FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

神田・お多幸(オタコウ) 飲みなおしで飲みすぎ

某日、日本橋のオフィスで、年に一回全国の人たちが集まる大規模な会議が開かれた。

会議の後は、懇親会という名の立ち飲みパーティー、中途半端に食べて、中途半端に飲む。
こういうふうに中途半端に飲んじゃうと、どうしてもしっかり飲みなおしたい気分になる。同じ懇親会に参加していたYさん、Iさん、K氏の3人を誘って、もうちょっと飲み直すことにする。席に戻って見回すと、K子姉さん(当然、素面)がまだお仕事をしていたんで、やや強引にお誘いして、一緒に近隣のおでん屋さんへ。
古くからのお店だから、ツマミ類は渋いラインナップ、つきだしは煮こごり。

 
すでに「一次会」でビールが進んでるらしき2人は、いきなり焼酎ロックでスタート。

 
おでんは、文句なしの東京おでん、ちくわぶは欠かせないね。

 
トマトのカットが、美しい。

 
イカ好きの私のために、イカ丸焼きを頼んでくれました。Yさん、サンキュです!

 
さらにおでんも、どんどん食べちゃいます。

 
うるめイワシ、これまた渋いラインナップだね。

 
チーズ揚げは、このお店ではモダンなおつまみの部類。

 
「偽からすみ」ってのがメニューに載ってたのでオーダーしてみる。
本当のからすみのこともそんなに良く理解してないんで大きなことは言えないけど、だまって出されたら本物だと思っちゃうようなものでした。どうやってつくるんだろうね。

 
〆は名物の「豆茶」、茶飯の上におでんの豆腐とダシをかけて、お茶漬け風にいただきます。

 
懇親会から流れた4人は下地ができてるからあっという間に良い感じにできあがる。
「中途半端に飲んだ」とか思ってても、実は結構しっかり飲んでたんだよね。

 
 
翌朝、それぞれ、若干の乗り越しや、「どうやって帰ったか覚えてませ~ん」等の報告がなされ、唯一最後まで記憶を保っていたK子姉さんの話を頼りに、精算活動が行われたのでした。
 
◆お多幸(オタコウ) 神田店 中央区日本橋室町4-3-11 共同ビル1階 03-3242-0753
 
 
さて、本日はお日柄もよろしいようなので、これからゴルフ場に出撃♪
スポンサーサイト



目黒・魚々彩菜 たけ美(トトサイサイタケミ) 厳選素材の美味しいランチ

目黒でカラダが元気になるような美味しい和のランチが食べたい気分の時は、たけ美さんの出番。
 

 
某日いただいたのは、鯵のセットランチ。
鯵の塩焼きとタタキに、おかずが色々ついてて、ご飯は白米か玄米から選べます。

 
睨んでますな(笑)。

 
タタキも、新鮮そのもの。

かみしめるほどにじっくりおいしい、厳選素材の和ランチ。ごちそうさまでした♪
 
ところで、このたけ美さん、お弁当もやってるってことで別の日のランチミーティングにお願いしてみたら、これまた大正解。ご飯、メインのおかず、サブのおかず達、すべて癖になりそうな美味しさだったよ。
※5個以上前日までに予約で、近隣なら配達してくれるそうです。

 
◆魚々彩菜 たけ美(トトサイサイタケミ) 目黒区下目黒1-3-4-104  03-3495-4748

神田・玉ゐ 連休前にあなご料理で宴会

連休前の金曜日は、日本橋で職場の飲み会。
上司様を囲んで、今期もガンバロウって言う新年(度)会を開催しました。
 
この日の幹事は「もっとも怖いお姉さん」ではないかってみんなから恐れられてるK子姉さん。
K子姉さんは、開始時刻にびしっとお料理が並んでいるように早めに行かれるとのことなので、不肖tomoも「幹事手伝い」として、一緒に早めにお店に到着。
 
なにはともあれ、まずは二人で乾杯。

 
K子姉さんがお怒りモードになると怖くて危険なので、イライラを鎮める効果があるとされるカルシウムたっぷりの、穴子骨せんべいをオーダーして、場をつなぐ。

 
みなさん、三々五々駆けつけて来るんで、そのたびに乾杯!

