FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

日本橋・日乃本比内や とろとろ玉子と比内地鶏の絶品親子丼

今週某日、午後から日本橋のオフィスで研修に参加するので、Mさんと二人で日本橋でランチ。
とろとろ玉子がたまんない親子丼を食べに行った。
 
親子丼ランチセット。親子丼、小鉢、鶏スープ、いぶりがっこで¥1200。

 
とろとろな玉子がご覧の通りたっぷり。香ばしい比内地鶏もごろごろ。スプーンでざくざくいただいちゃいます。
 
今回は+¥200で有機野菜のサラダをプラス。研修に備えて栄養つけないとね♪

 
午後からの研修は、セクシャルハラスメント・パワーハラスメントなどの人権関連。
なぜか同じテーブルに怖いお姉さんが集結して、配られた資料のハラスメント事例に一々コメント(難癖、とも言う)をつけながらの、楽しい研修になりました。
 
 
 
日本橋のオフィスビルにも、クリスマスツリーがたくさん。
いよいよ師走だね。

 
◆日乃本比内や(ヒノモトヒナイヤ) 中央区日本橋室町二丁目1番1号 03-3231-1718
 
 
スポンサーサイト



赤坂・りときや寛 落語鑑賞の反省会でクールダウン

ゆりりーちゃん引率による落語鑑賞会「志らく・喬太郎二人会」が終わり、4人で赤坂見附駅近くまでそぞろ歩く。
もちろん、4人とも今日の落語の感想を話し合い、鑑賞態度などについての反省を深めて次回につなげる「反省会」をやるって心に決めている。
 
赤坂見附駅が近づくと、近辺の夜遅くまでやっている主としてチェーン系居酒屋さんの客引きが激しい。
 
安くしますよ~とか、飲み放題つけますよ~とか、
ちらしを片手にわらわらと寄ってくる。
 
私たち、別に目当てのお店は無いんだけど、心情的にどうもこういう客引きさんが寄ってくるお店はご遠慮して、滋味だけど魅力的な店構えの焼き鳥屋さんへの会談へ。
 
客引きのお兄さんは名残惜しそうに「ウチにも焼き鳥ありますよ~」って言ってるけど、ゴメンナサイね。
 
「りときや」っていう名前の焼き鳥屋さん。
L字型のカウンターとテーブル席がいくつか、奥にこじんまりした小上がりも一つあるみたい。
カウンターの中ではトラディショナルな感じの炭火の焼き台があって、焼き鳥が次々に焼かれてる。
これこれ、こういうお店に来たかったんだよね。
 
おなかの底から笑い転げて体温が上がってるんで、冷たいドリンクでクールダウン。
 

 

 
鶏皮ポン酢。

 
プチトマトの肉巻き。

 
大根サラダは、やさしいYOKOさんゆりりーちゃんが取り分けてくれました。

 
基本各自が好みの串をオーダーしてるんだけど、到着したころにはどれを頼んだか良く分かんないから、早い者勝ちでどんどん食べちゃうもんね。
アスパラ肉巻き、ネギま、シイタケ焼き。

 
4本来てるのは全会一致のオーダー、この季節、ぎんなんははずせない。

 
ウズラタマゴ焼き、これもみんな好きなんだな。

 
スタートが遅かったんでそろそろラストオーダー。〆には炭火でこんがり焼かれた焼きおにぎりとお新香を。

 

 
 
落語界の色々をゆりりーちゃんに解説してもらいながら、楽しい反省会になりました。
ごちそうさまでした♪
 
 
◆りときや 寛(リトキヤ カン) 港区赤坂3-9-4 サカタニビル B1F 03-3582-5558
 http://www.ritokiya.com/>http ://www.ritokiya.com/

落語鑑賞 志らく・喬太郎 二人会@赤坂区民ホール

昨夜は、大の落語ファンで立川志らく師匠ラヴ~のゆりりーちゃんのご手配で、落語会に行ってきた。
 
昨年もおなじ二人会を同じ会場で聴き、終わった後で飲みながら「談志師匠の具合はどうなんだろう」って噂していたけれど、実は師匠はその前日に亡くなられていたと後日発表されて、驚いたのを思い出す。
 
