FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

恒例 温泉ビール三昧旅日記 2日目

そして一夜あけて・・・
 (一日目の記事はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/54108294.html

まずは重たいアタマをかかえてヨレヨレと朝風呂に向かう。
前日は曇りだったけど二日目はすごく良いお天気になって、露天風呂に差し込む朝日がまぶしいよ。
この露天風呂からは新幹線・在来線の線路が見えてて、最強飲み友のMちゃんとぼんやり朝風呂に入ってる間に、新幹線が走ってるのが見えました。



温泉旅行の朝ごはんには、モーニングビールをわすれないでね。



今回は2日目に用事があって早帰りしなければいけない人が多くて、最後まで残るのは4人。駅前の蕎麦屋でだらだらと飲もうかと相談してると、突然「観光バスの半日コースがある!」って動議が出される。

二日酔いで思考能力が弱ってる一同、深く考えることなく他力本願的にバスツアーに参加決定!

バスツアー「こころ号」は、日によっていろんなコースがあるみたいだけど土曜日の午前中はEコース、
大源太キャニオン ⇒ 奥清津発電所OKKY ⇒ 旧脇本陣「池田家」(名物山団子・自家製漬物・お茶付)

どうせなら午後の蔵元めぐりコースの方が良いとか言いつつ、結構立派な大型観光バスに乗り込む。
最初の「大源太キャニオン」ってのは、大源太山、大源太湖、渓谷なんかのある風光明媚なところ。キャンプ場やレストランもあるみたいだけど、半日観光バスだと手前のあたりをちょろっと散策しておしまい。新緑が綺麗だったけど、グランドキャニオンとはちょっとスケールが違うかな。
ちなみに観光案内看板には、大源太山は「東洋のマッターホルン」と呼ばれてると書かれてたよ。

滝つぼには幻想的な虹がかかってました。



次の奥清津発電所OKKYは揚水式の水力発電所、説明を聞くとここで発電した電気は東京で使われてて、しかもこの発電所のコントロールは遠隔操作で川越からやっているらしい。あれ、これってブログメイトのkazubonのとこで前に読んだ事ある説明みたい、もしかしておんなじとこに来たのかな。

コンクリートじゃなくって、岩石を積み上げたロックフィルダムなのが特徴だそうです。



この後バスはさらにどんどん進んで二股宿旧脇本陣だった「池田屋」さんへ。ここでお団子とお漬物をいただき、ご主人からこの宿の来歴とかのお話を聞く。私達は「ビールが欲しい」「いや、日本酒が・・・」って小さな声でささやきつつ、さすがにそういう注文はできそうもない雰囲気だったので、やむなくお茶で我慢。でも疲れた体に黒蜜のお団子が結構おいしい。かわいらしい漆器のお膳は実際にこの池田屋さんで三の膳として使われていたものだそうです。



越後湯沢駅前でバスツアーは解散、待望のお蕎麦屋さんへ。
まずは生ビールでカンパイ!


すかさず、日本酒党の元上司が燗酒のカンパイも写真を撮れと強要する。



じゃぁ~ん、これが新潟名物の「へぎそば」。「へぎ」ってのはこのお蕎麦を入れてる箱の名前らしいです。これで四人前、食べても食べてもそば、美味しい、でもいっぱいあるよ。



楽しかった旅も終わり、帰りの新幹線で仕上げのビールはキリンクラシックラガー。



そして元上司はカップ酒、これがホントのワンカップ!



