FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

恵比寿・農家の台所 ヘルシーな草食系宴会

職場のメンバーが一人今月末で職を離れることになり、送別会を開催してきました。
 
現在ダイエット中というご本人の希望もあって、お店は恵比寿にある野菜が美味しい「農家の台所」。このお店、最近予約困難の評判店らしい。入り口には巨大大根のディスプレイ、野菜生産農家の方の顔写真を選挙ポスターに見立てたものが飾られたりして、ちょっと面白い。

 
入り口脇の箱には、野菜についての本がいっぱい。かわしりさん好みの本が揃ってるみたい。

 
「頭上注意」って書かれた入り口の扉を開けると、いきなりひんやり冷気につつまれた野菜室に飛び込む。これは間違えて通用口から入っちゃったかなと思うと奥にもうひとつ扉があって、その向こうがお店になってます。
 
先発隊と合流して、まずは乾杯!

 
このお店の特徴は、なんと言っても野菜。それぞれ生産者名がはっきり書かれてるサラダバーがあって、自由に思う存分野菜が食べられます。サラダバーにいるお店のスタッフは野菜に詳しいみたいで、生産者のプロフィールとか野菜の特徴とか色々説明もしてくれるよ。産地や生産者にこだわった新鮮野菜、さすがにそのまま生でもじっくり美味しい。野菜用のソースや塩をつけていただきます。

 
これはつきだし、コーンのムースとなんか魚の干物っぽいもの。

 
スープはコーンかカボチャかと思ったら、ニンジンなんだそうです。クリーミーでとっても美味。

 
小鉢は、一旦裏ごししたカボチャを寄せて揚げたものの揚げだし。野菜やキノコがたっぷり。

 
サラダバーは何回でもお変わりできます。ナスもトマトも驚きの美味しさ。

 
魚料理は、白身魚を山芋スライスとレンコンではさんで、海苔を巻いて揚げたもの。梅のソースでいただきます。

 
肉料理は、根菜を刻んだのがたっぷり入ったポークソーセージ、自家製トマトソースが添えられてます。

 
野菜中心とは思えないほどの満腹感で、ご飯は控えめにしてもらいました。野菜たっぷりの味噌汁と、カボチャの漬物がついて来ます。

 
ナカマが去っていくのはちょっぴり寂しいけど、今後のご活躍をお祈りしてます。
またたまには遊びに来てね♪
 
お店を出ると、席が空くのを待ってる人たちが列をなしてました。ホントに流行ってるお店らしい。
 
◆農家の台所・恵比寿店 渋谷区恵比寿南1-7-8 恵比寿サウスワン1F 03-3719-4831
 ぐるなび→ http://r.gnavi.co.jp/p963301/
スポンサーサイト



新橋・Olio(オリオ) いつものとこでクールダウン

お仕事が長引いて中途半端に遅くなったとこで、ワイン党の同僚が、何か語りたいことがありそうな様子。
こんなときは、カウンター主体のサシ飲みが似合うイタリアンバーに立ち寄ってみる。
 
まずは、何はともあれ、乾杯~!

 
職場の愚痴を語りながら飲むなんてダメってご意見もありましょうが、時にはそれもまた良いもんです。
もやもやしていた心の中も、言葉にすることで自然と整理されるからね。愚痴を言えるようなお友達を持つってことは、人生を少し楽にしてくれる効果があるんじゃないかな。
 
いつしか話題は変わり、気がつけば楽しく笑いながら飲んでたりする。
これはほとんどいつも注文する、タコとセロリのマリネ。

 
白レバーのムースは、バケットに乗せていただきます。ちょっとレバーがあまっちゃったら、お店のお兄さんがすかさずバケットを追加してくれました。

 
ポルチーニ茸のキッシュは、ハーフサイズに切り分けてくれました。ありがとね。

 
チーズをつまみながら、さらにビールとワインのおかわりを重ねる。
明日へのエネルギー、いっぱいチャージしなくっちゃね。

 
◆Olio(オリオ) 新橋店 港区新橋1-16-8 クレグラン新橋ビル1F 03-3519-6648
 この前行ったときの記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/59725353.html
 

