FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

アラジン 映画鑑賞と反省会

アラジン

またまた久しぶりな映画鑑賞。
7月25日の木曜日は、日比谷で実写版のアラジンを観てきた。
公開からだいぶ日が経ってるけど、すでに一回観たと言うN氏が、きっとtomoさんが気に入りそうな映画だったよ、なんなら付き合ってもう一回観ても良いよとまで言ってくれたので、みさ姉も誘って平日の時間が自由な3人で午後3時前のTOHOシネマズ日比谷へ。
東京ミッドタウン日比谷の4階にあるこの映画館へは初訪問。ロビーではゴジラ像がお出迎えしてくれる。このロビーで無事3人落ち合って、映画鑑賞へ。

監督
 ガイ・リッチー

製作総指揮:
    マーク・プラット/ケヴィン・デラノイ

キャスト
 メナ・マスード;アラジン
 ナオミ・スコット;ジャスミン
 ウィル・スミス;ジーニー(ランプの魔人)
 マーワン・ケンザリ;ジャファー(悪者ね) 
 
ストーリー
「ダイヤモンドの原石」のような純粋な心を持ち、でも貧しい暮らしをしている青年アラジンは、ある日お忍びで街を歩いている王女ジャスミンと出会い、恋をする。一方、国務大臣ジャファーは自分が王となって国を支配するため、3つの願いをかなえてくれる魔法のランプを手に入れようと、アラジンをそそのかしてランプを取りに行かせる。
アラジンはランプの力を知らぬまま手に入れるが、たまたまそれをこすると中から魔人が現れ、3つの願いをかなえてくれると言う。王女と結婚したいアラジンは、自分を王子にしてくれと願うが…

感想など
実はアニメ版観てないんだけど、エンディングも含めてお気に入り映画となった。
実写版とは言えCG技術を駆使したスピード感のある動き。朝ドラ「なつぞら」では日本のアニメの黎明期が描かれてるけど、やっぱりディズニー、やるなあって感じ。
素敵な音楽と踊り、笑いと恋と陰謀と、可愛い猿と憎らしいオウム、スリルとサスペンスのランプの奪い合い、そして結末は…
N氏の見込み通り、私の好みにピッタリの映画だったよ。

終了後はお決まりの「軽く飲んで帰ろうか」とのことで、駅前の英国風パブへ。結構大きなお店で時間はまだ6時前と早めだから問題無いかと思ったら、席は空いているものの予約でいっぱいらしい。7時までならいいけれどと言われる。
感覚的に1時間ちょいじゃ足りない気もしたけど、まあ軽くなら良いかな、それにきっと7時とは言ってももうちょっとは粘れるかもと思い、入店する。
ビールは美味しかったけど、見る間に店内いっぱいになっていってホントに1時間で退店。
ってことは当然もう一軒ということになって、通りがかりの居酒屋さんでさらに飲みなおして、まあ予想通りの展開となるのであった。

◆ザ・ローズアンドクラウン 有楽町店 千代田区有楽町1丁目7−1 有楽町電気ビル 1F 03-3214-7920

◆九州 熱中屋 有楽町LIVE 千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 03-5224-3733

ロビーのゴジラ、逆行なんでシルエットね。
TOHOシネマズ日比谷

終了後は、まずはビール。ハッピーアワーなのだ。
ザ・ローズアンドクラウン

チキンサラダ。
ザ・ローズアンドクラウン

よだれ鶏、ピリ辛だ。
ザ・ローズアンドクラウン

これまたピリ辛な水餃子。
ザ・ローズアンドクラウン

パブらしい1パインとグラスが良い感じ。
ザ・ローズアンドクラウン

そして結局もう一軒。
九州熱中屋

N氏とみさ姉は日本酒ね。
九州熱中屋

乾杯!
九州熱中屋

このお店はつきだしが明太子盛り合わせ。
九州熱中屋

酢もつ。
九州熱中屋

サバ塩辛とサバチップスのシーザーサラダ。
九州熱中屋

さらに、ごま鯖。
九州熱中屋



スポンサーサイト



ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 久しぶりの映画鑑賞

4月23日の月曜日は久しぶりに映画館へ。
温泉ナカマ3人で「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」を観てきた。
この映画、ちまたでは日本人メイクアップアーティスト辻一弘さんがアカデミー賞のメイクアップ&ヘアスタイリング賞とったことで、有名だよね。
とは言っても、日本史も世界史も苦手な私としては、果たしてストーリーについていけるかどうか。

監督
    ジョー・ライト
製作
    ティム・ビーバン
    エリック・フェルナー
    リサ・ブルース
    アンソニー・マッカーテン

キャスト
    ゲイリー・オールドマン; ウィンストン・チャーチル
    クリスティン・スコット・トーマス; クレメンティーン・チャーチル
    リリー・ジェームズ; エリザベス・レイトン
    スティーブン・ディレイン; ハリファックス子爵
    ロナルド・ピックアップ; ネビル・チェンバレン

