FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

日本橋・丘の上 スタミナがついちゃうヘルシーランチ

「丘の上」って聞くと、ある程度以上の年齢または教養のある人は自然と歌がでてくる。
 
 おっかのう~え、ひ~なげし~の、は~なでぇ~♪
 
あ、わからない人はここまでの部分、スルーしてくださいね。
 
日本橋オフィスの近くに、とろろご飯がおいしいお店があるって聞いて、同僚と3人でランチに行ってみた。
 
 
路地に看板がでてます。するとやっぱりまた、口ずさんでしまう・・・
 おっかのう~え、ひ~なげし~の、は~なでぇ~♪

 
知らないと、ちょっとドアをあけるのがためらわれる感じの店構え。
こぎれいで気さくなママさんが切り盛りするスナックバーみたい感じのつくりで、店の中は見えません。

 
勇気を出してドアを開けると、外見どおり、店内はカウンター席だけで、カウンターの中には小奇麗で気さくな感じのママさんがいる。このままキープボトルを出してもらって、ミックスナッツをつまみながら水割りを飲みたくなるような雰囲気。カウンターから見えるところにテレビがあって、震災対応の記者会見かなんかをやってる。
 
で、ママさんはにっこり笑って「みなさん、麦とろ?」っておっしゃる。
店の外の看板には、麦とろ定食とスタミナ定食が書かれてたけど、スタミナ定食の正体は不明なので、無難に麦とろ定食をお願いしました。

 
とろろ汁には味つけしてあるので、このまま麦ご飯にかけていただきます。ご飯多すぎたかと思ったけど、とろろをかけてさらさらっといただくと、気がついたらあっという間に完食。煮物や味噌汁も、家庭的なおいしさ。そしてこのお漬物が感動的な、ちょっと酸味のある古漬け、絶品でした。
 
これで850円、おすすめです!
 
◆麦とろ 丘の上 中央区日本橋室町1-12-5  03-3241-5817
 午後ずっと頭の中で、アグネス・チャンのデビュー曲「ひなげしの花」がリフレインしてました。
 おっかのう~え、ひ~なげし~の、は~なでぇ~♪
スポンサーサイト



日本橋・米祥(コメショウ) ゴールデンウィークスタート前夜

今年のコールデンウィークは、3日休み→月曜平日→3日休み→金曜平日→2日休みっていうカレンダー。
世の中には月・金がお休みで10連休になるって人もチラホラ見かけるけど、tomoは今年はカレンダー通りのお休み。木曜夜は、ゴールデンウィーク前半戦のイブってことになりました。
 
休前日だから、飯田橋やら中目黒やら目黒やら、あちこちで飲み会が組閣されてる気配のメールが飛び交ってるけど、あいにくと日本橋のオフィスで締め切り仕事。途中でだんだん嫌になってきて、オフィスに残ってた人たちを誘って、飲みに出た。
 
日本橋オフィス怖いおねえさんチームヘッドのK子姐さんおよび、配下の予備軍2名とご一緒に、乾杯!

 
いろんなお店があるからとコレド室町に行ってみたけど、休前日のせいかどこも結構な混雑ぶり。ちょうど早めに帰った人と入れ替わりで席が空いたんで、美味しいお米が食べられる「米祥」さんにもぐりこみました。
 
ホタルイカともずくの酢の物。春の美味。

 
ビールのグラスが小さいから秒速で蒸発しちゃうのがこの店の欠点かな。
お店のスタッフが何か運んでくるたびに、ビールのおかわりをオーダー。他の3人は早くも冷酒を片っ端から頼んでるみたい。後ろに見えてるのはお刺身3点盛りです。