私もやってみたよ、お手製イクラの醤油漬け

この季節、スーパーや魚屋さんに行くと、生すじこが売られてることがある。これは、バラして漬け汁につけるとお手製のイクラ醤油漬けになる。tomoも何年か前にやったことあるけど、面倒な割には普通に美味しい(=自分で苦労して作らなくても、良いお店に行けば同じように美味しいのが食べられる)ような気がして、最近は距離を置いてました。
 
でも、北海道暮らしの経験もあるかわしりさんとこでは、毎年このシーズンになると自家製を楽しんでるらしい。最近はおひささんも何度かチャレンジしてて、結構おいしそうだ。
 
で、ついにtomoもチャレンジ。ちょうど近所のスーパーの北海道フェアで売ってた生すじこをゲット。

 
まずこのすじこを丁寧にバラバラにほぐします。
各種Webページのレシピをみると、40度くらいのぬるま湯でやるっていう人もいれば、薄い塩水でやるって人もいたり、ぬるま湯でばらしたあとで塩水で洗うって人もいたりして様々。魚焼き網を使えば簡単と書かれてるとこもあるけどウチには見当たらないから、とりあえず、多数派っぽいぬるま湯でゆっくり手でほぐしてみる。
 
ここが一番大事なステップなので、あせらず丁寧に・・・やらなきゃいけないんだけど、元来いい加減な性格なんで、つい力を入れるとプチプチと手の中でせっかくのイクラがはじけてる気配がしてあせる。
 
バラバラになっても何度か水を替えてすすいで、まあこんなもんかな~ってとこで水気を切ってタッパーへ。
漬け汁は、これも諸説あるけど、お醤油(薄口じゃない普通の)、日本酒、みりんを、6:3:1くらいの比率で混ぜたのを使用。色をきれいに仕上げるなら、お醤油は薄口にすると良いのかな。
 
で、朝作って夜には完成!
たっぷりの大根おろしを添えていただきました。ビールはこれまた北海道フェアでゲットしたサッポロクラシック。
大根おろしで残った大根は、あつあつのふろふき大根に、鶏肉味噌を添えてみたよ。

 
翌朝は残ってたイクラで、絶品イクラ丼、朝から幸せいっぱい。

 
どのレシピにも皮は丁寧に取り除けって書いてあるけど、結構いい加減にやってもそこそこ美味しくできました。
好みの味付けにできるのがお手製の良さ、漬け汁の配分を変えて色々試したら楽しいかも。
 

星の王子さまはお好き?

「星の王子さま」読んだことある?

 
フランスの作家、サン・テグジュペリの童話。砂漠に不時着したパイロットが、他の星から来た王子さまと出会って、王子さまがかつて住んでいた星や、その後宇宙を旅しているときに見かけた星の話を聞いていく。
 
子供向けの絵本ではあるけれども、実は大人の心に響くメッセージに満ちた本とも言われている。
「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目には見えないんだよ」
本来人間に備わっている「心の目」を忘れた大人たちへの警鐘とも言われる、有名なキツネのセリフ。
 
ストーリーや警鐘は心に残ってないって人も、独特のタッチのイラストはたいてい知ってるんじゃないかな。
 
 
先日八ヶ岳高原に行った帰り道、何の気なしに寄居パーキングエリアに立ち寄ったら、なんだか夢の国みたいな雰囲気にビックリ。ヨーロッパの町並み風な建物が並んでて、お店も普通のサービスエリアにあるようなのとぜんぜん違う。星の王子さまグッズ売り場や、おしゃれなソフトクリーム専門店、オムライス専門店、焼きたてパンのカフェが並んでるんだ。メインレストランの名前は「ル・プチ・フランス」、お料理もきっとフレンチなんだろうね。
 

