FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

中目黒・魅惑の七輪らんまん エネルギーチャージ完了!

金曜・木曜とさかのぼって記事にしたから、ついでに26日水曜日の夜をご紹介。

この日は学生時代のお友達4人で、中目黒の炭火焼肉「らんまん」に行ってきたよ。
ここはブログメイトのZUZUさんのところで度々見かけてぜひ行きたいと思ってたんだけど、なかなか中目黒に行く機会が無かったのです。この日飲む4人のうち2人の勤務先が中目黒だったから、思い切って行ってきました。これからの忘年会・新年会シーズンを乗り切るためにも、焼肉ガンガン焼いて食べてエネルギーチャージしとかなくっちゃね。

生ビールはモルツのプレミアム。



ZUZUさんおすすめ、クリームチーズ塩昆布。一センチ角くらいに切ったクリームチーズに細かく刻んだ塩昆布がパラパラっとかかってるだけなんだけど、軽く混ぜると塩昆布がしっとりとチーズになじんで、まさにやみつきになるおいしさ。これは家でもできそうだな。



ホルモン系は特別なルートから毎日仕入れてるらしくて、とにかくどれも新鮮。
レバサシ、最高水準でした。



ベッカムサラダは、ドレッシングがジュレ状になってて美しい、サラダの貴公子だね。温泉タマゴとドレッシングを新鮮な野菜にまぜまぜしていただきます。



そしてお待ちかねの焼き物、ZUZUさんおすすめの「なんちゃってカルビ」「ハラミ」「プレミアムホルモン」どれも焼いてるそばから消えてっちゃうから、写真なんか撮ってる暇ありませんでした(笑)♪

これは、トマトのホイル焼き。薄くスライスしたタマネギとトマトにあっさり味付けしてあるのを七輪でほんわかホイル焼きにしただけなんだけど、おいしいんだな~、これが。


ZUZUさんイチオシの新メニュー、ナンコツスモークは、まるで生みたいなルックスにビックリ。でも食べてみると絶妙にスモークされててナンコツの生ハムみたいでした。これも写真無し。

シメには冷麺を2種類。焼肉たっぷり食べた後なのに、不思議とスルスル食べられちゃいます。





たくさん飲んだし食べたし、でもなんかもうちょっと飲み足りないかな~って感じ。
せっかく地元勤務の人が2人いるんだから、イケメンなバーテンダーさんがいる隠れ家バーかなんか知ってるんじゃないかなって思って、もう一軒どっか連れてってってリクエストしたんだけど・・・



なぜだか行った先は、オヤジ度満点な串焼き屋さんだったよ。




◆魅惑の七輪らんまん 目黒区上目黒3丁目8-3 03-3715-4129
 細い路地に面したビルの2階。駅からは近いんだけど、ちょっと分かりにくい。
***
らんまん  - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.38.29.130&lon=139.42.04.669&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


最寄り駅: 中目黒

※2008年11月30日時点の情報です。
ID:0000830510




スポンサーサイト



日比谷・鳥どり 不景気なんか飲み倒せ♪

くすぶっていた米国のサブプライムローン問題は、リーマンブラザーズの経営破綻と米国株の急落を受けて世界的な連鎖反応を招き、一方で円が急騰して国内の輸出産業界を直撃している。ここにきて次の焦点は米国三大自動車産業への対応へと移ってきているが、救済か破綻かはまだ予断を許さない。

そんな世界経済は自分とは関係ないもんね、な~んて思っていても、グローバル経済の時代、全然無関係ってわけにはいかない。で、それと関係あるんだか無いんだか、社内の小さなプロジェクトが一つ中止になった。
そうと決まったら、打ち上げってことで飲みに行かなくっちゃね。

