FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

目黒・目黒リパブリック ビールの海でおぼれたい…まじで!

先週某日、お仕事でゆかりのお兄さまお二人を目黒にお招きして飲むことになった。
いずれも、以前目黒のオフィスでご一緒させていただいていたHさんとWさん。
 
Hさんは、健啖家かつ飲み手で、美味しいお店にも詳しいからいつも色々と教えてもらってる仲。Wさんは、おんなじチームでお仕事をしてた事もあり、苦楽を共にした仲だな。
 
目黒リパブリックは地ビールを中心にいろんなビールを取りそろえたビアバー、まずはこちらのハウスビールである目黒ラガーで、乾杯!飲みやすいスタンダードな味なんだけど、後味がかすかにスパイシーなのが特徴の、好きなビール。

 
Tapのメニューはこんな感じ、トップを飾るのが目黒ラガー。

 
まずはツマミ系で、ピクルス盛り合わせ。

 
で、早くもお代わりだね。

 
ビアバーらしいメニューより、フィッシュアンドチップス。出来立てアツアツがボリューム満点で来た~!
サイズは選べます。ポテトにビネガーってのは、英国風だな。

 
餃子は、まあ、想定の範囲内で、普通にビールに合います。

 
肉団子みたいに見えるけど、これ、ソーセージをオーダーしたんです、
カットしたところから皮が縮んでこんな感じになるみたい。お味は…もう、ビールに最高!

 
で、これはなんだったっけ?

 
委細構わず、ビールお代わり!は続く~。

 
次第に、Hさんとtomo VS Wさんっていう、2強一弱の構図が見えてきたような・・・

 
トマト丸ごとのトマトサラダ。 

 
ムール貝もいただきました。

 
 「2強」だけ、さらにお代わり、ギネスね~♪

 
チーズをつまみつつ、夜は更けていったのでした。

 
 
おしまい♪
 
◆目黒リパブリック 品川区上大崎3-3-1 オバタビル B1F 03-3441-6181
 以前「酣」があったとこです。未確認だけど、もしかして経営主体は変わってないのかも。
 美味しいものと美味しいお酒(ビール)を追及する姿勢を感じます♪
 
スポンサーサイト



目黒・めぐろ三ツ星食堂 ホントにカレーが好きなのさ♪

目黒界隈は本格エスニックのカレー屋さんも多いけど、日本人のハートに響く独特のカレーで地元に愛されてるのが、めぐろ三ツ星食堂。雑誌やマスコミでの露出も多いんで、ご存じの方も多い店だと思います。
 
このお店の一番人気は、野菜カレー。
キッチンの様子を見てると、ママさんが一つ一つオーダーに合わせて作り置きのルーと具をフライパンで合わせて熱を入れてるのがわかる。このフライパン、私はひそかに「魔法のフライパン」って呼んでます。
 
席についてオーダーすると、ほどなくランチサービスのもやしサラダが運ばれてきます。
なんてことないもやしばっかりのサラダなんだけど、ドレッシングが自家製でおいしいんだな。

 
トマト、茄子、ピーマン、それに揚げタマゴがトッピングされた野菜カレー。トマトはほとんど生、他の野菜はそれぞれ程よい火の通り具合。

 
野菜カレーの魅力の一つが、この揚げタマゴ。トロトロな茹で卵をコンガリ揚げてあって、二つに割るとこんな感じでたまりません。

 
ところでこのお店、量の調整を希望する場合はオーダーのコツがある。
何にも言わないと、男女でごはんの量に差があって、女性は標準、男性は多めになってます。
ちょっとご飯少な目にしてもらいたい男性は「おんな盛り」、ちょっと多めにしてほしい女性は「おとこ盛り」ってオーダーするのが常連の作法。うっかり女性が「大盛り」って頼むと、おとこ盛りをはるかに上回る超大盛りがやってくるんでご注意を!
 
