FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

千葉・ままや 今シーズン最初の忘年会

先週某日、千葉にて・・・

この日は、8ヶ月にわたって千葉のお仕事をサポートしてくれた人の最終日、感謝をこめた歓送会を兼ねて、ちょっと早めの忘年会をやることになりました。tomoにとっては今シーズン最初の忘年会だよ。

場所はいつもの「ままや」さん。外観はこんな感じ。



前回はコース料理を頼んだけど、今回はアラカルトで頼む事にする。注文を迷ってると、メンバーの一人の関西出身の怖いお姉さんが「恋人たちのハニーマヨネーズ」を注文しろとうるさい。恋人たちって何だ?お姉さん、最近なんかあったの??

正解は「小海老とナッツのハニーマヨネーズ」でした、でも何回聞きなおしても「恋人たち」に聞こえちゃう、あなたもぜひ試しに発音してみてほしい。



イカ好きのtomoは隙を見てイカ丸焼きをオーダー、プリプリアツアツハグハグでおいしい、幸せ。



フレッシュトマトが乗ってる薄焼きのピザも美味。



果てしなく頼む生ビール、ビールもジョッキも管理が良いらしく、おいしそうな泡がこんもり♪



ガツンとボリューミーな鉄板ステーキ。ガーリックがきいてる美味、これは若手男子のオーダーかな。



無国籍料理を名乗るこの店だけど、ランチの石焼ビビンバは大人気メニューで、tomoもお気に入り。韓国系のお料理に強いみたい。そんな「ままや」さんのこれはちょっとビックリメニュー、なんとキムチがボールみたいになってます、ナイフでカットしていただきました。



相変わらず、お料理もビールも安定感あって素敵なお店、今後の千葉宴会の定番になりそうな予感が・・・

前回行った時の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/58835327.html

◆おじさんの台所ままや 新町店 千葉市中央区新町22-3 043-244-6886
 ぐるなび→ http://r.gnavi.co.jp/g379101/
スポンサーサイト



日比谷・いなにわ 寒い日にアツアツのかき揚げうどんでランチ

日比谷のオフィス街に、おいしい稲庭うどんが食べられるお店があって、時々食べに行ってます。先週某日のランチで訪問したんで、ご報告。

冷たいうどんやつけ麺タイプもあるけど、今回はアツアツのかき揚げうどんをいただきました。
ご飯、香の物、小鉢(なめたけの和え物)、そしてメインのうどん。



このかき揚げがすごい迫力、野菜や小エビがたっぷりで、心も体もほっかほか。


稲庭うどは秋田名産のうどん、讃岐うどんなんかとは違ってかなり細めの乾麺で、製法は素麺と同じらしい。つるつるしたのどごしと、イカ刺しみたいに透き通るような麺の美しさが特徴です。
◆いなにわ 日比谷店 港区西新橋1丁目2-9 03-3595-6288

いなにわ日比谷店  - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.39.59.108&lon=139.45.27.997&width=300&height=300&sc=3&size=p&prop=gourmet


営業時間、定休日:
最寄り駅: 内幸町

※2009年11月29日時点の情報です。
ID:0000668696




新橋・地魚屋 ちょっと贅沢なひと時

土曜日は朝からお仕事、みんなで手分けしてがんばる。
それなりに目処がついてきたからそろそろ帰っちゃおうかなと思ってるところへ、夕食のお弁当を手配している気配が伝わってくる。危険だ。ここでうかうかとお弁当を食べてしまうと帰るタイミングを逸して深夜帰宅コースになっちゃうじゃないか。

あわてて身辺を片付け、「あ、私、えっと、その、・・・だったから」などと意味不明のことをつぶやきつつ後ずさりして、まだ熱心に仕事をしている人たちを残して職場を後にする。エレベーターホールで同じ事を考えて同じ行動を取ったらしき同僚と合流。これまた意味不明の「休日に働いてる自分にご褒美」っていう美名のもとに、一緒に何かおいしいものでも食べて帰ることにしたよ。