志らくさんもそのことを話していて、自分たちもまだ知らされていなかったけれども、たまたまその会でやった噺は2つとも談志師匠の十八番だったとのことでした。
 
昨夜の演目(っていう言い方で良いのかな)は、こちら。

 
 一、千早振る  らく次
 一、時そば   志らく
 一、寝床    喬太郎
  仲入り
 一、幇間腹  喬太郎
 一、紺屋高尾 志らく
 
ゆりりーちゃんごひいきの志らく師匠は、独特の個性が際立っていて、ある種の毒を感じさせる魅力。対する喬太郎師匠は、聞き手を意識した話術で引き込まれる魅力。
どっちもおなかをかかえてしっかり笑いました。
 
ゆりりーちゃん、いつもご手配をありがとうございます。
またおすすめな会があったら、よろしくね!
 
 
そして楽しい反省会へ、つづく♪

水道橋・酔の助(ヨノスケ) にゃーごさん迎撃! 

ホテルニューオータニでの美しくも美味しい結婚披露宴もお開きになり、外に出ればもう夜の闇だ。
でも、私にはまだ行かねばならない場所がある。
 
仙台在住のにゃーごさんが東京に来るので、迎撃宴会が企画されているのだ。
先日の東北旅行では、夜遅くの私たちの到着に合わせて、仙台での宴席をセットしてくださったにゃーごさん、
さあ、行くぜ、水道橋!
 
駅からすぐの居酒屋さん、神保町の本店には何度か行ったことあるけど、こちら水道橋店はお初。

 

 
にゃーごさん、東京にようこそ、乾杯!(注: にゃーごさんはまだ到着していません)

 
串カツ。

 
良い感じにレトロな店内、落ち着くね~。

 

 
にゃーごさん、そろそろ着いてるんじゃないって噂をしてたら、まるでタイミングを見計らったように登場!
今度こそ、にゃーごさん、東京にようこその乾杯!

 
牡蠣のチーズ焼き、この牡蠣はどこ産かな~って、気にかかる。

 
鯨カツ。

 
山芋千切りののり巻き。

 
手羽先餃子。

 
ビール、日本酒、焼酎、梅酒などが乱れ飛び、Hosoiさんへの酔っぱらい電話あり、復興へのアツい議論があり、最後はにゃーごさんと路上でハグしてこの会はお開きとなりました。
 
 
 
 
そして今朝、
 
枕元の携帯を見ると、メールが着信している(青字は私のコメント)
 
1:04 kazubon なんで                  なんでって何だ?
1:53 kazubon 帰宅                   どっかから歩いたのかな
1:57 ヒロシ! 八王子のマンガ王国チェックイン やるな、ヒロシ!一体どういう乗り越し経路なんだろう
2:02 kazubon 帰宅 なんでこんな遅いねん?  さっきも帰宅したってメールもらってるってば
6:11 わたくし みなさまおつかれちゃん
6:12 ヒロシ! もうすぐ帰宅 そしてテニス行きますねん やるな~、ヒロシ!、ぶっ倒れないようにね
6:13 kazubon なんであんな遅い時間?      知らん!
6:14 ヒロシ! 皆さん朝が早いですね お歳の割には 余計なこと書いた 反省 次お会いするのが楽しみです
 
今朝はゴルフに行くらしいtako氏から「一緒に行きますか?」ってお誘いを受けた。
一瞬、今からテニスに向かうヒロシ!さんのことが頭をよぎったけど、やっぱりお断りして今日は休養日。
 
 
今朝のヒロシ!さんのブログ→ http://blogs.yahoo.co.jp/hiroshi0315o/66032875.html
今朝のKazubonのブログ→ http://blogs.yahoo.co.jp/kazubon22jp/63657458.html
 
みなさま、ホントにおつかれちゃん!!!
そしてにゃーごさん、発表がんばってください。
 
 
~13:30 追記~
サクラノさんのブログによると、新宿だったらしい→ http://blogs.yahoo.co.jp/sakurano_qt/37001732.html
 