怒涛のような一泊二日、楽しい一時だったよ。
また次回もみんなで行けるといいな。

◆こころ号(日帰観光バス) http://www.yuzawaonsen.gr.jp/kokoro-haru.html
◆大源太キャニオン http://daigenta.net/index.html
◆奥清津発電所OKKY http://www.jpower.co.jp/okky/index.html
◆旧脇本陣池田屋 http://www.dpl-jp.com/mitsumata/09.html 
スポンサーサイト



恒例 温泉ビール三昧旅日記

年に2回、ナカマを集って一泊二日の温泉旅行を続けてる。

金曜のお仕事が終わってから駆けつけるナカマもいるから、自然と行く先は限られてきて、ここ数年は箱根湯元、上毛高原近辺、越後湯沢なんかに行く事が多い。今回の目的地は越後湯沢。

新幹線が動き出すと同時に、恒例の「プシュゥ~、カンパ~イ!」の儀式。尚、当温泉旅行では電車が動き出す前に飲食する事は固く禁じられてます。



東京駅地下で買いこんできたオツマミ類を食べたり、駅売店で大量購入してきたビールを先を争って飲んだり、足りなくなったビールを買い足しに走ったりしているうちに、無事越後湯沢駅に到着。

越後湯沢駅では①駅の中にある「ぽんしゅ館」で日本酒の試飲などをしてから宿に向かう、②ロープウェイで高山植物が咲き乱れる「アルプの里」を散策してから宿に向かう、っていう2案が提案されたけど、わがままな酔っ払い達の意見はまとまらず、結局駅で日本酒の試飲をしてからロープウェイに乗るっていう折衷案になりました。

でも、駅での日本酒試飲で時間を食ったこともあって高原の散策は時間が足らなくて、結局高山植物が咲き乱れるロックガーデンまでは行き着かず、手前にある沼を一周しただけでタイムオーバー。最終のロープウェイ(これも終電?)で山を下って宿へ。





宿に到着すると、そろそろあらかじめ予約していたカラオケの時間なんだけど、ここでも①カラオケをやる、②先に温泉に入りたい、③マッサージをやりたい、って感じで酔っ払いのワガママはとどまるところを知らない。結局カラオケの開始時刻を30分遅らせて温泉にちょこっと入ってからカラオケ、マッサージをやりたい人は勝手にやるっていう折衷案で切り抜ける。





これ、今回急な人事異動のために無念の欠席になったおじさまの持ち歌なんだけど、いつもは遠慮していたらしい若手イケメン二人が「今日は僕達で歌えるね」って感じでうれしそうに歌ってたみたい♪



そして夕食になだれ込む。私達を担当してくれる宿のお姉さんはアキナちゃん、なんと20歳だそうです。ういういしくてかわいいから、ナカマのおじさま達がなごんでるのがわかるね。


全体的には和の料理なんだけど、後半唐突にスペアリブがでてきてビックリ、でもこれがおいしかったんだな~




日本酒党の元上司、しきりにビールの写真を撮るtomoを牽制して日本酒の写真を撮るように強要する。日本酒の上には、お刺身の飾りについてた菊の花びらを浮かべてて、ちょっぴり風流。



ちなみに、御献立によると食べたのは、
 食前酒 すぐり酒
 先付  うざく、枝豆豆腐、長芋生雲丹乗せ
 造り  美雪鱒 鱸
 煮物  冬瓜蟹餡かけ
 お凌ぎ 青紫蘇蕎麦
 焼物  越後骨付もち豚付け焼き
 留肴  あおり烏賊とアスパラの白酢和え
 油物  蟹しんじょう大東寺揚げ
 留椀  澄まし汁
 ご飯  魚沼産こしひかり
 香の物 季節の野菜
 水菓子 小玉西瓜、わらび餅、塩アイス

どのお料理も美味しくって水準高かったけど、何と言っても最高なのはコレ、
魚沼産こしひかり!日本人に生まれて良かったね。



夕食宴会の後は一部屋にあつまってさらに2次会、ここでこの温泉旅行につき物の余興だよ。
オリジナル脚本による劇をやるんだけど、この劇、参加者全員が出演して観客はゼロっていういつもながらの不思議な余興。ちなみに今回の出し物は「宇宙戦艦ヤマト ~越後湯沢より愛を込めて~」でした。

この記事、後半に続く・・・かもしれない。

(追記)
続きはこちら → http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/54113874.html

