FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

新橋・びすとろ屋 ゴールデンウィーク?なにそれ??

そう言えば確か去年も世間のゴールデンウィークに会社に行ってたような気がする。
日頃の行いが悪いのか、今年もなぜだか昭和の日のすいた電車で仕事に向かう。

オフィス街は閑散としててあちこちにシャッターが降りてる。途中でコーヒーでも買おうと思ったカフェも、お茶でも買おうと思ったコンビニも、すべてお休み。寂しい気持ちでいっぱいのままお仕事へ。



そんな気分で仕事が終わってそのまま帰るのもなんだかな~っていう感じで飲みに出ることにしたけど、やっぱり休みの店が多い。新橋駅近くまででてみたら、若者向けっぽいお店がやってたから入ってみる。

同行者オーダー、
ちょっぴり怪しげなネーミングの「スウィートエモーション」、たたずまいもなんだか怪しげだな。
かなり甘かったそうです。



もちろんtomoは生ビール!もう一人の同行者も男らしく生ビールだよ。



シャキシャキの春キャベツとブロックベーコン、ビールに良く合うお味で予想以上にいけてました。
「スウィートエモーション」に良く合ってたかどうかは不明だけどね。



ゴールデンウィーク後半はカレンダーでは4連休、果たして無事休めるのかどうか・・・



◆和洋創菜 びすとろ家・新橋レンガ通店 港区新橋2-15-18 PLAZA T2 3~4F
スポンサーサイト



目黒・ダン 目黒でイチオシなスパゲティ屋さん

知る人ぞ知る目黒の老舗、スパゲティの名店「スパゲティ・ダン」でランチだよ。

ダンの和風スパゲティはバラエティに富んでて、ウニ、たらこ、明太子、イクラ、サザエ、イカ、ツナ、梅干、キムチ、納豆と、様々なトッピングをいろいろ組み合わせたメニューは、迷い出したら決まらないくらい。メニューに書かれていない組み合わせでもお願いすれば作ってくれちゃいます。

中でもお店のおススメはたらこ関係なんだけど、もう一つ、tomoのおススメは大根おろし。スパゲティに大根おろしって聞くと「水っぽくてまずいのでは?」って思うかもしれないけど、一度食べると大抵の人はやみつきのリピーターになっちゃうはず。スパゲティはもちろん注文してから茹でてくれるんだけど、この大根おろしも注文を受けてからその都度カウンターの向こうでオロシガネで大根をおろす音が聞こえてくる。食感、香り、みずみずしさ、作り置きやフードプロセッサーの大根おろしとは一味も二味も違うんだよね。

数え切れないほどのメニューがあっても、tomoが頼むのは大抵「たらこイカ大根おろし」
ちょっと太目の茹でたてスパゲティにまったりしたタラコバターとお刺身用の生イカを絡めて大根おろしをトッピング、上にかかってる海苔と醤油がまた食欲をそそるね。

でも、たまにガツンと食べたいときには、この店ではめずらしい「和え系」じゃなくって「炒め系」のメニューの一つ、オリーブをいただきます。
茹でたてのスパゲティをほうれん草・タマゴと炒めてツナ、大根おろし、海苔をのトッピング。
パラリと粉チーズをかけて食べれば、午後もパワー全開でがんばれそう。



どのスパゲティにも必ず黄色いタクアンが2切れ付いてくるのも、途中で気分転換できてポイント高い。

前に夜行った時の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/47503373.html

◆スパゲティ ダン 品川区上大崎2-15-5 長者丸ビル1F 03-3446-7893
 スパゲティの後は並びの「ミセスモア」でコーヒーとホームメードクッキーをいただけば、完璧!
***
スパゲティ ダン - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.37.53.826&lon=139.43.11.642&width=300&height=300&sc=3&size=p&prop=gourmet


営業時間、定休日: 11:30~15:00、17:30~21:45、土11:30~17:00 日、祝休
最寄り駅: 目黒
※2008年4月29日時点の情報です。
ID:0000810358




日本ビール党の部屋へようこそ!


