FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

ロペ倶楽部 楽しむを続けましょう♪

台風の去った日曜日、栃木県にある「ロペ倶楽部」に行ってきました。
メンバーはおひささんとyokoさん、そして台風の影響で会社のコンペが中止になったtako氏も急遽参加。
 
入り口はなんだか和の風情、竹林もありました。

 
練習場も充実、打ちっぱなし、パター練習場のほかに、アプローチ練習のためのミニコースもあります。
なぜだか、サンドウェッジの産みの親といわれる、ジーン・サラゼン氏の等身大看板がありました。

 
お天気はあいにくの曇り空だったけど、幸い雨には降られませんでした。
コースのあちこちでは、木の葉が色づき始めてますね。

 
なんと、こんなホールインワン賞が!
狙ってがんばったんですが、打球は一直線にグリーン手前のバンカーへ・・・
サンドウェッジのお世話になりました。ジーン・サラゼンさん、ありがとう!

 
白砂のバンカーや、雄大な池や、広々としたフェアウェイや、とにかくとっても景色の良いゴルフコース。

 

 
ランチはこのレストランでいただきます。和のクラブハウスとは打って変わって、スペイン風の建物、なぜだか奥まったところにあるVIPルームの席に案内していただけて、落ち着いてランチを楽しみました。

 
サラダバーはサービス、

 
前日ちょっと飲みすぎてた気がするんで、ウコン補給にビーフカレーをチョイス。
ライスとナンが両方ついてきました。

 
午後も和気藹々と楽しくラウンド、最終ホールでは再びジーン・サラゼンさんの呪い(?)でバンカーと格闘したけど、なんとか無事ラウンドすることができました。

 
ソフトドリンクやお風呂上りのヤクルトはすべて無料サービス、付属のロッジもおしゃれな感じ。
今度は泊まりで来てみたいな。
 
ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました。
またよろしくね♪
 
◆ロペ倶楽部 栃木県塩谷郡塩谷町大久保1859-1 0287-46-1122
スポンサーサイト



赤羽昼酒ツアー♪

台風が関東に最接近しつつある土曜の昼過ぎ、走るモツラーといわれるkossさんの案内で、赤羽昼酒ツアーが開催されました。台風の影響で湘南新宿ラインは運転停止、高崎線は70%の運転率だけど、特に問題なくみんな15:00前に改札に集合。kossさんの綿密なスケジュールでは一軒目は15時開店のお店に口開けで入るはずだったんだけど、なんとみんな張り切りすぎて15時前にお店に到着、「15時開店」の張り紙を横目で見つつ、店の前にたむろする。すでに焼き台にも火が入って開店直前の雰囲気だったんだけど、なぜだか中にいるお兄さんが電話で何事か話していたかと思ったら、「すいません、今日午後5時開店になりました」とのこと。たぶん台風の影響なんじゃないかな。
 
すかさず次の目的地の立ち飲みおでん屋さん「丸健水産」に向かう。このお店、おでんのネタを売ってるお店なんだけど、店の一角になべを置いて、出来上がったおでんも売ってくれる。このおでん、持ち帰って家で食べるのも良し、目の前の立ち飲み用テーブルでいただいても良いっていうしくみ。

 

 

 
アーケードには屋根があるから雨の心配は無いんだけど、台風の影響か、アーケードをたたく雨音が一段と激しさを増す。こころなしか気温も下がってきたみたい。
暖をとろうと、飲み物を日本酒の熱燗に変更。このカップ酒、23区内唯一の酒蔵、「丸真正宗」です。

 
絶品の牛筋煮は、ほろりととろける美味。

 
次々にお客さんが訪れて、途切れることがない。
 
◆丸健水産 北区赤羽1丁目44−11 03-3901-6676
私たちもあんまり長居は無粋ってことで、二軒目へ。いつもは人気の「赤羽トロ函」も、台風の影響で待たずに入れました。

 
蟹たっぷりサラダ、ホントにたっぷり!