日比谷・ヒビヤピッグ やっぱり飲んじゃった

今日は恒例、元上司を囲むナカマでの温泉旅行だよ。
このブログ常連の方にはおなじみ、行きの電車で飲み、温泉で飲み、翌日も朝から飲み、帰りの電車でもまた飲み、夢うつつのうちに一泊二日が過ぎてく。もちろん、余興もアリ。

水曜日には抜かりなく参加者に最終案内メールを送ったんだけど、「前夜は深酒をつつしみ、くれぐれも体調を整えてご参加ください」って注意書きを付け加えときました。

で、温泉前夜のtomo・・・
17時からのエライ人との会議、いつも荒れるんだけどなぜかこういう日に限ってエライ人の機嫌が良くて穏便に終わる。で、早めにお仕事の区切りがついちゃう。なんだかこのまま帰っちゃうのは惜しい・・・・・・




日比谷シティの地下に潜伏して、おいしい銘柄豚料理がいっぱいのヒビヤピッグで飲んじゃいました♪
豚肉って言うと太りそうって思うかもしれないけど、疲労回復効果のビタミンBとか美肌に良いコラーゲンとかなかなかすぐれものらしいよ、それに何と言ってもおいしいもんね。
前菜にはいつも冷たい野菜のスープがつきます、今回はジャガイモの冷たいスープ、ヴィシソワーズでした。

このお店の生ビールは、サッポロかヱビス、ちょっぴり奮発して今夜はヱビスにしてみた。
まるで砂漠にしみこむみたいにビールが蒸発していっちゃうね。
後ろに写ってるお料理はおススメ料理の一つ、その名も「三匹の子豚」、三種類の豚肉料理の盛り合わせ。



アップにしてみると、まずは豚肉ソーセージ、あらびきなんだけどねっとりしっとりした食感にビックリ、ビールおかわりだね。



豚レバーのペーストは定番、肝臓に良さそうだと自己暗示をかけて、さらにビールを。



豚肉入りのオムレツは野菜もたっぷり、食欲をそそるトマトソースもたっぷり。



そして結局ピクルスをツマミにどんどん飲んじゃうんだよね。


ライトな二日酔いのままに、これから温泉に行って来ま~す!

◆ヒビヤピッグ 千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビルB2 03-3580-0132
 http://www.hibiyacity.com/hibiya_new/shops/hibiyapig/index.html
 前に行った時の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/53575069.html

新橋・エフ すっかりはまってます

最近行き始めた新橋の隠れ家、Wine&Bar F(ワインアンドバー エフ)、すっかり気に入って通ってる。

アラカルトを頼んでじっくり腰を落ち着けて飲んだり、パエリアコースでしっかり食べながら飲んだり、まあいずれにしても飲むんだけどね。

ビール党としてはもちろん生ビールでカンパイ→スペイン料理でビールを楽しむってのが定番だけど、肴のラインナップにあわせてチェイサー(?)でワインもいただきます。



ところで、ビール党tomoはワインの味はよくわかんないけど、これは結構おいしくて気に入ったから写真とってみた。手前はこれもお気に入りのイベリコ豚の生ハム。オーダーしてからカットしてくれるこの生ハム、「噛めば噛むほど味が出る」って感じで、スッキリした生ビールのおいしさをひきたててくれます。もちろんワインの渋みとも好相性。



今回のパエリアは3人分、ビールとワインはいったい何人分飲んだんだか・・・



ところで、エフに行く途中でふと地下鉄のポスターを見ると、地下鉄の南北線・三田線と相互乗り入れしてる目黒線の終着駅が、今までの武蔵小杉から日吉まで延びるとのこと。先日の副都心線開通と東武・西武との乗り入れ開始と言い、首都圏の交通網は日々発展してるんだね。

でもこれ、飲んだ後の帰宅時の夜鉄(乗り越し)がさらに複雑になっちゃいそう、酔っ払いにはつらいことだよ。

◆wine & dine F(ワインアンドダイン エフ) 港区新橋3-9-4 大橋ビル1F 03-3438-1237
 ぐるなび http://r.gnavi.co.jp/a626100/

