FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

2019夏 京都&湖北遠征3日目 長浜散策~長浜城、大通寺など

8月18日の日曜日、遠征の最終日は長浜散策。
リーダーのITさんから、10時半からブランチで鯖そうめんを食べるとの指令が来る。10時半まで何も食べないのは寂しいので、私はこっそりコンビニで調達しておいたヨーグルトなどいただいて、ロビーに集合。荷物はホテルに預けて、まずは長浜城に向かう。

長浜城に入ったロビーのところで、昔のお姫様が着てたのを再現したような金ぴかの打掛が用意されていて勝手に羽織って写真を撮って良いと言うので、早速みんなで着て写真を撮って遊ぶ。
お城の建物自体は後から再建されたものと思われるけれど、海に近いところにあるので、上まで登ると景色が良くて気分が良い。
昨日訪ねた菅浦はあっちの方かな、などと言いながら湖を見はるかす。
それにしても広い。まるっきり湖と言うより海だよね。

そうこうするうちに10時半が近づいたので、長浜の市街地へ。
鯖そうめんのお店に行くと、開店の10時半にすでに並んでいる。待つこと暫し、案内されたのは二階の座敷だ。古民家レストランでなかなか風情がある。鯖そうめんと鯖鮨とビールを注文。
鯖そうめんは、甘辛く煮た鯖の煮汁に絡めたそうめんの上にどーんと鯖がのっかった、なかなかインパクトのある食べ物。そうめんだから軽いかと思うと、かなりボリュームがある。そうめんだけじゃ足りないと思って頼んだ鯖鮨が重く感じるので、なるべくカットが小さそうなのを狙っていただく。

長浜は東京からだと遠いけど、観光地として人気があるようで、古い町並みが綺麗に整備されていて、こじゃれたお土産屋さんや食べ物屋さんが並ぶ。これらのお店を物色しつつ、この町の中心に位置する大通寺へ。
本堂でしばしまったりしたあと、有料の付属施設(建物と庭)を見学。
確かにすごく歴史を感じる立派な建物だけれど、全体を維持するのは大変なのか、部屋によっては畳や床の劣化が感じられて、ちょっと心細い。

<裏tomo君>
あんたの体重でドカドカ歩くと、畳に穴開きそうだったよね。


一通りお寺を見て、再びお土産屋さんストリートへ。
お土産を買ったりしているうちに帰りの時間が近づき、一同米原経由でビールなど片手に新幹線に乗って、一路東京へ。
そして精鋭達はさらに駅近くでちょっと飲んで反省会などやって、今回の旅もおしまい。