こわいお姉さん2号のおひささんを真似て、「上空からの写真」をとってみる。



普通の角度だとこんな感じ。生ビールはプレミアムモルツでした。



すっかり寒くなって、鍋がおいしい季節だよ。
鶏肉とつくねと野菜がたっぷり、鶏の旨味がじんわりとしみわたる塩味スープには鶏のアブラがキラキラうかんでる、こってりあっさりおいしいお鍋をいただきました。



最後はうどんにするか雑炊かでバトル、雑炊って決まった後はタマゴを入れてから混ぜるか混ぜないかでまたバトル。お店の奥の個室を占拠して、お鍋の湯気いっぱいのあったかい一夜でした。

ところで・・・
この日は27日、世間は給料日後の木曜日だったんだけど、いつもはもっと混んでるイメージがあったこのお店、私達以外はほとんどお客さんがいなくてガラガラだったみたい。

たまたま、なのかな。それともこんなところにも不景気の足音が?!

◆鳥どり・日比谷店 千代田区内幸町2丁目2-2 03-5501-3055
 日比谷シティ地下、入口は狭いけど奥に細長くて案外キャパのあるお店です。

赤坂・ストックホルム 自分を律するルール

街はすっかりクリスマスムードに染まってきたね。
これは、昨日見かけた千葉駅前のイルミネーション。



赤坂にあるスウェーデン料理のお店で、忘年会に参加してきたよ。

中央のテーブルにスモーガスボードが用意されてて、好きなお料理をとってきて楽しみます。
スウェーデンビールSpendrups Old Gold、アルコール分は5%って書いてあったけど、日本の一般的なビールと似ていて、はじめてでも飲みやすかったです。



ところで、酒飲みっていうのはついつい自堕落な生活に陥りやすいので、tomoはいくつかルールをつくっている。そのうちの一つが、

朝帰りをしない

って、結構ゆるゆるなルールなんだけどね。
朝帰りの基準は、朝刊よりも先に帰宅するかどうかで判断してます。

そしてルールは時に破られてしまうものなのです。

きっと、原因はこれだな。


アクアビット(命の水っていう意味)、お酒に強い北欧の人々が飲む蒸留酒。きっと寒い国ではこの一杯がまさに命の水っていうようなシチュエーションもあるんだろうね。
とろとろに凍りかけてるやつをキュっといただきます。


みなさん、お元気ですか?


◆ストックホルム 千代田区永田町2-14-3赤坂東急プラザ1F 03-3509-1677
 http://www.stockholm.co.jp/

チーズせんべい&琥珀ヱビス

ブログメイトRikoさんのところで、チーズせんべいってのを見かけた。
簡単に作れてお酒のおつまみになりそうだ(Rikoさんはお酒のおつまみではなくてサンドイッチに鋏んでたけど)。連休の一夜、早速製作してみたよ。

材料~とろけるスライスチーズ
作り方
1.レンジにクッキングペーパーを敷いて、その上にとろけるスライスチーズを乗せる



2.様子をみながらちょっと焦げ目がつくくらいまでチンする


ん~、こんなもんだべか。500Wで1分くらいづつやって、ちょっと焦げ目がついた所でSTOP!

3.さめたらクッキングペーパーから剥がして食べる
 もうちょっとパリパリになるのかと思ったけど、パリパリ割れない程度にしっとり感が残った。
 加熱時間が短かったのか、元々こんなもんなのかな。
 パリパリ割れないからキッチンバサミでチョキチョキ、ついでに焼き海苔もチョキチョキ。
 こんな感じになりました♪



ビールは今の季節ますますおいしくなってきた琥珀ヱビス。



七味をふってみる。もしかしてアツアツのうちに七味をかけてもなじんでおいしいかも。



最近愛用の、信州善光寺参道「八幡屋磯五郎」の七味唐辛子。



オマケ

これも最近のお気に入り、亀田の季節限定「切りもち揚げ 柚子こしょう味」。柚子こしょうが想像以上に効いてて刺激的でビックリ、ビールにも焼酎にもイケそう。
杉山商店のおとうさん、今度ぜひ仕入れといてほしい。


