FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

姫たちの戦国


三姉妹だね
スポンサーサイト



新宿・ライオン またまた店の罠にはまる

先日、神田ライオンの「大ジョッキ祭り」で店の罠にはまって当てた飲食券が3000円分あったから、仲良し4人で新宿ライオンで美味しいビールを飲むことになった。
 
※大ジョッキ祭り~大ジョッキでビールを飲むたびに三角クジをひけるイベント
 
今回の会場は新宿ライオン会館。すでに早い人は5時過ぎから飲み始めてる。
がんばってビールを追いつきつつ、大好きなやきそば。トロトロ目玉焼きがトッピングされてます。

 
ビアホールの定番、ソーセージ盛り合わせ。

 
なつかしのケチャップ味、ナポリタン。

 
白いとうもろこし、柔らかくて甘くておいしい。

 
しまった!追いつこうとあせって飲みすぎて、ビール党tomoとしたことが、ビールの写真をぜんぜん撮ってませんでした。で、その代わりと言ってはなんだけど・・・
 
三角クジの山、ツワモノどもの夢のあと♪

 
本日の新宿ライオンは「ヱビスビール祭り」、ヱビスビール一杯飲むごとに三角クジがひけたんです。
このクジそれぞれが、ヱビスビール一杯に相当するってわけ。
 
※ヱビスビール祭り~ヱビスビールを一杯飲むたびに三角クジをひけるイベント、ビールのサイズは問わない
 
そしてまたしこたま飲食券をいただいちゃいました。
これって、無限ループだね。
 
◆ビアホールライオン 新宿ライオン会館店 新宿区新宿3-28-9 03-3352-6606

神田・お多幸(オタコウ) 老舗のおでん屋さんでランチ

今日は朝から昼過ぎまで日本橋の職場へ。
ランチはちょっと時間に余裕があったから、どこか外に行ってみたくてyokoさんにご案内をお願いしました。
 
向かった先は老舗のおでん屋さん。
本日のオーダーはこちら、豆茶(とうちゃ)=豆腐茶めし。お醤油味に炊き込んだ茶めしの上にど~んとおでんのお豆腐を乗せて、その上からおでんのおつゆをかけてあります。
小鉢、香の物、味噌汁、焼き魚付でなんと680円の下町値段。有無を言わさず1人づつ伝票が別になってるのも、割り勘主義のサラリーパーソンにはうれしいね。

 
おでんのおつゆでスープ茶漬け状態になった豆腐茶めしのトッピングは、刻みネギがたっぷり、この上にさらに七味をふって、はふはふといただきました。カラダの芯まであったかくなるね。

 
同行したQさんはお好みおでん4種をセレクトするおでんランチ。
良い色のちくわぶ、次は絶対これを頼もうって心に決めたよ。

 
やっぱり、冬はおでんだね。
 
◆お多幸(オタコウ) 神田店 中央区日本橋室町4-3-11 共同ビル1階 03-3141-0753

赤羽ゴルフ場 冬でも楽しいゴルフ遊び

日曜日に、またまた赤羽ゴルフ場に行ってきました。
今年最初は1月3日、お天気は良かったけど風が強いのがちょっとつらかった。そして実は先週末にも予約を入れてたんだけど、さすがに寒そうだったから一回パス、今回は防寒装備を万全にして再チャレンジだよ。
 
1月3日とはうってかわって、ほとんど無風で好天のベストコンディション、むしろ装備が万全すぎて暑いくらい。
メンバーはいつものS氏、tako氏と、心の友のyokoさん。今日は女子が2人いて、なかなか華やか。
 
赤羽ゴルフ場のマスコット猫にゃん、今日は向こうを向いて寝そべってたけど、カメラを向けたらしぶしぶこっちに顔を向けてくれました。
「モデル料にニボシくらい持ってこい」って言ってるみたい。それにしてもこの猫、だんだん貫禄ついてきたね。

 
業務連絡: スタート小屋では燗酒も飲めるらしいです >おひささん、かわしりさん

 
警告看板を見て、打球事故には気をつけようと心に誓う。なんせ思わぬ方向に飛ぶことがあるからね。

 
赤羽ゴルフ場の白梅は、もう満開も間近な様子でした >jhata99さん

 
草木は冬枯れて木の枝もだいぶ剪定されちゃって、なんだか見通しがよくなったみたい。

 
ランチタイム、防寒対策万全のyokoさんと私はビール、兄さんお二人は月桂冠の熱燗でさらに防寒対策。

 
エビやきそばは、ビールにピッタリな好相性。

 
午後になるとゲームの進行を早めるためか、女子のパットはOKになる距離が次第に長くなってくるのが素敵。

 
この日はyokoさん、池越えの難しいホールでなんとチップインを決めてました。
そこまでにちょっぴり紆余曲折はあったみたいだけどね。
 
ロングホールでも、ナイスショ~ット!!!