 
セロリの浅漬けと、フルーツトマト。フルーツトマトに乗ってるしょっぱい野菜「アイスプラント」も、最近はだいぶポピュラーになってきたね。 


 
おつまみの焼きあなごと煮あなご。
それぞれに美味しいけど、ビールには焼きあなご、日本酒には煮あなごって感じかな。

 

 
K子姉さん推奨の「じゃこ天」、香ばしくって意外とさっぱりで美味しい。

 
日本酒は、戦国時代にちなんだ各地のものがあるみたい。この日は加賀と秋田のお酒をいただきました。
注:K子姉さんは秋田ご出身とのこと。

 
あなご入りの玉子焼き、ふっくら美味しい。

 

 
いぶりがっこと炙りめんたい、酒飲みのオーダーはこういうのに収束するよね。


 
あなきゅう巻きと、おしんこ盛り合わせ。秋田のお酒はどんどん蒸発してま~す。


 
最後に、穴子の太巻きをどぉ~んとお願いして、もうおなかいっぱい。

 
ところで、この日目黒のオフィスから来るはずのI嬢が、待てど暮らせど到着しない。どうやら山手線が止まってて身動きが取れないらしい。あなご屋さんはそろそろ閉店なんだけど、I嬢を見捨てることはできないんで、もう一軒場所を変えて、お待ちすることにして、近くにあるいつもの居酒屋さんへ。
 
 
もうみんなおなか一杯の酔っぱらいなんだけど、とりあえず再びの乾杯!

 
やがて無事合流したI嬢にあれこれおすすめメニューをオーダーしつつ、これまたお店が閉まるまでだらだらと飲み続けていたのでした。
 
 
◆日本橋玉ゐ 室町店 中央区日本橋室町4-3-6  03-5203-6250
 ちょっとわかりにくい路地裏にある、古民家の一軒家。
 初来店の男子たちはまわりをぐるぐる回っててなかなか到着できなかったみたい。

目黒・うどんのう 通りがかりのクイックランチ

昼時に目黒から日本橋に移動するんだけど、お昼食べる時間があんまり無い。
こんな時に便利なのは駅ビルのレストラン街、和の気分だったんで、うどん屋さんに行ってみた。ここは、以前は普通にトラディショナルなうどん屋さんだったんだけど、いつの間にかちょっとおしゃれなお店にかわってます。
 
暖かいおつゆに入ったうどんも魅力的だけど、さくっと食べるにはぶっかけタイプが良さそう。
4月いっぱいやってる「春のごちそうフェスタ」のスペシャルメニュー、旬菜とちくわ天の生醤油うどんをチョイス。
 

 
蕗の薹・タラの芽・タケノコ・茄子・ちくわの天ぷらが乗ってて、かなりボリューミー。トッピングは青ネギ、花かつお、大根おろし。スダチを絞って、添えられてる「生醤油」をかけてツルツルっといただきました。
このタレ、「生醤油」とは銘打ってるけどダシ醤油みたい、大阪風なのかな。
 
約10分のクイックランチでおなかいっぱい、おかげで午後も元気いっぱいだったよ。
 
<裏tomo君>
夜も元気いっぱいで大酒飲んでたよね。
 
 
◆うどんのう 目黒店 品川区上大崎2-16-9 アトレ目黒1 A館5F 03-6408-8462

根津・鷹匠(タカジョウ) つつじまつりの後は蕎麦屋飲み、そして…

GW初日、根津神社のつつじ祭りを堪能したYさん、みさ姉、tomoの3人は、地元在住Yさんのご案内で根津散策。
 
東京下町の風情が残る散歩コースとして人気の「谷根千(谷中、根津、千駄木)エリア」、古くからのお店もあれば、散歩客目当てのお洒落なカフェ、雑貨屋さんなんかも目につく。
 
ゆりりーさん、こちらのお店は故立川談志師匠ご用達だったそうですよ。
入ってみた~いって主張したものの、すでにこの日に行くお店は決定済みとのことで、却下。

 
元々は染物屋さんだったという手ぬぐい屋さんで、パンダ好きのお友達にお土産をゲット。
次に向かった先はそのお隣の・・・

 
いかにもな風情の、お蕎麦屋さん。
このお蕎麦屋さんは、何と朝7時半から朝食営業をしているのでも有名なんだそうです。
もうお昼はだいぶ過ぎた時間だったけど、人気店だけあって若干待ってやっと着席。

 
屋台の缶ビールも美味しいけど、ビアグラスでいただく良く冷えたエーデルピルスの生ビール、これまた最高!

