FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

だれのもの?


お借りしてる本に栞がわりにはさまれてたこの無料券、使ってしまったら罪に問われるんでしょうか?
スポンサーサイト



目黒・くうや 時には語り明かしたい夜もある

色々とオトナの成り行きで語り合う必要があったんで、くうやさんでサシ飲みすることになりました。

現地集合なんだけど、連れはお仕事でつかまったか、なかなか現れない。
仕方ないからかまわずどんどん飲んじゃおうっと♪



この日はゆっくり語れるように、シローさんに教えてもらったサシ飲み用の2人テーブル席をチョイス。kossさんからお借りしたミステリーなどパラパラめくりながらビールを・・・あ、もうなくなっちゃった、おかわりお願いしなくっちゃ。ミステリーは30年前の毒殺事件の真相にせまってくるとこなんだけど、ピン飲みのtomoを気遣って(怪しんで)、ママや大将がちょこちょことかまいに来てくれるんで、なかなか進みません。

で、二杯目のビールもあく頃に、やっとお連れ様到着。
ビール2杯のアドバンテージは、それなりに効いてきてる気がするけどだいじょうぶかな。

冷たいトマトのおでん、もうそんな季節になってるんだね。


タタミイワシのチーズ焼き、家で真似してもなかなかこの焼き加減は再現できません。


地鶏の柚子胡椒焼きは、ピリリと刺激的な柚子胡椒にビールが進むね。


なんか、語り合うはずが単に飲んで食べてるような気がするのは気のせいか・・・
これはレンコンをすりおろして揚げたのに梅肉ソースをかけたのです。じんわり美味しい。



そろそろ酔っ払って、もう何を語り合ってるのかわからなくなってきちゃったみたいだから、お店を出る。

この後は深夜までやってるバーで飲みながら語り明かそうかと思ってたんだけど・・・


すでに語り明かすには酔っ払いすぎてるってことで、歌い明かすってことに路線変更♪
あらら、テレサテンなんて歌いましたっけ?


語り明かす、歌い明かす、飲み明かす・・・
休前日ってのは良いもんだよね。

◆手作り料理 くうや 品川区上大崎2-18-20 B1 03-3493-2656 目黒駅から徒歩5分くらい
ぐるなびはこちら→ http://r.gnavi.co.jp/g954700/
この前行ったときの記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/59445190.html

Grande Biere(グラン・ビエール)2010 

速報記事でもお伝えしたけど、先週日曜日地ビールのお祭りに行ってきたよ。

飲み友達のおねえさんからのお誘いメールには、「六本木のミッドタウンで開催されるのですが、行った事が無くて集合場所がわからないので、六本木アマンド前で待ち合わせましょう」って書かれてる。六本木交差点って言えばアマンドっていうのはある時期の六本木を知ってる人には普通の表現だけど、いつのまにか無くなっちゃってるんだよね。「アマンド、もう無いみたいですよ」って返信すると、「アマンドがあった場所でお待ちしています」とのこと。了解!

で、昔は無かった大江戸線で六本木に行って、昔アマンドがあった場所で飲み友達のおねえさん&その同僚のおにいさん達と無事に出会って、4人でミッドタウン地下の会場に向かいました。

「Grande Biere(グラン・ビエール)2010」は、入場料を払うとテイスティング用のグラスをくれて、会場内にずらりと並んだ地ビールを好きなだけ飲める、天国みたいなイベント。それぞれのビールの色合いや泡立ちを眺め、香りを楽しみ、グビグビと喉ごしの快感に酔っちゃいます。






濃厚なビールもあれば、ジュースみたいなグレープフルーツビールとか梨のビールなんてのもある。最初は味や香りについて色々話してた私たちだけど、酔ってくるにしたがって、○○ビールの注ぎ手のおねえさんはかわいい(または、イケメンである)、とか、××ビールはおいしいけどちょっとしか注いでくれない、とか、みんないい加減になってくる。飲み友達のおねえさんは「△△ビールってのはまだ飲んで無いな」とか言いながら、さっきとおんなじビールをまたもらってきてるみたいだし。。。