新宿・ビリー・バルゥーズ・ビア・バー 世界のビールを楽しもう

恵比寿で時々出没してるビリー・バルゥーズ・ビア・バー、新宿にもあるみたいだから行って来たよ。
恵比寿店は割と広々としててビルの2階で明るい若向けな感じだけど、新宿店はビルの地下にあるせいか、ちょっとダークなオトナの雰囲気。18時開店と同時におじゃましました。

一杯目は無難に生樽からカールスバーグ(デンマーク)をチョイス、おっと、写真撮る前にちょっと飲んじゃったね。


オイルサーディンのオーブン焼きは、ビックリするほど七味がたっぷり!


この日のメンバーはかわしりご夫妻、おひささん、tomo。かわしりさんはお仕事でちょっと遅れちゃうってことで、まずは女3人でスタート。かわしり奥様とおひささんは初対面なんで、最初はちょっと会話がぎこちないんだけど、やがてだんだんビールの魔法が効いてきて長年のお友達みたいに打ち解けてくるのが不思議だね。

二杯目はこれも生からバスペールエール(イングランド)をチョイス。


おひささんの二杯目はこんなのでした。パンダ好きの友達のために写真撮らせてもらっちゃった。
中国のビールかと思いきや、オランダのビールなんだそうです。かわしり奥様はご夫妻のハネムーンの思い出の地、オーストラリアのボトルビールをチョイス。


三杯目も生、ヒューガルテンホワイト(ベルギー)。


遅れて登場したかわしりさんのオーダーは茹で落花生。まったりと美味です。


そしてビール飲んでるときにはやっぱり、こういうの食べないとね♪


四杯目はボトルで、レフ・ブロンド(ベルギー)。


このあとは生のギネス(アイルランド)をいただいて、めでたく生樽全種類制覇。

ところで、ビールのアルコール度はだいたい5%前後なんだけど、世界最強のビールって言われてるサミクラウスはアルコール度14%もあるらしい。最後はこれを4人で分けてチャレンジ、とろりと濃厚で甘みがありました。
サミクラウス(オーストリア)ボトル。



おひささんのブログ記事「上空からの写真」の正解はこちらです。



◆BILLY BAREW'S BEER BAR(ビリー・バルゥーズ・ビア・バー)
 新宿区新宿3-32-2トモルビルB1F 03-3358-0781
 新宿駅東南口からIDC大塚家具に向かって歩いてすぐ、階段下りると別世界が待ってます。
***
ビリー・バルゥーズ・ビア・バー 新宿  - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.41.12.0&lon=139.42.25.5&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


営業時間、定休日: 18:00~04:00[金,土],18:00~01:00[日],18:00~02:00[月,火,水,木], LO.00:00[日],LO.01:00[月,火,水,木],LO.03:00[金,土],<BR>年中無休
最寄り駅: 新宿

※2008年11月23日時点の情報です。
ID:0000698309




禁じられた遊び・・・

飲食店は普通持ち込み禁止だ。

だって、食べ物や飲み物を利ざやを乗せて提供して利益を得るのがビジネスモデルなわけだから、当然だよね。店によっては持ち込みを認めるかわりにボトル一本で千五百円、とか言うように持ち込み料をとる。氷やグラスを用意してくれたりするけど、まあ場所代ってことかな。

ところで昨夜の飲み会・・・

参加者の1人は、趣味でぼらの卵を購入して自家製のからすみを作ってる。そして別の1人はリタイアして本格的な家庭菜園をやってて、最近では食用菊が収穫されたそうです。それらを禁断の持込!
ちょっと遅れて駆けつけたら、からすみが残りわずかになっててあせる。


ん~、どっちもおいしい!
余分な添加物ゼロ、塩と焼酎だけで手間隙かけて作られたからすみの濃厚な美味しさ、さっと茹でてあっさりした酢の物になってるキクの花びらの歯ごたえ、最高!

