FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

目黒・キリンシティ 新店長さんにご挨拶

シーズンごとに割引セールのご案内DM葉書を送ってくれるキリンシティさん、この春店長サンが変わったらしい。春は人事の季節だもんね。で、新店長さんからもお誘いのDMをいただいたので、行ってきました。

ビール党tomoにワインセラーを売り込むとは、新店長サン、良い度胸してると見たよ。





ビールの写真はどれも同じに見えてつまらないとお思いの諸兄へ、よく見るとそれぞれ違いがあるんだよ。
まずはプレミアムな旨みのブラウマイスターでスタート。



春を感じる季節メニュー、ふきのとうとこごみの天ぷらをお供にね。



そして爽やかなおいしさのハートランド。



ほろ苦さはキリンビールの王道、キリンラガー。



コクと香ばしさのハーフアンドハーフ。



ガツンとパワーがつきそうな、一番搾りスタウト。



う~ん・・・確かに、写真で撮るとどれも似たような感じ?
ちなみにワインは飲まなかったから、新しいワインセラーは未体験です。


オマケ、今日の日比谷公園の桜はこんな感じ。
この木はまだ1~2割くらい。


こっちの木は日当たりが良いせいか、半分以上咲いてました。


いよいよ東京はお花見シーズン本番だよ。

◆キリンシティ 目黒 目黒区目黒1-4-6 弥生ビル1F 03-3492-9238
 HP → http://www.kirincity.co.jp/
 この前行った時の記事 → http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/56296502.html
スポンサーサイト



大久保・土地 韓国家庭料理で飲む

土曜日はまったりと二日酔いで目覚めて、しばらくぼーっとする。
でもぼーっとばかりもしてられないので、少し急ぎのお仕事を片付けようと思って出社。結局会社でぼーっとしているうちに夕方になる。

そこで突然シャキッとしてきて、JR大久保駅にほど近い韓国家庭料理のお店「土地」へ。今夜はここでかわしりご夫妻、美人姉妹(ただし怖い)おひささんまこはんと一緒に韓国家庭料理で飲む予定なのだ。

キムチが絶品!この白菜だけで生5杯はいけそう。


韓国春雨炒めのチャプチェ。美味しいだけじゃなくて、赤ピーマンや緑の野菜で彩りも美しい。


そしてこのお店の名物チーズちぢみ。このお店のおばあちゃんがチーズ好きのお孫さんのために考案したものらしいんだけど、とろとろにとろけたチーズがもうやみつきになる絶品の美味しさだよ。


お料理もお運びも全て家族でやってる。店内が混みあってくると注文したビールがサーバーのとこにあるのになかなか運ばれてこなかったりする。親切な私達は自主的に自分達でビールを持ってくるって作戦でビール補給。


タコ鉄板、このあと混ぜながら焼いてくと全体が真っ赤になって、これはかなり辛口でした。


そしてついに生ビールの樽が空になってしまったため(tomoのせいじゃない、と思う)、ここでマッコリに切り替え。ほんのりと甘くておいしい口当たり・・・デンジャラス!美人姉妹(ただし怖い)はマッコリをチェイサーに韓国焼酎をグビグビと呑んでる、かわしりさんは日本酒熱燗とマッコリ、かわしり奥様はビール党をつらぬいてます。


これはヤマイモのちぢみ。ふんわりした口当たりでこれまた絶品。


ここで酒屋さんから生ビールの緊急配達がやってきたよ(tomoのせいじゃない、と思う)。


お店の外観はこんな感じ。



夜景の美しい秘密サロンで、二次会に突入。ここでも何故か酒屋さんがビールの配達に来ました(tomoのせいじゃない、と思う)。プレミアムモルツと甕だし泡盛で夜はふける。
そしてやがてソファからは安らかな寝息が・・・


ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました。
またよろしくお願いします。

◆土地 新宿区百人町1丁目24-10 03-5330-0277
 大久保駅南口から徒歩1~2分くらい、いつも混んでる小さいお店だから予約がおすすめ。
***
土地 - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.41.45.085&lon=139.42.3.52&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