◆めぐろ三ツ星食堂 品川区上大崎3-4-6 目黒瑛和ビル1F 03-3443-6568
 とろとろオムライスも名物です♪→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/61620744.html
 

目黒・料理屋壱(リョウリヤ イチ) ホッとする和のランチ

先週はいきなりの積雪でスタートしたけど、火曜日、まだ歩道に雪が残る中、ランチに出掛けた。
 
丁寧な仕事でホッとする和のランチが食べたい気分だったんで、今年初の「料理屋壱」さんへ。
ランチは定食一種類のみで、¥900。メインのおかず、サブのおかず、小鉢、ご飯、赤だし、香物っていうのが基本ラインナップ。どの一品も丁寧なお料理ではずれがない。
 
この日のメインは柔らかく煮込まれた鶏肉、付け合せの白菜もほろりと崩れる良い感じの煮加減。サブのおかずはマグロほほ肉の薄塩あんかけで、これも結構なボリューム何で、サブって言うよりツートップって感じ。小鉢はしっかりハードタイプのポテサラ。

 

 
じっくり味わって美味しくいただきました。
マスター、いつも素敵なお料理をありがとね。
 
 
 
足元に気をつけながらそぞろ歩きしていて、目黒茶屋の前で見かけたかわいい雪だるま。
頭の上に乗ってる帽子はタマゴの殻なんだけど、「すべらないでね」っていうメッセージが書かれてました。
これは、通行人およびすべての受験生の皆様に捧げるメッセージだね。

 
<裏tomo君>
 アンタも寒いオヤジギャグ言ってすべらないように気を付けたら?
 
◆料理屋壱(りょうりや いち) 港区白金台3-18-1 03-5422-9558
 夜は日本酒の種類豊富です♪
 

日本橋・番屋 博多からの客人大歓迎会

博多のAHIRUさんがお仕事で上京するとのことで、かわしり幹事長のお声掛けによって迎撃…じゃなかった、歓迎会が企画された。
 
メンバーはいつもの飲み仲間8人、まずは「やらせ乾杯」提唱者のHosoi先生に捧げる、乾杯!
※参加者はブロガーが多いから、みんなのブログを巡るといろんな角度からのこの乾杯画像が見られるはず。

 
個室居酒屋の飲み放題付きコース、つきだしはこんな感じ、まあ無難ですな。

 
お刺身盛り合わせ。

 
鶏鍋なんだけど、これ、かなり大きなサイズで内容も充実。これで4人前、鶏肉と鶏つくねと野菜がたっぷり。

 
これはチャーシューかな、そう言えば天ぷらもあったような気がしてきたけど…(←酔ってますな)。
お料理をちゃんと知りたい人は、同じく参加者たっち。さんのブログを見てくださいね(←またも他力本願)。
 >たっち。さんのブログ記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/rmwtp483/31061130.html

 
飲み物の方は、カクテル、焼酎、日本酒、サワーと、だんだん入り乱れてくる。
この日は用事があって来られないってことだったメンバーも、なんとか都合をつけて途中からかけつけてくれて、個室の中は人がぎっしり、ますます盛り上がるね。

 
入り乱れてきた後の乾杯風景♪たっち。さんが、ベストアングルを求めて伸び上ってるお姿を、激写!。

 
〆は鍋にうどんを大量投入、おなかいっぱいになりました。

 
デザートはマンゴーアイスでクールダウンしておいて・・・

 
さらに二次会はカラオケで楽しくアツく燃える。
二次会で帰った人もいるんだけど、二次会から乱入してくる人もいる。
 
あいつなんか あいつなんか あいつなんか~♪

飲みほしてやるわぁ~♪

 
AHIRUさん、お疲れ様でした。
また遊ぼうね!
 
◆番屋 八重洲本店 中央区日本橋3-3-15 日本橋K1ビル 1F 03-3281-5581
 個室でおちついて語り合えます、飲みすぎさえしなければ…
 

ようこそ♪


日本ビール党の部屋へ、
ようこそ♪       Since Mar. 2005 
ここは「日本ビール党の部屋」管理人tomoの日常を、だらだらとお届けするブログ。
 
外呑みの部は一応地域別にゆる~く分けてるので、私とお店の好みが似てる方は、よろしければご参考になさって下さい。ちなみに私の好みは、美味しくて居心地が良ければ、割と守備範囲広いです。
そして気が向いたらゲストブックに自己紹介などお書きいただくとうれしいです。お酒の上での楽しい失敗談は、特に大歓迎!