 
 
終わった後は4人で楽しく反省会。S氏は体育会系yokoさんにしきりとパットの極意をアドバイスしてたよ。

 
その日によって内容が変わるハムサラダ、tomoはひそかに「気まぐれサラダ」って呼んでます。

 
寒い日は煮込みが美味しいね。

 
びっくりするくらい大きな焼き鳥のネギマ。

 
ウェアも色々進歩してて、ゴルフは冬でもお天気がよければ結構楽しめます。
みなさん、またよろしくね♪
 
◆赤羽ゴルフ場  北区浮間2-18-7  03-3966-6155
 埼京線で新宿から20分くらいの浮間船渡駅から、クラブバスで5分。
 

水道橋・うけもち 健康診断の心構え


 
世の酒飲みおじさまたちは、健康診断の直前だけちょっと生活改善をして少しでも結果を良くしようとする傾向がある。いつも楽しい酔っ払い話のブログで人気の「在京関西人日記」kazubonの日記も、どうも最近面白みに欠ける一般教養講座みたいな話題が続いてると思ったら、昨日が健康診断なんでしばらくおとなしい生活をしていてネタがなかったみたいだ。普段のままで診てもらってこその健康診断だと思うんだけどな。
 
そこで、めでたくプチ節制生活が明けた健康診断当日の夜に、健康診断打ち上げを開催してあげようと思いつく。なんせ本人は健康診断中で連絡がつかないし、そもそも予定があいてるかどうかもわかんないけど、まあいざとなったら本人抜きでやればいいんだもんね。
 
午後になって本人から、飲みには行きたいけど、奥様からの強い指示があって今日は早く帰らなければならないっていう連絡が来た。じゃあ早くからスタートできて勝負の早い立ち飲み屋さんで飲もうってことで話が決まる。
 
健康診断打ち上げ会場は、水道橋にある立ち飲みの名店「うけもち」。
 
6時頃に到着すると、kazubonはおなじテーブルの人たちからツマミをもらって仲良く飲んでる。健康診断の結果を聞くと、まだ詳しくはわかんないけど、節制の甲斐無くメタボが要注意になったらしい。
 
まもなくおひささんも合流。
 
お料理・飲み物全品300円均一。均一って言っても昨今乱立してるチェーン店タイプの均一居酒屋とは全然違う、この立ち飲みは魚にこだわりあり。冒頭写真のプリップリの生牡蠣は、これ2個入ってて300円。
会計は現金でも良いけど、常連さんはたいてい3000円のスタンプカードタイプのプリペイドカードを使ってます。これだと3000円で11回使えるから、一品あたり約272円とさらにお得。
 
焼酎ロックは一升瓶からセルフサービス、kazubonったらあんなになみなみついじゃって・・・
でも、あとで油断してる隙におひささんにだいぶ奪われてたの、気がついてるのかな。

 
楽しく立ち飲みしているうちに、そういえば飯田橋の酒屋さんの店先で飲める立ち飲み「杉山商店」さん、最近ご無沙汰だよねっていう話題になる。メタボ要注意のkazubonのお散歩にもちょうど良い距離だから、ふらふらと歩いて飯田橋方面へ。
 
「杉山商店」さんの近くまで来ると、救急車と消防車が並んでとまってるのが目に入る。
物見高い杉山商店の名物おじさんが店先に出てきて様子をうかがってる。ご挨拶して店内へ。(あとで聞いたら救急車は自転車で走ってた人が具合が悪くなって呼んだものだったらしい、大事にはいたらなかったとのこと)
 
この杉山商店は元々酒屋さんなんで、店内にあるビール、チューハイ、スナック菓子、缶詰なんかは原価で飲食できます。メニューにある簡単な料理類を1人2品オーダーするのがお約束。モヤシ炒め、ウィンナー、牛スジ煮込み、シューマイなど、酒飲みに魅力的なラインナップが揃ってます。
 

 
このあたりで、「今夜は重要な商談があり、参加できるか微妙」って言っていたかわしりさんから電話が入る。御茶ノ水とか水道橋とか言っていることがイマイチ要領を得ないみたいだけど、最終的にはどうにか合流。
 
kazubonはなぜだか味の横綱(塩味の揚げせんべい)をビールに浸して食べている。あかんがな。
到着したばかりのかわしりさんは、なぜだか飲みかけのコップをスナック菓子売り場の棚に隠したり、不審な行動を繰り返す。ホントに今まで商談してたんだろうか。

