FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

雑司ヶ谷・割烹大倉(カッポウオオクラ) 日本酒を愛する粋酔会

10月2日の水曜日は、久しぶりにO師が幹事をしている日本酒を楽しむ会、粋酔会(スイスイカイ)に参加した。
元々おひささんと私が俳句を始めたきっかけは、kazubonに誘われて参加していたこの粋酔会で何度も顔をあわせていたO師から、ある時突然俳句をやろうと誘われたことだ。
ちなみに、その時一緒に参加していたkazubonも一緒に誘われて、参加するようなことを言ってたような気もするんだけど、指定の日に実際に銀漢亭に来たのはおひささんと私だけ。kazubonはブッチして、今日に至る。
そう言えば最近kazubon、粋酔会にも来てないみたいだね。

定刻前に到着すれば、和室大広間の壇上には日本各地から集められた日本酒の一升瓶が20本ほどならぶ。
最初の乾杯ももちろん日本酒でビールや焼酎は禁止の会なんだけど、私は来る途中のスーパーでこっそり冷えたビールを持参していて、こっそり飲む。(お店は持ち込みOK)

この会、元々はO師たちの関連業界の皆さんが集まっていたんだけど、私達のような「友達の友達」が次第に増え、気が付けばO師関連で俳句関係の人も多い。

最初のうちはいただいたリストで飲んだお酒に印をつけたりしているんだけど、いつのまにかもう
どれがどれだか分からなくなり、リストは置き忘れられ、席も入り乱れる。
ふと気が付けば〆のお蕎麦がでて、お開きだ。

このあとO師の引率で、残ったお酒を持ってタクシーで銀漢亭に行くんだけど、私は本日はパスしてまっすぐ帰…
…ろうと思ってたんだけど、結局居残り組でもう一軒行って、リセット生ビールから飲みなおし。

粋酔会、気が付けば飲みすぎちゃう危険な会なんだな。

◆割烹大倉 豊島区雑司が谷3-14-11 第3オオクラビル 03-3971-3230
 どこか懐かしさを感じるお店、和洋室あり。


昭和の宴会を思い出す感じの店構えと座敷。
割烹大倉

割烹大倉

ずらりと並ぶ銘酒たち。
粋酔会

粋酔会

全員起立して、乾杯となる。
割烹大倉

私だけ、禁断のビールね。
割烹大倉

お料理は、つきだし、刺身、酢の物、揚げ物、焼き物と一通りきっちり出て来る。
割烹大倉

割烹大倉

でも、だんだんお酒中心となって、座も入り乱れてくる。
KIMG6342 (560x420)

割烹大倉

割烹大倉

〆のお蕎麦が出てきたところで我に返る感じ。
割烹大倉


そしてやっぱり、もう一軒~♪
粋酔会



スポンサーサイト



池袋・キリンシティプラス 大倉句会臨時打ち合わせ → 銀漢亭でKちゃん誕生日祝賀

大倉句会は、次の11月の月例句会でめでたく8周年となる。そこで「生誕祭」と称して、色々といつも以上に飲んだり食べたりしようと計画が進行中だ。
そんな9月30日の月曜日。
色々詳細をつめるようと、突然ではあるがおひささんと池袋のキリンシティでビールを飲みつつうちわせをすることにした。
その前にいくつか確認したいことがあって大倉句会リーダーのO師に質問のメールをすると、O師から「一度会って相談したい」との返信が来る。

私の質問はごく簡単なのが2つくらい(何時開始か、会費は○○円で良いか)なんだけど、たぶん返信を打つのが面倒なんだろう。
今夜おひささんと相談の予定だと知らせると、合流するとのこと。

お店は私が一番乗りで、まずは美味しいスフレの泡の生ビールを。
ここキリンシティも人手不足の波は免れないのか、注文がタッチパネル式になってる。
ほどなくおひささん、O師が到着する。
3人で美味しいビールを飲み、あれこれ相談して生誕祭の段取りを決めていく。
ところで、O師によるとこの日はKちゃんの誕生日らしい。
そして、O師は銀漢亭でお祝いをすると約束しているらしい。

ここでおひささんは帰り、O師と2人で神保町まで移動して銀漢亭へ。
O師からのお祝いってことでヴーヴ・クリコを開ける。
Kちゃんは早い時間から多くのファンにヴーヴ・クリコをご馳走になっているらしく、「もういっぱい飲んだから良いよ」と言ってるんだけど、O師は聞かない。

ってことで、お誕生日おめでとうの乾杯!をして、さらにおかわりを重ねて、神保町の夜は更けていったとさ。

<裏tomo君>
アンタ、O師が帰った後も居残ってなかった?