 
焼き物は良い感じに焼いて持ってきてくれます。うまみが凝縮されてて美味しい。

 

 
かわしりさんが飲んでた「金魚」、2匹入ってますね~

 
◆赤羽トロ函 北区赤羽1-17-7 03-3903-7175
 
5時をかなりまわってきたから、3時に行きそこねた「のんき」に再訪、今度は無事入店できました。

 

 
焼き物の写真はどれも手振れがひどくて使い物になりません。

 
◆もつ焼のんき 北区赤羽1-19-16 03-6860-8910
 
4軒目のお店の人気者、ミーちゃん。

 
 

そうこうするうちに、台風はどっかに行っちゃったみたいで、雨上がりの夜空にネオンがにじんでました。
 
kossさん、今回もご案内ありがとうございました。
王子ツアー、赤羽ツアー、さて次回は何処へ?

飯田橋・やまじ SHIKI氏壮行会

せっかくのフライデーナイトだけど、社内でとある会合。
なんだか全体的に真っ黒な感じのおやじの海が広がってますね。
 

そんなおやじの海を泳ぎ抜けて向かった先は、飯田橋のオトナの隠れ家、「やまじ」。
おやじからやまじへ♪
飲み友達のSHIKI氏がちょっと旅をかけることになったので、有志が集って壮行会が開催されてるんです。
 

 
昭和レトロが色濃く漂う建物、一階はロコ達ご用達のスタンディングコーナー、二階はゆっくりくつろぎたい人向けに椅子席になってます。今回は二階のセンターテーブルを占拠して、メニューの本日のおすすめを片っ端からオーダーするっていう作戦。
 
これは「すぐ出る系」のサラミスライス。でもこのお店、実は何でも作りたてが手早く出てきて、しかも全品250円っていう驚きのコストパフォーマンスなんです。

 
キャッシュオンデリバリーシステムなんで、各自千円札をテーブルの片隅においておくと。お料理や飲み物と引き換えにお金が減ってく明朗会計。これは鮭の中骨煮、カルシュームたっぷり。

 
野菜たっぷり、サッパリ味のヤキソバと、それを撮影して保存中のかわしりさん。
向こうに見えるカボチャの入れ物は、このあとの余興で使われてました。

 
その日によって具がかわる玉子焼き、この日は王道のベーコンとほうれん草。ちょっぴり甘めの味付けが、なんだか懐かしい美味しさでした。

 
干物なんかも焼いてくれます。ちゃんと大根おろしもついてる本格派。

 
この後、このグループ恒例の、kazubonによる余興大会が開催されて、そのままみんなで流れてカラオケへ。
1時間一本勝負で、楽しく歌いました。
さっぱりヤキソバも美味しかったけど、カラオケ屋さんのチープなこってりヤキソバも捨てがたいね。

 
◆やまじ 千代田区飯田橋3-11-30 千代田街ビル、のいちばん右はじ 03-3239-3609

目黒・こだま 体がほっとする、おいしいご飯のランチ

目黒で、女子3人で外ランチ。
 
オトナの女子3人だったんで、いろんな食材をしみじみおいしく食べさせてくれるお店「こだま」へ。
ランチは日替わりだけなんで、苦手な食材がある人は、入り口のボードを確認してから入ったほうが良いと思う。tomoは好き嫌いなくなんでも美味しく食べられちゃうけどね。
 
ごはん、味噌汁、小鉢、おかずの盛り合わせ、それに主菜っていうのが基本パターン。そして特筆すべきはこのごはん、白くつやつやに光ってて、ごはんだけでも美味しく食べられちゃうんです。きっと店主さんは色々素材を吟味してるんだろうね。ごはんはおかわりできます。この日のお味噌汁はやさしい甘みのあるサツマイモでした。

 
スープでじっくり煮込んだ鶏の手羽に蕪を添えて。軟骨まで美味しく食べられちゃいます。
うふふ、コラーゲンたっぷりだね。

 
小さなお料理も、一つ一つ丁寧に作られてるのが伝わってくる美味しさ。

 