 
◆酔の助(ヨノスケ) 水道橋西口店 千代田区三崎町2-20-9 第2税研ビル1F 03-3234-8455

赤坂・トゥールダルジャン 美しくも美味しいひととき

昨日はお天気にも恵まれた秋の良い一日、会社の若手ホープYちゃんの結婚披露宴が開かれました。
 
受付をすませ、食前酒のキールを片手に窓辺の席へ。
優雅にカナッペがサーブされ、同席になったYちゃんの叔母さまと名古屋メシの話題で話がはずむ。
(Yちゃんは愛知県のご出身なのです)

 
そして披露宴会場へ。
 
私のテーブルは、最も怖いお姉さんであるK子姉さん、妖怪チームKさん、妖怪予備軍のRちゃんと私の4人。
新婦の同期らしき華やかなグループのテーブルとは異質の雰囲気を放つ、怖いお姉さんテーブルってことでしょうか。

 
新郎新婦の入場、美しく輝くばかりの新婦のYちゃん、まぶしいね。そして新郎の心のこもったウェルカムスピーチに続いて、シャンパンがやってくる。
 
これはシャンパンサブラージュっていうイベント、専用のサーベルでシャンパーニュのコルクを瓶の口ごと切り落としちゃいます。すごいワザだ、でも良い子はマネしないでね。

 
で、シャンパーニュで乾杯になるんだけど、この乾杯のご挨拶が良かった。
私が今まで聞いた数々の結婚披露宴の乾杯挨拶の中で、最高のものだった。
 
指名されたYちゃんの伯父さん、司会の方に、
「○○さま、乾杯のご発声の前に、一言お言葉を賜りますようお願いいたします」
って言われてマイクの前に立つと、
「私は乾杯は頼まれたがお言葉は頼まれていないので、このまま乾杯します!」
って、きっぱり言い放つ。
 
この乾杯の前の挨拶って、話す人は短くと思っていても、ついつい決まり文句やらあれもこれもと喋ってるうちに、シャンパンはぬるくなり、泡もしだいに弱まって…っていうのは良くある話だけど(私もやっちゃったことあり)、今回はつぎたてフレッシュ、良く冷えたシャンパンを美味しくいただくことができました。
 
~Champagne Brut Majeur Ayala シャンパーニュ ブリュット マジュール アヤラ~

 
続いて、お料理の責任者らしきフランス人の方から、本日のお料理とワインについての解説が、フランス語で執り行われる。まったく意味が分からないけどだいじょうぶ、隣の日本人スタッフの方が通訳してくれます。

 
パンもバターも美味しいのは、素材が良いからなのかな。
隣のK子姉さん、立派なカメラを持ってきてるね。

 
前菜は贅沢にあしらわれたキャビアがまぶしい。ホワイトアスパラのサクサク感と伊勢海老の濃厚と、さすがの怖いお姉さんテーブルも、静かにお料理に専念。でもしっかりシャンパーニュはお代わりしてます。
 
~Charlotte "Argenteuil" a la Langouste d'Ise et caviar~
伊勢海老とアスパラガスのシャルロット キャヴィア飾り

 
ハートと星の形の何かが入っているこのお皿は何かって言うと、この後スープがつがれて・・・

 
~Consomme de canard etoie aux paillettes d'argent
Ravioles de cuisses confites a la sarriette~
琥珀色のコンソメ 銀の輝き ラヴィオリと共に

 
 
次はお魚料理ってことで、白ワインがサーブされる。
 
~Meursault 2008 Sylvain Loichet~
ムルソー シルヴァン ロワシェ

 
皮がパリッとした真鯛の下には、濃厚なソースのリゾットが敷かれてる、さすがの怖いお姉さんテーブルも、静かにお料理に専念。でもしっかり白ワインはお代わりしてます。
 
~Dorade rotie sur risotto et supions frits, sauce Bercy~
真鯛のロティとリゾット 小イカのフリット ソースベルシー

 
本日のメインの前のお口直しのシャーベット。
爽やかな甘酸っぱさに、シャンパーニュが注がれてて、爽快感アップ!
 