営業時間、定休日:
最寄り駅: 大久保(東京都)
※2009年3月29日時点の情報です。
ID:0000716100

http://gourmet.yahoo.co.jp/promo/200611/お店情報を自分のブログにもはりつけよう



御徒町・かっぱ 今シーズン初お花見の後で

各地から桜開花の便りが届く今日この頃、駒込駅にほど近い桜の名所「六義園(りくぎえん)」に行ってみた。

この時期、夜桜のライトアップをやってます。入場料300円、入場は20:30まで。
このしだれざくら、すごく巨大。なかなか全景を撮影できないくらい。





夜桜を堪能した後、御徒町に出て飲み処を探す。御徒町ガード下には、おじさんがひしめく居酒屋がいっぱいあるけど、そのなかの一軒「かっぱ」に入ってみたよ。相席基本で一人客が多いみたい、雑然としてるけど、店のお姉さんはフレンドリーで結構楽しい。誘導された席につくとこのお姉さんがどう見てもおしぼりにしか見えないものを人数分持ってきて、「これはテーブル拭くやつだから、ウチはおしぼりは無いからね」と言う。でも、見かけはおしぼりみたいだから、この後酔っぱらってくるとついついこれで手をふきそうになって、あ、これは違うんだと思いなおす。でもどこが違うんだろう。
生ビールはアサヒスーパードライ、大と小があって中は無し、まあ小って訳にもいかないから大をオーダーだよ。

この生ビール大、すごく巨大。なかなか全景を撮影できないくらい。


となりのおじさん達がオーダーしてた燗酒の徳利がこれまた巨大で、日本酒四合瓶がそっくり入りそうだったよ。

オーダーするとその場でお姉さんが厨房のおじさんに注文を叫ぶ。シューマイを頼んだら「ハイ、横浜一丁!」、なるほどね。





おかわりの生大を持ってきてくれたお姉さんに、思わず「すごく大きくて立派な生ビールですね」と声をかけると「それをちゃんと飲んでおかわりするお客さんも立派だね」って褒められちゃった。でへへ、照れるな~。

値段はビックリするほど安かったです。



この後何故かカラオケのハシゴ、忘れずに「桜」を歌わなくっちゃ。



そして今日は朝からトマトジュースとしじみ汁です。

◆六義園の夜桜情報 → http://www.tokyo-park.or.jp/special/yozakura/rikugien.html
◆酒場かっぱ 台東区上野5-27-5 03-3831-3713
 
***
酒場かっぱ  - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.42.14.176&lon=139.46.39.939&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


最寄り駅: 御徒町

※2009年3月28日時点の情報です。
ID:0000746218




青春の旅立ち

とある用件で飯田橋へ。
終了後、なんだか飲みたい気分に襲われ、お仕事に励む同僚を残して街へ消える。

飲み友のkazubonと立ち飲みで軽くビールなど飲んでいるところで古河のギャンブラー氏も合流。tomoは生ビールに続いて、ヱビスザホップ、ヱビスビール、シルクヱビス、ヱビスブラックとヱビスファミリー制覇、そしてカウンターにはいつのまにか、いつもの日本酒四合瓶。立ち飲みビギナーのtomoは、そろそろ立ち疲れてきたので椅子を所望して、近くの天狗に流れる。



そのまま平和に解散して家路につく。古河のギャンブラー氏はJR駅へ、地下鉄駅で「トイレに寄っていく」っていうkazubonと別れて、一人有楽町線で池袋に向かう。

深夜、池袋駅で別れたkazubonから携帯メールが着信。
「高坂や」

・・・・・おやすみなさい。

<注>
kazubonの最寄駅は東武東上線の鶴瀬駅だそうです。高坂は、たぶんその10駅くらい先だと思う。

サクラサク

東京のソメイヨシノは、昨日開花したそうですね。
tomoが住んでるマンションの敷地内にある小さな桜の木にも、可憐な花が咲いてます。


事前の予想より開花が早まって、今週がお花見のピークになりそうだね。
さて、お天気はどうなんだろう。

あなたは今シーズン、どんなお花見を予定してますか?