 

 
tomoは知らなかったけど、上り線のパーキングエリア全体が「星の王子さま」とコラボしたテーマパーク(パーキングエリアとかけて「テーマパーキング」って呼ぶ)になってるらしい。わざわざこれ目当てで来てる人も結構いるみたい。時間が無くてゆっくり見て回れなかったけど、今度もうちょっと余裕を持って訪ねてみたい感じだったよ。
 
でも子供にフランクフルト食べさせといて自分は山菜ソバでも食べて、ついでに土地のお土産でも買っとくか・・・っていう雰囲気の父子連れのお父さんが「なんだこれ?!」って呆然とつぶやいてるのを見かけたことを、付記しておきます。
 
◆寄居パーキングエリア(上り線) 埼玉県深谷市本郷 関越自動車道上り線の花園と本庄児玉の間 
 こんなWebサイトもあった!→ http://lpp.driveplaza.com/

銀座・YEBISU BAR(エビスバー) ビールの海で溺れたい♪

☆ 素敵なFriday Nightに、乾杯! ☆

 
今週は土日の他に休日が2日もあって、なんだかあっと言う間に一週間が過ぎ去った感じだね。
休日の合い間の金曜日、仲良しと2人で銀座のYEBISU BARへ。
ここはヱビスビール樽生全種類が飲めて、その上ビールに良く合うお料理が揃った、素敵なお店。
割と頻繁に訪問させてもらってます。
1杯目は、日本が誇る豪華クルーズ「飛鳥Ⅱ」船内限定ビール、YEBISU ASUKA CRUISE。現在数量限定のオーシャンブルーの缶で発売中だけど、ここYEBISU BARでは樽生で飲めます。
 
このエビスバー、カウンター内にタップ(樽生ビールをつぐための蛇口みたいなの)が5つあります。客席側から向かって右端が、アスカクルーズになってました。今夜は楽しい金曜日、全タップ制覇できるかな♪
 
2杯目はオーソドックスなヱビスビール。日本のプレミアムビールの草分け的存在だよね。
3杯目は琥珀エビス、これは結構お気に入りなんです。


 
刺激的なオトナのポテトサラダ。すごく芥子がきいてるオトナの味、思わず目に涙がうかんじゃったよ。 

 
ビールに欠かせない揚げ物系は、タコの唐揚げ。適度な塩味にビールがすすむんだよね。

 
お祭りの焼きとうもろこしが思い出されるような、しょうゆ味のバターコーン。

 
4杯目は、ヱビスビールとエビスザブラックをあわせた、その名もエビス&エビス。
5杯目は、焙煎香が香ばしい黒ビールの、エビス・ザ・ブラック。


 
濃厚なビールに相性抜群なレバーペースト。

 
さらにだらだらと飲むのには、こういうのが良いんだよね。北海道チーズの盛り合わせ。

 
そして6杯目は、エビス スタウト クリーミートップ。

最後までへたらない、このクリーミーな泡がたまんないね。泡を強調した、上がふくらんだタイプのグラスでサーブされます。
 
これでめでたくエビスバーの樽生全種目制覇。
タップは5つだけど、ハーフアンドハーフがあるから、全部で6種類なんです。
 
さて次は、また1杯目に戻ってもう一周に挑むか、はたまた夜の新橋・銀座あたりで、さらにもう一軒ビールの美味しいお店を探すか・・・
 
 
 
ビールの海で溺れたい、
だって、Friday Nightですから♪
 
◆銀座YEBISU BAR(エビスバー) 中央区銀座8-2先 コリドー街 山下ビル1F 03-3573-6501

銀座・すぺっつぃえ 久しぶりの映画鑑賞のはずだったんだけど・・・

時々、元の職場の仲間で映画鑑賞の夕べを開催する。開催要領は、だいたいこんな感じ。
1)映画の間におなかがすいちゃうから、各自好みの軽食や飲み物を調達して持参
2)有楽町、銀座近辺の映画館で、18:30頃にはじまる最終回の映画を鑑賞する(始まる前に、持参の軽食や缶ビールを摂取)
3)21時頃に映画が終わってから、近辺のお店で軽く飲む、仕事の都合などで映画に間に合わなかった人は、ここから合流
4)23時~23:30くらいで解散