 
ポテサラはピリリと芥子が効いてる大人の味。トッピングに焦がしたお米が乗ってて香ばしい。

 
ちょっと甘みのある、じんわり懐かしい感じの玉子焼き。

 
味がしみててお酒が進む、きんめの煮付け。

 
これまた春の味、ソラマメと白エビの掻き揚げは、お塩でいただきました。

 
シメのごはんは、全国から選び抜かれた7種類のおすすめのお米からチョイスして、土鍋で炊いてもらいます。
宮城県支援の一環として、宮城ササニシキをオーダー、お新香盛り合わせもお願いしました。
 
このお新香はごはんのお供かと思いきや、これをツマミに飲むからお酒もさらに追加。

 
で、土鍋で炊き立てのごはんの写真を撮ろうと思ったんだけど・・・食欲に負けて、気がついたらこの状態。
もちろん、このおこげがまた美味しいんで、最後までガシガシとこそげとってすべていただきました。

 
K子姐さんの武勇伝や、予備軍のみなさんの楽しいお話で盛り上がって、楽しい夜でした。
 
この米祥、ビールグラスは小さめだけど、おかずもごはんも、ホッとする日本の美味が揃ってるお店です。
 
◆米祥 KOME-show KOREDO室町 (コメショウ) 中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町3階 03-6225-2424

目黒・LUBERO(ルベロ) 青じそ明太子スパゲティの青じそ抜き

某日、目黒の一軒家イタリアンLUBEROで、同僚のMさん、Hさんとランチ。
 
久しぶりに行ったら、サラダがセルフサービスになってました。お1人様1回ってことなんで、ついついたっぷり盛り付けちゃいます。このお1人様1回って制限、なんかお店にとっては裏目に出てるんじゃないかなあ。
フォカッチャパンとソフトドリンクは、回数制限なしのセルフサービス。

 
tomoのオーダーはナポリタン。一見するとピーマン、玉ねぎ、ソーセージにケチャップ色のなつかしのナポリタンスパゲティなんだけど、これが予想に反してものすごく辛かったです。赤唐辛子のスライスがたっぷり入ってて、ヒーヒーと汗をかきつつなんとか完食。メニューには辛いなんて書いてなかったのにぃ~。

 
Hさんのオーダーは、本日のスペシャルメニュー、青じそ明太子。和の調和を感じるスパゲティだね。

 
Mさんはオーダーで悩んでる。明太子のスパゲティが食べたいけど、青じそが苦手らしい。
結局、「青じそ明太子スパゲティの青じそ抜きできますか?」ってワガママオーダーで、でてきたのがこれ。

 
青じそのグリーンが無いと、なんかちょっと間が抜けたルックスだね。
ん、でも、なんだかこの図柄・・・

 
・・・こんな風に見えてくる、今日この頃なのでした。

 
◆LUBERO(ルベロ) 品川区上大崎3-5-18 03-5421-5518
 目黒三ツ星食堂はす向かいの二階建て一軒家、二階は禁煙席です。

飯田橋・田なか屋本店 宮城支援活動継続中

未曾有の大災害からの復興には長い時間がかかると見込まれる。
このため復興支援も、一時的なブームで終わることなく、長期継続的に行なわなければならない。
 
わたしたちはこれまでも、あんなことこんなことをして支援活動を行ってきたが、今週もまた行動に出た。
 
幹事のkazubonがみつけてきたのは、飯田橋にある宮城郷土料理のお店「田なか屋」さん。
 
宮城にゆかりのあるこの店で、宮城にゆかりのある食べものを食べたり宮城のお酒を飲んだりして、宮城の農家や食品加工業者や酒蔵家を支援し、地域の雇用安定や経済の活性化をはかり、なおかつ自粛ムードによる消費の停滞を打破し、ひいては日本経済の建て直しに寄与しようと言う壮大な企画・・・のはずだった。

 
30分ほど遅れて駆けつけると、すでに支援活動にまい進しているkazubonとおひささんはかなり先行している。
逃げ切られないように追いつくのは大変そうだけど、まずは乾杯!