消化しきれないほど盛りだくさんの二泊三日だったけど、五山の送り火も湖北エリアも魅力的でまだまだ奥が深そう、再訪したい気持ちいっぱいだよ。

<裏tomo君>
消化しきれないほど飲み食い…


◆翼果楼(ヨカロウ) 滋賀県長浜市元浜町7−8 0749-63-3663

真宗大谷派長浜別院大通寺 滋賀県長浜市元浜町32−9 0749-62-0054 

諸国ひものと 千代田区丸の内1丁目9−1 東京駅一番街 にっぽんグルメ街道 B1F 03-6206-3093


いきなりKちゃんのサービスショット♡
長浜城

長浜城てっぺんから琵琶湖を見る、昨日はあの辺りを旅してたのかな、次は竹生島にも行きたいな。
長浜城

ブランチの鯖そうめん屋さんにて、まずはビール。
翼果楼

レトロな窓から中庭が見える二階、良い感じ。
翼果楼

これが鯖そうめん、インパクトある。
翼果楼

ちょっとアップで、鯖、大きすぎないか?
翼果楼

しかも、鯖鮨もこんなに頼んじゃってるし。
翼果楼

レトロな店内一階。
翼果楼

外観はこんな感じ、入口は右横手にある。
長浜

お寺に向かって歩く。
長浜

横道はこんな感じ。
長浜

お寺近づいてきた。
長浜

長浜大通寺

これが本堂。向かって左手に有料で見学できる建物群あり。
長浜大通寺

色々見どころあるし、メンテナンス支援のためにもぜひ有料見学もね。
長浜大通寺

お庭も癒される。
長浜大通寺

長浜大通寺

そしてKちゃんたちは近江牛まんなど購入。
長浜

長浜はかつて交通の要所だったのか、レトロモダンな建物も結構ある。
長浜

長浜

駅前には秀吉に石田三成がお茶を出してる有名な場面の像。
長浜


帰路、新幹線で飲みつつ旅の思い出など語る。
新幹線

Kちゃんから、近江牛まんが半分配給される。美味しかった♪
新幹線

他にもなんか色々回って来る。
新幹線


精鋭たちは、さらに東京駅で反省会。
東京駅ひものと東京駅ひものと

どうもお疲れちゃん!
スポンサーサイト



2019夏 京都&湖北遠征2日目 湖北の隠れ里菅浦と観音像めぐり 写真多め

京都五山の送り火を鑑賞した翌日の8月17日。
前夜は8人の俳句ナカマが集っていたけれど、関西在住のRN氏は前夜遅くに去り、おひささんはこれから能登に行くと言う事で京都駅でお別れ、最若手のFTさんはお仕事で早めに帰らねばならないため、この日は一人で彦根城などを見てから帰路につくと言う事で、残る5人で米原へ。

ここでレンタカーを借りて、湖北の隠れ里とも言われる菅浦に向かう。
菅浦は、険しい半島が湖につきだす地形からかつては船でしか行けなかった、まさに隠れ里。その集落の景観は国の重要文化的景観に選定されているらしい。
集落の両端には部外者の侵入を監視していたと言う四つ足門が残る。
764年に藤原仲麻呂の乱により廃位となった淳仁天皇がこの地に隠棲したとの伝承があり、その時造営した保良の宮の跡が須賀神社となっていて、淳仁天皇を祀っているとのこと。
で、車を停めてこの須賀神社に行こうとすると、参道を何か犬くらいの大きさだけど犬じゃないけものが横切っていく。よく見ると参道の左手の山にはサルの群れがいる。怖い。
ねえねえ、猿がたくさんいるみたいだし、ここはやめておこうよと言っても俳人たちは聞かないで進んでいくので、仕方なく私もついていく。
やがてサルの群れを抜けたところで石段の麓にさしかかる。
石段の入り口には立ち入り禁止っぽい柵があるのでここまでかと思いきや、ここから先は聖域なので、土足厳禁とのこと。昔は本当に素足で登ったらしいけれど、今は右手に東屋があってスリッパが用意されていて、このスリッパで行けと書かれている。
なんだか猿に靴を持って行かれそうでちょっと怖いけど、ここまで来たら観念して、スリッパに履き替えて草生す石段を登る。
石段の上にある社にお参りし、石段を下りてスリッパからふたたび靴に履き替えて、集落の中へ降りていく。猿の被害を防ぐためか、周囲の畑は電気柵に囲まれている。
戦国時代、小谷城落城の際に浅井長政の子の万菊丸が一時逃れたと言う伝承のある安相寺を訪ね、街並みをそぞろ歩き、湖畔を歩く。

<裏tomo君>
偉そうに書いてるけどそもそも地理・歴史知識ゼロ、受け売りそのものだよね。

で、まあ、そろそろお腹もすいてきてどこかでお昼を食べたいところだけど、集落内に飲食店は少なく、営業時間が終わっていたり貸切の表示があったり。これにて菅浦を出て、来る途中で目をつけておいた道の駅「あぢかまの里」でランチタイムにする。