 
その後、今日は早く帰ると強い決意を表明していた(それでいて、なぜかカラオケに向かう私たちに途中までついてきた)kazubonを地下鉄駅の階段まで送り届けて、残りメンバーでカラオケへ。
 
生ビールが到着したところでかわしりさんは夢の中に旅立ち、残った二人で楽しく歌って夜がふけていったのでした。かわしりさんの生ビールは、無駄にすることなくちゃんといただきました。
 
◆うけもち 千代田区三崎町2-15-2 03-3234-5664 http://www.ukemochi.com/
 テーブルの七厘であぶる干物類も美味しい
 
◆杉山商店 千代田区飯田橋4-5-13 03-3261-4747
 夜になって店頭の赤提灯がともると、立ち飲みコーナーオープン

京都、これが最後の出張でしょう

ここ三ヶ月くらい、何度かお仕事で京都に行ってたけど、どうやらこれが最後の出張になりそう。

思えば朝9時京都の仕事場集合に間に合わせるために始発で家を出た日もあったけど、今回は10時集合なんでちょっと余裕。朝ごはんはこの出張シリーズで何度もお世話になった朝のおむすび弁当。


味付けご飯が好きな人にはなかなか魅力的なんだな。



そしてこの出張シリーズの往路では、いつも富士山が奇麗に見えました。
左下の煙突、煙の向きが左右逆になってるね、風が渦巻いてるんでしょうか。


途中関が原付近で積雪のため徐行運転で、約15分遅れで京都到着。

午前中のお仕事をすませて、ランチはお気に入りの中華屋さんで780円の中華丼ランチ。





心配された午後のお仕事本番もなんとか無事クリアして、京都の街をプチ散策しました。





今回も日帰りのあわただしいスケジュールだけど、帰りの新幹線は打ち上げ気分で、出張者4人でボックス席を占拠して飲みながら帰ることにしました(普通出張では席はバラバラだけど、窓口で席を変更)。
この4人、たまたま永い付き合いのメンバーなんだけど、普段なかなかこういう時間を持つのが難しいメンバーでもあるんで、贅沢な車中の時間をすごせました。

おつかれさま~の、乾杯!



でも、次に京都に行く時は、ゆっくり遊びで行きたいもんだね。

日本橋・おぐ羅(オグラ) おでんが美味しい季節のランチ

今日は日本橋の職場へ。
ランチはSさん、Yさんと、この前日本橋に来たときにyokoさんに教えてもらったおでん屋さんに行ってみました。
 
おでん、茶飯、お吸い物、香の物、サラダのおでんランチ。透明感あるダシがじっくりしみたおでんが最高。

 
銀座にある人気のおでん屋さんの支店だそうです。
しかしこれは・・・燗酒がほしくなるね、今度は夜来ようっと。
 
◆おでん おぐ羅 日本橋三井タワー店 中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワーB1 03-3516-1775

日本橋・一の倉 妖怪たちの新年会

先週某日、妖怪チームリーダーを中心とする新年会が開催された。
 
斗酒なお辞さずの怖いお姉さんの中でもよりぬきのメンバーたち。そこに諸般の事情により善良なお兄さんが2人混在の、総勢9人がメンバー。善良なお兄さん2人は何かを恐れるかのように開始時刻に遅れてくるという。本日は飲み放題コースなんでスタートすべきか待つべきか・・・決断の女tomoは即座に、
「お兄さんaは(ものすごく飲めるから)遅れてきてもすぐ追いつく、お兄さんbは(あまり飲めないので)どうせ飲み放題に貢献しない、したがって待つ必要無し!」
との判断で飲み放題スタートの乾杯! ←要は自分が早く飲みたかった

 
お料理は、新年会用の宴会コース。どれもおいしかったです。
写真は途中で挫折してるけど、これに加えて揚げ物、焼き物、ご飯もの(鯖の棒寿司、これがおいしかった!)、フルーツっていうラインナップ。お値段もリーズナブルです。ただし店内オペレーションはこの日少々人手不足な感じだったかも。
 
遅れていたお兄さん2人も、逃亡することもなくちゃんと参加してくれてました。

 

 

 
一次会終了後にもう一軒行こうと周辺をさまようけど、この近辺は店じまいが早いとこが多いらしくてなかなか見つからない。やっと見つけた怪しい赤い灯がともるショットバーになだれこんで、ウィスキーをロックで飲み始めたところから、急速に記憶が(笑)・・・
 