そして別の1人は最近東京の秘境、八丈島のそばにある絶海の孤島「青ヶ島」に行ってきたばかりなんだけど、宴もたけなわになってきたころ、ゴソゴソとカバンの中から怪しげな新聞紙に包まれたボトルを取り出して、店員の目を盗んでグラスについでまわしてくれたよ。


青ヶ島の正式な住所はぜんぶ「無番地」なんだそうです。



お店のママさん、でも実は気がついてるけど常連だから(それに酔っぱらっててうるさそうだから)見逃してくれてた気配が濃厚。

自家製からすみ製作の過程はここの「からすみ日記」記事で見られます→キクさん
青ヶ島に行ってきたばっかりのきれいなお姉さんのブログはこちら→おひささん
この宴会のコーディネートをしてくれた夜鉄界の泰斗のブログはこちら→kazubon

目黒・キャスクルート 今年もボジョレーヌーボーで飲み倒す

今年も11月の第三木曜日がやってきた。
以前ほどの大騒ぎはなくなってきた気もするけど、今日はめでたいボジョレーヌーボーの解禁日だよ。


仲良しが集ってカンパイ!


もちろん、チェイサーのビールもお忘れなく。


今夜はボジョレーヌーボーの特別メニュー、お料理を盛り合わせにしてお徳なコースをお願いしました。
大皿から取り分ける、気取らない仲間同士の宴会に最適なメニューだよ。

ちなみに、前菜だけで5種類!
まずはいつもの定番、レバーパテや豚肉加工品のセット。自家製ピクルスもたっぷりで盛り合わせも美しい。



ポテトも入ったスパニッシュオムレツのクリームソースがけ、ボリューム満点でとろりとクリーミー。



スモークサーモンは、根菜をたっぷり盛り合わせて。



キノコとポーチドエッグのサラダ。ジロール茸やトランペットなどの輸入キノコだけじゃなくって、日本の舞茸などのキノコもトッピングされてます。



マグロのカルパッチョ、これも野菜がたっぷりでした。



ここまでが前菜なんだけど、すでにワインの空き瓶の山。話が弾んでて私達ってにぎやか過ぎかな。

メインの一品目は魚料理、皮目がコンガリ焼けててこれまた美味。



この後肉料理が三種類、もうおなかいっぱいで息絶え絶えって感じなんだけど・・・

なぜか「別腹」の威力でデザートもいただいちゃいました。
キャラメルのアイス、豆乳ブラマンジェ、オレンジの焼き菓子の盛り合わせ。



「最近太ったかも」って心配してたお兄さん、この後1時間かけて家まで歩くって言って夜の街に消えました。結構飲んでたと思うんだけど、無事に帰宅したかな♪

◆キャス・クルート 目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1 03-5487-3608

「○でやろう。」東京メトロマナーポスター、あなたならどうする?

過去2回記事にした東京メトロのマナーポスター。
独特のとぼけたイラストと、「○でやろう。」(○は漢字一文字、地下鉄車内でやってほしくない行動を本来やるべき場所を表す)っていうコピーが特徴。東京以外の人は見たこと無いと思うけど、東京メトロのHPで見られるよ。

このポスターのコピー、最初は「家でやろう。」のワンパターンだったんだけど、最近は8月「海でやろう。」(駆け込み乗車した人がドアに挟まれて、クロールで泳いでるポーズで静止してる)、9月「山でやろう。」(車内にリュックなどの大荷物を持ち込んでオニギリ食べてる。)、10月「庭でやろう。」(ご存知、傘を振り回してゴルフの素振り)、11月「店でやろう。」(車内で酔っぱらって騒いでいる)っていうふうに、いろんなパターンで展開してる。

いよいよ年末の12月、次のコピーは一体何だと思う?
過去の記事に寄せられたコメントとtomoの思いつきはこんな感じ。

ブログメイト如月静さん
 「街でやろう。」 場面は思いつかなかったそうです。街っていうと、街頭募金かストリートライブ?

