FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

カレーライス応用編@tomoのワイルドキッチン

この間カレーの残りでカレーうどんを作ったのをブログでご紹介したら、ブログメイトかわしりさんの奥様から、カレードリアも良いですよって教えていただきました。それ以来すっかりお気に入りでたびたび制作してるんだけど、今回写真を撮ったから記事でみなさまにもご紹介。

カレードリア

【材料】
 前日のカレーの残り、ご飯、とけるタイプのチーズ、タマゴ、バター

【作り方】
 1.耐熱容器にバター少々を塗ってご飯を敷き詰めて、上からカレーをかける
 2.まんなかをくぼませておいてナマタマゴを割り入れる
 3.とろけるタイプのチーズを上に振り掛ける
 4.オーブンかオーブントースターでチーズが溶けて焼き色がつくまで焼く(好みで黒胡椒をふる)



tomoはオーブントースターで焼いたけど、タマゴがとろとろのレアな半熟になるから、アツアツに焼けたチーズとカレーに混ぜながら食べるとやみつきの味!最近は最初から翌日のドリアの分も見込んで多めにカレーを作るようにしてます。

付け合わせは細めのグリーンアスパラを茹でたのと、完熟のフルーツトマト、それに・・・

もやしのカルボナーラ風

【材料】
 モヤシ、サラダオイル、タマゴ、塩コショウ、粉チーズ

【作り方】
 1.フライパンにサラダオイルを熱して1センチ幅に切ったベーコンを炒める
 2.洗ったもやしも加えて炒めて塩コショウで調味(ベーコンがしょっぱい時は塩は控えめに)
 3.タマゴを一個割りいれて混ぜてできあがり、仕上げに粉チーズをパラリ



要するにモヤシ炒めにタマゴを絡めただけなんだけど、これもあっという間にお皿から消えていく美味しさ。

以上、ビール党クッキングでした♪
スポンサーサイト



夜鉄研究会番外編 寝台特急北斗星

酔っぱらって電車を乗り越してしまう困った人たち(tomoを含む)は、最近「夜鉄研究会」を結成して、乗り越しの分類や啓蒙普及活動などについての研究を重ねている。

今回の北海道旅行では、そのフィールドワークの一環として、究極の夜鉄である寝台特急に乗ってみたよ。

静々と札幌駅のホームに入ってくる北斗星。



部屋はデラックスツィンという個室タイプ、小さなテーブルと椅子、コートもかけられるロッカー、それに二段ベッドがコンパクトにおさまった部屋。窓が広めに取ってあるから、早速車窓を行過ぎる夕暮れの北海道の景色を眺めつつ、サッポロクラシックで今回の旅の反省会を開催する。



この北斗星には、今や残り少なくなってしまった食堂車が連結されてる。
その名も「グランシャリオ」っていう食堂車にて、夕食をいただきました。

まずは生ビール(サッポロクラシック)で、カンパイ!



夕食は会席弁当かフレンチのコースからのチョイス(要予約)。
今回は和の会席弁当にしてみたよ。


おつくり、揚げ物、煮物、焼き物、酢の物、炊き込みご飯、他にお吸い物とデザートのお饅頭がついてました。お料理のレベルは、デパートで売ってる値段の高いお弁当って感じかな。窓の外の景色が流れてくのと、時折の揺れにあわせてお吸い物が波立つのが食堂車らしいとこ。

函館で進行方向が逆向きになって、いよいよ札幌から上野に向かうこの列車の最大のポイント、青函トンネルが近づく。で、いつのまにか、トンネルに突入!函館と青森を結ぶ青函トンネル、トンネルの中は年間を通じて温度が安定してるからレールが伸び縮みしないんで、一本がすごく長いロングレールを使ってるんだそうです。