 
聞けば、今回予約しているのは「宮城三昧特別コース」で、お料理10品にプレミアムモルツや一の蔵の飲み放題がついて、なんと3980円らしい。こちらは前菜の一つ、蔵王山麗の特乳使用のクリームチーズ、ほのかな甘みでおいしい。

 
牛タン焼き、仙台在住経験もあるおひささんは「牛タンが薄い」って指摘してたけど、飲み放題つき3980円にしては十分なクォリティ、焼きたてをかみしめるとじわぁ~っと美味しさが広がります。

 
これは、そのおひささんも絶賛の気仙沼ホルモン焼き。肉厚ジューシーでいろんな部位が入ってて、味付けも絶妙。たっぷりキャベツと一緒にいただきました。

 
繰り返される乾杯、だって飲み放題なんだもんね。

 
繰り返されるおかわりの要求、だって飲み放題なんだもんね♪

 
これってホントに被災地支援になってるのかなっていう疑問がチラッとアタマをよぎるけど、すぐに忘れてさらにおかわり。熱々のテールスープがでてくると、すかさずおひささんが「熱すぎてヤケドをするといけないから」って、日本酒を投入してくれる。
 
シメのむぎとろご飯を肴に、さらにまたおかわり・・・

 
ところで最後のご飯について、「とろろごはんだった」、「タマゴかけごはんだった」、「え、そんなの食べたっけ?」などと意見が分かれてましたが、真実は卵黄、オカカ、青葱がトッピングされたとろろ麦ごはんでした。言わば「とろろ入りのにゃんたまごはん」、美味しかったね。

 
途中店内の照明が消えて真っ暗になって、「予期せぬ大停電か?」ってざわめいたけど、すかさず酔っ払い達は「きっとだれかの誕生日だ!」ってハッピバースデーを歌いだす。どうやらお店のブレーカーが落ちて一時的に電気が切れただけだったようで、事なきを得ました。これをきっかけにお隣のグループの人たちとも意気投合、なかなか楽しい一夜だったよ。
 
最後にひんやり甘くてほろ苦い柚子シャーベットをいただいて、お開き。
 
※柚子シャーベットの証拠写真を追加します。すでに一口食べちゃってますが。

 
 
さて、次の支援活動はどこ行こうかな♪
 
◆田なか屋 本店 千代田区富士見2-2-9 OSビル2F 03-3261-7030

日本橋・バシのせたが屋 個性派ラーメンのランチ

会議と会議の間の中途半端な時間に1人ランチ、なんだか汁気のあるものが食べたい体調(=前夜の飲みすぎ)だったから、ラーメン屋さんに行ってみた。
 
向かったのは前から気になってた、コレド室町ビルにある、「バシのせたが屋」さん。
なんかちょっとヘンな店名だけど、「せたが屋」っていうのは世田谷区野沢にある、店主前島司氏のこだわりのラーメン屋さんの名前。ここはその系列店で、「バシ」ってのはたぶん日本橋のバシかな。
 
オーダーは、トッピングがぜんぶ乗ってる「せたが屋ラーメン」

 
チャーシュー3枚、四万十川あおさのり、半熟味付けタマゴ、焼き海苔、メンマ、ネギ、なるとがゴージャスに展開。かなり濃厚な魚介系のスープに中細のちぢれ麺でが良く合ってる感じ。一杯で満足感のあるラーメンです。
お値段は1000円(普通のトッピングのラーメンは700円)と、ラーメンにしては結構高級だね。
 
このお店、夜はラーメン屋のつまみで飲めるらしい。
 
◆バシのせたが屋 日本橋店 中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町 3 F 03-5200-0200
 http://setaga-ya.com/shop/t_nihonbashi.html
 

モツ煮込みで一杯♪

スーパーでも売ってるモツで、モツ煮込み。おうちで楽しく簡単に、おいしいモツ煮込みで飲めます。
 
材料~牛または豚のモツ、好みの野菜、味噌または醤油
作り方~モツ、野菜を煮て、味噌か醤油で味付けする
 

 
今夜は豚の白モツ+味噌味で製作、大根、ニンジン、生姜、コンニャクと煮て、刻みネギと七味をトッピング。

 
かなり、美味!