 
おつまみの盛り合わせは、ちょこちょこといろんなものがやってきて、酒飲みにはうれしい。
豆腐の味噌漬けとか、山椒が効いたジャコとか、この一口が良いんだよね~って語り合いつつ、ぱくぱくといただく。

 
湯葉は、ワサビ醤油か酒盗と一緒にいただきます。なんか健康的だね~

 
焼き味噌、もうこうなったら日本酒でしょうってことで衆議一致して、昼酒はビールから日本酒へ。

 
四季桜の冷、するすると消えていくぅ~。

 
トマトの付け合せは新玉ねぎのカレーマリネ。

 
さしもの混雑していた店内もいつしか待ち行列は消え、他のお客さんは帰り、私たちの貸切状態。
このまま果てしなく飲んじゃうと危険水域のようで、お蕎麦をいただいて、〆ました。
 
私のオーダーは深山(田舎蕎麦)、エッジの効いた歯ごたえがたまんないね。

 
Yさんは鴨せいろ、みさ姉はせいろ、ちょこっといただいたけど美味しかった。

 
この後夜に行こうと思ってるお店の開店時間まではまだ1時間くらいあるんで、ご近所のYさん邸で休憩しようと押しかける。でも、Yさんがにっこり笑って冷蔵庫から大量のヱビスビールを出してきて、結局ご在宅だったYさんの旦那さまも巻き込んで、さらに酒盛り状態に・・・
 
ここで、この日はどっかでクラシックコンサートを聴いて、その後飲んでいるはずの最強飲み友Mちゃんから着信、こっちに合流したいらしい。 根津駅でMちゃんと落ち合って、Yさんご主人おすすめの歌って踊れる(?)お店にみんなで繰り出して、上野の夜は更けていったとさ。

 
Yさんの旦那さま、昨夜はおつきあいいただいてどうもありがとうございました。
また遊びましょうね♪
 
 
◆鷹匠(タカジョウ) 文京区根津2-32-8 03-5834-1239
 
◆Liberty House(リバティハウス) 台東区上野2-12-16 池之端スカイビル5F 03-3836-0355 

根津神社のつつじまつり 2012

昨日のゴールデンウィーク初日、お天気にも恵まれてYさん、みさ姉と一緒に、根津神社のつつじ祭りに行ってきた。
 
境内の斜面がずっとつつじ苑になっていて、つつじ祭り期間中は200円のご寄進でつつじ苑の中に入ることができます。今年は冬の寒さで若干開花が遅れ気味とのこと、遅咲きのつつじはまだ咲きそろってないのかな。

 

 

 











 
~以下、根津神社HPより引用~
境内にある約2000坪のつつじ苑には、約50種3000株のツツジが咲き競い、甘酒茶屋、植木市、露店等もたくさん並びます。
見頃は4月中旬から下旬(その年の気候により、かなり異なる。)、種類が非常に多く、開花時期が違うため、早咲きから遅咲きへと花が移り変わり、長い期間様々なツツジを楽しむことができます。
中には豆つぶほどの小さい花のフジツツジ、風車のような花弁のハナグルマ、黒ツツジと呼ばれるカラフネ等珍しいものも見ることができます。
~引用終わり~
 
不思議の鳥居をくぐっていくと、お祭りにはつきものの楽しい露店が色々、たこ焼きにビールで、乾杯♪

 

 
「3年履いても破れないと評判のくつ下」も売ってる、独特なファッションセンスの露店、気になるね。 

 
境内では、奉納武術、薙刀の模範演技が披露されてました。前座(?)では子供もいたりしてかわいいけど、最後に出てきたお姉さんたちは結構強そう。

 
六代将軍家斉公が奉納したっていう大神輿、公開中。

 
このつつじ祭り、5月6日まで開催だそうです。今年はまさに開花のピーク、ご興味のある方、おすすめですよ。
 
さて、喉も乾いてきたんで、このへんで地元在住Yさんの先導で根津神社を後にしてふらりと根津散策に向かうご一行、次はどこ行くのかな。
 
つづく
 
◆根津神社HP → http://www.nedujinja.or.jp/tutuji/t.html
 
◆去年行った時の記事 → http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/60948517.html