向かった先は、何度か前を通りかかった事があるけど入ったことの無いちょっと高級そうなお店。自分にご褒美だから何でも許されちゃうのだ。

ビールはブラウマイスター、つきだしもなんとなく高級感があふれてます。



メニューを眺めると、おいしそうな地魚のお刺身のコーナーには、かなり高級なものも並んでる。ついつい値段のとこを見ると三千円台、四千円台のもある。さすがに「自分にご褒美」もそこまでの財力はないので、無難なところをオーダー。

アサリのしょうゆ漬けは、すぐ出る系。



同じく「すぐ出る系」、さめ軟骨梅肉あえ、これ好きなんです。



サザエ刺しとアジたたき、やっぱり海のものはおいしいね。





アナゴの柳川風はぐつぐつ煮立ってます。


豪快な渡り蟹の味噌いため♪


好みの問題だと思うけど、この2品はちょっと味が濃いめ、おかげでビールが進みすぎて「燃える闘魂」って言う焼酎のロックに切り替え、この名前は猪木さんが関係してるんだろうね。

濃い味が続いたあとの、ホッとするさっぱり系のトマトサラダがまたおいしい。



そうこうするうちにラストオーダー、十分に自分にご褒美がもたらされた感じがするんで、ここで解散しました。
このお店、客層は部下にご馳走する上司らしき雰囲気の組み合わせが多いみたい。あ、私たちは割り勘だったけどね。

◆地魚屋 新橋店 港区新橋2-5-5 新橋2丁目MTビル 03-5251-5880
 静かで落ち着いた店内、ゆっくり語りたい時にいいかも。
***
地魚屋新橋店  - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.39.51.764&lon=139.45.33.580&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


営業時間、定休日:
最寄り駅: 内幸町

※2009年11月29日時点の情報です。
ID:0006709992




恵比寿・ティオ ダンジョウ これも立ち飲み、超人気スペインバル

金曜夜、今週は疲れたから今日は早く帰っちゃおうかなと思うと、こんな時に限って色々とお仕事が立て込んでくる。普段ちゃんと計画的にやっていない報いだという説もあるけど・・・
気がつくと時計は夜10時も近く、別のオフィスで同じくお仕事中の同僚から電話が入る。また何か事件勃発か?ってでてみたら、「tomoさん、もう疲れました」とのこと。どうやら明日の出勤も確定みたいだから、こうなったら明日出来る事は今日やらないって言う精神で、恵比寿で待ち合わせて飲むことにする。

行く先は恵比寿のスペインバル、ティオ・ダンジョウ。ここは二階がこじんまりしたスペインレストラン、一階がスペインの小皿料理(タパス)をツマミに立ち飲みができるバルになってます。二階のレストランはそう簡単には予約できない、一階のバルも世間のお給料日後の金曜日のせいか、すごい混雑。でもなんとか「せまくてもいいから」ってことでカウンターの一角にもぐりこむ。

カウンターにあるイベリコ豚の生ハムの塊を眺めつつ、とりあえず、ビール!



連れの二人はサングリアとシードル、このシードルのグラスがかわいい、欲しいな(注:持って帰ってませんよ)。



スペイン料理のピンチョスって言えば、まずはこれ、生ハムとマッシュルームのオイルソテー。



絶品、牡蠣の鉄板焼き。このオイルをバケットにつけて食べるのがまたたまりません!



生ビールはサッポロだそうです、誘惑に負けてオーダーしたイベリコ豚の生ハムで、またビールがすすむ。



これまた定番、スパニッシュオムレツ、しっかりした味付けがツマミにピッタリ。



すべてが期待をはるかに超えたおいしさで大満足。お食事のラストオーダーが過ぎるとそれまで開け放たれてた扉がしまって、なんだか秘密クラブで飲んでる気分でまた楽しい。恵比寿で見つかるスペインだよ。

◆ティオ・ダンジョウ 渋谷区恵比寿1-12-5 萩原ビル1F (2Fはレストラン)03-5420-0747
 恵比寿駅東口から近いです。

虎ノ門・ダブリナーズカフェ ハッピーアワーって良いね

飲み友のおひささんが日比谷の歯医者さんに来るらしい・・・

ってことで、ハッピーアワーのダブリナーズカフェに集合!