 
カウンターと小上がりで20席くらいのこのお店、夜に来てみたいと思いつつまだ果たせてません。
ランチは文句なしにおすすめ。
 
◆遊旬 こだま 品川区上大崎3-4-4 メゾンライト1F 03-5423-0743

神楽坂・カド 熱海ゴルフの反省会だったはずの会

先日一緒に熱海のゴルフに行った4人、N氏・shun氏、yokoさん、それにtomoの4人で、ゴルフの反省会をやることになった。それぞれのショットやパットの反省点、コース攻略上のポイント、今後の練習法などについて話しあおうという狙いだ(たぶん違う)。
 
でも、直前になってN氏が業務上のやむをえない理由により参加できなくなったので、反省会は開催日を変更して、来月やることになった。
 
ここでよく考えてみると、4人のうち残り3人は別に都合が悪くないのだ。しかも前から行ってみたかったshun氏おすすめの人気店も予約済だ。ってことで、「熱海ゴルフの反省会だったはずの会」と名を変えて、せっかく1席あいてるので仲良しの飲み友達のかわしりさんにも声をかけて単なる飲み会を開催しました。
 
氷雨降る中無謀にも飯田橋某所から裏道を通って行こうとして見事に迷い、ちょっと遅れて到着。
お店は外から見るとどうみても普通のおうち。昭和40年代に建てられた民家をそのまま使ってるそうです。手前の座敷席と、奥のソファ席があって、今回は楽に座れるソファ席。
 
つきだしの3品です、右側のは鶏肉とあけびを八丁味噌で味付けしたもの。ちょっと苦い野菜を見事「あけび!」と言い当てたかわしりさん、さすがだね~

 
お椀はほっくり揚げたサトイモに、とろみのあるキノコのスープをかけたのでした。こういうあったかさが美味しい季節になったね。

 
季節は変わってもビールはうまい。
管理のいきとどいた美味しい生ビールです、奥の飲み終わったグラスにはくっきりエンジェルリング♪

 
焼き物は鮭かな、カリっとした皮までいただきました、美味しかったです。

 
鱈と白子の蒸したのは、薬味たっぷりのポン酢でいただきました。これも冬の美味だね。

 
揚げ物は自家製のがんもどき、中にナッツ系のものが入ってて歯ごたえも楽しい。

 
コースのお料理はここまで、3000円です。体にしみじみ染み渡る丁寧て美味しいお料理をこれだけいただけたのに、安いと思う。ただし、このお料理につられてかなりのビール、焼酎、日本酒が消費されてるので、会計が3000円ですまなかったことは言うまでもありません。
 
さらに飲み足りない人たちは、酒盗チーズ、鉄火味噌などというお酒が進みそうなお料理を追加オーダーして、いつまでも話が尽きない感じだったよ。

 
ところでこの日は、このメンバーにはめずらしく割合まじめな話もしたような気がするんだけど、何を話したかほとんど覚えていないってのが困りものですね。
 
◆カド 新宿区赤城元町1−32 03-3268-2410
 方向音痴のわたしには、たどりつくのが難しいところでした。まさに角地にあるから「カド」っていう店名みたい。

銀座・YEBISU BAR(エビスバー) 映画の会の映画抜き

時々一緒に映画を見に行くナカマから、「悪人」が観たいっていうリクエストが寄せられた。
出演している深津絵里さんが、モントリオール世界映画史祭で最優秀女優賞を受賞して、脚光を浴びている映画だ。主演は、あの愛の武将をやってた妻夫木さんが演じている。
 
でも、紹介されているストーリーを読むと、なんだか重そうな映画な気がする。実際、すでに観たと言う最強飲み友Mちゃんも、暗かったという感想を伝えてきた。tomoは、気持ちが明るくなるようなスッキリした映画(例;小学生向けのアニメなど)が好み。今回はパスしようってことで、映画は観ないで、おなじく映画はパスっていうナカマと共に、銀座のエビスバーへ。まずは、アスカクルーズのビール樽生で、乾杯!