食べ物は軽いフィンガーフードから、本格的な生ハムやソーセージ類、ボリュームあるラザニア、カレーやサンドイッチまで、リーズナブルな価格でビールに合うもんが色々揃ってました。私たちは2千円分のフードチケット付き前売り券だったけど、足りないかと思ったら食べきれないくらいだったよ。




広々とした会場で立って食べたり飲んだりするんだけど、なんせ最近は立ち飲み屋さんで鍛えてるから楽勝。
ミーハーな飲み友達のおねえさんが、会場で楽しくビールを飲んでるジョン・カビラさんを発見、酔ったイキオイもあって握手と写真をおねだりしちゃいました。カビラさん、プライベートでおくつろぎのところすみませんでした。でもテレビで見るよりもっと素敵な笑顔だったよ。

すっかり酔っ払ってふらふらと会場を後にすれば、外はまだ明るい。昼のビールってなぜだか美味しいんだよね。なんだかお散歩気分になって、最寄り駅の一駅手前からルンルンと歩いて帰宅、そのままちょっとお昼寝したつもりが、目覚めたら深夜、なぜだ?!

こんな楽しいビールイベント、またぜひ参加したいもんです。


◆グランビエール2010 2010年4月24日(土)、25日(日) 
日本地ビール協会の主催で東京ミッドタウン・ホールで開催されてました  

特別醸造された60種類以上の高級クラフトビールの試飲会。
「本格的な香りと、高い品質のビール」を、入場料だけで全種類、何回でも試飲できます(HP照会文より)。

入場料 当日4500円、前売り4100円 フードチケット付き前売り券は5900円

西麻布・鮨たなか 壮行会はゴージャスに

お仕事ナカマのSさんが、このたび入院・手術をすることになった。お仕事は約一ヶ月くらいお休みになるらしい。っていうことは、当然壮行会をやらなきゃならないよね。おなじくお仕事ナカマのYさんが美味しいおすし屋さんを知っているっていうんで、知的なおねえさん3人で行ってきました。私たちにしては、ちょっと敷居の高い高級店だけど、壮行会だからまあ良いのだ。

高級店とは言っても、恐怖のメニュー無し、お値段表示無し、もう自棄になって食べまくって自爆・・・っていうようなお店じゃなくて、ちゃんと定価表示のあるセットメニューが用意されてるとこです。

ビールはもちろんプレミアム系、熟撰かな、同行の2人はスパークリングワイン。
カウンターに3人並んで、まずはSさんの手術無事成功と復帰を祈念して、乾杯!



店内のスタッフはみんな目もとも涼やかなお兄様たち。みなさん清潔感のある丸刈りなんだけど、イケメンはどんなヘアスタイルでもイケメンだな~って、改めて認識しちゃう。カウンターの向こうで私たちを担当してくれてるお兄さんは、私たちの知的な会話(気に食わない人の悪口、お仕事の愚痴、忙しすぎてお嫁にいけないという責任転嫁、会社の業績についての感想、私ってボーナス出るんだろうか?っていう不安など)をじゃましないようにしつつ、料理を出してくれます。
まずはホタルイカの塩辛、イカゲソと菜花の酢味噌和え、モズク酢。



白身は鰈だったかな、これはポン酢で。



季節を感じるカツオのたたき。


グラスが空きそうになると絶妙のタイミングで次の飲み物を聞いてくれるのも気分が良いね。あっという間に空になったtomoのビールグラスを見て、「さあ、どんどん飲んじゃいましょう!」って、意外とフレンドリー。

牡蠣は一口大にカットして出してくれます。



箸休めに、タコのやわらか煮。ホントにやわらか~い!