ランチの後は、己高閣、石道寺と湖北の観音像などを巡る。
このあたり、なぜだか十一面観音像がたくさんあるらしい。

これにてレンタカーは返却して、長浜のホテルにチェックインしてディナーに繰り出す。
店の名はなぜか「能登」。そう言えば能登に向かったおひささん、無事到着したかな。
店名の由来を聞くと、先代(?)は能登で店を開いていたのが長浜に移ってきたらしい。確かに、改めて地図を見ると、この先は福井県、石川県と繋がってるんだね。
レトロに落ち着く店内は中庭に面した小上がり席で、琵琶湖ゆかりのお料理を堪能。もちろん、ビールもお酒も堪能する。
句会もやったんだけど、精鋭メンバーの中で極めて不調で一人沈む。反省。

店を出て夜の街をそぞろ歩き、さらに主宰の部屋にみんなで押しかけて飲みなおす。
やがて私は力尽きて自室に戻ったけど、その後もKちゃん絶好調で夜はふけて行ったらしいよ。

◆道の駅 塩津海道 あぢかまの里 滋賀県長浜市西浅井町塩津浜1765 0749-88-0848
 ネーミング「あぢかま」の由来、いろんな人に聞いたけど、結局不明。塩津の枕詞で、なんか鴨と関係しているみたいなんだけど。

◆己高閣(ココウカク) 滋賀県長浜市木之本町古橋1094 0749-82-2784
 かつて近くの己高山に多くの寺々があったが衰退してしまったため、それらの寺宝を納めるために建てられた文化財収蔵庫。鶏足寺の十一面観音をはじめ、数々の重要文化財がある。

◆石道寺(シャクドウジ) 滋賀県長浜市木之本町石道 0749-82-3730 
 国指定の重要文化財、平安末期の作と伝えられる本尊の十一面観音像がある。閉門時間の16時ギリギリ到着したけど、入れてくれてありがとう。

◆割烹能登(カッポウノト) 滋賀県長浜市朝日町2−2 0749-63-1096
 入口で狸の置物が出迎えてくれる。

◆ホテルYes長浜駅前館  滋賀県長浜市南呉服町9-30 0749-65-808


俗世から隔離された感のある隠れ里菅浦、かつて人の出入りを監視していた四つ足門。
菅浦

須賀神社への石段を上から見下ろす。右手下の方にはサルが群れている。
菅浦

ご挨拶を。
菅浦

安相寺。
菅浦

湖岸近くを歩く。波打ち際では浮き輪で泳いでいる子供たちもいた。
菅浦

ぐるっと回って加賀神社入口に戻る。
菅浦


道の駅「あぢかまの里」にて、ランチ。
道の駅あぢかま


己高閣の収納庫の一つ。建物はたくさんある。
己高閣


石道寺。
石道寺


レンタカーを返して、とりあえず乾杯!
缶ビール


晩ご飯はこちらで。
割烹能登

割烹能登

おすすめ料理。
割烹能登

まずは乾杯!
割烹能登

小鮎の山椒煮。
割烹能登

鮒鮓、湖北に来たからにはこれを食べねばならない。
割烹能登

そして鱧。
割烹能登
川エビのかき揚げ。
割烹能登

子鮎の天ぷら。
割烹能登

琵琶マス。
割烹能登

ホンモロコとネギの鍋、だったかな。
割烹能登

〆は梅ぞうすい。
割烹能登

さらに、肝臓を労わるしじみ汁。
割烹能登


夜の街をはしゃいで徘徊する俳人たち。
長浜の夜


さらに、仕上げビール~♪
長浜の夜


2019夏 京都&湖北遠征1日目 京都五山の送り火 

8月16日の金曜日、東京駅から新幹線で京都へ向かった。
京都五山の送り火を見て、ついでに足を延ばして琵琶湖の北の方を巡ると言うのが目的だ。

メンバーは、所属俳句会主宰、SO氏、ITさん、Kちゃん、おひささん、それに私の6人。
京都に到着後、まずはKちゃんの提案で銀閣寺の近くにある白沙村荘橋本関雪記念館へ。
実はKちゃん、学生時代を京都で過ごしていて、何かと詳しいのだ。

