会は久しぶりの参加者もいるから、なるべくわかりやすい会場を選ぶのが鉄則。
最近は駅ビルのお店での開催が続いてたけど、この「たつみや」さん、かつてA氏が在職の頃にみんなが時たま利用してた「雪国」って言うお店があった場所。なので、「昔雪国があったとこ」って言う案内で、みなさん迷わず来てくれる。
店内の内装も雪国時代と変わってないんで、単なる店名変更なのか、居ぬきで別の店が入ったのかは、不明。

 

 

 

 
総勢20人近く集まって、今回も盛況。
残念ながら今回出席できなかったメンバーから送られてきた近況が回覧されてくるのも楽しみ。
これもA氏の人徳と、いつも幹事を引き受けてくれるHちゃんの手配の良さだな。

 

 
最後に赤出汁と焼きおにぎりが出てくる頃には、大して飲んでないつもりでも、飲み放題のアルコールの威力でみんなそれなりに酔っぱらってる。各自の近況発表をして、名残はつきないけど会はお開きに。
 
◆居酒屋たつみや 目黒区下目黒1-2-22 セザール目黒1F 03-3493-7360
 
◆世界らん展日本大賞 2013 http://www.jgpweb.com/ 2/24まで開催中
 
A氏、そして皆さんとの再会の日を楽しみに、家路につ・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
いたはずなんだけど、あらら。
同じ方向に帰るK野氏と、まるで水が低きに流れるように恵比寿駅構内のRailCafeにて、クールダウン。

 
なんだか油ギッシュなのや炭水化物を食べてるね。

 
明日健康診断なんだけど、だいじょうぶなんだろうか…

日本橋・墨之栄(スミノエ) 原始焼きで和ランチ

ちょっと前の某日、日本橋でちょっと遅めの1人ランチ。
コレド室町にある墨之栄さんで、串に刺して炭火の遠火で焼いた、その名も原始焼きで、ランチ。
 

 
原始焼きって何かって言うと、お店の解説によれば以下の通り。
 
~究極の焼魚~ 原始焼き御膳   焼魚の調理のコツは「強火の遠火」と言われ、火力の強い炭火が理想です。炭の回りを囲んで焼くため、きれいな焼き色が付くだけでなく、魚の脂が炭に落ちず煙がたたないので、燻されず素材そのままの凝縮した旨味を味わうことができます。
 
 
その原始焼きでコンガリ焼かれたホッケに、温泉タマゴ、小鉢、ご飯、漬物、それに魚のアラがたっぷり入った漁師汁がついてて¥1000。こういう和のランチ、体がほっとするね。
 
◆日本橋 墨之栄(ニホンバシスミノエ) 中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町2F 050-5799-3501
 たしか以前は「紀の重」だった、店名変更したんだと思います。

緑の山手線、緑茶バージョン?

先月中旬くらいから、山手線の緑のカラー制定50周年を記念して、緑色の復刻ラッピングの山手線が走ってる。
 
で、本日。
緑茶バージョンもあったのね♪

 

 
 
そう言えば3~4年前、山手線100周年で茶色の復刻ラッピングもあったね。

目黒・TIP TOP(チップトップ) 揚げたて手作りコロッケランチ

昭和ムード満点な喫茶店、チップトップ。
日替わりランチはこんな感じで、メニューが掲示されてる。
 
先週某日(って、メニュー見ればいつだかわかりますが)、みさ姉・Sさんと3人でランチへ。
 

 
このお店の気に入ってるところの一つは、ご飯が美味しいところ。
喫茶店の副業のレベルをはるかに超えてる。ご飯が美味しいと、おかずは何でも美味しく食べられる。
※もちろん、おかずも美味しいです。
 
Sさんが最近ご家族で行った温泉宿が、ネット口コミでは結構高レベルだったのに、おかずは良いんだけどご飯がまずくて残念だったって言う話題で、ひとしきり盛り上がる。

 
本日のメニューは、手作りコロッケ。
ゴルフボールより一回り大きくて、テニスボールより一回り小さいくらいのまあるいのが3つ。

 
カットしてみると、中はこんな感じ。揚げたてのアツアツで、湯気が立ちのぼる。

 
このお店の気に入ってるところのもう一つは、ドリンクのコーヒーが結構お気に入りの美味しさで、なおかつ大ぶりのカップにあふれんばかりになみなみと入ってるとこ。油断してるとホントにあふれるから、要注意だよ。

 
 
唯一の欠点(非喫煙者にとって)は、ランチタイムも喫煙可ってとこ。まあ店内は結構広々としてるんで、気にしない人にとってはどうってことないけどね。
 
今週のメニューラインナップも、なかなか魅力的なのが続いてる。いつ行こうかな♪
 
 
◆Tea room TIP TOP(ティールームチップトップ)  目黒区下目黒1-4-7 03-3490-8512
 

池袋 わかる人にはわかる、オトナなお店で二次会

昨日の昼酒、赤羽「のんき」でもつ焼きを堪能して、時刻はまだ午後5時半あたり。
S氏はカラオケ気分みたいだからどこかカラオケボックスでもご案内しようかと思ったら、私たちを連れて行きたい店が池袋にあるって言う。土曜も営業してるのは確認済らしいので、一同駅から埼京線で池袋へ。
 
