FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

日比谷・オクトーバーフェスト2008 アウトドアでビールって最高

ドイツで10月に開かれるビールのお祭り「オクトーバーフェスト」を再現して日本でやってるオクトーバーフェスト、5会場のうちの一つ日比谷公園で6月1日まで開催してます。5~6月なのになぜか「オクトーバー」フェストなんだけど、まあそんなことは気にしない。

某日、お仕事をちょろっと抜け出して明るいうちからアウトドアビールやってきたよ。



公園の噴水広場にテーブルと椅子が並んでて、その周りにビールや食べ物の売店が取り巻いてる。思い思いに好みのビールやおつまみを買ってきて、このテーブルで楽しく飲みます。

どうだ、まいったか!って感じだよね。



さらにどうだ、まいったか!!



はいはい、まいりました!



ふと気がつくと、いつのまにかあたりは暗くなってますます人が増えてきてる。
席が見つからない人は思い思いに公園のベンチで飲んだり、通路でグループで立ったまんまで飲んでる人たちもいっぱいいるけど、それもまた楽しそう。
界隈の会社につとめてるらしい、アウトドアを好む欧米系の外国人の姿も多いよ。




アウトドアビールを堪能した後は素直に解散するかと思いきや、地下に潜伏してさらに飲みなおし。



チーズの向こう側には、どことなく見覚えのあるゴーヤチャンプルーが見えるね。



そう、このお店は最近行きつけになりつつある、スプモーニにハートを入れてくれるアノお店なのでした。


※この日もスプモーニの飾りはハートじゃなかったけど、特別にリクエストしてハートにしてもらいました。でも酔っぱらってるから写真はすごい手ブレ♪

◆オクトーバーフェスト2008 http://www.nihon-oktoberfest.com/fest_place/hibiya/index.html
スポンサーサイト



ホームパーティーで盛り上がる

高校時代のお友達をお招きして、ホームパーティーをやってみたよ。

tomoは場所とビールを担当、参加者がそれぞれお料理やワインやデザートを持ち寄ってくれました。
スタート時点ではこんな感じ。



料理が得意なお友達が持ってきてくれた海鮮サラダが、この夜一番のヒット。
海鮮たっぷり、野菜は近郊農家の産直モノらしくて、ニンジンやトマトなんかの野菜もなんだか甘みを感じるようなしみじみした美味しさ。洗面器を上回る巨大な器いっぱいのサラダが見る見る消えていっちゃった。



メンバーは女子ばっかり5人だったんだけど、なぜかオヤジ化している子がいて、カップ酒やサンマの蒲焼缶を持ち寄ってくれました。サンマ缶の隣にあるのは別の子が持ってきた、フランス製のフォアグラや猪肉なんかが入ったパテの缶詰。このコントラスト、絶妙・・・かな?



高校時代のお友達の噂、みんなの近況、次に集まって飲む計画等々、いつまで話しても話はつきない。
お店で飲んでるのと違ってまわりの席の人に気を使う必要も無いから、だんだんみんな気分は女子高生になっちゃって、テンションあがってにぎやかだよ。
(幸い、近隣家庭からの苦情はありませんでした)

ふと気がつくと、和室にマグロのように転がってる人が1人いたようないないような・・・

夢のように楽しいひとときだったよ。
みんな、また来てね!

日比谷・ヒビヤピッグ 危険なフライデーナイト

すべてはこの一杯のために・・・
一週間、良くがんばりました。



相変わらず落ち着かない日々が続いてるけど、どうやら一週間サバイブして金曜日にこぎつけたって感じ。
昼くらいから「今夜は出撃!」のムードが盛り上がってくる。
メンバーは先週とだいたいおんなじなんだけど、近頃なかなか誘いに乗らない仕事人某氏がめずらしく
「じゃあ、一杯だけね」
っていうことで一緒に来てくれました。
と言っても、元々底なしと称えられている某氏が一杯だけで済まなかったことは言うまでもないけどね。

いつも甘いカクテルを好む人は、今夜もスプモーニをオーダー。
そう言えば先週来た時はスプモーニにグレープフルーツの皮でつくったハートが入ってたけど、今夜はハートじゃなくってスパイラルだったよ。


先週来たときの記事 → http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/53476802.html
先週のスプモーニの写真はこちら。



豚肉料理専門店だから、またまた豚づくしの夜になる。
アーバンにおしゃれな酢豚。



真ん中にソーセージが入ったコロッケ。



結局一杯だけのはずが果てしなくラストオーダーまで飲み続けて良い気分になってしまう。みんな一週間のハードワークと睡眠不足で疲れてるから、酔いのまわりも早いんだよね。
そして、ラストオーダーって言われるとついつい条件反射で「ビール、人数分!」って頼んでしまうtomo。
別に飲み放題って訳じゃないのに・・・