~Sorbet pomelo rose et ses semgments ecllates arrose de Champagne "Tour d'Argent"~
グレープフルーツのシャーベット 華やかなシャンパーニュを注いで

 
そしてケーキ入刀。
 
最近は披露宴前に入籍はすませていたりするので、昔よく使われた「お二人の初めての共同作業」っていうフレーズは無かったね。ケーキの側面にはりつけられてるカラメルで固めた小さなシュークリームは、最後のコーヒーの時に出てきました。
ケーキ入刀のあとにお互いに「あ~ん」ってのをやるのは、近頃の流行りなんでしょうか。

 
トゥールダルジャンと言えば鴨、鴨と言えばトゥールダルジャン。
そして鴨のお供には、赤ワイン。
~Gevrey-Chambertin 2007 Alain Burguet~
ジュヴレイ シャンベルタン アラン ビュルゲ 

 
昭和天皇がかつてパリのトゥールダルジャンを訪問された際にも召し上がったという鴨のロースト、昭和天皇が召し上がったのと同じレシピとのことで、さすがの怖いお姉さんテーブルも、静かにありがたくお料理をいただく。でもしっかり赤ワインはお代わりしてます。
 
~Caneton roti Marco Polo aux quatre poivres~
幼鴨のロースト マルコポーロ

 
そしてなんと、このお店では鴨一羽ごとにナンバリングしたカードを提供しているそうです。
一羽で2人分、私とK子姉さんはおんなじ221083だったから、同じ鴨の肉を食べた仲ってことだね。

 
新郎新婦の鴨は、この鴨をカットする名人(?)の方が、みんなが見ている前で鮮やかな手つきでカット。

 

 
デザートは、ルーブル美術館のピラミッドをかたどったもの。
幸せいっぱいのお二人にふさわしい、明るくてかわいらしいピンク色。
 
~Pyramide "Louvre" de mousse au chocolat glace au Lait et framboise~
チョコレートムースのピラミッド”ルーヴル” ミルクとフランボワーズのアイスクリーム

 
~Cafe et mignardises コーヒーと焼き菓子~

 

 
最後はYちゃんからお母様への手紙の朗読、最近涙腺がゆるみがちな怖いお姉さんテーブルは、全員ウルウル状態だね。

 
Yちゃん、本当におめでとうございます。
いつまでも仲良く、おしあわせにね!

 
 
 
◆トゥールダルジャン 千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ザ・メイン ロビィ階 03-3239-3111
 1582年に誕生した、美食の都パリを象徴するレストラン「トゥールダルジャン」の唯一の支店。
 
 
※料理名は参考のためにいただいたメニューから書き写しましたが、仏語のたしなみが無いので、多少の間違いはご容赦を!
 
 

目黒・鳥芳(トリヨシ)2号店 遅いスタートでの飲み

最近、最強飲み友Mちゃんはお仕事多忙で、飲みに行く機会が少ない。
ずいぶん夜遅く(朝早く?)まで働いていることもあるみたいだ。
 
そんなMちゃんから、今夜は飲みに行けそうっていう連絡があり。
結局、予定よりかなりスタートが遅れちゃったけど、夜10時頃から飲むことになった。
まだお仕事しているIさんにも声をかけて、Mちゃんと二人で先発。
 
炭火で焼くジューシーな焼き鳥が美味しい、鳥芳の2号店へ。

 
店内はカウンターが満席、カウンターの手前、出入り口の横にある2席だけの補助席みたいなところしかあいていない。「3人なんだけど、入れますか?」って聞くと、お店のお兄さんがにっこり笑って椅子を指し示す。よく見ると、丸椅子を二つ重ねてあって、ばらすと最大4席になるしくみ。肩寄せ合ってって感じだけど、これはこれでまた良いね。
 
まずはMちゃんと2人で、おつかれさまの乾杯!

 
つきだしは、さっぱりとしらすおろし。

 
ほどなくIさんも到着して、ふたたび乾杯!