 
レバーパテは胡椒がたっぷりきいてて、美味。

 
ちょっぴりおしゃれなポテサラ。

 
ボリューミーな豚肉、おいしかった~

 
これなんだか分かりますか?笹かまのチーズ焼き、わさびがツーンってきいてました。

 
このお店の定番、鯛のフィッシュアンドチップス。マヨが柴漬けでピンクにそまってるのがキュート。

 

 
そうこうするうちに、映画が終わる時間が近づいてくる。私達、ただ単に飲んでるように見えるかもしれないけど、一応ココロは映画の会に参加してるのだ。映画鑑賞組が映画を観ているはずの日比谷シャンテへ移動して、映画終了を待つ。
 
映画を観ていた2人と落ち合って、近くの中華料理屋さんで、乾杯!

 
映画の感想などうかがいつつ、アツアツの餃子で美味しい生ビールをいただきました。

 
ちゃんと映画鑑賞をしていたお二人によると、大変楽しめるすばらしい映画で、暗いというよりむしろ純愛をテーマとしたものだった、とのことでした。ホントかな。
 
◆銀座YEBISU BAR(エビスバー) 中央区銀座8-2先 コリドー街 山下ビル1F 03-3573-6501
 前に行ったときの記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/60295776.html
 

目黒・三ツ星食堂 カレーとオムライス、両方食べたい!

目黒の三ツ星食堂は、テレビの目黒特集なんかでは必ず出てくる定番店の一つ。
 
ランチのメニューは種類は少ないけど、トロトロタイプのオムライスと、野菜カレーやビーフカレーなどのルーたっぷりのカレーが大人気。席に座ると、まずはランチのモヤシサラダが運ばれてきます。醤油ベースのドレッシングがシャキシャキもやしと良くマッチしてます。

 
連れがオーダーしたのは、野菜カレー。大ぶりの野菜がごろんごろん入ってて、さらに半熟タマゴのフライが添えられてます。このタマゴ、二つに割ると黄身がとろりんこの絶妙レア、ルーと良くなじんで美味しいんです。
 

 
オムライスも食べたいけどカレーも食べたい・・・悩めるtomoのチョイスは、オムエビカレー!
シンプルな白ご飯のトロトロオムライスに、たっぷりのエビカレー、大満足なランチタイム。

 
オープンキッチンでフライパンを操りつつお料理をこなす店主さんは、同じく目黒の名店スパゲティ屋さん「ダン」の店主さんとは親戚同士なんだそうです。
 
◆めぐろ三ツ星食堂 品川区上大崎3丁目4-6 03-3443-6568

証明写真のあの人は・・・

日比谷国際ビル通路に飲み物の自販機に挟まれて、証明写真機を発見!

証明写真撮影ボックスって、その気になってさがしてみると駅前とかショッピングモールとかで良く見かける。世の中、突然証明写真を撮りたくなる人や、撮る必要性が生じる人が結構いるらしい。そしてこの証明写真ボックスっていうのは写真を撮るための設備だと思ってる人が多いと思うけど、なかには特殊な用途で活用してる人もいるんです。
 
わたしの飲み友達のkazubonは、酔って電車を乗り過ごして戻る電車もなくなった場合、証明写真ボックスで寒風を避けてビバークしちゃったりすることがあるそうです。
この証明写真ボックス、確かに風除けにはなるけど、センサーが人の気配を察知して「ご準備ができたらお金を入れてください」って言い続けるんで、寝るにはうるさくて大変なんだとか。 
 
でもこの日比谷の証明写真、なんだか外人さん向けっぽく英語表記が併記されてる。外人さんも証明写真でビバークするの???って訳じゃないよね。
リーマンショックに端を発した昨今の不景気、日比谷界隈の外国人ビジネスマン達にも荒波となって押し寄せ、ここで証明写真を撮って履歴書に貼って、転職活動したりするのかな。

 
しかし、正規証明写真発給(この表現そのものが、中国の人を意識?)って、非正規証明写真ってのもあるの?