◆キリンシティプラス 池袋WACCA店 豊島区東池袋1-8-1 WACCA IKEBUKURO 1F 03-5957-5261

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。


私が一番乗り、まずはブラウマイスター。以下きりが無いので追加ビールの写真は無し。
キリンシティプラス

舞茸の天ぷら。
キリンシティプラス

ソーセージ盛り合わせ。
キリンシティプラス

翡翠茄子の中華ソース。
キリンシティプラス

あか牛の旨塩焼き。
キリンシティプラス

じゃが麺のタラモサラダ。
キリンシティプラス


そして銀漢亭へ、賑わってるね。
銀漢亭

Kちゃん、お誕生日おめでとう!
銀漢亭


池袋・ビストロモンパルナス 高校時代の友人と

7月8日の月曜日は、高校時代の友人Cちゃんと池袋で待ち合わせ。
ちょっと早めに到着したので、デパートなどうろついて買い物をしてから、西口側にあるお店へ向かう。
2人ともと時間の自由がきくので、ゆっくりお話しできるようにと午後5時の早めのスタート。
Cちゃんのお父様は野尻湖近くに山荘をお持ちで、学生時代から社会人初期にかけて毎年お世話になっていた。一昨年は久しぶりにその山荘をみんなで再訪したのも、楽しい思い出。
思い出話や近況や、今度はいつ野尻湖行けるかななんて話をしながら食べたり飲んだり。
軽くのはずが結構飲んじゃったかもね。

<裏tomo君>
最後Cちゃん珈琲なのに自分だけ仕上げビールとか言ってたね。

Cちゃん、また池袋会、やろうね♪

◆ビストロモンパルナス 豊島区西池袋1丁目4−5 佐々木ビル1F 03-5396-7545


外観はこんな感じ。
ビストロモンパルナス@池袋

ビールとスパークリングで、おひさしぶりの乾杯!
ビストロモンパルナス@池袋

鶏レバーペースト。
ビストロモンパルナス@池袋

赤ワインはリーズナブルなやつね。
ビストロモンパルナス@池袋

ビストロモンパルナス@池袋

イモ。
ビストロモンパルナス@池袋

ちょっと奮発して熟成牛を。
ビストロモンパルナス@池袋

〆はゴルゴンゾーラチーズのリゾット。
ビストロモンパルナス@池袋

要町・TRATTORIA PORTA NUOVA(トラットリア ポルタ ヌォーヴァ) → 田嶌道生&だいどうじさかえサロンコンサート

5月31日の金曜日、友人と3人、池袋要町にコンサートを聴きに行った。
時々ラテン系のライブやコンサートをやっているギターの田嶌道生さんとカヴァキーニョのだいどうじさかえさんのサロンコンサートだ。
午後6時半開場で7時開演ってことなので、まずは3人で近くのイタリアンで軽く食べてから行くことにする。
イタリアンの開店時間に合わせて5時半に入店して、お店の方と6時半からのコンサート前に軽く食べたいってことでメニューを相談して、サラダとパスタ2種をシェアする作戦が決定。

紅白チェックのテーブルクロスのこじんまりしたトラットリア、スパークリングワインなどいただきつつ、まずは旧友3人、本日のコンサートやら近況やら共通の知人の話題やら語り合いながら、さくっと食べる。どれも美味しくて量もたっぷりで大満足。

サロンコンサートは食事したお店から徒歩5分ほどの現代ギター社のビルにあるホールにて。
前半は田嶌道生氏のソロでオールドポップス昭和歌謡編。
田嶌氏はたしまみちを名義でギター専門誌「月刊現代ギター」に昭和ポップスのギター向けアレンジを連載していて、その中からの選曲のようだ。
りんご追分とか日立のCMソングのこの木なんの木とかおなじみの曲がギターアレンジで展開する。
途中、リストにない曲も織り交ぜて進行し、最後の一曲はブラジル音楽のエル・コジータ。これは昭和歌謡とは言えない気もするけど、第二部のブラジル音楽編へのつなぎだね。

ここで休憩が入って第二部は、田嶌氏とだいどうじさかえ氏のデュオでブラジル音楽「ショーロ」編になる。
ショーロっていうのはブラジルのポピュラー音楽の一形態で、19世紀にヨーロッパ音楽の影響を受けてリオではじまったものらしい。まあ、あんまりよくわかってないので細かい説明は省くけど、そのショーロの著名な曲や、新しい曲なんかを演奏する中に、だいどうじ氏の演奏する楽器、カヴァキーニョの説明や、今度は逆にリストに無い昭和歌謡のひと夏の経験なんかも折ませて、観客を盛り上げてくれる。
最後はアンコールが2曲。
久しぶりの生ショーロを堪能、お2人の仲良さそうなMCがまた良いんだな。

