FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

~春らしく…SILK YEBIS シルク恵比寿~

今日はみぞれ交じりの中、お仕事。
でも職場の近くはすごいことになってました。日比谷通りが人であふれてる。


東京マラソンのランナーのみなさん、手前は給水所のボランティアスタッフです。みんなごくろうさま。

そして夕刻帰宅して、お風呂あがりに至福の一杯は「シルクエビス」。


とりあえずのおつまみには、フライングして雛あられをいただいちゃいます。
ちょっとピンクが入ると、ぐっと春らしいつまみになりますね~。
〝ほっこり…〟。

◆シルクエビス 2月24日発売
 小麦麦芽を一部使う事で、きめ細かい泡、絹のようになめらかな口当たりを実現。
 http://www.yebisubar.jp/silk/
スポンサーサイト



飯田橋・やまじ ハートフルな立ち飲み屋さん

残業してお仕事にはげんでいると、飲み友達のkazubonからしきりとメールが来る。「今○○○○○で飲んでます」、「やまじ(2軒目らしき店名)、SHIKIさんも一緒、彼は今日誕生日です」っていう感じ。これは来いっていうお誘いかなって思いつつ、スルーしてたまにはまっすぐ帰ろうかなって電車に乗る。

今度はおなじく飲み友達のおひささんから「tomoさん今日はお忙しいんですか?」「やまじでお待ちしてます」っていうメール。どうやらやさしいおひささんはkazubonのメールに乗ってあげたらしい。こういうハッキリしたお誘いにはハッキリ応える方針なんで、まっすぐ帰るのは取りやめ、途中下車して飯田橋の食が充実した立ち飲みどころ「やまじ」に向かう。

引き戸を開けるといつものマスターとお手伝いのお兄さんがニッコリ迎えてくれる。ハートフルだよね。
早速生ビールをお願いして乾杯、酔っ払いのヨタ話で浅田真央選手とキムヨナ選手について、どのみち実のないいい加減なコメントを言い合いながら飲んでたら、なんと、マスターからうれしい差し入れが!
今日お誕生日のSHIKIさんへ、牡蠣や大根・白菜たっぷりの味噌味スープ、なんちゃって牡蠣鍋♪



これはこの前覚えたビールをターボ加速するアイテム、鶏肉の紙カツ、揚げたてのサクサクした食感がたまんないね。



ところで今日はtomoも個人的にうれしい出来事があったんだけど、それを聞いたマスターから、注文したタマゴ焼きにうれしいオマケ。愛あふれるハートのタマゴ焼きとタコさんウィンナー・・・いろんなことが心を駆け巡ってホントに感激だよ♪



味もボリュームも最高な出来立てオツマミがほとんど250円で食べられる立ち飲み屋さん「やまじ」、昨今の均一チェーン居酒屋には無いスペシャルラインナップは、マスターのハートなんだよね。

◆やまじ 千代田区飯田橋3丁目11-30 03-3239-3609
 二階は椅子席、とにかく何でも美味しいとこです。
***
居酒屋やまじ  - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.41.57.361&lon=139.44.55.428&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


営業時間、定休日:
最寄り駅: 飯田橋

※2010年2月27日時点の情報です。
ID:0000563757




推薦図書 もつマニア 「私をもつ焼きに連れてって!」


ブログメイトの猿吉君が作った本です。

昨夜はお仕事でちょっと遅い帰宅だったんだけど、どうしてもこの本が欲しくて途中新橋のセブンイレブンへ寄ってみた。でも酔っ払いのお兄さんが立ち読みしてて探せない。自分がシラフだと酔っ払いって嫌ですね~(←私に言われたくないだろうけど)。終電近い電車の車内も酔っ払いが気になるね(←だから言われたくないってば!)。結局自宅の最寄のセブンイレブンで無事ゲットしました。