日本橋・ビストロ石川亭 休日の昼酒の楽しみ

さっきの記事で芸術鑑賞とバームクーヘンの話を書きましたが、実はもう一軒行ってました。
 
コレド室町にある人気のレストラン、ビストロ石川亭COREDO室町店。
平日は早めに行っても行列ができててなかなか入れないんだけど、本日は到着してすぐすんなり入れました。
 
まずは、乾杯~!

 
ここのランチは、10種類くらいある前菜とメイン料理をそれぞれ一品ずつ選んで、それにコーヒーか紅茶がついて1100円。場所と内容を考えるとかなりリーズナブル。
 
tomoの前菜は、鶏レバーのパテ。生野菜がたっぷり添えられてます。

 
これは連れのうち3人が選んでた、ホタテとサーモンのテリーヌ。こちらも美味しそう。

 
tomoのメインはひき肉とポテトのグラタン。熱々コンガリ。

 
こちらは連れの方々のチョイス、春キャベツのハンバーグ。すごい厚みとボリュームだけど、中にキャベツがたっぷり入ってます。一口もらって食べたけど、絶妙の焼き加減でこちらも美味しかった。
ビールもワインも楽しく飲んで、大満足。
 

 
店を出るといつのまにか、入り口の前には行列。やっぱり人気店なんだね。
尚、ランチ1100円は、ビール・ワインなどは別料金となっております。
 
酔っ払ってハイテンションで芸術鑑賞やったりバームクーヘン屋さんに行ったりして、三越さん、ゴメンナサイ!
 
 
◆ビストロ石川亭COREDO室町店(ビストロイシカワテイ コレドムロマチテン)
  中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町3F 03-6225-2010

三越日本橋本店にて、プチ芸術鑑賞と、クラブハリエのバームクーヘン

今日はお日柄もよろしく、高校3年の時のクラスメート6人で、三越日本橋本店で開催されている「第51回東日本伝統工芸展」を鑑賞してきました。
 
お目当てはこれ、知り合いの漆芸作家、奥窪聖美(おくくぼきよみ)さんの作品が展示されてるんです。

写真では謎の物体っぽいけど、本体と蓋に分かれていて、お香を入れておく器だそうです。黒いところが漆で、白く光っているのは、貝殻を花形にカットしたものが埋め込まれてます。
 
この展示会は、漆芸だけじゃなくて、陶芸とか染織とかの色々な作品が展示されてましたが、茨城の作家さんの陶芸作品で、壺と蓋があったはずが、震災で蓋が壊れてしまったとの説明つきで本体のみ展示されているものがありました。また、例年だと新潟・仙台でも展示をするんだけど、今年は中止になったとか。
震災の影響はいろんなところに及んでるんだね。
 
で、鑑賞後どこかでお茶でもしようってことで、めずらしく甘いものをいただきました。
 
三越日本橋本店の、新館地下2階にあるバームクーヘン屋さんのイートイン。
その場で、焼きたてのまだほんのり暖かいバームクーヘンを好みの飲み物と一緒にいただけるお店です。
 