出口のところで演奏者のお2人にご挨拶して、外に出る。
さすが現代ギター社のビルだけあって、1階ドアがギターの形に切り抜かれているのに今更気づく。
この後ホントならどっかで余韻を楽しみ、感想など語り合いながら飲んで帰りたいとこだけど、実は私翌朝早くから予定ありで、これにて解散。

でもココロはラテンな気分なのさ♪

PROGRAM
第一部 オールド・ポップス昭和歌謡編 ソロ
●リンゴ追分(米山正夫)1952年
●日立の樹~この木なんの木(小林亜星)1973年
●赤い花白い花(中林三恵)1970年
●お嫁においで(弾厚作)1966年
●エル・コジータ(Pablo del Cerro)

第二部 ブラジル音楽「ショーロ」編 デュオ
●Delicado/デリカード(ヴァウヂール・アゼベード)
●Padacinhos de ceu/空のかけらたち(ヴァウヂール・アゼベード)
●Chiquita/シキータ(ルシアーナ・ハベーロ)
●Odeon/オデオン(エルネスト・ナザレー)
●Sakura/桜(ルシアーナ・ハベーロ)
●Barisecando o Cavaquinyo/バリスカンド・オ・カヴァキーニョ(ルシアーナ・ハベーロ)


◆TRATTORIA PORTA NUOVA(トラットリア ポルタ ヌォーヴァ) 豊島区要町1-19-3 いさみビル 1F 03-5926-8930


おひさしぶりの、乾杯!1名は「寝ちゃうから」とノンアルで。
KIMG2271 (560x420)

季節の野菜たっぷりサラダ。ホントにいろんな野菜が入ってるね。
KIMG2273 (560x420)

スパゲティアマトリチャーナ、トマトソース系。
KIMG2276 (560x420)

一番人気って言うウニのクリームソーススパゲティ。ウニたっぷりでまったり美味。
KIMG2283 (560x420)

徒歩5分ほどで、会場のある現代ギター社のビルに到着。
KIMG2284 (560x420)

掲示板にはコンサートのチラシが色々貼られてる。
KIMG2290 (560x420)

こじんまりとしたサロンホール、まずはソロを。
KIMG2285 (560x420)

KIMG2286 (560x420)

休憩、後半はデュオになる。
KIMG2289 (560x414)

余韻に浸りつつ、帰路に就く。ビルのドアにはギターのシルエット。
KIMG2293 (560x420)

池袋・某店 せっかくの名店でなぜかノンアル

5月14日の火曜日は、現在2つの句会でご一緒しているYKさんのお誘いで、池袋へ。
このYKさん、前職は池袋のスナックのママをやっていて、私はそこで知り合ったわけで、池袋には詳しい。そんな池袋でやってる名居酒屋があるって言うので、この日は女子4人で訪問。
カウンターにずらりと並んで、さて・・・
と、ビールで乾杯なんだけど、実は私は自主規制により一時的に禁酒中なんで、お茶なのだ。
とほほ…

つき出し、お造り、小鉢、焼き物、どれも美味しい。
しかも量もケチケチしないでたっぷり盛られている。
ドリンクはみんな日本酒へ。ごちゃごちゃ種類を揃えず一種類のみをコップに盛り切りいっぱいで。
揚げたての山菜天ぷらを次々に楽しみ、最後に稚鮎の天ぷらをいただいて、一応お任せのコースは終了。アラカルトで追加もできるようだけど、なんせお茶だけの私としてはこれ以上食べられないってことで、これにて解散。

この立地、この品質でお会計はまことにリーズナブル、大将の、居酒屋らしい価格でお客様をもてなしたいっていう心意気みたいだ。

大将、次回はちゃんと飲むから、またよろしくね!


◆原則としてリーピーターか紹介の人限定営業らしいので、お店情報は掲載差し控え♪


つき出しは、キャラブキ、鴨の蕗味噌のせ、あん肝豆腐。
つきだし

蛍烏賊、ウド、セロリの木の芽和え。
蛍烏賊

表面はパリっとしていて箸を入れるととろりと流れ出す、炙り白子。
焼き白子

トラッドな感じの醤油さし。 <裏tomo君>お造りの写真撮り忘れてるね。
醤油さし

天ぷらはこしあぶら、タラの芽、稚鮎を次々に揚げたてで。
山菜天ぷら

KIMG1586 (560x420)

<裏tomo君>
で、稚鮎の写真も無いわけね。
初訪問のお店なのに、ノンアルだとモチベーションあがらないんだね。
次のページ