もつ大好き人間の猿吉君が作っただけあって、お店のセレクトも一味違うみたい。
この本片手にもつ焼きめぐりしてみたいです。

◆定価1300円 メディアパル

西麻布・IL MEL(イルメル) アーバンな夜に酔いしれる

フライデーナイト、職場の怖いお姉さん3人でどこかに出撃しようかと密談に余念が無い。そのうち1人が行きつけのイタリアンに行く事になった。

お店の入り口はこんな感じ。



開店一周年アニバーサリーってことで、生ビールまたはスパークリングワインがサービス、うれしいな。


前菜は具沢山なオムレツとブロッコリーニンニク炒め、程よいボリュームがおしゃれに盛りあわされてるね。



ビジュアル的に絶対ブログ向きだからってことでオーダーした「レタス一株」、確かにビジュアル的にはすごいインパクトだけど、でもこれ、どうやって食べればいいの?(ちぎってドレッシングにつけたり生ハムと食べたりする)



レタス用にあわてて生ハムもオーダー。



トリッパロッソ、イタリア風のモツ煮込みだね。



エスカルゴ&ガーリックバターは、良くあるタコ焼き器みたいなくぼみがついた器じゃなくって普通のお皿で、野菜たっぷりと炒めてありました。


蒸し野菜はトマトのジュレドレッシングをつけていただきました。トマトドレッシングがポン酢みたいで美味しい。


あわびのソテー焦がしバターソース、う~ん、幸せだ。


連れのお友達がおすすめのトマト鍋をオーダー。
トマト鍋は魚介類かお肉か選べます。私たちのチョイスはシーフード。鍋はル・クルーゼ。


ゴルゴンゾーラと生ハムのパスタ、まだ食べるか・・・



このあたりでもう1人、友達の友達(注;どうやら怖いお姉さんナカマ)が合流して、ますますテンションがあがる先発組。遅れて来たお友達のためにって追加でお料理をオーダーして、結局自分たちも食べたり飲んだりを続けているうちにどんどん夜は更ける。

ハッと気がついたら終電はとっくに去り、店内はますます賑わいを増して来てる。
仕上げにフルーツワインをいただいてお店を後にしたけど、歩道にはまだまだ夜はこれからって感じでたくさんの人達で賑わってたよ。

デザートワインのボトル、撮影時刻は午前2時に近いんだけど、なんでだろうね。



◆IL MEL(イルメル) 港区西麻布4-1-16 西麻布ビル1F 03-5774-5063
 店を出た後で看板を確認してみたら、営業時間は29時まででした。都会の夜は眠らないんだね。

日比谷・東京會舘パピヨン ちょっと優雅なランチタイム

お仕事が立て込んでくると、ランチタイムも殺伐としてくる。
会議と会議の合間に一人で社食に駆け込んでカレーライスをかきこんだり、移動の途中で買ったサンドイッチをコーヒーで流し込んだり、最悪気がついたら夕方だったりして・・・

でも、午後に向けた英気を養うんだったら、時には優雅なランチタイムも良いもんです。
某日、心の友をお誘いして、東京會舘パピヨンでランチしてきました。

女子組はレディスランチをチョイス、まずはサラダとスープ。


肉料理と魚料理のワンプレート、この日はビーフシチューとシーフードグリルに付け合せのパスタ。これにパンかライスがつきます。




食後はコーヒーか紅茶、そしてレディにうれしいミニデザート。


これで1365円、ただし女性限定です。
連れの男性が食べてた日替わりランチもおいしそうだったけど、デザートは無し。

ゆったりしたテーブルと座り心地の良い椅子、窓の外の景色を眺めながらのひと時、心の友から元気をもらったひと時だったよ。

◆テラスレストラン・パピヨン 千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル 1F 03-3508-0886
 オフィス街の一角とは思えぬ、喧騒を離れたゆったりした雰囲気。

飯田橋・杉山商店&やまじ 立ち飲み散歩

今週某日、ブログを通じて知り合った方が2週間くらいの前の雪の日の転倒が元で入院中とのことで、お見舞いに行く猿吉君に暇つぶしの読み物を言付けようと、飯田橋で待ち合わせ。

待ち合わせは酒屋の立ち飲み「杉山商店」さん、行ってみるとなぜかkazubonとキクさんもいて、楽しく乾杯!
今シーズンはじめての杉山商店さん、カウンターに座るおじさんは、相変わらずあったかいです。