でもこのトンネルって、ただ延々と真っ暗でちっとも面白くない。ここまで飲んできたビールの酔いも良い感じでまわってきて、そろそろ眠くなってくる。日頃から夜鉄を実践してる人にとっては、ほど良い酔い+列車の揺れってのが、眠気を誘うのだ。幅が狭くてクッションが固めで寝心地の悪そうな二段ベッドも、ロングシートに座って寝ることを思えば天国みたいなもんだしね。


どんなに乗り越しちゃって、朝まで寝ていてもかまわないから、安心しきって平和な気持ちで眠りにつく。

結局郡山の手前くらいで目が覚めた。

朝食も、食堂車でいただけます。
窓の外は、寝る前は北海道の夜だったけど、起きたら本州の朝。



朝食はこんな感じ。
 フルーツジュース
 スクランブルエッグ、ポテトとソーセージ、サラダ、平目(たぶん)のフライ
 パンとスープ または ご飯と味噌汁
 フルーツヨーグルト
 コーヒーまたは紅茶


北斗星の車内は完全に行楽気分の名残に満ちてるんだけど、窓の外は普通の平日の朝なわけで、窓を隔てて日常と非日常が同居してるのが妙な感じだね。

やがて長い旅を続けてきた列車は、上野駅のホームにすべり込む。



ところでこの北斗星、ついこの間まで1日2往復してたんだけど、3月15日のダイヤ改定で1日1往復に半減した。札幌-上野間にはほかに隔日でカシオペア号も走ってるけど、これから函館まで新幹線が延びると、残り少ないブルートレインの北斗星号も、効率性・経済性重視の世の中からはだんだん取り残されて、やがては消え行く運命なのかな。

時には心ゆくまでレールに揺られるこんな旅も良いんじゃないかと思うんだけど、どう?

tomoは、電車に乗るととことん乗っていく癖がついちゃったんじゃないかって、ちょっぴり心配・・・

MLB開幕戦 アスレチックス vs レッドソックス

東京ドームでメジャー開幕戦のアスレチックス対レッドソックス2連戦を観戦してきたよ。メジャーリーグの開幕戦が日本で行われるのは、2004年3月のヤンキースVSデビルレイズ以来のこと。前回の注目はヤンキースの松井秀喜選手(そう言えば、今日結婚発表のニュースが出てたね)だったけど、今回は何と言っても日本人として気になるのはレッドソックスの松坂と岡島の両投手。

試合開始は午後7時だけど、練習風景も見たいと思って5時過ぎにはチケットを握りしめて席へ、で、ふと目をグラウンドに向けたら目の前で松坂選手がキャッチボールしてました。



練習風景を眺めながら、ほっと一息。
打撃練習では看板直撃のすごい当たりがぽんぽん飛んでて、さすが大リーグって迫力だよ。



試合開始前のセレモニーでは、阿波踊りや竿燈、黒装束のヒップホップダンスが繰り広げられる。ベンチの選手は喜んで写真撮影してる人もいれば、阿波踊りに混じってわれ関せずって感じで柔軟体操を続けてる人もいる。



始球式は、森喜朗元首相。知名度的になんとなく唐突感があって場内にブーイングが起こったのはちょっと気の毒だったかも。森さんは野球好きと言われてるし日本体育協会の会長でもある、以前にアメリカでも大リーグの始球式をやったことあるらしい。その森さんの投げたボールがまあまあな感じでワンバウンドとは言えキャッチャーに届くと、ブーイングがやんで拍手が起こってめでたしめでたし。もしこれがコイズミさんだったらどうだったかななどと考えているうちに試合開始!