暖かいお料理は、カジキマグロとタコのつみれに焼きネギをあしらった潮汁。塩だけで味付けしてありますって言うんだけど、絶対もっと色々入ってそうな奥深い美味しさにビックリ。さすが、プロのお仕事は違うんだね。



お待ちかねのお鮨は一貫づつ、これまたタイミングよく出てきます。
どれもちょうど良く味がついてて食べ易い一工夫があってそのまま美味しく食べられるんだけど、すごかったのがこのシャリ。手で持っても崩れないのに、ひとたび口に入れるとご飯の一粒一粒がはらりとばらける感じで、思わず笑っちゃうくらい美味しい。
おまかせの10貫は記憶と写真をつなぎ合わせると・・・イカ、こはだ、ハマグリ、アジ、マグロ、カツオ、???、ウニ、海老、アナゴ、だったかな。(???のところは、ど~してもわかりません、だいぶ酔いがまわってきたか)



お味噌汁と玉子焼きでクールダウンして、最後はコーヒーのシャーベットでしめくくり。





次回はSさんの快気祝いでまた来ようねって話してたら、カウンターのお兄さんがニッコリ笑って、
「お電話いただければ病院に出前しますよ!」

お店を出て雨の西麻布をそぞろ歩くと、冷たい夜風が気持ち良い。
美味しくって楽しいひと時、どうもごちそうさまでした♪

◆鮨たなか 港区西麻布4-4-16 NISHIAZABU4416ビル2F 03-3797-6776
 http://www.sushi-tanaka.net/
 おしゃれなビルのちょっと引っ込んだ階段を上った二階、オトナの隠れ家って感じだね。
***
鮨たなか [ すし ] - Yahoo!グルメ



住所: 東京都港区西麻布4丁目4-16
営業時間、定休日:
最寄り駅: 広尾
Yahoo!グルメでこの店舗のクチコミを見る

※2010年4月29日時点の情報です。
ID:0007575880




平和島・京龍(ケイリュウ) ラヴピースアイランド

目黒でお気に入りの台湾家庭料理のお店「京龍」が平和島に移転するって話は何度かブログで書いたけど、その記事やコメントがきっかけで、ウプサラ太郎さんからオープン初日にみんなで行こうっていう提案がなされた。

で、席を予約するとして、一体何席予約すればいいんだろう。実は一体だれを誘ったのか、何人来るのか、さっぱりわからない。結局勘と度胸で「7人」で予約したら、結果、参加者はピッタリ7人でちょっと良い気分。

yokoさんと一緒に会社を出てお店に向かう。平和島駅って初めて行く場所なんで、乗換えで手間取りつつも何とか到着。先発のかわしりさんからは、携帯に経路の案内が送られてくる。平和島駅改札を出て左手へ、そのまま第一京浜の下を渡って鰻屋さんの横の路地を・・・ってyokoさんとキョロキョロしつつ歩いてたら、後ろから近づいてきた怪しい(?)お兄さんに声をかけられる。なんと、本日のメンバーの1人kossさんでした。3人でお店に到着したら、先に来てるはずのかわしりさんやkazubonがみあたらないんだけどどうしたのかな。



お約束どおり、二階禁煙フロアのテーブルに案内されて店内を見回すと、偶然お友達と遭遇。彼女も目黒京龍のファンだったから、開店初日にかけつけてきたみたい。

発起人のウプサラ太郎さん、ヒロシ!さん、すでにどこかでかなり助走をしてきたらしきかわしりさん、kazubonも到着して、次々にお約束の「やらせ乾杯」をしつつ、おすすめのお料理をオーダー。










場所は変わっても美味しさもサービスも変わらないみたいで、一安心。

店を出て、ペコちゃん人形に絡んでる人、それを写真に撮る人、コンビニにお金を下ろしに向かう人、みんなを待たずに勝手に一人で電車に乗って消えちゃう人・・・
思い思いにふらふらとお店を後にして、なんとか家路につきました。

ちょっぴり遠いんだけど、また来るからね。



そしてこちらは、昨夜のウプサラ太郎さんからのいただきもののカエルさんとパンダさん。
デスクにキミがいてくれるだけで、なんだか和むよね。



◆京龍(ケイリュウ) 東京都大田区大森本町2-31-20 03-3768-6738

目黒店への最後の訪問の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/59729188.html

い今ここで飲んでます♪



昼間のビールは美味しいね。

銀座・ラボエム 天気の良い春の土曜日の過ごし方

昨日は気持ちの良い晴天の土曜日だったよね、みなさんどんな一日を過ごしてましたか?