この部屋のドアは全人類にオープンしてます!

<おねがい>
日本ビール党の部屋へようこそ!この部屋の管理人、tomoです♡
通りがかりに立ち寄ってくれた人、ファン登録してくれたアナタ、ゲストブックに自己紹介をぷり~ず!
好きな呑み方、肴、お店の紹介などなど、そしてお酒の上での"笑える"失敗談は特に歓迎♪

目黒・ランテルナマジカ お誕生会で盛り上がる

tomoの愛する、目黒の裏通りにある隠れ家イタリアンの名店、ランテルナ・マジカ。4月にお誕生日を迎えたお友達2人を祝して、みんなでおいしいものを食べてきたよ。

このお店はあらかじめお願いしておくと、誕生祝いの人の名前入りのスペシャルなデザートを用意してくれます。お食事も終わりにさしかかると店内の灯りを落としてロウソクを立てたデザートを持ってきてくれて、さらにお店のスタッフのお兄さんたち(みなさんイケメンですよぉ~)がイタリア語のアカペラで「ハッピーバースデー」を歌ってくれるのです。たかが歌なんだけど、大人になってから歌で誕生日を祝ってもらうチャンスってなかなか無いから、これが意外とうれしいのだ。

もちろん、まずはイタリアビールでカンパイ!



これは初めて食べた前菜、アーティチョーク(チョウセンアザミの蕾、イタリアでは前菜として一般的な野菜)にパルミジャーノチーズのスライスをかけてあるサラダ。ほど良い酸味とオリーブオイルのドレッシング、チーズの塩味に、あっさりしたアーティチョークの食感がサクサクしてて、不思議な美味しさ。



花ズッキーニのフリッター、ズッキーニの中にモッツァレラチーズを詰めて揚げてあるから、食べるとアツアツのチーズが糸を引くよ。花に近いほうはやわらかめ、茎の方はグリーンアスパラガスみたいな感じで、どちらもサクサクした衣とあわせて食べるとおいしい。



グリーンアスパラガスは、半熟タマゴを崩してドレッシングにまぜていただきます。アツアツで春を感じられて、tomoの大好きな季節の前菜の一つ。



他に定番の生ハム類盛り合わせも食べたけど、こうして振り返ってみると野菜ばっかり食べていたっていうのと、ズッキーニとアスパラがちょっと似てたっていう点が反省材料かも。みんなが好きなこと言ってたから、注文に計画性が無かった。

パスタは2種類。
太目のスパゲティに豚の背脂をあわせたの、豚のうまみと太目の麺がからんでおいしい。たとえ太ってもいいからやっぱりアブラは美味しいなぁ~って一同うなる。


もう一種類は幅広の麺に手長エビのソースをからめたの。これはこの日一番の絶品でした!
エビの濃厚なうまみが幅広にビロンビロンとした麺に絡んでもうやみつきの味、みんな無言で味わってたよ。



でも・・・実はこの後で、手長エビのレモンソースってのも食べたのです。さすがにお店のスタッフが「パスタも手長エビだったですが、よろしいですか?」って聞いてくれたけど、酔ったイキオイで「いいんです、私達手長エビ好きなんです!」って押し切る。もちろん手長エビは美味しかったけど、何も2種類も手長エビ料理を食べなくても、何か別のものを頼んでも良かったかもっていうのも、反省材料。

そしてお待ちかねのデザート、
写真ではカットしてるけど、お皿の下半分に本日の主役の名前がチョコレートで書かれてます。



前に来たときは食後酒のレモンチェロを飲み過ぎたことを思い出して、前回の反省を生かして今回は1杯だけでやめておく。

次回は野菜、肉、魚、もっと計画的に注文をしようと心に誓いつつ、きっと次回も無計画にみんなで好き勝手なものを注文しちゃう予感がするよ。
【お知らせ】
最近人気で予約が難しいのが難点のこのお店だったけど、ついに新店の開店が決まったそうです。
 ANTICA VINERIA GIULIANO (アンティーカ・ヴィネリア・ジュリアーノ)
 港区白金台5-17-10 白金台 THE2000 B1F
 近日オープン予定! ご興味のある方はランテルナマジカにお問い合わせください。