久しぶりに水曜にこの会を開催することになった。tomoもさまざまなお仕事を調整して、映画開始時刻に間に合うように会社を脱出して、もうちょっとで映画館に到着するあたりで、携帯にメール着信。

「トイレット満席」

ええぇ~っ!
これはトイレがいっぱいで入れないって意味じゃなくて、この日鑑賞予定の映画が「トイレット」だったんです。なんと水曜日は映画サービスデーってこともあって、早々に満席になっちゃったらしい。
こんなに人気映画だったとは、油断してました。みんな仕事があるから映画から参加できるかどうかはギリギリまでわかんないんで、前もって予約とかはしてないのです。

映画館の前に到着すると、参加予定者の1人が立ってる。現在別の1人が、近辺で6~7席確保できる飲み屋を探してくれてるらしい。まもなくその人がもどってきて、映画館の目の前にあるカジュアルイタリアンにテーブルを確保してくれたとのこと。

残りメンバーに携帯で連絡を飛ばしつつ、映画館の目の前にあるお店へ移動。
本来なら夜9時くらいから飲み始めるはずだったのが、思いもかけず7時前から飲めることになって、これはこれでラッキーかも♪

まずは乾杯!連絡が間に合わなくてすでに軽食と缶ビールを調達しちゃった人は、とりあえず缶ビールでポーズを決めてくれました。



チーズとトマトのサラダ。


カマンベールチーズのオーブン焼きは、たっぷりのルッコラ菜とあわせてサラダになってます。


秋刀魚のカルパッチョ。癖のある青魚をこういうふうにするのは、ちょっとめずらしい?


アボカドとズッキーニのグリルだったかな。



結局最終的には、男性4名、女性3名の7人が集合。最後はパスタとかピザをいくつか頼んでおなかいっぱいになりました。

でも、もうちょっと飲み足りないから、チーズ盛り合わせもお願いね。



で、この辺でお開きかと思いきや、やっぱりまだまだ飲み足りない、話足りないから、みんなで東京駅方面にぶらぶら歩いてもう一軒居酒屋へ突入。

写真は北海道風のお漬物盛り合わせと、鶏のささみを平べったく伸ばして焼いた鶏せんべい。他にもジャガバタとか秋刀魚塩焼きとか色々食べました。イタリアンも良いけど、和ってのもなかなか良いね。





結局映画は観られなかったけど、それなりに充実した一夜を過ごせました。
みなさま、次回こそ、もっと混雑状況とかも調査しとくんで、またよろしくお願いします!

◆南欧旬菜パスタ すぺっつぃえ 銀座店 中央区銀座1-8-2 銀座プルミエビル2F 03-3567-6878

 ホントは観るはずだった映画→ http://www.cinemacafe.net/official/toilet-movie/

身近にせまる危機? 振り込め詐欺に気をつけて!


 
『オレオレ詐欺』『振り込め詐欺』については、各種媒体を通じて繰り返し注意喚起されてる。
 
「自分はだいじょうぶ」とか、「だまされる方が油断してる」、とか、無意識のうちに思っちゃってるとこがあるけど、相手がプロフェッショナルな詐欺師さんであれば、その話術はきっと人間心理を研究し尽くしたノウハウ満載の巧みなものであるはず。これだけ注意喚起しても被害にあう方が後をたたないのが、その証拠じゃないかな。
 
昨日昼過ぎ、職場で左隣の席の同僚(女性)が、たった今ご両親が振り込み詐欺にあったと言う。幸い最後のギリギリで被害は食い止められたようです。みんなでその話をしてたら、右隣の同僚(男性)から、実はウチも数年前に被害にあいそうになった、とのこと。ホントに身近な犯罪なんだね。
 
【ケース左隣】
・前日、実家に『息子』を名乗る人物から電話があり、お母様とひとしきり四方山話をして電話はいったん切れた。同僚には兄がいるので、お母様は同僚の兄からの電話だと思い込む。
あとで思えばこのときに、四方山話にまぎれて、お兄様の名前やら色々と情報を探っていたんだろう。
 