 
カシラ、レバー、ぼんじり、ピーマンの肉詰め、つくね、軟骨、鶏皮、ハツ・・・

 

 
思い思いに頼んだ焼き鳥をつまみつつビールを飲む。
最近お互い忙しくてなかなかゆっくり話す機会が無かったけど、Mちゃんのお仕事も小さな山を一つ越えたみたいで、ささやかな祝杯だね。
 
10時過ぎにスタートしたこの飲み、1時間くらいで切り上げようと思っていたけどそんなことできるはずもなく、
気が付けばビールのジョッキは重なり、
焼き鳥の串はたまり、
終電は去り…
 
結局週の前半からタクシーのお世話になっての帰宅だったとさ。
 
 
<裏tomo君>
 最近お互い忙しいって、MちゃんとIさんはお仕事で忙しいけど、アンタの場合は・・・
 
<おめでとうtomo君>
 本日は会社の若手ホープさんの結婚披露宴、これから美容室で変身してきま~す♪
 
 
◆鳥芳(トリヨシ)2号店 目黒区目黒1-5-19 03-5496-9122

目黒・TIP TOP(チップトップ) 昭和な喫茶店の洋食ランチ

外観と言い、内装と言い、メニューと言い、
まるっきり昭和な喫茶店、TIP TOP。
 
でもここで出してくれるランチはなかなか魅力的で、結構な頻度で通ってます。
 
常連さんはたいてい持ってる、一か月分の日替わりランチメニュー。

 
日替わりランチ¥700、ドリンクをつけると¥950。
日替わりの他にレギュラーメニューには、ケチャップべたべたなナポリタンスパゲティとか定番のハンバーグやカレー、ハムエッグ定食なんかもあります。
 
この日の日替わりは、照り焼きチキン。
丁寧に余分な脂をはずした下ごしらえ、パサつかずにふんわりジューシーな焼き加減、多めにふられた胡椒のスパイシーさもあって、美味しい。
それにこのお店の特記事項は、一緒に出てくるライスが美味しいんです。低糖質とかつぶやきながらも、ついつい完食しちゃうのは、いつものこと。(お願いすればライスの量は加減してくれるんだけどね)
 

 

 
+¥250でコーヒーを頼めば、本格的な喫茶店のコーヒーが、カップになみなみとでてきて、これまたすごい満足感。私たちは必ずドリンク付きでお願いしてます。

 
こうしてたっぷりランチを食べて、眠くなってきた目をこすりつつ、お仕事にもどるのでした♪
 
 
<裏tomo君>
午後の会議で寝てなかった?
 
 
◆Tea room TIP TOP(ティールームチップトップ)  目黒区下目黒1-4-7 03-3490-8512
 
(追記)12月のメニューはこちら! → http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/62242590.html
 
 
 
 
 

渋谷・ブラッスリー銀座ライオン お誕生会の二次会

ゆりりーちゃんのお誕生会のあと、井の頭線の神泉駅に向かう人たちと別れて、ゆりりーちゃん、おひささん、まこはん、kazubonと一緒に、渋谷駅までそぞろ歩く。
 
道玄坂の途中からマークシティーに抜け、ふと目をやれば、わが心のふるさと、銀座ライオン発見!

 
入る。
そして飲む。
kazubonのグラスの白い飲み物は、カルピスじゃなくってマッコリだね。

 
もうおなかいっぱいなんだけど、ゆりりーちゃんはポテトフライがお好きとのことで、オーダー。

 
最近のまこはん家でのホームパーティーの様子とか、ほっこりした感じの話題で楽しくクールダウンの二次会。

 
ゆりりーちゃん、お誕生日おめでとうございます。
また一つ、良いオンナになったね~♪
 
 
◆ブラッスリー銀座ライオン 渋谷マークシティ店 渋谷区道玄坂1-12-5 渋谷マークシティ
  RESTAURANTS AVENUE 4F 03-5428-3612

渋谷・開花屋(カイカヤ) ゆりりーちゃんのお誕生会

先日行われたyokoさん&まこはんのお誕生会の席上開催がきまった、ゆりりーちゃんのお誕生会。
魚が美味しい開花屋さんに、ひさしぶりに行ってきた。
 
神泉の駅を出たところで、参加者のかわしりさんとばったり遭遇して、一緒にお店に向かう。
そう言えばこのお店で、かわしりさんご夫妻&K野さんと飲んだこともあったね。
 
まずは乾杯、ゆりりーちゃん、お誕生日おめでとう!(※主役はまだ到着していない)

 
主役が到着して、ふたたび乾杯!