この後なぜか「健康のため」に東京駅まで歩いてみたりする。
最後の一杯のビールが深夜のウォーキングで全身をかけめぐる。

次に気がついたときには、朝、自宅で服を着たまま寝てました。
どうやって帰ってきたんだろうね。


◆ヒビヤピッグ 千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビルB2 03-3580-0132
 http://www.hibiyacity.com/hibiya_new/shops/hibiyapig/index.html

サザンから重大発表。


今朝七時前の新橋駅前で号外が配られてたよ。でもなんかちょっと普通の号外とは様子が違うみたい、配ってるのは揃いの黒いスーツの若い男性がばっかり、口々にテンション高い大声で、「おはようございます、サザンオールスターズから重大発表です!」って叫んでる。テレビの取材も入ってました。
(写真は紙面)

来年以降活動休止を含む6つの選択肢には嘘が3つあり、気になる人は、答えは
http://sas-fan.net
に出てるそうです。

カラオケではサザンのtomoには、ちょっと気になるね。

日比谷・ヒビヤピッグ 豚づくしの夜

ヒビヤシティの地下に4月に新しいお店がオープンしたよ、その名も「ヒビヤピッグ」。
最近ちょっと疲れが目立つ仕事仲間と一緒に、このへんでガツンとパワーをつけようって出撃!

まずはカンパ~イ!生ビールはサッポロです。



ん、1人だけ色の違う飲み物を飲んでる人がいるね。
そう、この人はこの前一緒に飲みに行ったときに「スウィートエモーション」を飲んでた人です。
今夜はスプモーニ(カンパリ、グレープフルーツジュース、トニックウォーターのカクテル)をオーダーのご様子。でもこのスプモーニ、かなり心がこもってるみたいだよ。

だって、ハート入り。



店名から想像がつく通り、お料理は豚肉中心。国内外の銘柄豚を使っているそうです。
なので、栄養バランスを考えてか、つきだしには冷たい野菜スープ「ガスパッチョ」がでてきました。

生ハムは二種類の盛り合わせ、それぞれの原料の豚肉の説明聞いたけど・・・忘れた。



豚レバーのパテ、おいしい。



豚肉の中華風サラダ、細切り乾燥豆腐と極太春雨と野菜がドレッシングで和えてあります。
左奥にあるのはこの日唯一豚肉と関係無いお料理、クリームチーズの酒盗あえ、これはtomoの好みだよ。右奥にはすでに残骸に近づきつつある生ハムが見えるね。



常に沈着冷静で別名「デスラー」とも呼ばれてる飲み友達が最近必ず注文するのはゴーヤチャンプルー、何となく健康に良さそうなところが気に入ってるらしい。



豚角切りの胡椒炒めは、レモンをかけ回してサッパリとね。



すでにかなり食べすぎな気もしたけど、さらにとどめに串焼き盛り合わせを食べてしまう。



料理法に変化がついてるってこともあるけど、豚肉ってほんとに飽きない美味しさだよね。
みんな元気ハツラツお肌ツヤツヤ、そして心なしか丸みを増してお店を後にしました。

◆ヒビヤピッグ 千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビルB2 03-3580-0132
 http://www.hibiyacity.com/hibiya_new/shops/hibiyapig/index.html

目黒・丸冨水産 豪快に焼いた後はミステリー探訪へ

久しぶりに、目黒の丸冨水産へ。
 この前行った時の記事 → http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/50590633.html

ベニヤ板むき出しの簡易建築の魚屋さんみたいなお店で、注文した魚介類を各テーブルのガスコンロで焼いて食べる。この日も満員に近い盛況だけど、二階のテラス席(?)があいててなんとか座れました。ちなみにテラス席って言ってもビニールシートで覆われてるので快適だよ。

赤カブ漬けをつまんでまずはカンパイ!
そしておもむろにホタテ貝を焼きはじめる。


そう言えば、東北方面の美味しいものに詳しいさすらいのギャンブラー氏によると、この焼きホタテにちろっと日本酒をたらして焼くとすごく美味しくなるらしい。
でも、この日の参加者が呑んでるのはビールかシークァーサーサワー、今回も残念ながら日本酒はありませんでした。次回は日本酒党の友達を誘って行かなくっちゃ。

じゃじゃぁ~ん!相変わらず豪快な「目黒の丸冨盛」!!