◆ランテルナ・マジカ 品川区上大崎2丁目9-26 03-6408-1488
 http://www.lanternamagica.jp/top.html
 スタッフの皆さん、今回もステキな歌のプレゼント、ありがとう!
***
ランテルナ・マジカ - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.38.00.222&lon=139.43.07.996&width=300&height=300&sc=3&size=p&prop=gourmet


最寄り駅: 目黒
※2008年4月27日時点の情報です。
ID:0000810349




王子・キリンシティ 季節の料理でおいしいビール

王子で飲んだ。

この間日本酒イベントに行った時に、駅近くの「北とぴあ」っていうビルの一階にキリンシティがあるのがわかったから、今回は迷わずキリンシティに向かう。

まずはブラウマイスターで、カンパイ!



キリンシティには定番メニューの他に季節メニューと、2週間限定メニュー「旬本番」がある。
2週間限定メニューのホタルイカのマリネ、実は先週も食べたんだけどね。



こちらは2ヶ月単位で変わる季節メニューより、明太子とクリームチーズのポテトサラダ。まったりしたポテトとクリームチーズにピリリと明太子、刻んだピクルスが入ってるのがアクセント。これはかなりおすすめ。



そしてビールには永遠の定番のソーセージ、あらびきタイプとピリ辛のチョリソにしてみた。



2杯目はキリンハートランド。バックには季節メニューのかき菜とわかめの梅ポン酢と、あぶらが乗ってるのにさっぱり美味しいのどぐろの一夜干し。こういう和のメニューもあるのが、キリンシティの素敵なところなんだよね。



マグロとアボカドのサラダ、ビールはいつのまにかハーフアンドハーフにかわってます。



おっと、キリンラガーも飲まなくっちゃね。



エビのオイル焼き。エビがプリップリ、適度なガーリックの香りとアツアツのオリーブオイルがターボ効果を発揮、ビールがぐんぐん加速するよ。



もう一度最初に戻ってブラウマイスターを飲んでみる。



料理もあらかた片付いて、でもまだもう少し飲み足りない、喋り足りない。
ビールは一番搾りスタウト、千葉産のピーナツをつまみながら、さらに夜は更けて、結局閉店までキリンシティでうだうだと飲んでました。



ところで、この「北とぴあ」ってビル、東京都北区のHPによると「北区の産業の発展と区民の文化の向上を目的として建設された北区のシンボルとなる施設」でした。要するに「北区文化会館」みたいな公共施設なのだ。同HPによれば開館時間は午前9時から午後10時、だけどキリンシティ王子の営業時間は午前11時から午後10時30分、閉店までいると、建物の閉館時刻を過ぎてることになる。だから建物のメインエントランスなんかは閉まってるしホールの照明もすでに落とされてる。実は先週もこの時間までいたので、記憶を頼りに横の通用口から出ようとしたら、なんと鍵がかかってる。
どうやら10時30分を過ぎたからもうだれもいないと思って鍵をかけちゃったらしい。

あわててキリンシティに戻って助けを求めたら、警備員さんを呼んで鍵を開けてもらってくれました。
無事脱出して無事帰宅。

◆キリンシティ王子 北区王子1-11 北とぴあ内1F 03-5390-1166
◆北区HP http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/facility/052/005226.htm

立ち飲みトレーニング


昨夜はお仕事関係で、会社で立食パーティーだった。

時期にもよるけど、こういうのが時々ある。
会社のお金で飲み食いできるんだから文句は言えないけど、仕事の一環だから基本的に出席が義務だ。
パーティーの規模の大小や料理の質は、そのパーティーの目的や予算によって様々だけど、昨夜のは内部の会合で人数少なめ、予算も少なめコース。サンドイッチとか焼きそばとか揚げ物盛り合わせとか、やけにおなかにたまりそうな料理が多かったかも。