最近行った時の記事
 アラカルトで飲み → http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/53904394.html
 パエリアコース(初訪問) → http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/53803191.html

白金台・ANTICA VINERIA GIULIANO アンティーカヴィネリアジュリアーノ ヒゲのおじさまとカンパイ

目黒のちょっと恵比寿寄りにあるtomoのダイスキなイタリアン、ランテルナ・マジカ
最近白金台に飲みにフォーカスした姉妹店を開店したんで、早速行ってきたよ。

お店の名前はちょっと長くて覚えにくいんだけど・・・
ANTICA VINERIA GIULIANO (アンティーカ・ヴェネリア・ジュリアーノ)
ANTICAは古い、VINERIAは酒蔵・ワイン屋って意味だそうです。どちらかって言うと食事中心のランテルナマジカに対して、こちらのジュリアーノはイタリアの街角にあるワイン酒場がコンセプト。
メニューも居酒屋っぽくおつまみに良さそうな料理が冷・温並んでたよ。カウンターで生ハムかなんかをつまみにグラスワインを立ち飲みするも良し、テーブルで落ち着いてガッツリ食べながら飲むも良し。
食いしん坊の私達はもちろん抜かりなくテーブルを予約して、色々食べてきちゃいました。

ここがおとぎの国への入口、この階段を下っていくと・・・



まずはイタリアビール、モレッティーの生でカンパイ!生ハム盛り合わせなどつまみつつ店長さんにメニューの説明をしていただきます。



真鱈とポレンタの暖かい一皿。黄色いのはトウモロコシの粉でつくったポレンタ、白いのは鱈の身をほぐして塩味のそぼろみたいにしたの。ワインやビールの合い間に鱈とポレンタを一緒に食べたり、鱈をパンに乗っけて食べたり、気分はもうすっかりイタリア。



イワシをレモンを効かせたオリーブオイルにつけたもの、レモンの香りが爽やかで美味しい。



何杯目かの生ビール、グラスにはモレッティービールのシンボル、ヒゲのおじさまが描かれてるよ。



さらにビールを加速する、シーフードのフリット盛り合わせ。レモンをたっぷり絞ってね。



これはいわゆる「イタリア風モツ煮込み」、手前はほうれん草とあわせたトリッパ、奥がトマトソースのギアラ。どっちも下ごしらえが丁寧でおいしい。



スモークチーズのソテー、コンガリ焼かれたチーズのもっちりとした食感が初体験のおいしさだったよ。



オシンコでさらに飲むって感覚で、ピクルスをつまみつつさらに飲んじゃう。



そしてシメはランテルナマジカでもおなじみ、「レモンチェロ、ボトルでね!」



・・・そして翌朝、
今後はレモンチェロは一人一杯までにしようと固く誓いましたっていうメールがだれかから入ってたよ。
tomoなんて、もう10回以上はそう誓ってるんだけどね。

◆ANTICA VINERIA GIULIANO (アンティーカ・ヴィネリア・ジュリアーノ) 港区白金台5-17-10 B1F
 03-5449-6777

両国・ちゃんこ江戸沢 どすこい!

じめじめ蒸し蒸しな梅雨の日々、つめたくてスッキリしたものが美味しく感じられるよね。
もちろん、その筆頭はビール!

そしてこんな爽やかなお刺身とか・・・



でも、そんなジメジメを吹き飛ばしてどすこい!って豪快に、季節はずれなちゃんこ鍋を楽しんできたよ。グツグツ煮え立つちゃんこ鍋、でもお部屋は冷房が効いてて意外と快適。



飲み放題のビールはアサヒスーパードライの瓶ビール、キンキンに冷えてて、鍋でほてったカラダを適度にクールダウンしてくれます。



大関ちゃんこコース、飲み放題付¥3,980で全10品、たっぷりと堪能しちゃいました。
 若筍煮、釜揚桜海老と大根の彩りサラダ、お造り2種盛り合わせ
 鶏豚ちゃんこ
 鰆西京焼、大海老フライ(巨大!)、根菜の酢豚(ダメ押し)
 香の物
 〆のおうどん
 デザート