スポーツ、お出かけ、庭仕事、洗濯・・・

そんな一日、朝から職場に缶詰になって過ごしてました。ランチも会議室で、ディスカッションを続けながら、支給さらたお弁当。時間の節約のためもあるけど、オフィス街の休日は開いてるお店がほとんど無いんだよね。
このお弁当は1500円クラスかな、結構美味しかったです、用意してくれたKさん、ありがとね。


このまま夜遅くなっちゃうことも多いんだけど、意外にもみんなのがんばりで、午後4時半頃でめでたく完了。
上司を囲んで、ちょっと早めのディナーに繰り出しました。

tomoの上司は「パターン」を大切にする人で、ディナーに行くお店も頼むメニューもほとんど決まってます。
日比谷の職場の場合、行く先は銀座のカジュアルイタリアン、カフェ・ラ・ボエム。一週間に5日来たこともあるほどに、パターンの踏襲は徹底してるんで、当然お店のスタッフにもおなじみ。

総勢8人、まずはビールでお疲れさまの乾杯。生ビールはキリンハートランドだよ。


これは「パターン」に入って無いんだけど初めてオーダーしたバーニャカウダ。これってほんの数年前まではあんまり見かけないお料理だったけど、いつのまにかポピュラーになって、最近はスーパーでもレトルトの「バーニャカウダソース」なんてのを売ってるよね。スイスで暮らしていたこともある上司さま、「これはフォンデュと似てる」ってことで、気に入ってくれた様子。パターンへの新規パーツとしての組み込みが承認されたみたいです。




チーズソースのもちもちニョッキ、ガーリックが効いてるポテトフライはいつもの定番。





こちらは持ち込みのワイン、ワインのことはよくわかんないけど、かなり美味しかったよ。


でも、もちろんチェーサーでビールはどんどんいただきます。スパゲッティは刺激的なアラビアータだけど、さらに刺激を求める上司さまはタバスコを振りかけて召し上がってました。


この後チョコレートアイスクリームを1スクープづつ食べてコーヒーを飲んで、ここで解散・・・

・・・って思わせておいて、女性だけでベルギービールのお店で飲みなおし。
私の大好きなレフ・ブロンドやステラが生で置いてるんで、ついついお代わりをお願いしちゃって、




結局連夜の終電帰宅となっちゃいました。

そして、今日も太陽がまぶしい良いお天気だね♪


◆カフェ・ラ・ボエム 銀座店 中央区銀座6丁目4-1 03-3572-5005

◆ベルジアンビア・カフェ アントワープ シックス 
中央区銀座8-2-1 ニッタビル 1F 03-5568-0091

麻布十番・Devi Bistro(デヴィ・ビストロ) インド料理でフェアウェル

ここ10年ほどお仕事で色々とご縁があったインド人の同僚が職場を離れ、色々一段落したってことで送別会名目のディナー。食べ物の制限の多い彼のために、インド料理を含む多国籍料理のお店をチョイス。

一足早く到着したんで、とりあえずビールで喉を潤してお待ちします。


遅れて到着したインド人某氏、なんとインド人らしきフロアマネージャーと知り合いの様子。東京のインド人社会、広いようでまだまだ狭いのかな。そんなこんなで、メニューに載ってないお料理も色々お願いできたりして、なかなか楽しいディナーになっちゃいました。

こちらは、インド風コロッケって感じのサモサに、インド人某氏おススメのソース(名前は忘れちゃった)を添えたもの。ミント、ヨーグルト、その他スパイスをミックスしたらしいこのソース、何にでも合って美味しいんです。