ストーリー
チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの4週間を描いた映画。
第2次世界大戦初期、ナチスドイツによってフランス、ベルギーが陥落寸前にまで追い込まれ、イギリスにも侵略の脅威が迫る。ウィンストン・チャーチルは英国首相に就任し、戦時内閣を組閣するが、連合軍側のイギリス軍は北フランスの港町ダンケルクで孤立して絶体絶命の状態だ。チャーチルは独裁者ヒットラーに屈しない徹底抗戦の決意だけれど、和平交渉を主張する一派もあり、戦いの犠牲を思うとチャーチルにも迷いが生じる。
そんな緊迫した情勢の中、チャーチルは国王からの助言もあっていきなり車を降りてどこかへ消える・・・

テンポが良くて笑える場面も多く、映画では必ず寝る女と言われる最強飲み友Mちゃんが、めずらしく一睡もしなかった映画であることは特筆に値する。
心配された歴史知識の欠如もあまり問題無いみたいで、これは結構お気に入りの映画になったな。

チャーチルは朝からスコッチウィスキーをあおり、葉巻をすぱすぱ吸う、今だったらマスコミに袋叩きにされそうな生活ぶり。映画のエンドクレジットに、「喫煙については俳優の健康に配慮して撮影しております」みたいな但し書きがあるのも、ご時世か。

で、終わった後は喉も乾いたし、ガード下の居酒屋さんへ。
今日見た映画の感想や、これまで一緒に見たいろんな映画のよもやま話、これからの文化活動などの話で盛り上がって、楽しい一夜だったね。

◆鍛冶屋文蔵 有楽町店 千代田区有楽町2丁目1-11 03-3591-2260


何はともあれ生ビールで、乾杯!


ポテサラ。


アサリバター。


こんがりアジフライ、さてソースか醤油か(笑)?


この店に来たら絶対はずせない、鶏モモの文蔵焼き、辛いけど癖になる美味しさ。生キャベツ付き。


〆はMちゃんリクエスト、ちゃんぽん麺ナポリタン。


有楽町・JSレネップ (ジェーエスレネップ)  ラ・ラ・ランド鑑賞と反省会

4月某日、元上司の声掛けで映画を見てお花見をしてから軽く飲む会が開催された。
メンバーはいつもの温泉メンバーの精鋭4人、映画館前で待ち合わせってことで、現地に向かう。
ところが1名Yさんが待ち合わせ時刻になっても現れず、電話してみると同じ地区同じ系列の全然別の映画館にいることが判明する。
電話で場所を説明してなんとか落ち合って、無事映画鑑賞。

 ラ・ラ・ランドは、すでに観た人も多いと思うので詳しいことは省略するけど、冒頭いきなり渋滞のハイウェイで車からみんなが降りてきて踊り出すって言うような、いわゆるミュージカルだ。
私は割とこういう能天気なミュージカル系は好きなので、楽しく見る。

映画が終わってロビーに出ると、温泉ナカマのイケメンS氏がいる。
映画には間に合わなかったけれど、かけつけてくれたみたい。
5人で映画館の近くに一本だけ咲いていた桜を歩きながら10秒ほど「お花見」してから、反省会へ。

ビール好きのYさんと私の意見が通って、反省会場はガード下にあるドイツビールのお店となる。
ここ、前にもほぼ同じメンバーで来たことあるような・・・

時刻が遅いのでさっさとオーダーしてどんどん飲んで食べる。
 ラ・ラ・ランドの結末については、あれで良いのではというのと、いや違うというので意見が分かれて激論となるものの、まあ所詮は物語のストーリー、興行的にはあたってるみたいだから、あれで良いのかな。


◆JSレネップ(ジェーエスㇾネップ) 千代田区有楽町2-1-8  03-3595-0417


ドイツビールのお店が2軒ならんでるうちの、向かって右。


乾杯!