白沙村荘は、日本画家の橋本関雪がアトリエとして整備した庭園や家屋を公開しているもので、関雪の作品や収集品を展示している橋本関雪記念館を併設している。
そしてこの記念館の正面は五山の送り火の代表ともいえる「大」の字の火をともす山となっていて、遠目にではあるけれど、準備の様子を見ることもできる。

ランチはKちゃんの思い出のお店でと近くの食堂に行ってみるものの、営業していない。後で聞いたら店主がまさに送り火の準備のために山に入っているため、店は臨時休業だったらしい。
ってことで、近くのお蕎麦屋さんで、とにもかくにもビール。
あれこれつまんでお蕎麦で〆て、一旦ホテルへ。その後主宰に案内していただいて、本能寺跡など近隣を散策する。

夕暮れも近づき、大文字を鑑賞するために、いよいよ京都御所へと向かう。
御所の蛤門あたりで現地集合のRN氏、FTさんと無事合流して、暗闇の庭に入っていく。
あたりにはすでに多くの人が集まって、その時を待っている。
そしていよいよ点火。
大の文字の真ん中あたりにまず火が灯り、やがてその火が広がって夜空に「大」の文字が浮かび上がる。
お盆で戻ってきていた祖先の霊が迷わず帰れるよう送り出すと言う、壮大な送り火だ。
思わず厳かな気持ちに浸っていると、何人かのスマホやカメラのフラッシュが光って我に返る。
この送り火の写真をとるのにフラッシュは意味ない気もするけど、止め方が分からないのかもね。

あたりには観光バスでやってきている団体さんもいる。
団体さんには団体さんの都合があるようで、まだ文字が燃え盛っているんだけれど、ガイドさんらしい人が暗闇に向かって「○×ツアーのみなさまはそろそろバスにお戻りください!」と、繰り返し叫んでいる。果たして全員がバスに戻れたんだろうか。

やがて、大の字の左払いのあたりが途切れがちになり、次第に文字が欠けてゆく。
美しくも儚く寂しい、古都の夏の終わりを告げる大イベントだ。

火が完全に消え、私達も帰路につく。
と言ってもタクシーの空車は皆無、バスも超満員で、徒歩でね。
ホテルの近くのお居酒屋「卯今」になだれ込んで、遅めの夕食宴会、そしてこのメンバーなんで当然句会となる。