目黒・じとっこ組合 ハートがキュートなジョッキで乾杯

今週某日、
今期も何かと課題の多い某プロジェクト関係者が集って、みんなで頑張りましょうってことで懇親会を開催した。

場所は地鶏料理がおいしい「じとっこ組合」さん。つきだしは新鮮野菜。

 
このお店は、アルバイトの女子が元気でかわいいのも特徴。
そんなアルバイトのみなさんのちょっとした心配り、ビールジョッキにハートのメッセージが貼られてました。

 
キスマーク付のラブラブメッセージもあったりして、結構盛り上がる。
(私のジョッキに貼られてたのは、イラスト無しで「かんぱ~い」って言う、割と地味なメッセージ)

 
本日の幹事I氏のオーダーは、まずは無難に定番の胸身たたきとじとっこ焼きのセットでスタート。
胸身たたきは「ネギまみれ」、下に敷かれたオニオンスライス、添えられた白ネギと葉ネギを一緒にいただきます。

 
真っ黒が美味しい、炎を上げて焼かれたじとっこ焼き。

 
サツマイモのスティックフライ、添えられてるハチミツバターをつけていただけば・・・う~ん、これはおやつですね。
(私以外の女子には大好評でした)

 
ナスのから揚げ、塩コショウの刺激的な味付けにビールがすすむ。

 
キャベツのなんとかかんとか。そろそろ健康に気を遣うお年頃も多いんで、野菜も注文しなくっちゃね。

 
遅れてきた人もみんな揃って、あらためて乾杯する。もう飲み物はバラバラ。

 
キャベツの千切りサラダ、ベビースターラーメンがかかってるね。

 
自家製の玉子焼き、地鶏料理のお店だけあって、玉子が上質で美味しい。

 
宮崎独特の「マキシマム」っていうスパイスがまぶされた、マキシマム豆鯵。ビールにターボがかかる。

 
最後はコラーゲンたっぷりのスープが美味しい鶏塩うどんで〆て、みんな大満足。
やっぱりじとっこ組合は、美味しくってCPが良いね。
 
パワー全開に飲んで食べて、エネルギーチャージ。
これで今季もみんなで、ガンバロウ♪ 
 
 
◆日南市じとっこ組合 目黒店 品川区上大崎2-15-14 高木ビル2F 03-5475-3966
 高木薬局さんの二階。

日本橋・ニーノカフェダイニング 野菜たっぷりなランチ

今週某日、日本橋でのランチタイムにいつもの心の友、yokoさん・Qさんに声をかけてみる。
最近どうも野菜が足りない気がしたから、向かった先はサラダバイキングつきヘルシーランチのニーノへ。
 
このカウンターの上には20種類くらいのサラダがあって、食べ放題。

 
本日のチョイスは、こんな感じにしてみた。

 
メインは、野菜の辛いトマトソーススパゲティ。野菜尽くしだね。

 
コーヒーを追加して、ほっと一息の時間。
お互いの近況やGWの予定なんかを語り合いながら、楽しいランチタイムでした。

 
yokoさん、Qさん、いつもありがとね。
また今度ゆっくりディナーも行きましょう♪
 
 
<裏tomo君>
いくら昼にヘルシーランチを心がけてても、夜があれじゃね。
 
◆NINO CAFE DINING(ニーノカフェダイニング) ~COREDO室町~
 中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町4階 050-5815-4996

目黒・くうや 大将の創作料理を堪能

昨夜は昔のお仕事ナカマ8人で集まった。
 
お仕事ナカマって言ってもほとんどは元上司の皆様、私の新人時代の部長さん、課長さんたち。一緒にお仕事をしていたころは、昼間は怖くて近寄ることもできないような偉い人たちだったけど、当時から夜はつるんで飲み歩いてました。怖いもの知らずだったんだね。
 

 
季節の美味、白エビのから揚げ。

 
くうやのマスターはお料理大好きの研究熱心、油断してるどんどん新作のお料理を繰り出してきて、人気メニューもいつのまにか消えちゃったりするから要注意。そんな熾烈な環境を生き延びてずっと定番を続けてるクリームチーズの味噌漬け。チーズ、バケット、ミョウガ、大葉の和洋折衷が絶妙。

