FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

都会の夜のラビリンス ・・・ 三夜連続素材屋

月曜日

18時過ぎから日比谷方面でとある会合、19時半に終わり、4人で地下の「素材屋」へ。生ビールをどんどん飲み、季節メニューを端からどんどん頼む。白エビのから揚げがうまい。





火曜日

18時半から日比谷方面でとあるイベント、前半は勉強会で後半は懇親会という名の立食パーティーになる。立ったままビールを飲み、つまみを食べていて、ふとブログメイト在京関西人のkazubonが実践しているという「立ち食い立ち飲み健康法」(昼は立ち食い蕎麦、夜は立ち飲み屋)を思い出す。
イベントが終わるとまだ21時。「まだ帰るには早いね」という危険な一言で地下街へ。気がつけば昨夜と同じ「素材屋」でビールを飲んでいた。



水曜日

17時から日比谷方面でとあるイベント、こんどは最初から立食パーティーだ。今日も立ち食い立ち飲み健康法だぜ。19時に終わったが、全然飲み足りないので事務局メンバーが居座って座ってさらに飲む。21時前に解散するが、まだ飲み足りない7人で外に出る。さすがに連夜の痛飲で疲れて思考力が働かない。本能に導かれるようにふらふらとまた「素材屋」へ。

もう、はっきり言って何の写真をとってるのか良くわからないのだ。



ところで

この「素材屋」、日比谷国際ビルというオフィスビルの地下二階にあるのだが、昼間は他のビルの地下や地下鉄駅ともつながっているし地上への出口もあちこちにある。ところが、23時を過ぎると何とほとんどの出入り口にシャッターが下りてしまうのだ。蛍の光に送られて会計を済ませて店を出て、地下鉄駅に行こうとしたら、連絡口はシャッターが下りている。仕方がないので一旦地上に出ようと階段を登ると、階段の先はまたシャッター、一体どうすればいいのだ。
仕方なく店に引き返して「どうやって帰ればいいんでしょうか」と聞くと、ビル内にあるエスカレーター(すでに停止している)を歩いてのぼって、その先の通路を曲がったところの警備室の横から出て階段を登って地上に出ろと言う。酔った身には難しい指示だが、とにかく、このまま日比谷地下街で難民とならずに済みました。


◆素材屋 日比谷シティ店 千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビルB2 03-3509-9111

※「立ち食い立ち飲み健康法」推奨者、kazubon風の文体でお送りしてみました
スポンサーサイト



料理長tomoの挑戦 この記事にでてくるビールを探せ♪

ビールをおいしく飲むには、健康第一!


さすらいの酔いどれ料理長tomo、常に食事の栄養バランスには気を使っている(シラフの時だけはね…)
そうは言ってもいつもいっぱい品数を作るのは大変だから、良くやるのは具だくさんのスープだってのは、前にも記事にしたことあるかな。洋風のスープの場合、豆類なんかを入れるのもいいんだけど、いちいち豆を戻すのも大変だし、量も多くなゃうよね。

そんな時、tomoの秘密兵器はこれ!


サラダビーンズっていうサラダ用の豆の缶詰なんだけど、いろんな種類の豆がコンパクトにミックスされててなかなか良い感じ。週末の朝もこれを使って具だくさんのスープを作ってみた。

◆豆入りの具だくさんスープ
1.トマト、玉ねぎ、にんじん、ジャガイモを適宜細かめに切る
2.鍋に水+コンソメの素を投入して沸かして、上記1とサラダビーンズ缶を入れる(野菜をオリーブオイルで炒めてもいいと思う)
3.ベーコンかハムをきざんだのも入れる
4.塩コショウで味を調えて、仕上げに黒胡椒&パルメザンチーズをふって完成!