一体どこからどうやって食べろって言うの?なんてうれしい文句を言いつつ、おいしく完食。

ところでこの夜呑んでたメンツは、後ろ暗い過去を持つメンバーだったんだ。
この前おんなじメンツで目黒の「くうや」ってお店でいっぱい飲んで、酔っぱらってもう1軒寄って帰ったんだけど、その2軒目のお店の料金がいくらだったのか、だれが払ったのか、(そもそもちゃんと払ったのか・・・)だれも記憶が無い。


それで、酔ったイキオイで深夜のミステリー探訪をすることに決定。
この前行った2軒目のお店を再訪してマスターに詰め寄る。
「この前いくらだった?だれが払ってた??」
どうやらちゃんと料金は払ってたらしい。たてかえてくれてた人も金額もわかって一件落着、スッキリした気分で改めて飲みなおしだよ。

で、

この日の料金はいくらだったのか、だれが払ったのか、そもそもちゃんと払ったのか・・・
(※はじめに戻る)


◆丸冨水産 品川区上大崎2-14-11 03-5795-2660
 http://marutomi.foodex.ne.jp/

サッポロビール園からのお便り - サッポロ生搾り

玄関にチャイム、インターホンで確認すると宅急便だ。

ウチにくる宅急便は、大抵通販(アマゾンで本)なんだけど、最近本を注文した覚えは無い。
なんだろうな~と思ったら、なんとビール(発泡酒)24本入りのダンボール箱だよ。

ビールを発注した記憶は無いんだけど、これってビールの神様からの贈りもの?

こんなお手紙が同封されてました。



                                    平成20年5月吉日
ご当選者様
                                     サッポロビール園

拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
過日は、サッポロビール園をご利用いただき、また、「頑張れ北海道日本ハムファイターズ」応援キャンペーンにご応募を賜り、誠にありがとうございました。
キャンペーンは去る5月6日に終了し、厳正なる抽選の結果、あなた様が下記賞品に当選されましたので、この段ご通知申し上げますと共に、あわせて賞品を同送させていただきます。
誠におめでとうございます。
サッポロビール園では、これからも皆様と共に、北海道日本ハムファイターズを応援して参ります。
ご応募いただきましたことに、改めて厚く御礼申し上げますと共に、今後共サッポロビール園をよろしくお引き立て賜りますよう、お願い申し上げます。
                                           敬具
(賞品名)
 サッポロ生搾り 350ml缶<24本入> 1ケース


3月の末に札幌に旅行に行ったときに、サッポロビール園でいっぱいビールを飲んだ。
*その時の記事 → http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/52632107.html
そう言えばそのときになんかの応募箱に応募用紙を投入したようなぼんやりとした記憶がある。
でも、なんせ酔っ払ってたから、あんまりよく覚えてないんだよね。

とにかく、うれしい!
サッポロビール園さん、ありがとうございました。



しかし・・・・・・・

こうして一箱だけさびしげに廊下に置かれてるのを見てると、
もっといっぱいビールの箱をずらっと並べて置きたいって衝動がふつふつと湧き上がってくるよね。

渋谷・開花屋 国境を越えたおいしさ

渋谷のはずれに、魚がおいしいおもしろいお店があるって聞いて、早速出撃!

店内はほどよくカジュアルにざわめいた雰囲気、店長らしき恰幅の良いお兄さんはフレンドリーだよ。今回はtomoも含めて初めての人が多かったから、お料理は3500円のおまかせコースでお願いしてみました。

もちろん、まずは生ビールでカンパイ!ヱビスだね。



地魚のカルパッチョ、新鮮な美味しさにあっという間にお皿の上から消えてきました。



プリップリあつあつのエビにエビのソースをかけたもの。



今だけの旬の桜海老と青菜炒め、ガーリックがきいてて美味。



マグロのカマのスペアリブ風、ザクザクほぐして甘辛の煮汁と混ぜて食べれば、絶品だよ。



お刺身盛り合わせ、こういう無国籍料理っぽいお店のお刺身はイマイチの事が多い気がするけど、このお店は魚へのこだわりが半端じゃないみたいで、どれも新鮮でおいしくってビックリ。
お刺身のあしらいに緑のモミジの葉っぱが飾られてたんだけど、油断してたら連れの1人が「この葉っぱも食べられるんですか?」って質問しちゃったよ。さすがにモミジの葉っぱは食べられないけど、一緒に盛り合されてるワカメは新ワカメだからぜひどうぞ、とのことでした。



まるごと魚のグリル、オリーブオイルとハーブをきかせた、これは地中海風って感じだな。



テーブルに来てから鉄板の上でジュージュー仕上げるキノコのソテー。



魚がおいしいとついつい白ワインにも手が出ちゃうし・・・



デザートは桜のジェラート、なぜだかジェラートでカンパイする酔っ払い達。


デザートの後でさらにワインを1本追加したような気がするけど・・・気のせいかな?