チーズのフライはビール用にtomoが注文。


豆のカレーと、ほうれん草とインドチーズのカレー。どちらもtomoのリクエストで、あんまり辛すぎないようにお願いしてもらいました。カレーをつまみながらビールを飲みやすいように、ナンは適当にカットしてもらってます。


多国籍料理なんで、インド料理以外にもタイ料理とかイタリアンとか色々あるんで、ためしにキノコとチーズのリゾットをお願いしてみると、ほんとにちゃんとまったりしたリゾットが登場!


最後は熱いチャイ(スパイスとミルクが入ったインド風紅茶)をいただきながら、いつまでも話し込んじゃいました。
普段コーヒーや紅茶はブラックなんだけど、インド風紅茶だけはちょっとたっぷりめにお砂糖を入れちゃいます。




インド人某氏、もしかしたら日本を離れるかもってことだったけど、今後のご成功を心からお祈りしてます!

◆Devi Bistro(デビ・ビストロ) 港区麻布十番2-20-7 03-6436-4140

目黒・キャスクルート 17周年おめでとう

目黒の老舗カジュアルフレンチ、キャスクルートから、開店17周年の記念ディナーをやってるっていうご案内がやってきた。ちょうど折りよく某ミッションがめでたく終結したんで、某ミッション幹部の同僚4人で、第一回打ち上げって名目で食べに行ってきました。
ビールはヱビスビールの瓶、グラスがワイングラスってのがなんだか楽しくなっちゃいます。



Amuse アミューズ

フォアグラのシュークリーム、グリンピースのポタージュ
鴨の生ハム黒無花果添え


ビターチョコレートがかかったシューを、ヒロシ!さん風にカットしてみる。



Hors-d’oeuvre オードブル

伊豆天城産菊芋のムースリーヌに白アスパラガス、温泉卵、ベーコンを添えて
パルマ生ハムのコンソメジュレと一緒に


もうちょっとアップにしてみました。



Plat メイン料理 

オマール海老を詰めた福島県産伊達鳥のドディーヌ仕立て
春野菜添え、ビスク・ド・オマールのエミュルションと赤ワインソース


こちらももうちょっとアップに、中にたっぷり海老が詰まってるの、わかるかな。


付け合せの温野菜。どのお料理も野菜たっぷりがキャス風なんです。




Avant Dessert プチデザート

白胡麻のブランマンジェに甘く炊いたレンズ豆を添えて
沖縄県産黒糖の泡のソースと一緒に



Grand Dessert メイン・デザート

フランスヴェイス社のビターチョコレートのスフレ、バニラアイスクリームを添えて




食後のお飲み物は、コーヒーをいただきました。
そしてお土産に、小さなガトーショコラ付き。あっ、1人1個なのに、いっぱい確保してる人がいるみたい!


この記念コースはこれだけでてきて¥3500(ただしビール、ワインは別)、今月一杯やってるそうです。

キャス・クルート、
これからも、18周年、19周年、20周年・・・って、一緒に時を重ねたいお店の一つだね。

◆キャス・クルート 目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1 03-5487-3608 
この前行った時の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/59166680.html

水道橋・うけもち-ちょっぷく-やまじ 再会のはしご酒

飲み友達のおひささんから、お誘いのメールが来た。
ここまでは良くあることなんだけど、メールの内容がいつもとちょっと違う。

「あした9時ごろから飯田橋のやまじで飲みませんか?kazubon、まこはん、ぴろ君も来ます。」

どこがいつもと違うかって言うと、9時っていう開始時刻。
普通は、6時半とか7時とか、せいぜい7時半かな。9時って遅いよね。でも、午前1時、2時までお仕事しててもその後飲みに行くっていう伝説のtomo(←単におばか、とも言う)、9時開始くらいでひるんではいられない。「9時までに他の誘惑に負けなければ、行く」って返信しときました。