このスープは多めに作っとけば晩御飯に鶏肉をソテーしてソース代わりにかけてもいいし、このスープの中で肉類を煮込んでも良いよ。翌日は冷ゴハンを投入してチーズをかければリゾット風のおじやも楽しめま~す♪

ちなみにこの日の朝食は、トーストとレアめの目玉焼きを添えて、こんな感じ。



ところで、この記事のタイトル見たかな?

この記事にでてくるビールを探せ♪


さて、

この記事の、

どのへんにビールが出てきてるかって言うと…

(注)tomoは原則として朝からビールは飲まないよ!







ここにビールが!




ビール酵母の食パンだったのでした。

白金台・グリフォン 新発見!おすすめランチスポット

目黒と白金の中間地点あたり、いままでしばらくランチをお休みしてたお店がランチ再開したみたいだから行ってみたよ♪

GRIFOne(グリフォン)

目黒通りに面した階段を登った2階、ゆったりと配置されたテーブル、ランチのお料理は週代わりで、
 Aコース 前菜+パスタ+デザート 1,365円
 Bコース 前菜+メイン(肉または魚)+デザート 1,890円
 Cコース 前菜+パスタ+メイン(肉または魚)+デザート 2,415円
どのコースも自家製のパンと食後のコーヒーがついてます。

仕事の昼休みでもあることだし、tomoの選択はAコース。

前菜盛り合わせ
パルマ産生ハムとりんごのコンポート、地中海の魚介マリネ、有機野菜のトマト煮込みでした。



パスタは、タリアッテレ、鴨・豚・牛肉のラグーソース(ラグーソース=ミートソースだそうです)
手打ちのもちもちした太目の平打ち麺に、ゴロゴロしたお肉たっぷりのミートソースがからんで絶品!
パスタと言うよりメインの肉料理みたいな満足感だったよ。



本日の自家製パンは、ハーブをたっぷり練りこんだもの。料理のソースやオリーブオイルをつけていただきます、食欲旺盛な人はお代わりも可。



デザートがこれまたゴージャス!
アイスクリーム、生クリームにフルーツがいっぱい、カラメルソースとブルーベリーのソースがかかってます。飾りの飴をパリパリっと割って一緒に食べればとろぉ~りクリームとカリカリの飴の食感のハーモニーも楽しめます。



食後のコーヒーを楽しみ、お会計はテーブルでね。
これは絶対お値打ちのランチだよ、
もしかしてランチはじめたてだからしばらくはお得なメニューを提供してくれるのかもしれないね。

来週はどんなメニューか・・・楽しみだな♪

◆グリフォン 港区白金台3-18-12 AKETAビル2F 03-3442-7745 火曜休

***

朝から誘惑の甘い罠

朝は程度の差こそあるけど、二日酔い気味のことが多い。
傘、カバン、コート、財布、定期、携帯電話・・・ちゃんと昨夜は忘れ物せずに持ち物全部持ち帰っているか点検しつつ、反省を・・・って、反省してる場合じゃない、会社行かなくっちゃ!

どんよりと最寄り駅のホームに立つと、最近いきなりこの看板が目に飛び込んでくる。

うーーっ、モルツ モルツ モルツ モルツ



 詳しくは → http://www.suntory.co.jp/beer/malts/index.html

思わず友達にこの看板を写メールしたら、「tomoちゃんがいっぱいいる~」って返信が来たよ。
 ・・・tomoは、缶ビールか?
 tomoは口からビールを吹き出してるのか?
 でもって、くびれの無い缶体型か??

そんなくだらない事考えながら、4月になってますます混雑の激しい通勤電車で会社に向かう。
新入社員や学校の新入生がデビューするこの時期は、毎年のことだけど、いつもにも増して混雑が激しい。途中駅混雑とかドアにカバンがはさまったとかで電車も遅れ勝ち。

ぐったりした気分で混んだ電車を降りて、ふと見上げれば、今度はこんな看板が!