大リーグ観戦だと、食べるのはやっぱりコレかな。


あとはピーナツとクラッカージャックが欲しいとこだけど、残念ながら東京ドームでは売ってません。

この日の東京ドーム、いつもの巨人戦とは"客層"がだいぶ違ってたよ。
1.アメリカ人が多い 大相撲の海外公演を応援に来る現地在住日本人みたいなもんかな。
2.男性が多い いつも並んでる女子トイレがガラガラでびっくり、理由は不明。
3.応援団がいない ラッパや太鼓で揃いの応援ジェスチャーをするような応援が無い(鳴り物は禁止)ので、ボールの捕球音や審判のコールが聞こえる。好みの問題だけど、このほうが野球を楽しめる気がする。このあたり、日本のプロ野球にも一考をお願いしたい気もする。

お待ちかねの松坂登場で東京ドームはさらにヒートアップ、満員の観衆の歓声とどよめきがうずまいて、客席からは無数のフラッシュが光る。なんだかすごい緊張感だ。そう言えば、平日の夜だってのに試合に遅れてくる人も、試合中に席を立つ人もほとんどいない。tomoも緊張でビールのペースが鈍っちゃった。


松坂の出だしはいまひとつ、なかなかストライクが入らない苦しい展開でいきなり二失点。後半はどんどん調子を上げてきたけど、交代になっちゃいました。そのあとの中継ぎが打たれて松坂の勝ちが無くなると、場内の緊張もほどけてきて、やっとビールを注文する人が出てきた感じ。

そして同点の9回にもう一人の日本人大リーガー岡島登場で、また場内は大興奮状態に突入!


岡島はこの回を押さえて試合は延長へ。
「メジャーリーグベースボールの規定により、延長は勝敗が決まるまで行われますのでご了承ください」って場内アナウンスとともに、それまで1回から9回まで表示されてたスコアボードが消えて、10回から18回までのスコアボードが表示された。一瞬、今夜は帰してもらえないんじゃないだろうか、ビールは何時まで売ってるのかって、あせる。
結局10回にレッドソックスが得点をあげて無事に試合終了、なんと岡島には勝利投手のオマケつき。

松坂凱旋=バリバリのピッチングで三振の山+開幕勝利投手ってのを願ってた日本人観客にはちょっと物足りなさも残るけど、まあこれが大リーグの厳しさなんだろうね。

で、翌日の第二戦へ。
試合前に剣術の先生みたいな人たちが出てきて居合い抜きでわら束をばっさばっさと斬る、続いて女流書家による巨大なお習字の披露。前日の阿波踊りと、この日の居あい抜き、こういうのを外国人プレスが伝えると、日本のイメージってなんかずれちゃわないかちょっと心配だよね。

始球式はプロゴルファー、ハニカミ王子の石川遼選手でした。


前日の森元首相と違ってブーイングは無く拍手、ナマの石川選手を始めてみたけど、ホントにハニカミながら球投げてました、なかなかナイスピッチング。

試合の方はアスレチックスのハーデン投手の好投もあって、アスレチックスが5-1で勝ち、レッドソックス側の見どころはラミレスの本塁打だけって感じ。tomoは札幌ドームでサッポロビールばっかり飲んでたのにバランスを取るために、いろんな会社のビールを公平に飲むのに注力だよ。

アサヒスーパードライ


キリン一番搾り


サントリープレミアムモルツ



松坂も岡島も、他の日本人メジャーリーガーの皆さんも、がんばって良い年にしてほしいね。
そして引退を表明した桑田真澄投手には、お疲れさま。

みんなのすばらしい前途に、カンパイ!

札幌で食べてきたものいろいろ



2泊3日の札幌だったけど、メインが野球観戦なんで観光や食べ歩きの時間はあんまり無かったです。

泊まったのはワシントンホテル、札幌駅と地下でつながってて、駅中心に行動するには便利だよ。
ホテルでの朝食の一例はこんな感じ。和洋バイキングなんだけど、途中まで「洋」で行こうと思ってたのに「函館のイカ塩辛」っていうのに引っ張られて強引に和になっちゃった。面倒だから同じ皿に盛ったら、微妙に入り混じるマカロニサラダと塩辛が不気味さをかもし出す(でも美味しくいただきました)。
さらに強引にスープカレーもゲット。