どすこい!
みんな心なしかウェイトを増した感じで夜の街に出る。お相撲さんは体重を増やすために食事の後にお昼寝するって聞いたことあるけど、ウェイトコントロールを重視する私達は食べたカロリーを消費するためにカラオケへ♪

*手タレ特別出演は、最強飲み友のMちゃんです。



If my wishes can be true・・・もしも願いがかなうなら、
いくら飲んでも二日酔いにならないお酒といくら食べても太らないちゃんこ鍋が欲しいもんだよね♪



◆ちゃんこ江戸沢 両国東口駅前店 墨田区両国3-26-4 03-5600-3211
 両国駅東口からすぐ、駅のホームからも看板が見えてるよ。
***
相撲茶屋 ちゃんこ 江戸沢 両国店  - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.41.32.445&lon=139.47.47.782&width=300&height=300&sc=3&size=p&prop=gourmet


営業時間、定休日: 11:30~15:00、17:00~0:00(L.O.23:30)、日祝11:30~0:00(L.O.23:30)<BR>無休
最寄り駅: 両国

※2008年6月21日時点の情報です。
ID:0000784968




大門・焼屋みち みんなでわいわい、焼いて食べる幸せ

1月の新年会で行って以来ご無沙汰してる焼屋みちで、また集ってきたよ。いつもいっぱい食べるから、おなかをすかせるためにちょっとお散歩して店に向かえば、夜空にそびえる東京タワーがきれい。


一階はお好み焼き・もんじゃ焼き・鉄板焼のお店なんだけど、その建物の二階が知る人ぞ知るサロンと個室になってる。店とは別の入口から入って階段をのぼると、そこは2LDKの普通の住まいって感じ、リビング部分はステレオセットと椅子が置かれたサロン、個室は和室と洋室がそれぞれ1つづつ。私達がいつも使うのは和室の真ん中に巨大鉄板が設置されたお部屋、まずは生ビールでカンパイ!


早速鉄板いっぱいに焼き物を展開する、いつもながら壮観だね。


ママさんは「今は貴重品なの~」といいながら、ホタテやアスパラ用にバターを持って来てくれたよ。
おっと、エビは赤くなったら食べ頃。


お豆腐は特別注文なんだけど、コンガリ焼けたとこが美味しいんだよね。


お肉はちょっと良いのをお願いしてます、焼きすぎないでレアめなところをわしわしと食べちゃう。



おなかいっぱいだけど、さらにイキオイでシメに突入する、まずはお好み焼き。


さらに焼きそばも。



いつものようにみんな超満腹で、手に手にグラスを持ってリビングに席をうつす。
ナカマの1人がステレオセットのところに置かれたレコード(CDじゃないよ)コレクションの中から好みのものをセレクトして針を落とす。いつもは邪魔にならないBGM系の映画音楽なんか聞きながらまったり飲みなおすんだけど、なぜだかこの日はナツメロアイドル系のレコードでした。

◆焼屋みち 港区芝大門1-11-6 03-3431-3578
 お店のHP→ http://www.yakiyamichi.jp/index.htm
 前に行った時の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/51619445.html
***
焼屋みち  - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.39.17.88&lon=139.45.22.62&width=300&height=300&sc=3&prop=gourmet


営業時間、定休日: 17:00~23:00ラストオーダー21:30<BR>11:30~14:00ラストオーダー13:30<BR>なし。
最寄り駅: 浜松町

※2008年6月15日時点の情報です。
ID:0000654732




新橋・エフ 再訪、今回のパターンは?