日本橋・中國名菜 孫 チャイニーズなヘルシーランチ

今週某日、日本橋でランチタイムになりそうだったんで、いつものyokoさん・Qさんに、どこか美味しいランチに連れてってっておねだり。行ったお店はコレド室町にある「孫」、NHKなどでもおなじみの孫成順さんがはじめた中華料理のお店の系列店だね。宮廷料理の流れをくむ北京料理を基本にしたヌーベルシノワーズらしい。
 
まずは、干し海老の入ったスープ。

 
メインは、最近の暴飲暴食を反省して、最もヘルシーな感じのする「青梗菜のきのこアンカケ」をチョイス。
豚肉の肉団子、干し豆腐の和え物が前菜でついてきました。

 

 
最後にちょっとしたデザートがでるんだけど、これがなかなか侮れない美味しさ。
この日は濃厚にまったりもっちりのイチゴのパンナコッタでした。

 
おいしかった、ごちそうさまでした♪
 
<裏tomo君>
 ヘルシーランチだったのを言い訳に、夜はまた…
 
◆中國名菜 孫(チュウゴクメイサイ ソン) 中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町 3F

目黒・手作り料理くうや 新年会のはずが壮行会

先週某日、オフィスの怖いお姉さんの新年会が予定されていた。
ところが、メンバーの一人Wさんが近く転勤と決まったとの事で、急遽新年会兼壮行会ってことになりました。
 
<裏tomo君>
 新年会とか壮行会とか色々名目つけてるけど、結局飲みたい人が集まって飲んだくれてるだけなんじゃない?
 
 
 
この日の会場「くうや」さんは、落ち着いた和の雰囲気なんだけど、研究熱心料理大好きな大将が色んなジャンルのお料理を繰り出してくるのが特徴。
出席者はみんなそれぞれにお仕事があるんで、五月雨式に集合となる。
 
お通しはいつものお刺身盛り合わせ、切り口も鮮やかな美味しさ。
遅れてる人が到着する都度、こんな感じで一人前ずつ出してくれました。

 
時間差到着の乾杯なんで、ビールがなくなりかけている人多数。

 
豆腐とジャコのサラダ、健康を考える年頃のお姉さんたちでもあるんです。

 
砂肝とニンニクの茎炒め、パワーがつきそう。

 
お気に入りの、揚げ里芋のたこ焼き風。
タコは入ってないし食感は里芋なんだけど、なぜだか不思議とたこ焼きの味がするんだな。

 
本日のおすすめ、牡蠣フライ。ちょっと小さめだからって、おまけしてもらっちゃいました。

 
絶対はずせない名物の、クリームチーズ味噌漬け。
バケットに乗せて大場とミョウガを添える和洋折衷が、食べてみると良い感じにマッチする。

 
カニクリームコロッケ、酔いが回るにつれて健康よりボリュームを求めて揚げ物のオーダーが増えてくる。

 
シシャモ、ジューシーで絶品。

 
本日の仕上げは焼きそばで。絶妙の炒め加減で、野菜がシャキシャキしてて美味しい。
そしてこの焼きそばがまた、ビールのつまみになっちゃうんだな。

 
最後は大将から、「お年賀」ってことで巨大イチゴの差し入れをいただきました。
ありがとうございます、今年もよろしくね!

 
転勤で北へ向かうというWさん、私たち必ず遊びに行きますんで(来るなと言われても…)、
その時はよろしくお願いしますね~!
 
 
◆手作り料理くうや 品川区上大崎2-18-20 B1 03-3493-2656
 テーブル席、小上がり席あり。カップル向け(?)の半個室もありです。

新宿・古月(コゲツ) 恩師を囲んで

今夜は学生時代にゼミの担当教授でお世話になったO先生と、同じゼミだったPさんと一緒にディナー。
 
昨年末にO先生を通じて頼まれごとをしたのをきっかけに、一度ゆっくりお話したいと企画されたディナー、お店はPさんご推奨のヌーベルシノワーズ(たぶん)の素敵なところでした。店舗は入口から階段を上った2階。