ハッピーアワーは午後7時まで、生ビール1パイントが800円(ヱビスは700円)。

そして食べ物もお得、ハーフサイズのフィッシュアンドチップス、¥500。



ピリ辛チキンも¥500。



ハッピーアワーのうちにどんどんパイントグラスで飲まなくっちゃね♪



ステンレスプレートで焼き上げたムール貝のパン粉焼き、このプレート、特注品なんだそうです。



樽のボジョレーヌーボーを発見、カジュアルで飲みやすくて美味しいからこれもじゃんじゃん注文。



ひき肉にマッシュポテトをかぶせて焼いたシェパーズパイは、アツアツでボリューム満点。



水道橋あたりで同業他社との会合をしているっていうkazubonから連絡があって、無事合流。
チーズをつまみつつもうちょっと飲んで、ふらふらと夜の新橋へ・・・



◆ダブリナーズカフェ&パブ  港区虎ノ門1-1-18 ニュー虎ノ門ビル1F 03-5501-1536
 お店のHP→ http://www.dubliners.jp/toranomon/index.html

流動調査

通勤途中の某駅、乗り換えようとホームの階段を降りると、揃いのジャンバーを着たアルバイトらしき人がたくさんいて、「おはようございます、流動調査です、ご協力お願いします!」と叫びながら階段を降りてきた人に調査票を渡している。で、乗り換え先の階段や改札にある回収箱にこの調査票をいれろということだ。駅の中の乗客の流れを調べてるんだね。
これを駅の構造の改善につなげてくれるんだろうか。

こういうの、夜の飯田橋駅辺りでやったら面白いかもね、下車駅で回収して酔っぱらいがどんなふうに乗り越したかを追跡調査…

神谷町・あぶりどりバリ鳥 都会の立ち飲みで焼き鳥三昧

トラディショナルな立ち飲み屋さんとは別に、新しい街にも気軽に飲める新しい立ち飲み屋さんが増えてるね。先週のフライデーナイト、そんな一軒、神谷町近くのオランダヒルズにある立ち飲み焼き鳥屋さんに行ってみたよ。

メンバーは職場の4人、まずは生ビールで乾杯しつつ、壁のメニューを見渡す。ちなみに、立ち飲みだけどパイプ椅子があるっていう、最近のニューウェーブ立ち飲みで良くあるパターンでした。

大衆酒場だと壁に貼られたメニューが古いカレンダーの裏紙だったりするけど、ちょっとおしゃれな都会の立ち飲み、雰囲気のある経木に書かれてます。



つき出しは、各自に片手鍋みたいなのに生キャベツサラダが出てくるんで、これはこの後取り皿として流用。



さっぱりスッキリな鳥皮ポン酢♪



焼き物はじゃんじゃん頼んじゃいました。
鶏レバー、砂肝、ハツ、皮、ボンジリ・・・



ホッピーは白・黒揃ってます、今夜は黒で。
連れの3人は育ちの良い怖いお姉さんでホッピー未体験だったから、みんなで回し飲み、皆さんお気に召した模様。だってプリン体や糖質の心配の無いヘルシーな健康飲料だもんね。



豚肉の柚子胡椒添えとシイタケ焼き。柚子胡椒ってホントに美味しい、大好き。



アボカドも炙り焼き、しょうゆ味と塩味が選べます。



このへんですでに限界的におなかいっぱいだったはずなんだけど・・・あら、こんなのあったっけ?