新橋・玲玲(リンリン) 餃子の海に溺れたい

学生時代のお友達から、新橋に餃子が美味しいお店があるって情報をキャッチ。過日行って来ました。

お店があるのは新橋駅のJR烏森口から猥雑に賑わう西口通りに入ってすぐ、ドラッグストアの横にある狭い階段を上った2階。階段手前に出てる看板はお世辞にも「おしゃれ」って感じはしなくて、1人だったら敬遠しちゃいそうな気もするけど、狭い店内は別世界のようにお客さんでいっぱい。満席で断られる事も多いみたいだから、わざわざ行くなら予約がおすすめ。

このナカマと会うのは年末の仙台旅行以来なんで。まずは再会を祝して、乾杯!
生ビールはプレミアムモルツでした。





餃子の調理法は焼、蒸、水からチョイス。皮まで手作りで薄味がついてるから何もつけなくてもおいしく食べられます。お好みでニンニクダレやお酢、醤油、ラー油なんかで変化をつけるのもまたおいしい。

むっちりもちもちな蒸し餃子。



パリッとコンガリ熱々な焼き餃子。一口齧れば肉汁あふれるジューシーさにビックリ。



餃子って写真で撮るとどれもおんなじだから2種類しかのせないけど、種類も色々。tomo達が食べたのは、セロリ、シイタケ、トマト、ホタテ、エビ・・・、あと忘れました。

餃子以外の中国家庭料理も色々あります。麻婆豆腐は山椒がガンガン入った本格派、白ゴハン好きの連れはここで白ゴハンオーダーして、ビール呑みながらゴハン食べてたな。でもなんか気持ちは分かる。


tomoはここで白ゴハンじゃなくて、甕だし紹興酒を追加。ついでにビールも追加。
餃子(と、ビール)好きの人にはぜひおススメなお店だったよ。

◆中国家庭料理 玲玲(リンリン) 港区新橋3-19-2(2階) 03-3432-9073

***
中国家庭料理一味玲玲  - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.39.42.598&lon=139.45.38.883&width=300&height=300&sc=3&size=p&prop=gourmet


最寄り駅: 新橋 港区新橋3丁目19-2 03-3432-9073

※2009年3月22日時点の情報です。
ID:0000659690




気がつけば4周年突破、5年目に突入してました!


ブログってなんだろうって思って試しになんとなくはじめて、そのままずるずると続けてるこの「日本ビール党の部屋」っていうブログ。ふと気がつくと、この3月11日で開設以来4周年を過ぎ、5年目に突入してました。

この間いろんな人との出会いやコミュニケーションが継続の大きな力になってます。当初からお付き合いが続いている方、いつのまにか去っていった方、ブログ休止や削除になってる方、最近お近づきになった方、コメントを記入してくださる方、気が向いた記事を読んでくださってるROMの方、みんなみんなありがとうございます。

この4年間の変遷としては・・・まあ大したことも無く書きたい事をだらだらと書いてるんだけど、途中で飲食店を探してる人や飲食店情報をサーチしてる人に多少はお役に立つことを願って、気に入ったお店を紹介してる記事のタイトルに地域と店名を入れて、書庫もラフに地域別にするっていう改革(?)をやりました。プロの技を評価するのはおこがましいからお店についての評価(☆三つ~、とかね)は入れてないし、値段も注文するもの次第だから標準的な価格も入れてないけど、記事や写真から少しでもお店の雰囲気を感じてもらえたら幸いです。

ところで、これを読んでくれてるあなたとこのブログの出会いはどんなきっかけだったのかな?