 
フレンチビストロかイタリアンみたいな、おすすめメニューの黒板。前菜はこのおすすめから3品オーダー。

 
くらかけ豆と子持ち昆布黒酢漬け。

 
干し人参と大根の漬物。

 
せりと干し豆腐のあえもの。貝柱も入ってて、美味しい。

 
グランドメニューより、季節の青菜炒め。

 
こちらはおすすめメニューより、白子のフリット。

 
グランドメニューの、蒸し餃子、透き通ってて綺麗。

 
名物、牛肉とレンコンのスープ、薬膳風。ナツメの実とか、各種漢方成分の滋養が溶け込んだ感じ。

 
パラリと米粒がほぐれるエビチャーハン。

 
そして、こちらも名物麻婆豆腐。
元々辛いんだけど、お好みでさらに山椒をふっていただきます。かなり辛いけど、美味しい。

 
お料理はどれも端正で背筋が伸びた感じの美味しさ。
店内は落ち着いたモダンな内装で、ゆっくり語り合うのにピッタリな雰囲気。
食べ終わると、薬膳スープとほどよい辛さの麻婆豆腐のおかげで、体の中からぽかぽかになる感じ。
 
学生時代の思い出話はすでに記憶のかなたではあるけれど、お互い近況など語りつつ楽しい一夜となりました。
あ、でも、私はゼミの優等生だったPさんと違って劣等生代表なんで、あんまり学校に行ってなかったから記憶もあんまりないのかもね。
 
◆古月(コゲツ)新宿店 新宿区新宿1-5-5 2F 03-3341-5204

行くぜ、東北! 仙台飲み飲み旅行 その4~松島観光、そして東京へ

東日本大震災から10か月以上が過ぎ、復興が進む部分もある反面、まだまだこれからのところも多いと伝えられる。東北に観光旅行に行くって言うのも、間接的にかもしれないけど何かの力になるんじゃないかと、学生時代の友人4人で仙台旅行に行くことにした。
 
折しも、JR東日本は、「行くぜ、東北!」キャンペーンを実施中だ。
 
よし、さあ、私も、
行くぜ、東北!
◆JR東日本「行くぜ、東北!」キャンペーンHP→ http://www.jreast.co.jp/ikuze/index.html
 
往路の記事はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/61636058.html
夕食の記事はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/61636109.html
二次会と翌朝の記事はこちら→  http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/61636202.html
 
二日目の観光はノーアイデアだったけど、7月に訪問した松島を再訪してみたくなって、雪の降る中を仙石線で松島海岸駅へ向かう。JR東日本のキャンペーンポスターは、東京では「行くぜ、東北!」だけど、東北では「来たぜ、東北!」になってます。
来たぜ、松島海岸駅!
7月には店を閉めていたお土産屋さんや食堂が多かったけど、今はどうしてるかな。

 
まずは瑞巌寺の手前にある、円通院を参拝。こちらは数珠の手作り体験ができることで有名なんだそうです。
雪の降りしきる美しい庭園、和の情緒だね。

 
そして瑞巌寺、本堂は現在大規模修理に入っていて参拝できませんが、代わりに普段は公開していないところが色々見られました。こちらは、推定樹齢800年と言う欅の木。
2本が隣り合っている「夫婦欅」として知られているんだそうです。

 
竹林もうっすらと雪化粧。

 
昼近くになってくると雪もやんで、気温も少し上がってきた。

 
瑞巌寺の門からの道は、まっすぐ海につづいています。

 
海岸の小島に建つ五大堂、ここに渡る赤い橋は、足元に海が見える構造になっていてちょっと怖いのだ。

 
五大堂からのぞむ海。雪がやんで薄日が差してきたけど、空はどんより曇ったまま。

 
さて、あちこち参拝も済ませたしそろそろおなかが空いてきた。
 
以前このメンバーで松島に遊びに来た時に立ち寄った、素朴な焼き牡蠣が食べられるこの海岸の売店が無事でいるのかどうか気になっていたけど、ちゃんと営業再開してました。感激!

 
津波に負けずに生き残った松島の冬の味覚、シンプルに焼いただけの焼き牡蠣は、海の恵みの美味しさ。日本酒は宮城の名酒「澤の泉 伊豆沼白鳥」。

 

 
◆松島地区漁業組合 - 海岸直売所 宮城県宮城郡松島町松島字仙随28 022-354-2350
 
 
その後は近隣のショップでお土産など物色して色々と購入、そしてショップのお姉さんおすすめの、こちら「味処さんとり茶屋」さんで、ランチにしました。
店名の由来は不明だけど、生ビールはサッポロだったし、特に「サントリー」とは関係無いらしい。

 
特選みやぎ復興膳、美味しくいただきました!