丸太みたいな焼きたてバームクーヘンを、注文に応じてカット。

 
こんな形でサーブされます.tomoのドリンクはダージリンのストレートティー。

 
バームクーヘンのアップはこんな感じ。ゆるくホイップした生クリームが添えられてます。

 
バームクーヘンは販売もしてますが、このお店で焼き立てを食べたほうが満足感高いかも。
 
◆クラブハリエ 店舗直通電話 03-5205-1080 
 
<<裏tomo君>>
バームクーヘンはお店でも食べられますが、買って帰っておうちでブランデーと食べたほうが満足感高いかも。
 

目黒・くうや 和気藹々とおいしいものを食べる会

先週某日、楽しく飲んで食べて語り合う集いを、目黒の「くうや」さんで開催した。
 
一応、19時開始だったんだけど、早い人は18時半前に到着、どうやら早く飲み始めたい人(おひささん、tomoなど)が早く到着すると言う傾向が判明。
 
最初はつきだしのお刺身をつまみつつ、生ビール。次第に、全員揃うのを待たずに色々オーダーしはじめる。
 
これは、鶏ササミのサラダ、美味。

 
定番もきっちり抑えて、季節を感じる若竹煮。これももちろん、美味。

 
これは平凡なポテトコロッケかと思いきや・・・

 
ポテサラコロッケなのでした。断面にキューリが見えてます♪楽しくっておいしい。

 
このあたりで全員揃ったんで、どんどん飲んで食べちゃいます。
tomoのビールのピッチは快調、おひささんは東北のお酒がメニューにみつからなかったんで、ボトルワインへ。
 
銀色に輝くシシャモはホンモノ、ぷっくりグラマラスで美味でした。

 
これもお気に入り、揚げサトイモのたこ焼き風。ホントにたこ焼き風なんです。

 
豚キムチ揚げ。豚肉とキムチの相性の良さは今さら言うまでもないから、これも美味しいに決まってるよね。

 
これまた定番の、クリームチーズの味噌漬け。この日は5人だったんだけど、これは4切れなんです。
私はいつも食べてるからと遠慮して、皆様にお譲りしました。

 
こちらは最近のお気に入り、まったりしたイカ刺しをピリカラな生姜入りの大根おろしであえたもの。
この小皿ひとつで一升飲めそうなすぐれもの。

 
牛スジ大根も、ワザを感じます。

 
地鶏の塩焼きを、レモンと柚子胡椒で。

 
と、このあたりで「2次会で某ヒミツクラブに行こう!」っていう動議が出されて、お開きに。
 
以下、某ヒミツクラブ念写画像です♪

 
余震で揺れている・・・わけではなくて、単なる手ぶれ。

 
jhata99さん、どうもありがとうございました。
奥様にもよろしくお伝えください♪
 
◆手作り料理 くうや 品川区上大崎2-18-20 B1 03-3493-2656
 ぐるなび→ http://r.gnavi.co.jp/g954700/
 
◆某ヒミツクラブ 所在地は秘密 (酔っ払ってタクシーで行ったので、所在地不明)

目黒・こんぴら茶屋 イタリアンなカレーうどん

目黒で人気のさぬきうどん屋さん、「こんぴら茶屋」。
いろんなラインナップが揃ってるんだけど、特に有名で人気があるのは何と言ってもカレーうどん。
ピリ辛でどろりとしたカレールーにどっぷりつかったうどんを食べれば、体の中からポカポカしてくるし、その上カレーのウコン効果で二日酔いもふっとんじゃいます。(注:効果には個人差があります)

 
基本の牛カレーうどんのほかに、チーズやお餅のトッピングなんかも人気。tomoはたいていチーズとコーンがトッピングされたチーズカレーうどんをオーダーするんだけど、たまにはちょっと気分を変えて、トマトカレーうどんにチャレンジしてみた。半分にカットしたプチトマトとハーブがトッピングされてて、粉チーズが添えられてます。

 
この粉チーズをどばっとふりかけて、さっくり軽く混ぜていただけば、熱いカレールーで火が通ったプチトマトの甘みと酸味にチーズのまろやかさが加わって、イタリアとインドの不思議なコラボ状態。
これ、結構いけてます。

 
ところで、カレーうどんって言えば必ず悩まされるのが、いつの間にか服に飛び散るカレースープだけど、こちらのお店は焼肉屋さんみたいな紙エプロンが支給されるので、安心。
最後のスープ一滴までおいしく完食しちゃいました。
 
◆こんぴら茶屋 品川区上大崎3丁目3-1 03-3441-2491
次のページ