先週パエリアを食べながら楽しく飲んだ、新橋の隠れ家「エフ」、ぐるなびに載ってる紹介には、こんなことが書いてあったよ(枠内は「ぐるなび」より引用)。
 新橋の路地裏、通な大人が集まるワインダイニング
 気取りはないが充実した料理は一級品で、しっかりと食事を
 するもよし、腰を据えて飲むもよし
前回は「しっかりと食事をする」ってパターンだったけど、ぜひ「腰を据えて飲む」ってのもやってみたくなって、飲みナカマ達と再訪しちゃいました。

今回のお目当てはこれ、「ハモン・イベリコ・ベジョータ・ハブーコ」、注文してからスライスして出してくれるイベリコ豚の生ハム。適度に熟成したうまみと塩味を冷たいビールで流し込むと、もうたまんないね。



鶏肝のムース、完熟トマトのヴィシソワーズがけ、パルミジャーノレジャーのオムレツ・・・
いつのまにかビールグラスの隣にはワイングラスが並ぶ。







このお店、恐ろしい事に午前2時まで営業してます。
みなさん、お気をつけてね♪

◆wine & dine F(ワインアンドダイン エフ) 港区新橋3-9-4 大橋ビル1F 03-3438-1237
 前回行った時の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/53803191.html
 ぐるなび→ http://r.gnavi.co.jp/a626100/

キリン・ザ・プレミアム無濾過リッチテイスト たまには家飲み

キリンビールは数年前から「チルドビール」ってことで、酵母が生きてるタイプの小瓶のビールを色々と出してるんだけど、それの新製品です。ラベルが黒いけど黒ビールじゃないよ。

このチルドビールシリーズはどれも割と好きなんだけど、これもホップがきいててしっかりしたうまみ、ビールの美味しさが詰まった感じだね。



ビールのお供にはカツオのたたきに茗荷やネギやなんかの野菜をのっけたのと、マヨベースなマカロニサラダで。マカロニサラダに粉チーズとひきたての黒胡椒をたっぷりめにトッピングすると、とたんにビールがおいしくなるみたい。

目黒・TUKTUK 友あり、遠方より来る・・・やっとかめなも!

先週、前に同じ担当で仕事をしていて今は某地方中核都市(トンカツに味噌ソースをかけたり、固ゆでのうどんを味噌スープで煮込んだりするところ)で活躍中の友達が、一週間の予定で東京に研修に来た。
急遽当時のナカマに召集をかけて、某地方都市事情やお互いの近況を語りつつ飲んできたよ。

場所は目黒のタイイタリアンレストランTUKTUK。タイ料理とイタリアンが食べられるっていう、不思議な組み合わせのお店。

まずは再開を祝して、カンパイ!



某地方都市の方言を駆使するバイリンガルになった(おみゃー、バイリンガルだでかんがや)と豪語する友だけど、ちょっと怪しいかも。

タイ料理とイタリア料理は別々のシェフが作るらしいです、どっちも美味。
マグロとアボカドの生春巻き、これはタイランドだな。


これもタイランド料理、ん~と、揚げ魚にタイ風の炒め物をかけたもの・・・かなあ(←よく覚えてない)


イタリアンはウニのクリームスパゲティ、写真は取り分けたとこだけど、ウニの量の多さが少しは伝わるかな。


ほかにも色々食べたけど、話がはずんじゃって写真をとったのはこれだけでした。

週が開けて今日、某地方都市の職場に戻った彼からお礼のメールがきてました。
今度は私達が遊びに行きたいね。

◆TUKTUK(トゥクトゥク) 品川区上大崎2-13-22 シーアイマンション白金1F 03-3444-5150
 夜は店頭を飾る豆電球が鮮やかだよ。
***
イタリアンタイレストラン トゥク トゥク  - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.37.54.105&lon=139.43.20.105&width=300&height=300&sc=3&prop=gourmet


営業時間、定休日: 11:30~14:30、17:30~0:00(L.O.22:30)<BR>日休(貸切パーティは応相談/連休の場合営業、要確認)
最寄り駅: 目黒

※2008年6月9日時点の情報です。
ID:0000810343




次のページ