生ビールと一緒に、手作りのもやしいためとつくね。つくねは軟骨入りで歯ごたえが楽しめて美味しい。


先発のお兄様3人は日本酒の四号瓶から冷で飲んでる様子、急いで追いつかなきゃいけないから、立て続けに生ビールをいただいた後は、ヱビスビール、プレミアモルツと良いピッチで飲み進む。日本酒がそろそろ無くなったところで「次、やまじいきましょう!」ってことで、飯田橋のグルメ立ち飲み「やまじ」さんへ。1階の立ち飲みコーナーはいっぱいで、二階席へ。おつまみはだいたい250円なんだけど・・・

巨大紙カツ、鶏肉を薄く延ばしてカツにしてあるみたいで、これはビールがマッハの速度で消えてきます。


タマゴ焼きも皿からあふれんばかり、火の通り方も絶妙。本日はシラスとネギの黄金コンビ。


これもお皿からあふれそうなタケノコの天ぷら、春ですね~



楽しく飲んで食べて、すっかり良い感じでお別れして家路につきました。
そして心配された入院中の方も、無事本日退院とのこと。ホントに良かったね。



快気祝いが楽しみです♪


◆杉山商店 千代田区飯田橋4-5-13 03-3261-4747
 昼間は普通の酒&食料品店、でも夜になって店頭の赤提灯がともると、立ち飲みコーナーオープン。

◆やまじ 千代田区飯田橋3-11-30 千代田街ビル 03-3239-3609
 1階は立ち飲み、2階は椅子席

秘密クラブで餃子パーティー

2月某日、都内某所で、おいしい餃子をたくさん食べる集いが行われました。

特に名を比す眺めの良い会場でインターフォンにヒミツの番号を入力するとスルスルと扉が開き・・・

そこにはおいしいビールとか、





飲みがすすむナチュラルチーズとか、



ホットプレートいっぱいに展開する超美味餃子とか、



鍋からあふれんばかりのおでんとか、



アルコール度が高めなおいしい焼酎とか、



フレッシュなイチゴとか、



すべてが素晴らしく美味しかった・・・ってことだけ、お伝えしたいと思います。

目黒・高田屋 酔っ払いの教養全開!

先日山口百恵引退30周年記念カラオケ大会を開催した話を書いたけど、酔っ払いの教養の一例として、その時食べたものと歌った曲名をご紹介したいと思います。

食べたもの

高田屋さん目黒店にて。
ここではいつもはアラカルトなんだけど、この日は珍しくコース料理を予約。飲み放題付で3980円。


















歌った曲

メンバーは・・・Hちゃん(歌唱力は一番)、Yさん(美貌は一番)、Sさん(怖さは一番)、和服の百恵(百恵ちゃんなりきり)、デスラー(宇宙戦艦ヤマトのデスラー総統のようにクールな人)、中年ライダー(最近家族に相手にされなくなってバイクに目覚めたらしい)、tomo

1. ひと夏の経験 tomo いきなり百恵の初期ソング、主役に向けた前座ってことで
2 あしたのジョー ライダー たたけ、たたけ、たたけぇ~・・・かなりストレスがたまっている模様
3 とんちんかんちん一休さん 和服の百恵 軽く肩慣らし
4 青い珊瑚礁 Y いきなりかわいさ全開
5 ムーンライト伝説 Y やっぱりかわいい
6 地上の星 H 迫力の熱唱
7 ムーンライト伝説 S、ライダー 同じ歌でも歌う人が変わると不気味さがある
8 レッツゴー!陰陽師 tomo 歌いたかったの
9 キャンディーズメドレー すーちゃんばっかりのキャンディーズ
10 フォルテシモ ライダー
11 タイガードラゴン S
12 Desire H 
13 プレイバックPard2 和服の百恵&H お金とれる芸です!みんなこれを見るためにここに来た
14 宇宙戦艦ヤマト デスラー
15 ひとりじゃないの tomo
16 大ちゃんかぞえうた ライダー
17 エロティカセブン デスラー&tomo
18 ピンクレディメドレー だんだん選曲が面倒になってメドレーに逃避
19 山本リンダメドレー tomo
20 赤いスィートピー Y やっぱり超かわいい
21 謝肉祭 和服の百恵&H
22 兄弟船 H
23 忘れていいの ライダー こんなの歌ったっけ?
24 曼珠沙華 H
25 チャンピオン ライダー&デスラー
26 自動車ショー歌 S
27 天城越え 和服の百恵&H
28 望郷じょんがら H&tomo
29 経験 H そろそろ絶好調モード
30 自動車ショー歌 S あれ、また歌ったんだっけ?
31 さらばシベリア鉄道 デスラー
32 鎌倉物語 tomo 和服の百恵さん(鎌倉在住)にささげる歌
33 恋の綱渡り H 怖いほどの迫力(マジで怖い)
34 水色の恋 tomo
35 青春アミーゴ デスラー&tomo
36 心の旅 全員 これが最後かと思ったらまだ歌ってた
37 SONG FOR USA デスラー
38 走れコータロー tomo 歌いたかったの