・そして翌日、再び『息子』から電話があり、
「株で損をして至急200万円を○○銀行に振り込まなければばいけいが、手元にお金が無い、振り込んでくれ」
と言う。お母様は、なんだかおかしいと思い、夫や娘(=左隣の同僚)にも相談したが、息子が偽者(=自分が騙されている)という発想はわかず、『息子』が何か詐欺にあって騙されているのではないかと心配する。
・そんな振込みをしてはいけないと『息子』を諭すと、『息子』はそれならどこか他から借金するから良いと言う。
ご両親としては、ヘンなところから借金をするくらいならこちらで用立ててあげようということに・・・
 
 
【ケース右隣】
・犯人は、『息子』を名乗って電話をかけてくる。その電話では振込みの話は出ず、普通に四方山話をして(=情報収集)、一旦電話を切る。
翌日再び電話をかけてきて、何か切羽詰った用件ですぐにお金がいるから振り込んでほしいと言ってくる。
 
ここまではケース左隣とほぼ同じ、でも、この話で面白いのは次の展開。
 
・たまたま用事があって、本物の息子である右隣の同僚がご実家に電話したら、振込みの話をされたので、
「自分はそんな電話はかけていない、それは詐欺だから振り込むな」
と注意する。これで一件落着かと思いきや、詐欺師の事を息子と信じてしまっているご両親から、
「おまえは一体何者だ?あやしいやつ!」
と、逆に偽者扱いされてしまった。恐るべし、詐欺師のトークテクニック。
 
・ご実家は近所だったので、自分は本物の息子だ、疑うなら今からそっちに行く、と言ってご実家に向かった。すると親御さんは、あやしい犯罪者が来るのではないかと、近所の人に助太刀を頼んで待ち構えていたとのこと。
さすがに実物の息子を見て、どっちが偽者かがわかって、振込みはとりやめた。
 
 
こうして文章で書いたのを冷静に読めば明らかに怪しいけれど、どちらのケースの親御さんも、社会人としての豊富なご経験や、こうした詐欺についての知識を十分にお持ちの方だったはず。
わが子をかわいい、守ってやりたいと思う親の心につけこむ卑劣な犯罪、「自分は騙されない」という気持ちが、かえって一旦電話を信じると、「騙されない自分が信じているのが真実」だという気持ちにつながり、それに対する反論のほうを疑うようになるんだろうか。
電話での会話って怖い。気をつけようって思いました。
 
あとでウチの両親にも電話しておこう・・・
 

冒頭の写真は「白鷺の姉ちゃん」、photo by ヒロシ!さん、all rights reserved by ヒロシ!さんです♪

四ツ谷・SAKAGUCHI 2000記事達成祈念祝賀会開催

大リーグ、シアトルマリナーズのイチロー選手は、9月18日(日本時間19日)、本拠地セーフコフィールドで行われたレンジャーズとの3連戦第2戦で日米通算3500安打を達成。そして9月21日(日本時間22日)、トロントで行われたブルージェイズ戦では4打数4安打1四球の活躍をみせて、10年連続200安打達成まであと3本となって、今日にも達成が期待されている(残り試合は12)。

そんな大記録とは比べるべくも無いけど、飲みナカマのkazubonのブログ「在京関西人日記」が9月11日(日本時間同日)に、2000記事を達成したらしい。
 
先週某日この記録達成を祝賀して祝賀会を計画していたんだけど、2日前くらいにkazubonから、その日は都合が悪いことが判明したっていう連絡が入った。普通ならここで祝賀会は延期ってなるかもしれないけど、とりあえずその日は祝賀会(本人抜き)を開催して、今週になって改めて本人入りの祝賀会を開催しました。
 
場所は、四ツ谷にある、酒屋さんの2階の立ち飲み「SAKAGUCHI」。酒屋さんの立ち飲みだけど、よくあるキャッシュオンデリバリーシステムじゃなくって、伝票をつけて最後に精算するところが、普通の居酒屋っぽい。お料理も結構充実してます。