ブログメイトのハニカミさんに教えていただいた「札幌らーめん共和国」は、これまた駅に直結したビルにあって便利なとこでした。北海道各地のラーメン店が集結してて好きなところを選べます。ブログメイトのともさんのところでお見かけしたお店もあったりして色々迷ったけど、結局せっかく札幌に来てるんだから札幌の「にとりのけやき」で味噌ラーメンをチョイス。



すすきの、ラーメン横丁界隈では、行ってみたいお店は残念ながら営業時間外だったからあきらめて、名前がかわいい「ひぐま」でひぐまチャーシューメン。スープは塩と醤油のミックスかな?レトロにはじっこが赤いチャーシューがいっぱい。


この店、学生時代にはじめて北海道旅行をした時に立ち寄ったお店だったよ、一体何年ぶりになるのかな。

そして、札幌に行ったら忘れちゃいけないのが、サッポロビール園。
ジンギスカンを豪快に焼きながら工場直送のサッポロビールをガンガン飲める、ビール党の聖地の一つ。

札幌滞在中飲んだビールのほとんどが、このサッポロクラシック、サッポロビール社の北海道限定ビールだよ。最近東京でも買えるところや飲めるところが時々あるみたいだけど、やっぱり北海道で飲むクラシック、最高!



ジンギスカンは、鉄鍋のまわりを野菜で取り囲んで、上でお肉を焼きます。たっぷりの野菜も肉汁にまみれて自然に焼けてきて、肉も野菜も信じられないくらい沢山食べられちゃう。



ビールは1500円の飲み放題、飲めば飲むほど単価が下がるから、ついついピッチも上がるよね。



駆け足の札幌滞在だったけど、札幌ドームでの野球観戦初体験、そして美味しいものをたくさん食べて美味しいビールをたくさん飲んで、大満足♪

また暖かくなったらゆっくり北の都に行ってみたいなと思ってます。

◆札幌ワシントンホテル http://www.sapporo-wh.com/index.php
◆札幌らーめん共和国 http://www.sapporo-esta.jp/ramen/index.html
◆元祖札幌ラーメン横丁 http://www.ganso-yokocho.com/
◆サッポロビール園 http://www.sapporo-bier-garten.jp/

札幌は燃えているか?

札幌ドームに野球観戦に行ってきた。

UFOみたい!



前にこのブログの記事でも書いたけど、事の発端は「清原以来の逸材」とも言われてた日ハム高卒ルーキーの中田選手、彼のプロ初ホームランを見てみたくなったこと。今年のパリーグ開幕戦は3月20日、22日、23日っていう真ん中が1日空いた変則日程。諸般の事情で21日は東京を離れられないから、22、23の2戦目・3戦目を見に行くことにした。

でもさすがにプロの壁は厚かったみたいで、残念ながら中田選手は開幕2軍スタート。でももう野球のチケットもホテルも飛行機も手配しちゃったから、イキオイで札幌ドームに出撃!

ドーム周辺にはまだ雪がいっぱい残ってたけど、ここ数日は近年にない暖かさだったみたい。



で、まずはビール!


札幌だけあって、生ビール販売の人たちは全員「サッポロビール」社。
でもよーく見るとたまにタンクの色が金色のヱビスビールと、タンクの色が紺色の北海道限定サッポロクラシックの人が混ざってる、「次はクラシックにしよう」って青い人を待ち望んでるんだけどなかなか来ないから、とりあえず多数派の赤いタンクの「サッポロ黒」を購入して飲みはじめると、その直後に紺色タンクのクラシックがやって来たりして、なかなかうまくいかないもんだよ。

サッポロドーム弁当は、オムレツが北海道型になってるのがポイント。こういうおかずが多い幕の内タイプのお弁当は、ビールのツマミがいっぱいあるから良いんだよね。



22日の試合は、日ハム藤井、ロッテ成瀬の投げあい、両投手ともがんばったけど、結局後半調子を上げてきた成瀬が抑えて、3対2でロッテの勝ち。

23日もまた札幌ドームへ。そして、まずはビール!