 
 
◆味処さんとり茶屋 宮城県宮城郡松島町松島字仙随24-4-1 022-353-2622
 
 
7月に来た時と比べると、再開しているおみやげ屋さんや食堂もぐっと増えてる感じ。
本来の建物が立ち入り禁止で、仮設の建物で営業していた遊覧船の事務所も、元の建物で営業再開してる。
 
でも、こういう表示があるお店がちらほら、海に広がる小島に守られたという海岸の観光エリアでは、一階の天井より少し下まで水が来たようだ。

 
午後3時を過ぎて日が傾くと、急に気温が下がってくる感じ。
途中お土産屋さんなどに立ち寄りつつ、松島海岸駅から仙台まで戻り、名残は尽きないけど東京へと向かう。

 
松島海岸も、元気です、そして美味しいです。
さあ、あなたも、
行くぜ、東北!
  

 
こうして短いけど、充実した楽しい旅はおしまい。
でも、まだまだ行きたいところがいっぱい、食べたいものもいっぱい。
 
私も、きっとまた、
来るぜ、東北、べいべぇ~! 

行くぜ、東北! 仙台飲み飲み旅行 その3~二次会と翌朝

東日本大震災から10か月以上が過ぎ、復興が進む部分もある反面、まだまだこれからのところも多いと伝えられる。東北に観光旅行に行くって言うのも、間接的にかもしれないけど何かの力になるんじゃないかと、学生時代の友人4人で仙台旅行に行くことにした。
 
折しも、JR東日本は、「行くぜ、東北!」キャンペーンを実施中だ。
 
よし、さあ、私も、
行くぜ、東北!
◆JR東日本「行くぜ、東北!」キャンペーンHP→ http://www.jreast.co.jp/ikuze/index.html
 
往路の記事はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/61636058.html
夕食の記事はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/61636109.html
 
仙台中心部は今、飲食店も宿泊施設も「復興バブル」だとも言われているらしい。
深夜の街をそぞろ歩けば、メインストリートにはネオンが輝き、あちこちの路地裏からは魅惑的な紅灯が誘ってる感じだ。ほろ酔いでにこにこ顔のお兄さんのお見送りに、夜の蝶たちが店先にでてきてたりもする。
 
でも、不慣れな街なんで女子グループで入っても良いお店かどうかの判断がなかなかつかず、路地裏の不思議な神社なんかを探検しつつ、しばらくうろつきまわる。

 
結局ホテルの近くにあるショットバーに落ち着いて、飲みなおし。
すっかり冷え切った体にホットワインが魅力的だったけど、やっぱりここは生ビールだよね。

 
店内の大型スクリーンは古い映画を音を消して流してる。バックトゥザフューチャーでダウンベストの主人公に向かって「何で救命胴衣着てるの?」なんて言うセリフをまったり見ながら、至福の時間を過ごす。

 
◆酔っぱらっていたせいもあって、このお店の情報は全くわかりません。キャシュオンデリバリーの気楽で素敵なとこでした。立ち飲みっぽいムードの小さなお店だけど、一応椅子あり。
 
 
繁華街ど真ん中に泊まってる気軽さ。
電車を乗り越す心配も、終電の心配も無い。疲れたらふらりと徒歩で部屋に帰るだけ。
普段からこんな暮らし、してみたいね。
 
目が覚めればホテルの朝食ブッフェ。
オムレツや目玉焼きのワゴンサービスもあり、定番モノだけじゃなくって地元名産品を中心にした充実のラインナップ。油麩とかシソ巻きとか、ちょっと珍しいものがいっぱい。
もちろん、今日も一日元気に頑張るエネルギー、モーニングビールもお忘れなくね。
 
>業務連絡;かわしりさん、おひささん、ここなら朝からビール飲めます!

 
朝から乾杯!

 
さて、飲み会以外はノーアイデアな無計画旅行。
この日の行動はこの時点でまだ何にも決まってない。
 
4人の中では仙台に詳しいPさんからの提案は、
 
1.雪の松島観光
2.近隣の温泉で雪を見ながら日帰り入浴
3.世界遺産平泉を軽く散策(ストロングなPさんと一緒だと、かなり厳しいトレッキングであろう)
 
っていう3つの選択肢。
さて、どうする、私たち?!
 
 
つづく
次のページ