普段なかなかゆっくり話す機会が無い人とお話できたのは楽しかったけど、2時間立ってるとなんだか疲れてくる。やっぱり普段からこういう時に備えて立ち食い蕎麦や立ち飲み屋さんで鍛えておくべきなんだろうか・・・

実は、今週はこういうのが3回もあるのだ。

*写真は記事とは関係無いけど、先日奥窪聖美さんの個展でtomoがゲットしたブローチです♪

焼きそば食べて、今シーズン最後のお花見へ

ブログメイト、「小商い」のオヤジさまのところで、おいしそうな焼きそばを見かけた。
毎年恒例の地元で行われるお花見イベントで、ビール呑みながら豪快に焼き方をご担当、今年は100玉完売だったそうです。焼きたてアツアツの焼きそば・・・食べたい!

ってことで、お手軽にスーパーでこんなのを購入してきたよ。



袋に書いてある通りに作れば、だれでも簡単においしくつくれま~す。パッケージの写真では温泉タマゴをトッピングしてたけど、時間の都合でそれは省略。ちょっと濃い目の味が・・・ビールが欲しくなっちゃうね。



焼きそばを食べ終わって外を見ると、いつのまにかお天気も回復して青空がのぞいてるんで、近くの八重桜のお花見スポットまで散歩に行ってみたよ。

薄いピンクのは清楚な美しさ。



濃いピンクのは花が大きくってあでやか、ゴージャスだね。



そして濃いピンクのはずらっと並んでいっぱい咲いてるのです。



ふと気がつくと、なぜか来る途中のコンビニでビールを買ってたみたい。
立ち止まってゴージャスな八重桜に、カンパイ!


リッチな味わいとクリアな飲みやすさ、リニューアルしたキリン・ザ・ゴールドでした。

奥窪聖美個展 version鑑賞&飲み&・・・

女流漆芸家、奥窪聖美さんの個展が開催中だよ。
そこで、突然「春の文化の集い」開催指令を、いつもの飲みナカマに飛ばす。
仕事帰りの午後6時半頃から個展を鑑賞して、文化的素養に磨きをかけるっていう作戦。(個展は夜7時まで)

壁掛タイプの花入れ。
奥窪先生曰く、「今回は自分としては花入れのシリーズが一番気に入ってる。」とのこと。


色々な色や形のものがあってなかなか素敵で、モダンな洋室や廊下の壁に良さそうな気がする。

外側から見るとシンプルな漆器だけど、開けると中がゴージャスになってるうつわ。
奥窪先生曰く、「ビックリ箱みたいでいいでしょ。」



そして案内葉書でも気になってた謎の「橙香合」。写真で見るとメロンみたいだったけど、実際は小さいミカンっていう感じ。外の渋い緑色と内側の華やかな金色の対比が素敵。


橙(ダイダイ)はかんきつ類の一種で、「代々」に通じる縁起の良い名前だから、お正月の鏡餅の飾りに使われることもあるらしい。大雑把に言えば、この橙の皮部分を完全に乾燥させて漆を塗ったものだそうです(大雑把すぎか?)。ちなみに「香合(コウゴウ)」っていうのは茶道で香を入れるお道具。

なんとなく女性らしさが感じられる作品。



ギャラリーのテーブルに置かれてたお菓子入れも、奥窪先生の作品でした。



ブローチも色々あったけど、中でも気になったのはこの2つ。
右上の方は欧風クラシカルな羽飾り風、左下のは奥窪先生らしいモダンな色柄。
ものすごーーーーく悩んだ末に、一つ購入してしまいました。ボーナスちゃん、早く出て!
さて、tomoが購入したのはどっちのやつかな?