今度はなんかジャンキーなものが食べたい気分だったから、北海道ポテトのフライと煮込みステーキ乗せの焼きそばをゲット、これもビールが進むアジだよ。



ところで、パリーグって言っても侮れない、観客席の入りがなかなかすごい。さすがに1塁側の上段は空きが多いけど、3塁側はご覧の通り満員の盛況、応援も盛り上がるよ。


某在京人気セリーグ球団と違って、努力しないとなかなかお客さんを呼べない地方パリーグ球団は、色々と営業努力をしてるのが感じられて、観戦しててもなかなか楽しい。
たとえば5回終了時にグラウンド整備をやる間は、チアリーダー達が踊ってお客さんを盛り上げるんだけど、トンボを持ってグラウンドの整備をしてるお兄さん達も、応援曲がサビになると一緒にトンボを振り回して踊ってくれたりするんだ。

そして日ハム応援のもう一つの名物が「稲葉ジャンプ」。チャンスで稲葉選手に打順が回ってくると、観客が一斉に立ち上がってジャンプして稲葉選手を応援する。ミーハーなtomo、実はこれをやってみたかったんだ。この日の試合では2回チャンスに稲葉選手に打順がまわってきて念願のジャンプで応援したけど、残念ながらクリーンヒットはでませんでした。

結局サブマリンの渡辺俊介の好投で、この日の日ハムは高橋選手のソロホームランの1点だけで、また負けちゃいました。

一体tomoは北海道まで何しに来たのか、深夜のホテルで反省会を開いてみたりする。


*青いブレスレットは22日に入場の時にいただきました、「熱く、頂点へ」って書かれてます。

札幌のビールはなぜおいしいのか


工場直送ビール堪能中!

3月20日のごはん

激しい食生活日記を展開するブログメイト、「押忍!!おっちゃんの部屋」のかわしりさんのマネして、tomoの食生活記事をつくってみた。

休日の朝は和の方が多いな



ご飯(白米に五穀米を混ぜたもの)、味噌汁(ダイコン、シイタケ、ワカメ、庄内麩)、アジの開き、大根おろし、納豆、サラダ(トマト、グリーンアスパラガス)、菜の花のお浸し、タラコ

ツブツブが元気で、なかなかおいしいタラコだったよ。



昼は簡単なラーメンを制作

チルド麺の日清のラーメン屋さん、ギトギトしすぎないやさしいおいしさが最近結構お気に入り。


トッピングはハム、メンマ、ほうれん草、ゆでたまご、それにたっぷりのネギ。

夜はヱビスビールがメインってことで・・・

スーパー○イフ謹製のカツオのタタキ、結構いけてました。


お手製餃子は実家からの緊急援助物資。しかしホントに最近良く餃子食べてるな。


ニラ玉とサラダはtomoが制作。



tomo料理長久々の新作サラダ、名づけて雪どけ
カッテージチーズをとけかけた雪に見立ててみました。



【レシピ】
・お皿にトマトスライスを敷いて、その上にキュウリのスライス、ツナマヨを乗せる。
・上からカッテージチーズを散らして、その上に黒胡椒をふる

春はすぐそこ・・・って言いたいとこだけど、日比谷公園の桜はもうかなり咲いちゃってるらしいよ。
もうどっぷり春だね。

渋谷・シダックスビレッジクラブ 歌ってサヨナラ

ウチの職場には、4大歌姫がいる。

 H女王様   情念を切々と歌い上げる迫力の女王様
 Mアイドル  抜群の声量と歌唱力、かわいさも兼ね備えたアイドル路線
 Fセミプロ  J-POPも洋楽もこなすバイリンガル、歌はプロ級
 tomo     原曲にこだわらない音程で歌って踊る独自路線

このたび職場を去ることになった同僚が、最後にこの4大歌姫のカラオケを聴いてみたいっていうので(本人は言っていないけど強引に企画されたという説もある)、休前日に渋谷の巨大カラオケボックス、シダックスに出撃してきたよ。

まずはカンパイ!