このほかに、サラダ、高菜チャーハン、あら汁(思い出してもおいしかった!)を食べてすっかりご機嫌におなかいっぱいになりました。このおまかせ3500円はお得だと思う。

ところでこのお店、私達が入ってきた頃には普通の無国籍居酒屋っていう感じで、お客さんは日本人サラリーマンや若者中心だったんだけど、いつの間にかまわりのお客さんが入れ替わってほとんどが外人さんのグループ、まるで異国で飲んでるような雰囲気。
そう言えばホームページも完全に和英併記されてたし、国境を越えて人類みんなにおいしいお魚を食べて欲しいっていう主義のお店なのかもね。

◆開花屋 by the sea 渋谷区円山町23-7 03-3770-0878
 http://www.kaikaya.com/index.html
 度胸があれば、ついでに英会話の勉強もできそう♪
***
開花屋渋谷店 - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.39.12.805&lon=139.41.50.683&width=300&height=300&sc=3&size=p&prop=gourmet


最寄り駅: 神泉
※2008年5月11日時点の情報です。
ID:0000932755




早起きは得か?

GW前くらいから突発的に多忙、飛び込みのプロジェクトでほぼ100%拘束されちゃってるんだけど、今までのお仕事も一応継続してる。仕方ないから早起きして早く会社に行くっていう作戦にしてみた。

いつもより2時間ちょっと早めに出社して、みんなが来る前に急いで通常業務をこなす。
結果的に、普段は、本来2時間でできるお仕事を一日かけてだらだらやってたってことがバレてる気もするけど・・・そのへんはあまり深く考えない。

ってことで、一仕事したあとに職場にある喫茶のモーニングで朝ごはん、これがサンドイッチ類+サラダ+フルーツ+ドリンクでなんと270円なのだ。名古屋の喫茶店には負けてるかもしれないけど、かなりお得かも?

タマゴとツナのオープンサンド



ハムとチーズのホットサンド



雑穀パントーストのポテトサラダサンド


御徒町・池之端藪 つつじまつりと蕎麦屋の昼酒

ブログメイト、Night.Emerald's GalleryのNightEさんのところで、長岡天満宮の霧島ツツジの綺麗な写真を見かけて、ふと根津神社のつつじまつりのことを思い出した。確かゴールデンウィークの頃までやってるはず、ゴールデンウィークのお散歩に行ってきたよ。

今年は暖かかったせいもあって、ツツジの花は残念ながら終盤って感じ。駅のポスターに出てたみたいな庭中が燃え上がるみたいってほどではない。でも人出は多くて出店もあってにぎわってる。


根津神社を抜けて上野を目指しつつぶらぶらとお散歩。谷中・根津・千駄木界隈は「谷根千(ヤネセン)」って呼ばれて散歩の名所になってるせいか、なんでもない路地裏にも人がいっぱいいる。



そうこうするうちに上野界隈、お昼も過ぎてそろそろひと息(一杯)って気分なんで、池之端藪蕎麦へ。
まだ昼間だし、ビールは小瓶にするか中瓶かちょっと迷った末に、結局中瓶にする。ビールはヱビスだよ。肴は渋く、わさびいもと板ワサ。


歩いたあとのビールですっかり調子がでちゃって、結局そばなえ(蕎麦の芽のオヒタシ)、はしらわさび(小柱のお刺身)を追加して、さらにビールを飲んじゃう。


これはお茶か、と思いきや、焼酎の蕎麦湯割り。縦長の枡みたいな入れ物に焼酎が結構たっぷり入ってます。茶せんみたいなのはマドラー。


あ、一応ちゃんとお蕎麦もいただきましたよ~、涼やかなざるを1枚。
これが食事って言われたら5枚くらい食べないと足り無そうな量だけど、飲んだ後には良い感じ。



こうなるともう誰にも止められない私達は、そのまま近くのビール専門店に潜入。





そして・・・





◆根津神社つつじまつり http://www.nedujinja.or.jp/tutuji/t.html
◆谷根千ねっと http://www.yanesen.net/
◆池之端藪蕎麦 文京区湯島3丁目44番7号 03-3831-8977 http://www.yabu-soba.com/
◆ビアハウスホッペルポッペル 台東区上野2-10-7 かきくけこビルB1 03-3832-5607
次のページ