さらに帰りにコンビニであれこれ調達して、部屋にあつまってちょっぴり飲み直し。
どうもお疲れちゃん。


◆白沙村荘 橋本関雪記念館 京都市左京区浄土寺石橋町37 075-751-0446
 http://www.hakusasonso.jp/

◆そば処 甚兵衛(ジンベエ) 京都府京都市左京区浄土寺石橋町27 075-751-1097

◆卯今(ウコン) 京都府京都市中京区 姉小路通西堀川西入樽屋町474 テソロナガノ1F 075-777-8134

◆ザ・エディスターホテル京都二条 京都府京都市中京区西堀川通姉小路下る姉西堀川町508番地  075-468-8877

~ 今日の俳句 ~
 本能寺跡秋の蚊残党めきて群れ
 去りかけてまた振り返る大文字
 うす雲を長々と引き盆の月

朝の新幹線で、まずは乾杯!
主宰は朝は飲まない主義らしいけど、残りメンバーは遠慮なく飲んじゃうのだ。
関西遠征

白沙村荘、手入れされた庭や建物が素晴らしい。
白沙村荘

白沙村荘

白沙村荘

白沙村荘

記念館には関雪が各地から集めた収集品も展示されている。
白沙村荘

記念館二階テラスより、正面の山に大文字が灯るようで、準備が進んでいる。
白沙村荘

ランチはお蕎麦屋さんで、乾杯!
そば処甚兵衛

そば処甚兵衛

この古漬けの糠漬けが美味しかった。
そば処甚兵衛

三色蕎麦、ちょっと食べすぎだったかな。
そば処甚兵衛

これを見にはるばる来たんだな。
五山の送り火

終了後は8人で句会宴会。
卯今

選べるつきだし、私は冷たいスープをいただく。
卯今

夏の京都、やっぱり鱧ははずせないね。
卯今

万願寺唐辛子。
卯今

辛子豆腐。
卯今

九条ネギ入りの玉子焼き。
卯今

山芋千切りに酒盗をかけたおつまみ。日本酒がすすむ。
卯今

最後は思い思いに〆て、一旦解散。
卯今


ちなみに、これはホテルの朝食、お弁当スタイルだ。
味噌汁やコーヒーなどのドリンクは無料サービスでいつでもいただけるのは、なかなか良いサービスだね。
ザ・エディスターホテル朝食


この後は、湖北の旅に続く。

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 8月の宙句会と極句会とOh!納涼句会

えっと、本日はKCM(句会コネクトメソッド)記事ってことで、一週間まとめて。

四国の旅から帰った翌日の5日月曜日は銀漢亭へ、この日は句会も写真も無し。

1日置いて7日の水曜日は、宙(ソラ)句会で再び銀漢亭へ。
若手メンバーが多くていつも活気がある宙句会、8月の兼題は秋の声、法師蝉、当季雑詠で5句出し。公共機関の会議室でまじめに句会をやってから、銀漢亭での反省会となる。
参加者から王子の扇屋さんの人気の玉子焼きの差し入れあり。

翌日の8日木曜日は極(キワミ)句会。
所属俳句会の宴会で活躍する人々を中心としたこの句会、兼題は新涼、銀漢、当季雑詠の4句出し。
そして終了後の反省会で、この日はおひささんと私から、先日の四国旅行でのお土産アリ。
おひささんからは「極」の漢字がかたどられている落雁、何とミカン味。私からはミカン味も含めた魚肉ソーセージね。
落雁はともかくとして、魚肉ソーセージのミカン味はやや微妙、だったかもね。
で、ほぼ終了したころにこの日誕生日の人が判明して、またもヴーヴ・クリコで乾杯!
この、最後のシャンパンが、結構効いちゃうのよね。

さらに1日置いて10日の土曜日は、定休日の銀漢亭を貸切営業にして、超結社のOh!納涼句会。
希望者誰でも参加可能なこの「Oh!句会」は、Oh!花見、Oh!納涼、Oh!月見、Oh!つごもり、と年4回の開催。兼題句会+席題句会でいつも長時間盛り上がる。
最初の句会は兼題残暑、佞武多、秋の蛍、西瓜、虫送で5句出し。
句会終了後に、次の句会のお題がその場で出される(席題)。秋の雲、蜩、唐辛子で3句出し。
さらに次の席題は秋の虹、桃で2句出し。
昼過ぎから始まって、すでに外は夕暮れと言うか夕闇だ。
みなさんどうも、おつかれちゃん!
と言いつつ、有志たちはさらに近くの居酒屋「大金星」に場所を移して、反省会は続くのであった。

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。

~ 今日の俳句×3回分 ~
(宙句会)
 水占の水面の風や秋の声
 願ふこと書かぬ短冊星祭
 乾ききる折り鶴数多原爆忌
 街を焼く日差し朝から原爆忌

(極句会)
 浅間より天に湧き出す天の川
 真夜中の逢瀬銀漢流れ増す
 新涼やせせらぎを聞く宿の朝

(Oh!納涼句会1回目)
 抱きし子の腕に張り付く残暑かな
 恋知らぬままの光か秋蛍
(2回目)
 かなかなや休暇果つる日まで遊ぶ
 旅終はることを知らすか秋の雲
(3回目)
 片脚は能登の海へと秋の虹


<コネクトtomo君>
記事をいっぱいつなげるコネクトメソッドは、猿吉君ブログインスパイアなのだ。

<裏tomo君>
読む人には迷惑なメソッドなんじゃない?