飲み放題なんだけど、どうせ飲み放題だからビールはジョッキで頼むのか、それと冷たく冷えたのを飲みたいからグラスにするか・・・

シダックスはカラオケボックスだけどお料理も充実してるのが特徴。鉄鍋餃子の迫力、もちろん完食。



プレミアムビールもあるってことに後半になって気付く。
すでにプレミアムの味が分かる状態は越えてると思うんだけどね。



以下、歌われた全楽曲ご紹介!
あなたはこのうち何曲知ってるかな?
そしてどの歌をだれが歌ったかわかる??

ヒント
・改行で区切られた各ブロックで、4大歌姫はかならず各1曲を歌っている(最後の1曲は全員で合唱)
・参加者は4大歌姫+主役+幹事の計6名、全員女子
・主役と幹事の2名は時々気が向いたときだけ2人で1曲歌っている
 1.リンダリンダ(ブルーハーツ)  サビの「リンダリンダぁ~・・・」絶叫がポイント
 2.横須賀ストーリー(山口百恵)
 3.SHAKE(SMAP)          SMAPの大ヒットのひとつ
 4.Everything(MISIA)      しっとりバラードで聴かせます
 5.Candy Rain(久保田利伸)   「長く長くCandy Rainを包み込んで・・・」

 6.勝手にシンドバット(サザンオールスターズ) サザンのデビュー曲
 7.Desire(中森明菜)      「まっさかさまに堕ちてデザイア~」
 8.Again(Janet Jackson)     全英語詞(っていうか、洋楽です)
 9.なごり雪(イルカ)      
10.青い珊瑚礁(松田聖子)    

11.レッツゴー!陰陽師(矢部野彦麿&琴姫 With 坊主ダンサーズ) 一度聴くとうなされる
12.地上の星(中島みゆき)     NHKプロジェクトX主題歌「草原のペガサス~」
13.三日月(絢香)         auのCM曲「つながっているからねって」   
14.Pride(今井美樹)       
15.ハナミズキ(一青窈)      「君と好きな人が百年続きますように」

16.右から左に受け流す歌(ムーディー勝山) 突然お笑い系へ
17.天城越え(石川さゆり)     くらくらしてきます
18.One Day(?)            
19.I Believe(絢香)      

20.恋する夏の日(天地真理)   
21.経験(辺見マリ)       「やめて」の出だしが刺激的
22.Close to You(COLOR(EXILE)) 
23.ファンタスティポ(トラジ・ハイジ) トラジって焼肉屋さんかと思ったら違うらしい
24.Fragile(Every Little Thing) 

25.ガンダーラ movie version(MONKEY MAJIK) ゴダイゴのとは若干歌詞が違う
26.望郷じょんがら(細川たかし) どんどんディープな世界へ
27.Rewind(CHEMISTRY)
28.会いたい(小柳ゆき)     
29.アジアの純真(PUFFY)     「北京ベルリンダブリンリベリア~」陽水ワールド炸裂

30.恋の綱わたり(中村晃子)   怖い歌、1980年TBS系ドラマ「離婚友達」挿入歌らしい
31.ヨーデル食べ放題(桂雀三郎withまんぷくブラザース) 焼き肉食べ放題の歌
32.Fortune(小柳ゆき)
33.未来予想図Ⅱ(Dreams Come True) 吉田美和さん、ガンバレ!