サツマイモ焼き。ただスライスして炙り焼きにして塩を添えただけの素朴なもんだけど、火加減が良いのか結構後を引く美味しさ、そしてちゃんとお酒のツマミになります。



美肌を狙ってコラーゲンたっぷりの鶏スープをいただいて〆、一週間蓄積したしんどさも吹っ飛ぶ、元気百倍の充実週末ディナーだったよ。

◆あぶりどりバリ鳥 オランダヒルズ店 港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ1F 03-5733-4655
 周囲の若手外人さん達で賑わってます。
 http://www.jellyfish.bz/topics/0606/0606-bari-oh.html

クラウドオフ会に参加しながらトマト鍋

昨夜、ウプサラ太郎さんの呼びかけでネット上でみんなが集う「クラウドオフ会」が開催されました。

もともと、ネットで交流してる仲間がネット(オンライン)じゃなくリアル(オフライン)で会うのがオフ会の定義だったと思うけど、今回はいつものブログの時間差じゃなくってリアルタイムでコメントするイベント。リアルじゃないけどネットの雲の中でみんなが出会うからクラウドオフ。


思えばこのブログをはじめた当初、仲良くなった何人かのブロガーの皆さんとしょっちゅうリアルタイムでコメント交換していた時期があった。でもだんだんエスカレートしてくると生活がブログ中心になって、呑みの誘いを断って帰宅してネットするような事も起こってきた。これってどうなのかな~って思いはじめた頃に、仲の良かった人が事情でブログを休止したりした事もあって、リアルタイムのコメント交換は封印して、サボりサボりの今のブログスタイルにたどりついて今日に至ってます。

でも、久しぶりにみんなで同じ記事に集ってコメント交換するイベント、楽しかった、たまには良いね。ウプサラ太郎さん、ご手配&画像掲載お疲れ様、ありがとね♪

昨夜は大勢参加者がいたんで、ビール飲みながらコメント交換をやりつつ、ラーメン入りトマト鍋を製作。




【作り方】
 1.トマト鍋の素を買ってきて袋にかいてあるように作る
  (スープを二倍に薄めて煮立て、鶏肉・キャベツ・たまねぎ・ニンジン・シメジなどを入れて煮る)
 2.火が通ったらできあがり、煮詰まったら水かお湯を足す
 3.適当なところで鍋用ラーメンを投入


ジャンボラーメンのトマトラーメンバージョンって感じ?

もっと美味しかったのは翌朝、残ったスープで作ったトマトリゾット風おじや。
【作り方】
 1.トマト鍋の残りのスープを小鍋にうつしてご飯を投入して煮立てる
 2.弱火で加熱してまったりしてきたら真ん中に玉子を落としてチーズ、胡椒、パセリパウダーをふる
 3.玉子がお好みの固さになったら出来上がり♪


真ん中のレアな半熟玉子をトロトロと崩しながらいただけば、もうやみつきのおいしさだよ。

 クラウドオフ会コメントサイト→ http://blogs.yahoo.co.jp/biocity2001_jp/49643933.html
 クラウドオフ会画像サイト→ http://blogs.yahoo.co.jp/biocity2001_jp/49643910.html

絶品インド家庭料理でワイン飲み放題!

長年一緒にお仕事をしてきて色々とお世話になったインド人の同僚が、このたび帰国する事になった。
お別れにどこかで飲もうとお誘いてみたら、どうせならみんなでウチにおいでってご招待をいただいたんで、みんなで押しかけちゃいました。

閑静な住宅地にあるマンションは、りっぱすぎてどこが入り口かわからず、まわりをうろうろと歩き回る怪しい私たち。やっとエントランスを発見して無事到着、素敵な奥様、かわいいお嬢さんと、いつも変わらぬ笑顔の同僚が歓迎してくれました。

まずは、インドのおつまみをつまみつつ乾杯!