香るヱビス、ヱビス<ザ・ホップ>、新発売。



 詳しくは → http://www.yebisubar.jp/thehop/index.html

こういうのがアタマのどこかに刷り込まれてるから、夜になるとビールを求めちゃうんだよね。

天は人の上に人を作らずだけど・・・

お札で有名な福沢諭吉さんだけど、その「学問のすすめ」の冒頭は、だれでも一度は聞いたことあるんじゃないかな。
「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。されば天より人を生ずるには、万人は万人皆同じ位にして、生れながら貴賎上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの者を資り、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずしておのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。
人は生まれながらにして身分の差別は無く、みんな平等だっていうような意味かな。
じゃあ人は平等だとして、人類以外の・・・たとえばってのはどうよ?

実はtomo、春休みの関西旅行で、苔の平等問題に関する鋭い問題提起を目撃しちゃったんだ。

京都 銀閣寺にて

銀閣寺の大切な苔



ちょっと邪魔な苔



とても邪魔な苔



もしかしてさん達は「銀閣寺に超ものすごぉ~く邪魔な生物=人間」とか思ってたりしてね。


ビールに合うスパゲティ、かな?

お友達の家のホームパーティーで様々なご馳走を食べてきて、自分でもつくってみたくなった。難しいのは無理そうだけど、さっぱり塩味のシラススパゲティが割とシンプルでイケるかも!
*ホームパーティーの記事はこちら → http://blogs.yahoo.co.jp/imaimamama/46234937.html

◆シラスの塩味スパゲティ Y氏のレシピ
1.スパゲティは表示通り茹でる
2.フライパンにオリーブオイル・ニンニクを入れて香りが立つまで炒めて、白ワインとコンソメを加える
3.茹で上がったスパゲティをフライパンに入れて炒め合わせて塩コショウで味を調え、シラスをトッピング
手順はシンプルな気がするんだけど、ホントにびっくりするくらいおいしかった。

これならtomoにもできそう・・・な気がする

スパゲティはY氏宅とおんなじディ・チェコのがあるから、とりあえずお湯を沸かしてゆで始める。
そしてフライパンでオリーブオイルとニンニクを・・・・・・・

ニンニク、無いです!

今さら買いに行ってる時間は無いから、タマネギをあらミジンに切って代用する。次は白ワインとコンソメ投入だね、どのくらい入れればいいのかな・・・・・・

白ワイン、無いです!

ビールは売るほど冷蔵庫に冷えてるんだけど、料理用も飲用も白ワインは無い。やむを得ず、日本酒で代用。
そうこうするうちにスパゲティは茹で上がり、フライパンに入れて混ぜ合わせるけどなんだか水分が足りなくて焦げ付きそう!味付けは塩コショウだけど、誘惑に負けて軽く醤油も追加、ここでシラスをたっぷりトッピングしようと思ったら・・・・・・・・

シラス、ちょっとしか残ってないよ

なんだかさびしいから、朝食の残りの塩鮭をほぐしてあったのを追加でトッピング、ついでに鮭茶漬け風に刻み海苔もかけてみた。


ちょっと焦げちゃってて見かけはイマイチだけど、シラスと塩鮭フレークの塩気と刻み海苔の磯の香り、なかなか悪くないんじゃない?この場合、最近リニューアルしてさっぱり系になったモルツと好相性かも。



醤油いれるならオリーブオイルじゃなくてバターでも良かったかな、とか、やっぱり白ワインが欲しかったなとか、反省点の多い料理だけど、それなりにおいしかったから、満足♪

モテる男子の条件? オトコの手料理堪能しちゃった

いまどきの男子は料理くらい出来ないとモテないらしい・・・

とある会社関係の飲み会で、隣に座ったY氏が料理が得意だっていう話題になった。
それならみんなで食べてみようじゃないかってことで、その日のメンバープラスアルファ、計6名でY氏宅におしかけてみました♪