 
こちらは最近の傑作、鶏肉の酒盗あえ、ドリンクがとまらなくなる美味しさ。

 
これも準定番になってるのかな、アボカドとエビの春巻き、アツアツの揚げたてで最高。

 
シシャモは、ちょっとレア目の焼き加減が美味しい。

 
中華おこげのピザ風。 

 
揚げ里芋のたこ焼き風、全然タコは関係してないんだけど、なぜだかたこ焼きの味がする不思議なお料理。

 
ドリンクはビール、焼酎、そして日本酒は富山の銀嶺立山♪

 

 
さらにドリンクが進むさつま揚げ、お新香、エイヒレ。

 


 
〆は、最近いつもおねだりしちゃう、メニューに載らない絶品チャーハンが登場、ぱらっと仕上がった美味しさ、なんと今回はカレー味にしてくれちゃいました。
これは超絶美味しい、さらにお酒が進んじゃう不思議なチャーハンなんだよね。

 
差し入れでいただいたイチゴ、写真ではわかりにくいけど一粒一粒がすごく大きい、そして甘いんだな。
マスター、ママさん、いつもありがとうございます♪

 
そのままみんなで昔なじみのスナックPへ。
 
最近めっきり来る機会が減っちゃったけど、マスターはちゃんとボトルをキープしておいてくれます。
昔はこのメンバーで夜ごとこのお店を荒らしてた頃もあったんだよね。
なんだかあのころにタイムスリップしたような気分。
 
あ、ボトル空いちゃいましたんで、次のを入れときます。

 
こうして楽しいタイムスリップの一夜は、ふけていったとさ♪
 
◆手作り料理くうや 品川区上大崎2-18-20 B1 03-3493-2656
 
ところで、
前回くうやさんに行った時に忘れたマフラー、無事回収したのは良いけどそのままスナックPに忘れてきちゃったみたい。また回収に行かないと。

湯島・多古久 (タコキュウ) 91歳の大女将が守るおでん鍋

上野動物園に行った帰りに寄ったお店をぜひご紹介したいんで、おつきあいください。
 
上野公園の桜を眺めて動物園でパンダを見た後で、Yさんと私の精鋭2名はまあちょっと上野界隈で飲もうかと言う気分でいっぱい。地元のYさんは、ぜひ私に紹介したいおでん屋さんがあるらしいんだけど、開店時間の6時まではまだ1時間ほどある。とりあえず、ビールバーで時間調整。

 

 

 

 
 
で、開店を待ちかねて、お目当てのおでん屋「多古久」さんへ。
 
このお店、江戸風のおでんもウリだけど、何と言っても名物はおでん鍋を守る大女将さん。最近お誕生日を迎えられて御年91歳とのこと。
そんなふうには少しも見えないお元気なきっぷの良い話しぶりを楽しみつつ、カウンターを囲んでおでんをつつき、お酒を飲む。カウンターの中で仕切る息子さんは地元っ子らしく、花見の時期の上野公園の人ごみには「私ら今の時期は行きませんね」とのこと。
 
おでんは、オーダーすると大女将が銅張りの鍋から、煮え具合を見て頃合いのやつを見つくろって、御覧のような小さな土鍋に一人分ずつ取り分けてくれます。
 
味のしみた玉子と大根、たまんないね。

 
こんにゃく、ロールキャベツ、ねぎま串。

 
ここまでビールできたけど、このあたりで日本酒にチェンジ。やっぱりおでんには燗酒でしょ。
後ろに見えるのはおでんを煮込んでいる大鍋。

 
自家製の塩辛が、また美味しい。

 
はんぺん、しらたき、そして忘れちゃいけないちくわぶも、じっくりと味が染みて煮崩れる寸前の良い感じ。

 
お客さんは大女将の誕生日には花を贈るような長年のお付き合いがうかがえる常連さんが中心。
いつまでもここに残ってほしいお店の一つだね。
 
Yさん、いつも素敵なお店を教えてくれて、サンキュです♪
 
 
◆多古久(タコキュウ) 台東区上野2-11-8 長谷川ビル 1F 03-3831-5088
次のページ