サモサはポテトフィリングが入った揚げ春巻きっぽいお料理、お料理自慢の奥様が用意しておいてくれたのはちょっと小さめサイズで、これだと片手でつまみながら飲めてうれしい。



コロッケみたいに見えるのは豆をすりつぶして揚げたものだそうです、これも一口サイズのフィンガーフード。そのままでもおいしいけど、お好みでちょっとスパイシーなコリアンダーベースのソースをつけていただきます。



私には詳しく分からないけど、同じインド料理って言っても北と南では味付けも食材も相当違うらしい。同僚も奥様も、インドの南・北両方に住んだ経験があるそうです。

白くて丸いのはお米の蒸しパン「イドリー」、これを作るための道具をみせていただいたんだけど、ちょうどタコ焼き器のへこんだところが浅くなったような感じのステンレス板で、へこみの大きさは大中小いろんなサイズのが揃ってます。今夜は小さいサイズでつくってくれたそうです。
このイドリーに、ポットに入ったオクラのスープをかけたり、コリアンダーのソースをつけたりしていただきます。オクラのスープにはタマリンドがきいてて、タマリンド味大好きな参加者の一人はさかんにおかわり。奥のボールに入ってるのは茄子のペースト、焼き茄子の皮をむいてトマト、たまねぎなんかとあわせたもので、野菜の甘みとスパイスの刺激が良い感じで、これもついついおかわり。



奥様のお話によると、レストランで食べるインド料理は揚げ物や炒め物などカロリーが高くてもたれるものが多いけど、家庭料理では揚げ物と組み合わせて蒸し料理や和え物もたっぷり食べるから健康的なんだそうです。ちなみに同僚のお宅はヴェジタリアンだからお料理はすべて野菜なんだけど、いろんな種類の豆やナッツを使ってるから、食べててすごく満足感があります。やっぱり本当に美味しいものは、家庭にあるんだね。


そう言えばヴェジはお酒飲まない人も多いけどワインはいいのかなって聞いてみたら、ハードリカーはダメだけどワインは良いという独自(?)の解釈をしてるようです。同僚の「帰国するまでに全部のボトルを空にしないと」って提案で、どんどんワインがあいていく・・・

みんなでつまんだインドのお菓子、ミルフィーユみたいにサクサクした軽くてもろい層になってて、くどすぎないほど良い甘さでおいしかった~。名前は何度も聞いたんですが・・・忘れてしまった。



最後に長年の日本暮らしがうかがわれる和テイストのカップで、インド風のスパイシーな紅茶をいただきました。そう言えば途中いただいた南インド風の辛酸っぱいスープ「ラッサム」は、何と日本茶用の湯のみに入れてサーブされてて、それがまたすごい良い感じだったな。


名残はつきないけど、そろそろおいとまの時間。
次回はぜひインドに遊びに来るように熱心にご招待いただいて、同僚のお宅を後にしました。
今度再会するのは何かで来日した時になるのか、それともホントにインドに遊びに行っちゃおうかな・・・


同僚とご家族の幸せと今後のご成功を祈って、渋谷でクールダウンの飲みなおし。
終電にすべりこんで何とか帰宅しました。



Best wishes for your continued good health, happiness, and success!

渋谷駅ハチ公前で待ち合わせ

渋谷で待ち合わせって言えば、何と言っても本命は「ハチ公前」、ライバルは後発の「モヤイ像」かな。
昨日はそんな「ハチ公前」で久しぶりに待ち合わせしました。

ちょっと早めに到着、渋谷駅は時々来るけど、ハチ公のそばまで足を踏み入れるには久しぶり。
すると、人ごみの広場にこんな車両が!



教養のある人は知ってるかもしれないけど、かつて渋谷駅は路面電車の一大ターミナルだった。
今は田園都市線やバス路線に取って代わられ、幹線道路は首都高の下の暗い道になっちゃってるけど、まだ空の広い幹線道路にこの渋谷駅を発着するかわいい路面電車が走ってた時代があったんだね。

今は走らない車両の中に入ってみると、昔と今の渋谷の写真の対比なんかが飾られてる。昭和20年代、30年代、40年代・・・セピアな時代だよ。





かつてはこの広場にいたのに人ごみにまぎれてなかなか待ち合わせ相手に会えなかったって事件も良くある出来事で、待ってる人の表情は不安そうだったけど、今はみんな携帯電話持ってるから余裕。

「励まし屋」って幟を立てた二人組が、みんなを励ます歌のパフォーマンスをはじめたところで携帯に着信、tomoの待ち合わせ相手も到着したんで、久しぶりのハチ公前広場を後にしました。


次のページ