ちなみにY氏は、奥さん(美人で仕事もできる)と二人、港区の某地下鉄駅から徒歩3分の瀟洒なマンションに住んでる。高層階だから東京タワー、六本木ヒルズ、そしてかなたには富士山もみえてるロケーションだよ。
玄関を開けて迎えてくれたのは笑顔の奥さま、そしてY氏はエプロン姿もりりしくカウンターキッチンで腕をふるってる。来客の時だけじゃなくって、普段から休日の料理はぜんぶダンナさまの担当なんだとか。

そして自慢のお料理はっていうと・・・これがビックリ本格的においしかったです。「写真撮って良いよ」って言われたんだけど、食べるのに夢中になっちゃって最初の前菜しか撮ってませんでした~、不覚!

記憶を頼りに食べたものを思い出してみると・・・


 3色パプリカのマリネ
   作り方を聞いてみたけど、黒焦げになるまで焼いて皮をむいて・・・っていうとこでギブアップ!
 茄子のマリネ
   パプリカのマリネと同じドレッシングで、即興でつくってくれました
 チーズ&クラッカー
   ちなみに、Y氏の住むマンションのすぐ近くには高級スーパーがあって、本格食材がすぐ手に入る
 ハムのムース&トマトのディップ スライスしたバケットを添えて
   「あとからどんどん料理出すから、パン食べ過ぎないでね」って牽制球が飛んできた
 白身魚のカルパッチョ
   さっぱりなんだけど濃厚な味、あれって何の魚だったのかな
 茄子とベーコンのトマトソーススパゲティ
   キッチンから「アーっ、いけねっ!」の叫びが・・・茄子入れ忘れてたそうです、後から茄子トッピング
 牛タタキ ゆず胡椒&お手製ポン酢と共に
   材料がいいのか料理が良いのか・・・とろける美味、濃厚なスパゲティの後のあっさり和風がおいしい
 シラスの塩味スパゲティ
   これもあっさり系、美味!
 アサリのトマトソーススパゲティ
   「まだ食べられる?」との質問に、全員はげしくうなずいたらこれがでてきました
 ポルチーニ茸のリゾット
   スモーカーのY氏が一服している間は、奥様がリゾットの加減を見張ってます
 漬物(キュウリ、茄子、蕪)
   ここで飲み物が焼酎に切り替わり、夜は果てしなく更けてゆく・・・
 果物(イチゴ)

飲み物は持ち寄りってことで、みんなで持ち寄ったワインやビールを飲んでたんだけど、最後はY氏秘蔵の焼酎を・・・空けちゃったみたいだね。

Y氏ご夫妻、お世話になりました。
次回はちゃんと写真撮ってupするから・・・また呼んでね♪

*** 4/17追記 ***
この記事にトラックバックされてるブログ友達kazubonの「在京関西人日記」の記事(↓)を合わせて読むと、2倍楽しめる・・・かも!
http://blogs.yahoo.co.jp/kazubon22jp/47751667.html

目黒・キリンシティ 「今日もお仕事お疲れ様でした!」

キリンシティからまたお誘いのお葉書が来ていた、どうやら店長サンが変わったらしい。
久しぶりにあのスフレの泡のビールが飲みたくなって、行ってきたよ。

メンバー3人は現地集合、飲む気十分のtomoは時間前に到着して、まずは一人でハートランドを注文!


1杯目のビールは「今日も一日お仕事お疲れ様でした!」っていうねぎらいの言葉と共にテーブルへ置かれる。なかなか良いキブンじゃない♪

2週間限定の旬メニュー、ほたるいかのマリネ、オリーブオイルでマリネしてから酢味噌をかけてある。tomoは甘すぎる酢味噌は苦手なんだけど、酒飲みが好むほどよい味加減でGOOD!思わずおかわりを注文しちゃった。