基本的には相変わらずの酔っ払いのアホ話ばっかりですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

                                           日本ビール党の部屋管理人 tomo

神楽坂・アガディール モロッコ料理初体験

あなたは「モロッコ」って聞いて何を思い浮かべる?
モロッコ王国(モロッコおうこく)、通称モロッコは、アフリカの国。首都はラバト。アルジェリアとサハラ・アラブ民主共和国(西サハラ)とスペインの飛び地セウタ・メリリャに接し、大西洋と地中海に面している。アフリカで唯一のアフリカ連合未加盟国。
(Wikipediaより引用)
地図で見るとアフリカの左上(っていう表現、良いんだろうか・・・)、地中海をはさんでスペインに向かい合う国みたいです。東京に居ながらにしてそのモロッコのお料理が食べられるお店が神楽坂にあるんで、行ってきました。

ビールは生ビール(向かって右)かモロッコビール(同左)。慎重派のtomoは一杯目は無難に生ビール、アサヒスーパードライかな。


チーズのモロッコ風揚げ春巻き、居酒屋の「チーズ包み上げ」の巨大バージョンって感じ、でも後味にほのかにミントが香るところに、アラブを感じる。


モロッコ風の串焼き「カバブ」、こういうのを齧りながらビールを飲めば、気分は焼き鳥屋さん。付け合せはミニカレーライスって感じ。tomoも2杯目からはモロッコビールに切り替えました。



モロッコ料理って言えば、最近「タジン鍋」ってのが家庭でも流行ってるらしい。一種の土鍋なんだけど、蓋が円錐形になってて、ここに蒸気がこもってうまい具合に蒸し焼きになんだそうです。不景気で外食をやめて家庭で食事を楽しむ人が増えたせいか、デパートなんかでこの円錐形の蓋がついたお鍋が結構売れてるってニュースになってました。
初体験のタジン鍋料理、まずは鶏のタジンに挑戦。特徴的な形の蓋は、お料理を出すと同時にお店のお兄さんが持って行っちゃうので写真には写ってません。骨付きの鶏肉はやわらかくておいしい。


もう一つ、モロッコ料理と言えば「クスクス」。ごく小粒のパスタにスープや煮込みをかけて食べる。これはお茶漬け感覚でサラサラッと食べられちゃうんだけど、おなかの中でふくれるんで、食べ過ぎに要注意。





キャベツとソラマメのサラダ。豆を使ったお料理も多いみたいでした。



もう一つタジン鍋のお料理、これはミートボールのタジン、ミートボールの上に乗ってるのは薄焼きの玉子焼きとシイタケ。



タジン鍋の付け合せについてくる平べったくて丸いパン、素朴でどのお料理にも合います。



過度に辛いものや濃い味のものは無くて、どれもやさしい味付けでした。
ところでこのお店、三叉路に面した角地にあって、tomo達の席からは窓の外に神楽坂の夜を彩るオトナなスナックのドアが良く見えたんだけど、着物姿のきれいなお姉さん達がいっぱい出てきてビックリ。

◆アガディール 新宿区神楽坂3-6-28 土屋ビル1F 03-3266-1767

***
アガディール  - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.41.50.661&lon=139.44.37.643&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


最寄り駅: 飯田橋

※2009年3月20日時点の情報です。
ID:0000687381




私の周りの鉄ちゃん達

鉄道好きの人の事を、親しみと若干の揶揄をこめて「鉄ちゃん」と呼んだりする。この鉄ちゃんにも、いろんな種類がある。めずらしい路線や電車に乗るのを好む「乗り鉄」、鉄道の写真を撮る「撮り鉄」、鉄道の白地図で乗った路線を塗りつぶす「塗り鉄」等々。tomoのまわりにも、ふと気がつくといろんな鉄がいるよ。