これは宙句会の時の外観。
銀漢亭

扇屋さんの玉子焼き、ファンが多い。
銀漢亭

旧暦の七夕の前だったので、天井からは色とりどりの短冊がさがってて綺麗だ。
銀漢亭

そして極句会。
銀漢亭

まずは、ハッピーアワーのビールね。
銀漢亭

おひささんからの差し入れ。
銀漢亭

中身はこんな感じ、確かにミカン味だった。
銀漢亭

乾杯!
銀漢亭

私の差し入れは魚肉ソーセージ、向かって右がちょっと微妙なミカン味なのであった。
銀漢亭

茄子や鰹など、季節の美味がてんこ盛り。
銀漢亭

銀漢亭

銀漢亭

この日のカウンター担当は、Kちゃんね。
銀漢亭

そして、またも深夜のヴーヴ・クリコ♪
銀漢亭

これが結構効くのよね。
銀漢亭

そして土曜日はOh!納涼句会。幹事のお手伝いで多忙のため、写真はこれしか無いのだ。
銀漢亭

2次会は、大金星にて。すでに酔っ払いのため、こちらも写真はこれ一枚。
大金星


台風15号接近の報、どうか大きな被害が出ませんように。
みなさん、ご安全に!


神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 8月の十六夜句会

8月も明日で終わり、古巣のYahooブログはいよいよ明日で更新機能停止(記事の登録、修正、コメント投稿などができなくなる)、あとは12月15日の消滅を待つばかりとなる。
そんな中、こちらのブログ記事はやっと8月に突入♪

7月30日は色々野暮用あってふらりと銀漢亭へ。
月末間近とあって超閑散で、生ビールなどいただきつつ店主やカウンタースタッフ君とお話ししたりして、早々に退散する。

1日おいて8月1日の木曜日は再び銀漢亭へ。この日は女子限定の十六夜句会なんで、まずは一階でハッピーアワーの200円生ビールをいただいてから、2階の会議室へ。
兼題は秋近し、流星。席題は溝萩、あと当季雑詠で4句出しだ。
席題は、その日銀漢亭に居る人にその場で出してもらうお題なので、即興での俳句作りが求められる。

<季語tomo君>
溝萩~ミソハギと読む、千屈菜とも。湿地や田の畔などに自生するミソハギ科の多年草。高さ1メートルほどで、淡紅紫色の花を長い穂状につける。精霊棚に水を掛けるときこの花を使うので、盆花として栽培もされている。(気になる方はググれば画像色々みつかるはず)

で、まあ、句会が無事終わって一階のお店に舞い戻り、反省会。
先日の小諸でおひささんと買い求めて送り込んでおいたソラリスワインをみんなで楽しむ。
もっともこの日はおひささんは都合により(たぶん別の宴会あり)欠席だったんだけどね。
あれこれ飲んで食べていると、この日来店していたKM氏から持ち込みの鯖と穴子の押し寿司、玉子焼きの差し入れをいただく。旨し。
こうして女子会句会の面々は、夜遅くまで楽しく銀漢亭にたむろしていたのであった。

<裏tomo君>
夜遅くに…押し寿司系って炭水化物ギッシリだよね。

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。

~ 今日の俳句 ~
 浅間嶺は青さを増せり秋隣
 流星の消えしあたりの土匂ふ
 秋近し丹念に引くアイライン
 千屈菜の刈られて水を恋しがる

7月30日、店内は超閑散。
銀漢亭

茄子など摘まみにハッピーアワービールをいただいて、退散~♪
銀漢亭

銀漢亭


そして8月1日は、十六夜句会。
銀漢亭

終わって銀漢亭で、反省会なのだ。
銀漢亭

カボチャが美味しいのは素材が良いのか調理法が良いのか、とろりほっくり。
銀漢亭

おひささんと私からの差し入れワインはこちら。
銀漢亭

銀漢亭

こちらは北軽でいただいてきた巨大なインゲン、新鮮でこれまた超絶美味。
銀漢亭

KM氏差し入れの押し寿司と玉子焼き、ぺろりといただいてしまう。
銀漢亭
次のページ