ところで、キリンシティのビールは文句なしにおいしいんだけど、欠点はビールがでてくるのにちょっと時間がかかること。泡を落ち着かせて3度注ぎしてるから、数分はかかる。
だから、半分くらい呑んだら次を注文するのがおすすめ。でも油断してると前のが終わらないうちに次が到着しちゃったりします。この場合、終わりそうなビールをすばやく飲み干してグラスをお姉さんに渡すのが正解。



これもおいしかった、料理名は忘れちゃったけどつぶしたエビとチーズをパリッパリの薄焼きにしたもの。



ところで・・・

tomoのことを酒飲みだと思ってる人も多いと思うけど、会社に入って数年は今とは比べ物にならないくらいラディカルな呑み方してたんだよね。これでも今はかなり大人の飲み方になってるのだ。でも、この夜のメンバーの一人は久しぶりに再会した当時の飲み友達・・・ついつい以前のキブンがよみがえって、かなりなピッチでビールを注文しちゃう。




その後、昔良く入り浸ってたスナックでウィスキーを飲んだのは覚えてるんだけど・・・





気がつくと、高菜漬をつまみながらビールを・・・

しかも、場所はさっきまでいたはずのスナックじゃなくってラーメン屋さんのカウンターになってる。



次に気がつくと目の前にラーメンが出現・・・なぜだ?!





時間はまだ割りと早かったんだけど、結構ヘロヘロになりつつ帰宅しました。

◆キリンシティ 目黒 目黒区目黒1-4-6弥生ビル1F 03-3492-9238 
 http://www.kirincity.co.jp/

麻布十番・山忠 去り行く季節を惜しんで鍋&ビール

桜の花が散り始めたと思ったら、もう枝々はすっかり緑
いつの間にかコートが重く感じるようになって
春は駆け足で走り抜けてく

そろそろ鍋の季節も終わりかな・・・

麻布十番のお気に入り、山忠で名残の湯豆腐を食べてきたよ♪



ここの湯豆腐はあっさり豆腐と春菊、お豆腐がグラリときたらもう食べごろ。



愛するシメサバも良い感じ!



大ぶりに切られたマグロがまたとろける美味なんだな~。
写真でみると、一切れだけちょっと曲がったポーズがなんだかセクシー?!



ここでちょっとキブンを変えて、ナマコ酢の歯ごたえを楽しんでみる。



本日の大ヒットは白エビのから揚げ、外はサクサクで中がやわらかで程よい塩味、もう呑めないって思ってたビール、いつのまにかついついおかわりしてたよ。



おしゃれな店が多い麻布十番だけど、地元に愛される昔ながらの居酒屋スタイル、そして飾らない実質本位がなぜだか居心地良い。いつまでも変わらないでいて欲しいお店の一つだな。

◆山忠 港区麻布十番2丁目19-11 03-3451-5003

***
山忠 [ 居酒屋 ] - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.39.06.242&lon=139.44.21.325&width=300&height=300&sc=3


住所: 東京都港区麻布十番2丁目19-11
最寄り駅: 麻布十番
Yahoo!グルメでこの店舗のクチコミを見る

※2007年4月11日時点の情報です。
ID:0000646036




ヱビス ザ・ホップ 緑のヱビスビールを飲んでみる

風薫る季節、ビールも一段とおいしくなってきて、新製品ラッシュが続いてるね♪

エビス ザ・ホップ




この間は期間限定で琥珀ヱビスってのが出てたけど、こんどの緑は定番なのかな。
HPなんかの解説をみると、その名のとおりホップが自慢、香りの良いファインアロマホップをブレンドしてるのが大きな特徴らしい。そしてグビグビ飲むよりグラスに注いである程度味わってほしいってのは、普通の金缶ヱビスビールと共通のところ。

こういうのって、やっぱり比べてみないとわかんないよね。



心なしか、緑のはホップの香りのさわやかな後味が感じられるような・・・でも、だまって出されたら見分けつくかなぁ・・・


◆ヱビスビール ザ・ホップ HP → http://www.yebisubar.jp/thehop/index.html
次のページ