で、駅からほど近いビルに入る。
ちょっぴり怪しげなムード、昭和なスナックビルだね。

 
さらに廊下をずんずんと進んで、突き当り右の、S氏行きつけのお店へ。

 
開店間もない(または開店時刻前の)お店は、まだ他のお客さんはいない。
T氏持参の差し入れで、泡の乾杯♪

 

 

 
こういうおつまみが出てくる感じのお店、わかる人にはわかるよね。

 
ビールはキリンラガー、このほろ苦さが店の雰囲気にまた似合う。わかる人にはわかるよね。

 
すいてると思った店内は、実は予約でほぼ満席状態だったらしい。次々と予約のお客さんが入ってきて、あっという間にいっぱいになる。予約が無い人は、入店を断られてるみたいだ。
S氏がキープしてるらしきシーバスリーガルをロックで。
ボトルキープの札がさがったウィスキーがずらっと並んだ感じのお店、わかる人にはわかるよね。

 
他のお客様はみなさん飲むというより歌いに来ている感じで、めちゃめちゃ歌がうまい。
そんな中、独自の選曲と音程で楽しく歌い、飲む。
 
若き日の石原裕次郎の写真が壁に飾られた感じのお店、わかる人にはわかるよね。

 
こうして、池袋の夜は更けていったとさ。
 
 
 
<裏tomo君>
 で、なんで足に青あざが出来てるわけ?キックボクシングでもやったの??
 

赤羽・のんき 絶品もつ焼きで昼酒の幸せ

昨日の土曜日、以前一緒にお仕事をさせていただいて、その後も何かとお世話になってるS氏の呼びかけで、赤羽で昼酒の集いが決行された。
 
景気が良すぎて土曜日もお仕事のS氏は、職場の大宮から。他の参加メンバーG氏、K氏、T氏はそれぞれの家から、強い北風もなんのその、赤羽に集合。
 
それにしても奥様に車で送ってきてもらったG氏のファッションがすごい。
白地に黒いど派手ペイズリー柄のオープンシャツに濃紺のパンツ、白いエナメルのベルトをきりりとしめてる。
これでサングラスにゴールドチェーンでもかけたら間違いなくそのスジの方と間違えられそう!
※G氏は極めてまっとうな、どちらかと言うとおカタい職業に就いていらっしゃいます。
 
まずは生ビールで乾杯!

 
ネギサラダのネギ塩ドレッシングがけ。
何度食べてもネギだけとは思えぬ美味しさ、あとでリピートしちゃいました。

 
そして、ここに来たら外せない、もつ焼きフリーク達の間で、銀河系で一番おいしい「銀河イチ」って言われてるシロたれと、エッジが立って新鮮そのものの素材が生きてるレバー焼き。

 
プチトマトの豚肉巻き、火が通って甘味のでたアツアツのプチトマトに豚肉の旨みがからんで、これまた絶品。

 
カシラ焼き、これまたアツアツがたまらぬ美味しさ。

 
あまりにももつ焼きを食べ過ぎてしまうんで、おなかにたまりそうなポテトチーズ焼きと、ジャガバタ塩辛乗せをオーダー。T氏がポテトチーズ焼きに大量にタバスコをふりかけて、S氏の顰蹙を買う(笑)。

 

 
シイタケ焼き、塩加減が酒飲み好みなんだな。

 
ピーマン肉詰め、ひき肉のタネが表面コンガリだけどすごくジューシー。

 
シロ&レバー、おかわり!

 
タン塩焼き♪

 
 
このへんでかなりおなかもいっぱいになってきたけど、ドリンクがまだあるから軽めのツマミをいくつか。
ウメキュウ、塩辛、山芋千切り。
ちなみにドリンクは、生ビールの後はそれぞれの好みで、黒ホッピー、焼酎お湯割り、焼酎ロックなど。

 

 
 
いつしか明るかった外も薄暮の気配、このあたりでお会計を〆て、お店をあとにしたのでした。
 
このまま解散すれば平穏な一日だったけどそんなふうになるはずもなく、つづく…
 
 
◆もつ焼のんき赤羽店 北区赤羽1-19-16 03-6860-8910
 OK横町奥左、午後3時開店
 
前に行った時の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/62012708.html

ソウルみやげで、朝からラーメン♪

先週に引き続き、今朝もソウル旅行で買ってきたインスタントラーメンにチャレンジ。
 
今朝のは、なんとイケメンつき。まさにイケ麺。

 
例によって、日本語表示も英語表示も漢字表示も無し。ハングルリテラシーゼロの私には、意味不明。
たぶんこのあたりが作り方と思われ、唯一読み取れる数字とアルファベットを頼りに、お湯550mlで3分と判断。

 
制作しながらスープの小袋を開けて鍋に投入すると、刺激的な青唐辛子系の香りが立ち上る。
見かけは爽やかな無色透明塩ラーメン風だけど、当然辛い。

 
献立はこんな感じで、休日はバランスに気を配ったヘルシーブランチ。

 
モヤシ、エノキダケ、ピーマン、玉ねぎ、ワカメ、豚肉、プチトマトをトッピング。ホントならここにチャーシューが欲しいところだけど(笑)。

 
最初食べると、かなり刺激的にとんがった辛さが襲ってくる。でも時間と共に爽やかに抜けてく感じ。
ごちそうさまでした♪
 
 
 
オマケ~今年のバレンタインは目黒のOGGIさんのお菓子、カカオが本格派だから美味しい。
辛いラーメンのあとに、ピッタリ♪

 
<裏tomo君>
また朝からラーメンライス・・・
しかもお菓子も?
次のページ