 
海が大好きなサーファーのご主人、海辺で築いた人脈で仕入れる魚は、新鮮で安くて美味しい。
壁の装飾も、海にちなんだものばかり。

 
カルパッチョがでてきたところでかわしりさんが私の方を見て思わずつぶやく。
「う・・・美しい!」
いやぁ~、そんなに褒められると照れちゃうねって答えておいたけど、かわしりさんの視線が私よりお料理に向いていたような気がしないでもないな。

 
チキンサラダ。

 
kazubonは、東北支援のために日本酒の浦霞。

 
このあとkazubonは、なぜだか隣のテーブルに座り込んで、知らない人たちから燗酒を注いでもらって飲んでました。不思議な社交性、ご本人は覚えてないらしい。
 
海老サラダの海老ソース、下に敷かれたケースもバリバリ崩して食べちゃいます。

 
マグロのスペアリブ、ものすごく濃厚なうまみで美味しい。骨の周りのお肉をこそげとって、なめるようにいただいちゃいました(ホントになめてる人もいたかも?!)

 

 
小魚は丸揚げにして、アタマも骨もバリバリいただきます。

 
kazubonからゆりりーちゃんへのバースデープレゼント。
でも、kazubonのブログに「昼休みに散歩していてワインの安売りコーナーで500円のを買った」って書かれているのをみんな知ってるから、ブーイングが起こる。ゆりりーちゃん、煮込み料理にでも使ってね。

 
絶品のお刺身、どれも美味しい。ワサビは自分たちでおろして、おろしたてでね。 

 
〆はお魚チャーハンとあら汁。このあら汁が絶品、おかわりしちゃいました。

 
デザートでクールダウンしていると・・・

 
オーナーの豊富な人脈なのか、口コミの威力なのか、このお店は外人のお客さんが多い。
夜遅くなると、半分以上が外人さんなんてことも良くある。
隣の席のブロンドのお姉さん、日本人のかくし芸の妙技に、不振がりながらも笑ってました。

 
気配りyokoさんが用意しておいてくれた、ゆりりーちゃん用のスペシャルデザート。
おしゃれ~、かわいい~、おいしそぉ~、まさにゆりりーちゃんの雰囲気にピッタリ♪

 
お店の外観。

 
こうして楽しく夜は更けて、神泉駅に向かう人と別れて私たちはふらふらと、渋谷駅を目指して歩いていったとさ。
 
 
 
つづく(笑)・・・
 
 
◆開花屋 by the sea 渋谷区円山町23-7 03-3770-0878

目黒・Brownie & Kookie(ブラウニーアンドクーキー)  最初の牡蠣と最後のさんま

今週の火曜日、カウンター内の店主が手際よく美味しいランチをつくってくれるブラウニーアンドクーキーでランチ。あ、牡蠣がメニューに加わってる!

 
早速オーダー、牡蠣のパセリパン粉焼き、お供はライス。

 
大粒の牡蠣がたっぷり、パリパリ焼けた香りの良いパン粉との相性もなかなか。

 
ここのランチは、ちょっとしたデザートとコーヒーがついてるのがまたうれしい。
デザート一番人気は、濃厚味でちょっと固めのプリンでした。

 

 
 
牡蠣と入れ違いに、この秋何度もいただいたさんまのパセリパン粉焼きは今週いっぱいで終了って聞いて、どうしてももう一回食べたくなって、翌水曜日もまたまたブラウニーアンドクーキーへ。
 
最近メニューに加わった、+50円のランチスープ、野菜たっぷりでおいしい。

 
さんまのパセリパン粉焼き、ライス・デザート・コーヒーのセットで¥980。今シーズン最後のさんま、じっくり味わっていただきました。

 

 
 
春には満開の花を楽しませてくれた目黒川沿いの桜、紅葉もそろそろ終わり。
季節は駆け足で通り抜けていく今日この頃なのでした。

 
◆Brownie & Kooky(ブラウニーアンドクーキー) 目黒区下目黒2-18-7  03-5435-0355
次のページ