さて、ここであなたの教養度チェック!この曲名一覧、あなたは・・・
1曲も知らない     論外
1~10曲知っている  あなたは日本人としての最低限の教養がありますので安心してください
11~20曲知っている あなたは日本人として標準的な教養レベルです
21~30曲知っている あなたの教養レベルはかなり高いようです、さらに上を目指しましょう
31曲以上知っている  あなたの教養レベルは日本最高水準です、これからも研鑽努力を続けましょう
全部歌える       あなたの人生これで良いのか、ゆっくり考えて見ましょう

◆北前そば高田屋 目黒駅前店 品川区上大崎2丁目16-5 03-5791-4765
 この前行った時の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/59419559.html

酔っ払いの教養とは何か

カラオケでナツメロを歌う人について年齢詐称を疑う人がいるが、これは百人一首を覚えているのと同じ教養だと解釈する事もできる。そう言えば某大物ブロガー氏は百人一首の県大会で4位の成績を修めたことがあるそうだ。教養人の鑑と言えよう。

別の某カリスマブロガー氏は、麻雀にふけることを「中国語研修」、または単に「研修」と呼んで、教養を高める自己研鑽の一種と解釈しているようだ。


私の飲み友達のおじ様の中には、飲んで酔うほどに教養の切れ端があふれでてくる人もいる。主として高校時代の受験勉強の残骸かもしれない。
先日もそのおじ様達と飲んでいてそういう話題になった(このグループで飲んでいると、5回に1回くらいの割合でこの話題になる)。この夜のテーマは漢詩。

おじさまA (紹興酒の杯をかかげながら)う~ん、tomoさん、知ってる?「葡萄の美酒 夜光の杯」
おじさまB (すかさず)「飲まんと欲すれば 琵琶 馬上に催す」
tomo    なんか聞いたことあります(このメンバーの飲み会で何度も聞いてるがよく覚えてない)
おじさまA 「酔うて沙場に臥するを 君笑うことなかれ」
tomo    それは、光景が浮かびますね~、酔うて階段に臥す、とか、酔うて駅のホームに臥す、とか
おじさまA 「陽関を出ずれば 故人無からん」
tomo    あれ、そのフレーズの前に「西の方」とかつきませんでしたっけ?
おじさまA それは別の詩だよ、これは陽関を出たらもう知っている人もいないっていう意味なんだよ
tomo    だから送別のお酒を飲みすぎて砂上に臥しちゃったんですね、作者は酒好きだったんだな
おじさまB そう言えば、酒飲みの白楽天の「一杯一杯また一杯」って詩もありましたね

この後、私は何度もその「漢詩」を暗唱させていただき、一応覚えた事が確認された後で別の話題に移った。

解散後、おじさまBからメールが来た。
皆様

本日はお疲れさんでした。

さて、葡萄の美酒の詩ですが、最後の一行は別の送別の詩と
混同していたようです。

また、一杯、一杯、また一杯は白楽天(白居易)ではなく李白
のようですね。
(中略)
おやすみなさい。


 王 維 「送別詩」
渭城朝雨潤輕塵  渭城の朝雨 軽塵をうるおす
客舎青青柳色新   客舎 青青として 柳色新たなり
勸君更盡一杯酒   君に勧む 更に尽せ 一杯の酒
西出陽關無故人  西のかた陽関を出ずれば 故人無からん