ザワークラウト。


色々乗ってるサラダ・


これは何だったかしら。


ソーセージは3種盛り合わせで。


時間が無いから、ビールはどんどん飲む。


さらに飲む。


ピクルス盛り合わせ。


なぜかパンを頼んだ人がいたらしい。


〆はピザで。


映画鑑賞 スターウォーズフォースの覚醒 


スターウォーズフォースの覚醒
STAR WARS THE FORCE AWAKENS

製作国:米国
製作年:2015年 

<スタッフ>
監督:J・J・エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン、J・J・エイブラムス
音楽:ジョン・ウィリアムズ

<キャスト>
レイ:  デイジー・リドリー
フィン:  ジョン・ボイエガ
ポー・ダメロン:  オスカー・アイザック
ハン・ソロ : ハリソン・フォード
ルーク・スカイウォーカー:  マーク・ハミル
レイア・オーガナ将軍:  キャリー・フィッシャー
カイロ・レン:  アダム・ドライバー

<ストーリーは省略>
好きな人はもう皆さん御覧になっているでしょうから。

http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html

A long time ago,in a galaxy far, far away…
ソロもレイア姫も相応に年をとった中で、新しいヒロイン、サポーター、悪役が登場して、新たな戦いが始まる。
レイが操るポンコツアメ車みたいなマシンが楽しいね~

<裏tomo君>
え、もう終わり?何たる手抜き記事!

映画鑑賞 アナと雪の女王

世の中の評判が気になっていた、ディズニーの映画「アナと雪の女王」。
何度か鑑賞の会を企画したものの、日程が合わなかったりチケットが売り切れだったりで延び延びになってたけど、先週某日やっと決行、私が観たのは日本語吹き替え版、日比谷スカラ座にて。

 
 
アナと雪の女王
 
製作国:米国
製作年:2013年 
 
公式HP: http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/anayuki
 
<スタッフ>
監督 クリス・バック 、ジェニファー・リー 
製作総指揮 ジョン・ラセター 
音楽 クリストフ・ベック
脚本 ジェニファー・リー 
 
原案: ハンス・クリスチャン・アンデルセン
 
<キャスト>
アナ: クリステン・ベル 神田沙也加
雪の女王 エルサ: イディナ・メンゼル 松たか子
クリストフ ジョナサン・グロフ 原慎一郎
オラフ: ジョシュ・ギャッド ピエール瀧
ハンス: サンティノ・フォンタナ 津田英佑
ウェーゼルトン公爵: アラン・テュディック 多田野曜平
 
<ストーリー>
国王夫妻の娘である幼いエルサとアナの姉妹は、美しい城で仲良く幸せに暮らしている。姉のエルサには雪や氷をつくれる不思議な魔法の力があるが、ある日誤ってその魔法で妹のアナを傷つけてしまう。アナはトロールの力で回復するが、魔法についての記憶はすべて消され、国王夫妻はエルサの魔法の力を隠すため、城の門をすべて閉ざしてしまい、エルサは妹を再び傷つけることを恐れて部屋に閉じこもる。
やがて海難事故で国王夫妻は世を去るが、城は門を閉ざし、エルサはアナを避けたまま。
三年後、成人となったエルサの戴冠式のため、城の門が開かれ、大勢の招待客がやってくる。
運命の人と出会えるかも、とはしゃぐアナは、イケメンのハンスと出会い、恋に落ちて結婚の約束までしてしまう。早速エルサに結婚の約束を報告する二人だが、エルサは「会って一日で、早すぎる」と反対し、言いあっているうちに隠していたエルサの魔法の力が爆発してエルサは山に逃げ込み、王国中が氷に閉ざされた真冬になってしまう。
アナはエルサを探し出して、エルサと王国を救おうとするが・・・
 

 
<感想>
言わずと知れた、興行成績がニュースをにぎわす大ヒット作品。日本公開からずいぶん日が経っているにもかかわらず、いまだに平日夜がほぼ満席の人気ぶり。報道に乗せられて見に行く人(私だよ)とか、字幕版と日本語版の両方を観ようって言うリピーターも多いんだろう。
前評判の高い歌は、確かに素晴らしい。出来のいいミュージカルに共通の、音楽と歌詞の相乗効果で感情が盛り上がっていく快感が味わえる。
ストーリーも良い。単なる王子様ファンタジーかと思わせておいて、実は相当深く考えられているストーリーだ。愛と自己犠牲…女の子を救ってくれるのは、白馬の王子様じゃない(まあ、白馬の王子様の場合もあるけど、そうじゃない場合もあるんだよ)って言うのが、この物語の最大のメッセージなんじゃないかと思った。物語が固くなりすぎずお子さんも楽しめるように盛り上げる、雪だるまのオラフが、良い味だしてる。
そしてアニメーションがまた良い。最初のうちギョロ目の人形っぽい姉妹の表情になんとなくなじめない気がしたけど(なぜディズニーアニメの子供はああいう表情なんだろう)、音楽に乗った雪や氷の場面は、色も動きも本当に素晴らしい。
同僚のお子さんの通ってる保育園児たちの間では、アニメのエルサの振付をまねながら歌を歌うのが流行ってるとのこと。なんだか分かるね。
 
 
業務連絡> おひささん、次の宴会芸、「Let It Go」は、いかが?
 
 
さて、映画も終わったことだし、次は反省会へGO!
次のページ