3月13日がラストランだった東京駅発着の最後のブルートレイン、東京と大分・熊本を結ぶ寝台特急"富士"と"はやぶさ"。学生時代の友達は最終日にわざわざ写真を撮りに行った「撮り鉄」。彼女にとっては大学の入学式のために上京してくるときに乗ってきた思い出の列車だったのだ。入学式に一緒に出たいという父親も一緒だったので、交通費と宿泊費の節約のために、新幹線や飛行機ではなくて夜行列車で来たらしい。撮影ポイントと選んだ膨らんだカーブがある通過駅のホームでカメラを構えてスタンバイしているところに、ラストランのブルートレインが近づいてくる。狙ったショットを撮ろう待っているうちに、このブルートレインで上京してきた日の事がよみがえってくる。父親が奮発して食堂車で朝食を食べさせてくれた事、もうすぐ東京だと思いながら車窓から見た横浜駅のホームが通勤客でごった返しているのを見て、こんなに人の多い東京でやって行けるんだろうかと不安になったこと、一緒についてきてわずらわしいと思った父親が、大学の寮で同室者の分まで力仕事を引き受けてくれてありがたく思ったことが、走馬灯のように脳裏を駆け巡り、気がつくと写真を撮るのも忘れて夢中で列車に向かって手を振っていたと言う。

別の学生時代の友達は、鉄道博物館の話をはじめるととまらない。この人は以前から、知的障害者の社会参加をサポートするボランティアを続けていて、休日には知的障害者のグループに同行してあちこち出かけている。そして、最も人気のある外出先の一つが、鉄道博物館らしい。以前秋葉原にあった交通博物館の時代から相当何度も通っているようで、運転シミュレーションのコーナーで引率してきた人達に運転のコツを教えていたら、あまりの説明上手に博物館の係の人と間違えられて、関係ない親子連れから運転のやり方を教えてくれとせがまれちゃうそうです。これは「乗り鉄」の一種なのかな。

最強飲み友のMちゃん、以前は軽い鉄道好き(「軽鉄」)だったはずなんだけど、いつのまにかあちこちの鉄道を乗り歩いては白地図を塗りつぶす「塗り鉄」になっている。ブログメイトのトンコちゃんのところで見かけた、鉄道踏破を登録してランキングされるサイトを教えてあげたらすっかり気に入った様子で、現在の乗車キロランキングは2849位 / 9333人中、だそうです。わざわざ飛行機で途中まで飛んでいってローカルな鉄道を乗りつぶしたりしてるこの人よりも上位に、さらに3000人近くもいるとはオドロキ、世の中は広いね。



そんなtomoも、酔っぱらって帰宅途中の駅でこんな列車を見かけたりすると、なんだかココロがざわざわとしちゃう。これはどういう鉄なんだろうな。

<参考記事>
 夜鉄ケーススタディ kazubonの場合→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/56682677.html
 時の流れに身を任せ 夜鉄バージョン→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/53787528.html
 夜鉄研究会番外編 寝台特急北斗星 → http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/52666834.html
 いい日旅立ち夜鉄研究会→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/52456750.html
 

明るいうちから飲むビールの幸せ

日曜は、とある用件で調布にお出かけ、午後3時半ごろに用件終了となる。
居酒屋があくにはまだだいぶあるこの時間帯、でも飲める場所はちゃんとあるんだよね。

調布市文化会館「たづくり」の最上階にある展望レストラン。まずは乾杯!


公共施設だけあってリーズナブルなお値段、ただしサービスは素人っぽいしメニューは定食中心でアラカルトはそんなにありません。でも、これがあれば幸せだよね。生ビールの友、ソーセージ盛り合わせ♪


ビール党のおススメは、コンガリ揚げたての甘エビから揚げ。


この展望が素晴らしいのです。しかし明るいうちのビールって、なんでこんなに美味しいんでしょうね。


素晴らしい晴天、沈みゆく夕日を見ながらのビールもまた素敵。


夕方4時を過ぎると夜用のメニューにかわるので、少しツマミの種類が増えます。


そして夜景を眺めながら、さらに飲み会は続くのでした・・・



◆展望レストランたづくり 調布市小島町2丁目33-1 042-441-1612
 窓際席からの眺望は最高。
***
展望レストランたづくり - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.38.51.907&lon=139.32.40.2&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


営業時間、定休日:
最寄り駅: 調布
※2009年3月16日時点の情報です。
ID:0001188365

http://gourmet.yahoo.co.jp/promo/200611/お店情報を自分のブログにもはりつけよう



次のページ