 王 翰 「涼州詩」 
葡萄美酒夜光杯  葡萄の美酒 夜光の杯 
欲飲琵琶馬上催  飲まんと欲すれば 琵琶 馬上に催す
酔臥沙場君莫笑  酔うて沙場に臥するを 君笑うことなかれ
古来征戦幾人回  古来 征戦 幾人か回る

 李白  山中與幽人對酌 山中に 幽人と 對酌す
兩人對酌山花開, 兩人 對酌すれば  山花 開く,
一杯一杯復一杯。 一杯 一杯  復(ま)た 一杯。
我醉欲眠卿且去, 我 醉(ゑ)ひて 眠らんと欲す  卿(きみ) 且(しばら)く 去れ,
明朝有意抱琴來。 明朝 意 有らば  琴を 抱いて 來たれ

このように、教養人には常にすばやく過ちを正していく姿勢も重要だ。
でも、私の予想では次回このメンバーで飲むと、また全く同じ間違いや会話が繰り返される気がする。

築地・和光 不思議空間の貝づくしディナー

面白そうなお店があるから行かない?ってお誘いで、築地へ。

路地裏で看板も出てない。曇りガラスからもれてる灯りを頼りに恐々引き戸を開けると、満席ですごい熱気。
予約はしてあったんだけど、どうみても席無いよな~って思ったら、他のお客さんが助け合って席を詰めたり奥から椅子を出してきたりして、なんとかカウンターにもぐりこめました。

床はコンクリート打ちっぱなし、壁は落書きだらけのベニヤ板の店内、カウンターに置かれた焼き台で新鮮な貝を焼いたり、隣のガスコンロで貝を茹でたり鍋を作ったりっていう、なんか海の家みたい。おまかせでお願いすると次々といろんな貝を焼いて、焼き立てをハサミでチョキチョキして出してくれる。味付けもほとんどしてないみたいなんだけど、天然の塩味で超美味!

ウニも焼いてくれました、この色、光ってるね。磯の香りにとろけそう。


マスターは一つ一つ、貝の名前を説明しながらお皿に入れてくれるんだけど、一晩寝たらコロっと忘れてしまってました。最近流行りの飲酒性健忘症らしい。




マスターは焼くのに専念してるんで、飲み物その他はセルフサービス。ビールは自分で指示された場所からジョッキ持ってきて注いじゃいます。何を何杯飲んだかは自己申告。ちゃんと数える自信ゼロの私たちは、手帳から一ページちぎりとって、正の字をつけてきました。
なかなか上手に注げてるでしょ♪(←連れに注いでもらいました)



焼き牡蠣は3種類、それぞれ産地が違ってて味も形も違うのが不思議。


あっ、連れの牡蠣はカニのオマケつきだ!


これは隣のお客さんが持ち込んだらしきカニを茹でたもの、熱々をバリバリ手で食べるとおいしい。
ごちそうさまでした!


結局名前が分かる貝は牡蠣とホタテだけ。


手早く作ったパスタ、ダシがきいてるソースでおいしい。



このあたりで、ワイン片手に貝を焼いてたマスターがふらりと店内のピアノのとこにいくと、立ったままでポロン、ポロン・・・いきなりひき語りのスタート、これがすごく渋い、素敵、店内はやんやの喝采!
どうやらマスターはミュージシャンらしく、今度はギター片手にカウンターの中で熱唱。


常連らしき「三味線ひき」のお兄さんが、いつのまにかドラムをたたく。



不思議空間の店内は軽快な音楽につつまれて、フライデーナイトはふけていったとさ。

マスター、近くコンサートを開くそうです。ご興味ある方は、ぜひ!
※ハットペンダー 4/11 SUN 20:00- \1000 会場:Welcome back 豊島区南大塚3-44-11 B1F

◆活貝焼屋台専門店 和光 築地六丁目二の四 問合せ・予約は携帯メール niwatok@ezweb.ne.jp
 http://www.yatai-wako.jp/index_frame.html
次のページ