どうやら、東京ドームで開催されるロッテ-楽天戦を観戦してから飲みに行くっていう計画の、飲みのパートに誘っていただいたらしいことが判明。そう言えばまこはんはロッテ、おひささんは楽天のファンだもんね。

では9時まで色々お仕事の懸案でも片付けちゃおうかと思ったら、なんと野球は自由席売り切れのため観戦はとりやめで最初から飲みってことで、急遽スタートは6時前に繰り上がり、あわてて水道橋の人気立ち飲み店「うけもち」に駆けつけると、すでにkazubonとおひささんが良い感じに飲んでる。最後の残りスタンプで、おひささんがおでんと生ビールを持ってきてくれました。ありがとね。


でもこのおでん、ちょっとカラシ多すぎません?



激しくつ~んとくるのを、涙をふきつつ生ビールで流し込んで、二軒目のちょっぷくへ。
具沢山のオムレツにおいしい生ビールで、再び乾杯!


ちくわの磯辺揚げ、チープなおつまみだけどビールにも焼酎にも合うんだよね。しかしこれもカラシ多いな。


個人的に、ビールのツマミベストスリーに入るかもって思ってるシューマイ。


イケメンなマスター、最近は私たちの顔を見ると、ニッコリ笑ってヤキソバを作ってくれます。
これが野菜たっぷりで美味しいんだな。


本日のお酒、焼酎、流行のハイボールなんかを飲み倒した3人は、ふらふらと夜の街へ。
お隣の飯田橋に向けて夜の町をそぞろ歩いて向かった先は、本日3軒目、飯田橋のお料理が美味しい立ち飲み、やまじ。こちらはお料理が全品250円、寡黙なマスターは研究熱心で、いつも新作メニューがでてきます。


ちょっと食べ疲れてるから、まあお新香で軽く飲もう・・・と思うと、また食欲がわいてきちゃったりするんだよね。


このあたりで、初志貫徹で野球観戦をしてきたまこはん&ぴろ君が合流して、感激の再会。ひとしきり野球の話題で盛り上がる。マスター(筋金入りのロッテファン)とtomoはロッテのボビー前監督の功罪について熱い議論をかわす(ただし、内容はほとんど覚えてませんが何か?)。

これは、半熟のフライドエッグが乗ってるサラダ、玉子を崩しながらいただきます。


食欲が無かったはずなのに、なんでお好み焼きの写真があるんでしょうか・・・


このあたりで、3軒目の私たちはそろそろ帰ろうかってことでお店を後にしました。
まこはん&ぴろ君はすっかりやまじが気に入って、この後も遅くまで飲んでたそうです。

駅でおひささんと別れて、kazubonと私は有楽町線のホームへ。
夜鉄(酔っての乗り越し)界の泰斗、kazubonを東武線終着の森林公園まで送り込みたいとこだったんだけど、残念ながら2本続けて西武線乗り入れの小手指行き。怪しい微笑を浮かべるkazubonを残して私は池袋で降りたけど、果たしてkazubonの運命は・・・?

◆うけもち 千代田区三崎町2-15-2 03-3234-5664 http://www.ukemochi.com/
酒飲み心をくすぐるおつまみの数々が300円で揃ってます、特に魚系はびっくりするようなのが見つかる事あり

◆ちょっぷく 千代田区三崎町2-13-5  景山ビル1F 03-3556-0432
http://www.sugino-gr.co.jp/cyoppuku.html
カウンターに並んだ料理から好みのを選びます、300円でボリューム満点はサラリーパーソンの頼もしい味方

◆やまじ 千代田区飯田橋3-11-30 千代田街ビル 03-3239-3609
ホワイトボードに書かれたおつまみはオーダーしてからささっと作ってくれます、串揚げ5本でも250円だよ

どのお店も、昨今の○○○円均一チェーン店とは一線を画した、お客様の顔を見ながら対応してくれるマスターがいるお店です。根強い常連ファンに支えられてるみたいだね。
次のページ