◆むろまちだいにんぐ一の倉 日本橋店 中央区日本橋室町1-13-12 03-6202-1388

目黒・バケット 恋しちゃいそうなベーカリー

目黒駅ビルのレストラン街には、食欲を刺激する焼きたてパンの香りが漂ってます。
その発信源はレストラン街の一角にあるベーカリーカフェ、バケット。
 
焼きたてのパンをお好きなだけどうぞっていうのがウリのこのお店。そうは言ってもパンってそんなにたくさん食べられうもんじゃないので、一個を小さめにして、いろんな種類が食べられるようにしてくれてます。

 
パンが焼きあがるたびに店内にはベルの音が響いて知らせてくれます、スタッフに余裕があるときは、ただいま焼き立てですがいかがですかって感じで、席までカゴを持ってきてくれることもあり。ついつい食べちゃうよね。
 
メインのお料理は、カルボナーラをチョイス、野菜、ポテト、パスタたっぷりのアツアツにとろとろタマゴが美味。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事前の方針では「パンは4個、でも場合によっては5個」って思ってたけど、結局6個でした。
まあ、こんなもんかな♪
 
◆BAQET(バケット) 品川区上大崎2-16-9 アトレ目黒A館5F 03-6408-8477

恵比寿・味彩(アジサイ) 問わず語らず名も無き酒飲み

先週某日、恵比寿の味彩にて、女子会を開催。
とにかく魚が美味しいお店だから、いつも楽しみ。
 
ほぼ時間ピッタリに到着すると、エレベーターでまこはんと合流、店に入ると大将が半袖で迎えてくれました。
「この寒いのに半袖ですか?」って聞くと、「あっちにも半袖がいるよ」との答え。
見るとすでに到着してるおひささんとyokoさんが腕まくりして飲み始めてましたとさ(笑)。
 
早速、乾杯!

 
翌朝のフライトで英国に飛び立つまこはんに、美味しい和をいっぱい食べて欲しいな~

 
お刺身はいつも美味しいけど、特にこの季節はおいしいマグロがいただけます。かの有名どころの大間だとか。
でも、マグロに負けず劣らずな美味しさだったのが右下のイカ。なんとも言えない甘みとやわらかさ。tomoのイカ好きの血が騒ぐ。

 
甘酸っぱいドレッシングの、サラダのような酢の物のような和え物のような一皿。
ところで添えられてる食用ホオズキ(手前)、帰るときにお年賀で1パックずついただいちゃいました。
ごちそうさまです!

 
魚の身とカマをコンガリ焼いたもの、皮まで美味しい。

 
根菜の暖かい汁もの。

 
ここまで、4人てんでんバラバラに、ビールとか焼酎お湯割りとか焼酎ロックとか日本酒燗とか常温とか、濁りとか濁ってないのとかグラス単位でお願いして飲んでたんだけど、たまたまこのタイミングで全員芋焼酎を所望。
するとお店の方が、全員で飲まれるんでしたら、こちらでいかがでしょうかって、ボトルを持ってきてくれた。
小さいビン(900mlだったらしい)だけど、もうみんなかなり飲んでるし、どうしよう。
「でも、残ったら持ち帰れば良いよね」って、お決まりのそらぞらしい会話をかわしつつ、ボトルをお願いしました。
 
問わず 語らず 名も無き焼酎・・・良いねぇ、このせりふ。マボロシとかなんとか能書きの多い本格焼酎とは一線を画する潔さ、私達女子会の今年のモットーはこれで決まりだね♪

 
さらに食べ物は出てきますが、そろそろtomoはおなかいっぱいになってきたので飲むほうに比重をうつす。
でもこの牡蠣、大粒でした!

 
なんだかよくわからないぼやけた写真・・・たぶん良く味のしみたぶり大根でしょうか。

 
おなかいっぱいだけどもっと飲みたいっていう名も無き酒飲みの心理を知り尽くした大将、このタイミングでカラスミのスライスを出してくるのが心憎いね。
これを齧りながら、さらに楽しく飲んでたら、あっという間に焼酎ボトルは空になってました。

 
写真は、暗い、ピンボケ、手ぶれの三重苦ですが、すごく大きくてジューシーなイチゴでビタミンCをたっぷり補給して、この日はお開き。

 
大将、いつもありがとね。
まこはんのご無事なフライトを祈り、またの再会を約しつつ、家路につきました。
 
まこは~ん、また来てね!!!
 
◆恵比寿 味彩(アジサイ) 渋谷区恵比寿1-12-5 萩原ビル3 3F  03-5449-0049
次のページ