日比谷・ラ ベルデ ランチの早割やってました♪

yokoさん、Mさんと3人で、外ランチへ。
当初の予定では少し遠出しようかと思ってたけど、お天気が怪しいんで近場のラ・ベルデに行ってきた。
 
ここではスパゲティを食べることが多いんだけど、本日のピザ・・・アンチョビ、キノコ、トマトの白いピザ(トマトソースが無いタイプ)ってのが美味しそうだったから、めずらしくピザランチ。

 
yokoさんもおんなじピザ、Mさんはシンプルトマトソースのスパゲティでした。このピザ、アンチョビの塩気、キノコとトマトのうまみ、チーズのコク味が良い感じのハーモニー。でも、写真ではわからないかもしれないけど、すごいラージサイズ。Mさんのスパゲティも魅力的だったんで、ピザと交換してもらって両方楽しみました。
 
サラダと食後の飲み物がついてるランチコースが、なんと11:45以前に入店の場合は100円引きになってました。なんとなく「早起きは三文の得」なんてことわざを思い浮かべちゃったりしてね。
 
◆トラットリア・ラ・ベルデ 日比谷店 千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビルB1 050-5815-6436
お店のホームページ→ http://www.la-verde.jp/

銀座・ライオン銀座七丁目店 またまたお誕生会

なぜだか10月生まれのお友達が多い。お誕生日って言えば、お祝いをしないわけにはいかない。
ってことで、S姉さんと最強飲み友Mちゃんのお誕生会を開催しました。
 
場所はビール好きのMちゃんの希望「10月なんだし、仲間と楽しむオクトーバーフェストってことでビアホールがいい」にあわせて、日本のビアホールの草分け、ライオン銀座七丁目店に決定。五月雨式に参加者が集まるたびに、乾杯が繰り返されました。

 
これはつきだしの小皿ね。

 
ソーセージとポテト、これぞビアホールっていう美味しさ。

 
ハム、ソーセージ、チーズなどを盛り合わせた、その名もオクトーバープレート。

 
おつまみピザ、とろけるチーズがたまんないやみつきの味。

 
写真はちょっとぼやけちゃったけど、これまた絶品のおつまみステーキ、アツアツ鉄板で到着。

 
ピリカラなコンニャク炒めは、ジュッってレモンを搾っていただきました。

 
ナポリタンスパゲティ、レトロなメニューだけど魚介類とか具は結構リッチなんだよ。

 
生ビール注ぎの名人海老原清氏の伝統の技術を継承したというビールはどれも美味、プレミアムも含めてさまざまなビールを楽しみました。お誕生日のお二人には、ハロウィンの飾りがついたお花などをプレゼント、記念撮影も盛り上がったね。
 
で、お開きになりました。
時間もそこそこ遅かったからこれで解散かと思いきや、なぜだかS姉さんの「うふふ、この近くになじみのお座敷スナックがあるの」っていう悪魔のささやきに、約半数がおちてゆく。(残りの人も、結局別の店で飲みなおしたらしいけど)。
とっても不思議な店で、ボトルをいただいて焼酎を飲みつつ、お座敷カラオケ(?)のひととき。
ふらふらと歩いてるのは、このお店のマスターさんです。

 
で、この店を出て家に帰ろうかと思ったんだけど、なぜだかS姉さんと二人で、さらにバーで飲みなおし。

 
頭の中で、古い歌謡曲がリフレインする。
「わたしバカよねぇ~、おバカさんよねぇ~~~・・・」
 
 
翌朝起きるのが、さすがに若干つらかったかな。
 
 
◆ライオン 銀座七丁目店 中央区銀座7-9-20 03-3571-2590
 毎年おひささんのお誕生会をやるお店です♪
次のページ