そしてそろそろ午後7時、ギャラリーが閉まる時間になった。
文化の会のはずなのに、なぜかギャラリーが閉まる時刻に到着した人もいる。私たちって芸術鑑賞じゃなくって単なる待ち合わせにギャラリー使ってる?そもそも、まだ到着していない人も約2名。

ギャラリーを出ると目の前に、まるで私たちを待っているかのように居酒屋「はなの舞」があるからそのまま入る。文化的芸術鑑賞の疲れか、空腹と喉のかわきがいつもに増して激しい。だからビールが美味しい。


文化の会なのになぜか芸術鑑賞に来なかった2人も程なく合流。海鮮サラダはお刺身たっぷりでおいしい。


季節メニューのタケノコ焼きもおいしい。



たくさん食べて飲んで、宴会はお開き。雨の中有楽町駅を目指して歩き出す。
次は歌だよねっていいながら通りがかりのカラオケに入ったら、いつのまにか人数が半減してる。帰っちゃったかなと思っていなくなった人に電話したら「今ビッグエコーにいます」「え、私たちもビッグエコーにいるんですけど」、一体どうなってるの?

お店の人に聞いたら、隣接して有楽町店と日比谷店があることが判明、お互い違うビッグエコーにいたのでした。無事合流して、今度は文化の会音楽の部を開始だよ。

酔っ払いの危険な遊戯、良い子はまねしないでね!!




◆Gallery Tanaka ギャラリー田中 中央区銀座 7-2-22 同和ビル1F TEL/FAX 03-3289-2495
◆奥窪聖美 漆芸展「version」 2008/4/15-23 日曜休廊 11:30-19:00(最終日は16:00迄)
◆はなの舞 銀座店 中央区銀座6-2-10 合同ビル1F 03-3572-2595
◆ビッグエコー 日比谷店 千代田区有楽町1-6-8 松井ビル3.4.5F03-3501-2210

ビール党が栃木の日本酒を飲んだらどうなるか

異業種の飲み友達kazubonのブログ「在京関西人日記」で、「新世代栃木の酒、下野杜氏新酒発表会」の事が紹介されていた。事前申し込み(¥3000)で、栃木の色々な蔵元の様々な日本酒が飲み放題で、おいしいお弁当付きっていうイベント。開始時刻が午後6時半ってのがちょっと早くてつらいけど、なんだか楽しそうだから参加してみたよ。

当日は早めに仕事を切り上げられるように、様々な謀略、根回しを行って午後5時以降に予定をいれないようにしていたんだけど、前日油断してたら飛び込みで追加の予定が入っちゃったため、無念の遅刻。会場に到着したのは7時過ぎ、王子駅前にある「北とぴあ」っていうビルのワンフロアを使った会場は、すでに大勢の人と日本酒の香りであふれてる。

入口のところでお弁当が渡される。これは栃木の素材を使って栃木の料亭が調理したものだそうです。
いかにも日本酒に合いそうな素材、味付けの「酒の肴」が入ったお弁当は、真ん中のスペースがあいていて、ちょうどぐい飲みがセットできるようになってるのも、立食には便利。



ここで先に到着していた会社の友達2人と合流。
tomoはビール党だけど、友達の1人は日本酒党、もう1人はオールマイティー派。すでにかなりの日本酒を飲んでるみたいで、二人とも笑顔がどこか突き抜けてる感じがする。ちなみに友達のうちの1人は、このイベントに参加するために午後半日休暇を取得したらしい。

早く追いつかなくっちゃってあせりながら、まずは「四季桜」ってのぼりのコーナーでお酒をついでもらって友達のところに戻ってきた・・・ら、2人ともいない。新たな日本酒を求めてどこかに行ってしまったらしい。
知らない人であふれる会場で1人っていうのはちょっと心細いので、日本酒を飲みながら会場を回遊して探してたら、友達は見当たらないけどkazubonのナカマを発見した。みなさんかなり激しく日本酒を飲んでいるようで、りっぱな酔っ払いぶり、いきなり激しく握手を求められたりしてあせる。