飲み友達K氏
 「なんだこのやろう。」 特定の場所でその行動をやりましょうっていう「○でやろう。」を越えたコンセプト
 「手酌でやろう。」 一緒に飲みに行った人にお酌を強要しているイラストと一緒なら、ちょっと使えるかも?
 「馬鹿やろう。」 ノーコメント

ブログメイト徳治さん
 「家でやろう。」 車内でクリスマスパーティーやってる人
 「寺でやろう。」 初詣ってことだったけど、良く考えたら初詣は神社かな、お寺なら法事?いずれにしても地下鉄車内でやってる人はあんまりいなそうかも(笑)

tomoの思いつき
 これから年末年始、「家でやろう。」のパターンはまだありそうだよね。たとえば、ロングシートで熟睡しちゃってる酔っ払いとか、とかね
 「リングでやろう。」 漢字一文字のルールには違反だけど、駅員への暴力や車内での喧嘩 


あなたもぜひ、楽しい「○でやろう。」を考えてみてね♪


☆★☆日本ビール党の部屋へ、ようこそ!☆★☆


この部屋のドアは全人類にオープンしてます!

<おねがい>
日本ビール党の部屋へようこそ!この部屋の管理人、tomoです♡♥
通りがかりに立ち寄ってくれた人、ファン登録してくれたアナタ、ゲストブックに自己紹介をぷり~ず!
好きな呑み方、肴、お店の紹介などなど、そしてお酒の上での"笑える"失敗談は特に歓迎♪

日比谷・素材屋 若手のみなさんとちょい飲み

今週は入社1、2年目の若手のみなさんと一緒にお仕事する機会が多かった。
で、夜もふけて、オフィスの空調もとまってなんだかどんよりしてくる。
こういう時こそ、先輩社員の出番だよね。

「なんか喉渇いちゃったから、ちょっと寄ってかない?」

って、残ってるみんなに声をかけて、お仕事を切り上げる。
なんかこのセリフってオヤジっぽかったかと思いつつ、組閣に成功して素材屋さんに出撃!


この素材屋さん、あちこちで見かけるチェーン居酒屋だけど、経営はしゃぶしゃぶ「木曽路」をやってる会社でルーツは名古屋。だからメニューを良く見ると、手羽先、味噌串カツ、天むす、どて煮、ひつまぶしなんかの名古屋食も充実してます。でも残念ながらtomoの愛する味噌煮込みうどんは無いみたい。

季節メニューで鮭関係が色々あったから、鮭のクリームピザってのを頼んでみる。
クラフトがクリスピーでなかなか美味しかったよ。



フライドポテトフェチのお姉さんが一緒でした。



みんなで楽しく飲んで食べて最後のシメは名古屋名物「ひつまぶし」でキマリ!



※ひつまぶし

一種のうな重なんだけど、小さいおひつに入れたご飯に鰻の蒲焼きを刻んだのが乗ってて、お茶碗や小鉢に盛り付けて食べる。一杯目はそのままうなぎご飯として、二杯目はワサビ・ミツバ・きざみ海苔などの薬味と一緒に、三杯目は薬味の上からさらにお出汁をかけてうなぎ茶漬けで楽しむのが、正統派の楽しみ方。名古屋にある「あつた蓬莱軒」っていうお店が元祖です。素材屋さんではひつまぶしの写真をとらなかったんで、写真は「あつた蓬莱軒」さんのHPから転載しました。素材屋さんのはなんせ居酒屋料理だから、もうちょっと簡略版になります。


「ひつまぶし」ってメニューの文字を「ひまつぶし」なんて読み間違えているようでは、名古屋の食の初心者だってバレバレだよ。

◆素材屋・日比谷シティ店 千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビルB2 03-3509-9111
◆あつた蓬莱軒 名古屋市熱田市神戸町503 052-671-8686
次のページ