 

 
tomoが到着したのは、午後7時過ぎ。すでに早い人は5時半から飲んでるってことで、大盛り上がり。
早く追いつかなくっちゃってがんばるんだけど、今日は先発のみんなの背中が遠いよ。

 
生ビールでスタートして、途中からホッピーに切り替え。主役のkazubonは日本酒とチェイサーを交互に飲んでるみたいだけど、いつのまにかかわしり奥様のチェイサーまで飲み干しちゃって、ボコボコにけなされてる。とても主役には見えないな。
 
そんなこんなで一軒目はおひらき、おひささんの先導で四ツ谷しんみち通りをふらふらと歩く。そういえばこの先にお気に入りの軍鶏屋さんがあったかな。このあたりの「歌うんだ村」で1時間ほど、カラオケタイム。
 

 
で、今夜の仕上げはかわしり奥様からの熱い要望にこたえて、太陽のトマト麺へ、GO!
一軒目、二軒目ともに乾杯写真をとってなかったんで、こちらで撮影してみました。ホッピーでハッピー♪

 
チーズと味玉トッピングのトマトラーメンは、相変わらずの美味。それにこのリコピンたっぷりのトマトスープをいただけば、なぜだか呑んだ翌朝もスッキリなんです。(注: 効果には個人差があります。)
 
この前水道橋店でゲットした太陽のトマト麺ストラップを見せたら、ちゃんと割引してくれたよ。

 
kazubon、2000記事おめでとうございます。これからも3000記事、4000記事、5000記事と・・・いたずらに数だけ増やすんじゃなくって、もっと内容も充実させてくれるよう切に願っております♪
 
おひささん、くらげのお土産、ありがとうございました。でも、なんとなく怖くてまだ食べてません。
 
◆SAKAGUCHI 千代田区麹町6-6-7(2F) 03-3239-0222 http://www.sakaguchi.ne.jp/index.html
  前行ったときの記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/58647047.html
 
◆太陽のトマト麺四谷二丁目支店 新宿区四谷2-11 03-5367-2611 http://taiyo-tomato.com/

ヱビスビール ASUKA CRUISEまろやか熟成

豪華客船、飛鳥Ⅱの中でだけ提供されていたビールが、数量限定で缶ビールとして発売されてます。

 
青ヱビスとも呼ばれるこのビール、でも実はヱビスバーでは生で楽しめるんだよ。
写真は6月撮影のものです。

 
深い海を思わせるダークブルーの缶はなかなかいけてるよね。 
でもやっぱりこういうのは、ちゃんと飛鳥Ⅱに乗船して楽しまないと、ホントの味わいはわからないのかもね。
 

赤羽ゴルフ場 「大」ですけど、何か?

秋の連休、いつもの赤羽ゴルフ場に行ってきた。
23区内とは思えないような緑だけど、写真の背景にマンションやビルが写りこむのは、やっぱり街中のゴルフ場だよね。

 
この日はクラチャン(=クラブチャンピオン、ひらたく言えばこのゴルフ場で一番うまい人だと思う)を決める決勝の日とかで、先導車に続いて決勝に残ったおふたりが、緊張感あふれるゴルフをなさってました。3週連続の日曜日に、1日で36ホールづつ回るんだって、すごいね。
 
特に緊張感のない私たちは、ランチにガッツリ豚肉しょうが焼きと生ビール(大)。相変わらず、昭和の食堂って風情のレストラン富士。
レストランのお姉さん、何度も「大ですか?」って確認するのはやめてほしい。照れるじゃないか♪

 
ちなみに、今回同行のtako氏は、クラチャンの方と一緒になったことがあるらしい。「ゴルフ、どんなだった?」って聞いたら、「うまかった」とのこと。それってあたりまえじゃない?
 
◆赤羽ゴルフ場 北区浮間2-18-7  03-3966-6155
 http://www.akabanegolf.co.jp/index.html
次のページ