34.さよならの向こう側(山口百恵) 「サンキュフォユアエブリシング、さよならのかわりに」
  山口百恵さんが引退コンサートのラストで歌ってステージにマイクを置いて去って行った曲。
  最後になってようやく今夜が送別会だったってことに気がついたか・・・
雨の渋谷で解散後、隠れ家で飲みなおす。女王様はなんか濃い酒をロックで召し上がってました。



◆渋谷シダックスビレッジクラブ 渋谷区神南1-12-13 03-3461-9356
 http://www.shidax.co.jp/sc/

ヒミツのお店でノスタルジックナイト

今夜はとっても楽しみな、でもちょっぴり要警戒な宴会。ある一時期に一緒にお仕事してた人の集いで総勢9人が集まった。個別には時たま会ってる人が多いけど、全員そろうのはかなり久しぶり、5年以上はたってると思う。

熟慮の末、場所もスペシャルに、当時良く集ってたヒミツの某店に決定。
近隣の勤め人向けのフライをおかずにご飯を食べるようなお店なんだけど、あらかじめお願いしとくと宴会にも対応してくれるんだ。


煮物、刺身、煮魚なんかも出てくるけど、やっぱりみんなの楽しみははフライもの。ダイエットもコレステロールも忘れて、特大エビフライ&カキフライにかぶりつく。おいしい、そして合い間に飲むビールがまたおいしい。


シメの焼きオニギリと一緒にたっぷり出してくれる自家製のお漬物盛り合わせをツマミにまた飲みなおすのもこの店のスタイルだよ。


ちょっぴり「さだまさし」似の大将がそろそろ店じまいの準備をすすめる気配を察して店を出るのも昔のまま。でも以前だったらこのメンツなら絶対一軒じゃ終わらないとこだけど、今夜はめずらしくそのまま解散。
久しぶりの警戒感か、それともみんなトシとったってことかな?

ほど良い酔いにほど良い時間、乗り過ごしちゃうかと思ったけど、
電車が混んでて座れなかったからか無事帰宅。

目黒・i-rottah 今週も飽食の予感・・・

tomoは基本的にココロの中では常に、週の前半はまっすぐ家に帰って、できるだけお酒も控えて、心身に休養を与える事を目指している。ただ、残念ながら現実には「基本的」じゃない例外が多くて、結果的にはまっすぐ家にも帰らないし、お酒も控えないし、心身にも休養を与えないことが多いんだよね。
今夜もその例に漏れず、目黒のピザが絶品のイタリアン、i-rottah(イロッタ)に出撃♪

まずはおいしい生ビールでカンパイ!



おすすめメニューより、ホタテとエビのサラダ。たっぷりのホタテとエビにタルタルソースがベストマッチ。



ポテトのニョッキは渡り蟹のチーズソースにどっぷり浸ってました。ソースがおいしそうだったから、バケットを追加注文して残ったソースも残らずおいしくいただいちゃいます。



イロッタのピザはナポリ風のもちもちした食感の生地のとこが絶品。かならず注文するのがマルゲリータ、トマトソースにチーズとバジル、さっぱりしていてクラフトのおいしさが味わえます。



半熟タマゴをからめて食べるビスマルク、お皿にとろりと流れた半熟タマゴの黄身は、生地のミミのとこでさらってこれまた残らずおいしく食べちゃいました。



パスタはその名も「娼婦風」、かなり唐辛子をきかせたアンチョビトマトソース。ワインがすすむおいしさ。



同行者が食べてたデザート、冷たいバニラアイスにエスプレッソをかけてたよ。エスプレッソの量は好みで加減して変化をつけて楽しめます。(と、同行者が言ってました。tomoはこういうのはパス!)



tomoのデザートはレモンチェロ、レモンのリキュールをクィっとね♪



◆i-rottah(イロッタ) 東京都目黒区下目黒1丁目5-21 目黒DKウェスト1F 03-3779-1138
 入口がちょっと引っ込んでるから、見逃さないように要注意だよ。
***
i - rottah - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.37.51.873&lon=139.42.56.271&width=300&height=300&sc=3&size=p&prop=gourmet


営業時間、定休日: 【月~金】11:30~14:00  17:30~22:00(L.o) 【土】17:30~22:00(ランチなし) 日・祝定休
最寄り駅: 目黒
※2008年3月17日時点の情報です。
ID:0000831497




次のページ