そうこうするうちに、tomoの友達2人も合流、kazubonのナカマおすすめの日本酒を試したりしながらみんなで楽しく飲む。吟醸香のあでやかな大吟醸や、しっかりしたうまみの5年熟成モノ、さすがに日本酒に詳しい人が勧めてくれるお酒はどれもおいしい。古代米を使った赤ワインみたいな色の日本酒もあったよ。入口で渡された参加酒蔵と出品日本酒一覧をチェックしながら、値段の高いやつから飲んでる人もいる。

でも、ビール党のtomo、日本酒ばっかり飲んでるとだんだんビールが恋しくなってくる。せめて1杯くらいどこかにビールが無いかな、いっそのことKIOSKで缶ビール買ってくれば良かったか、などと思いながら日本酒を飲んでいるうちに、終了時刻の午後8時半となって、一本締めでお開きになった。

「ビール、ビール・・・」とつぶやきつつ、ビルの1階までおりてきたら、なんとこの「北とぴあ」の1階には、テナントとして我が愛する「キリンシティ」があるのを発見して、早速突撃!!

カメラに残ってた画像をチェックすると、グラスに巻かれた紙の色で何のビールを飲んだかわかる。
まずはブラウマイスター。


爽やかな香りのキリンハートランド。


基本はやっぱりキリンラガーかな。


ここでちょっとキブンを変えて、ハーフアンドハーフ。


またも基本にもどってキリンラガー、だんだん写真の手ぶれが激しくなってくる。


そして今度はまたキリンハートランド、テーブルの上もオシボリやら皿やら乱れている・・・



もしも全てのビールをちゃんと撮影してたとすると、6杯飲んだらしい。ちゃんと撮影したかどうかは、永遠の謎。
ビールを飲みたいと思いながら日本酒ばっかり飲んでいた反動で、次々と消えていくビール達、
すっかりイイイ気分でフラフラしながら家路についたよ。


◆新世代栃木の酒 http://sasara.lib.net/pg8.html

ある日の日記

この前記事にも書いた漆芸家の奥窪聖美さんの個展が今日からはじまったよ。
本日はとりあえずお祝いを兼ねたご挨拶だけでもと思って、ちょっと行ってきた。

有楽町、マリオンの前に来たらちょうど午後6時。からくり時計から人形がでてきたとこでした。
昨日のそごうデパートの時計を思い出して、おもわずパチリと撮ってみる。



有楽町駅から徒歩5分くらい(実は、道に迷って15分くらいかかったけど)のギャラリーに顔を出して、奥窪さんにあわただしくご挨拶。

奥窪聖美 漆芸展「version」 2008年4月15日(火)~23日(水) 日曜休廊
 午前11時30分~午後7時(最終日は午後4時迄)
◆Gallery Tanaka ギャラリー田中 中央区銀座 7-2-22 同和ビル1F TEL/FAX 03-3289-2495
 銀座コリドー街、スタバが入ってるビルです。

時間がせまってたんで、作品は日を改めてゆっくり見せていただくことにして、次の目的地へ急ぎ足で向かう。

夜景がゴージャスなフレンチレストラン。



モダンで品の良いテーブルセッティングだったよ。



諸般の事情により、お料理の写真は撮りませんでした、あしからず。

追記・・・備忘録で、食べたものはこんな感じ。
本日の一口前菜

車海老のタルタル ライムの香り エピス風味のクルスティヤン
エジプト豆のガスパチョ ベジョータチョリソーのチップス

天然スズキのプランチャーポワレ ジロル茸のエチュヴェ
アーティーチョークとピーナッツペーストのラザニア仕立て

骨付き仔羊背肉のロースト そばの実とレーズンのラグー
肩肉のコンフィー サムサ仕立て アニスとレモンのジュと共に

フルーツのミネストローネとタピオカのタイム風味
フロマージュブランのソルベを添えて

コーヒー

ミニヤルディーズ
次のページ