FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

大久保・蘇園馄饨(ソエンワンタン) → 日暮里・夕焼け酒場 カラフルワンタンと開店9か月祝い

いよいよ暮れも落し詰まった12月29日の日曜日、大久保にカラフルで美味しいワンタンのお店があるとの情報があり、いつもの中華系料理仲間のFOさん、UOさん、おひささんと行ってみようかということになった。まずはみんなで行く前の偵察におひささんと私の2人で行こうなどと相談していたら、FOさんとUOさんも来ることになり、結局下見じゃなくて4人全員で行くことになった。

大久保駅にほど近いこのお店、以前は衣料品店だったのが最近改装されてワンタン専門店になったらしい。
4人がけのテーブル2つに、あとはカウンター少々って言う小ぶりのお店。
だけど、ワンタンはおめでたい5色が揃っていて、いわゆるインスタ映え狙いもあるのかな。
とりあえず、蒸し・スープ・焼きの三種類をオーダー。

色の違いは見栄えだけじゃなくってそれぞれ具材が違っていて、なずな、コーン、海老、キムチ、キノコと、それぞれ変化があって楽しめる。お値段は海老が一個130円で、それ以外は一個100円となかなかリーズナブル。

気になるメニューはワンタンじゃないけど混ぜ麺と、カラフルワンタンのトマトソース。
混ぜ麺は、中国に長く住んでいた経験のあるFOさんのお勧め。
具はほとんどないシンプルな細めの麺にしょうゆベースのネギ油ソースがかかっていて、これをとことん混ぜていただく。
何とも言い難い癖になる系の味、思い出すと今もたまらなく食べたくなる。
ワンタントマトソースは、イタリアンな感じのソースの中にワンタンが入ってる。
普通に美味しいけど、まあ、敢えてトマトソースにしなくても良いかな。ワンタンの色も見えないし。
この日のメンバーのうちFOさんとUOさんは、この後国立で句会があるとのことで、ノンアルだ。一方、おひささんと私はこの後日暮里で飲むことになっているんだけど、どうせ飲むんだからと言う事でチンタオビールをいただく。
リーズナブルなお値段で本格的なワンタンや中華料理が楽しめるお店、地元の人に愛されている感じで、お客さんが次々に来る。長くこの地で頑張ってほしいね。

で、終了後、シラフのFOさんとUOさんはシラフのまま国立方面へ去り、ビールでほろ酔いのおひささんと私は、ほろ酔いのまま日暮里へ。

夕焼けだんだんで俳句ナカマがやっている夕焼け酒場が、この日はめでたく開店9か月ってことで、ナカマみんなが集まって飲んでいるのに招集がかかってるんだな。
何だかよく分からぬままにみんながどんどん集い、最後は家でくつろいでいた銀漢亭の店主さままでやってきて、あれこれ飲んだり食べたりしながら、楽しく夜は更けていったとさ♪

◆蘇園馄饨(ソエンワンタン) 新宿区北新宿1丁目7−20  03-5330-1808

◆夕焼け酒場 夕焼けだんだんの上にある謎の店  


ワンタン屋さんは大通りからちょっと引っ込んだところにある、手前大通り側はイタリアン
蘇園ワンタン

まずは乾杯!ただし2人はノンアルビールと紅茶
蘇園ワンタン

スープワンタン
蘇園ワンタン

蒸しワンタン
KIMG9024 (560x420)

焼きワンタン
蘇園ワンタン

癖になる系の、やみつき麺
蘇園ワンタン

ひたすら混ぜるのが、美味しくいただくコツらしい
蘇園ワンタン

完成形
KIMG9041 (560x420)

五色ワンタンのトマトソース、でもあんまり五色が感じられない
蘇園ワンタン



そしておひささんと2人日暮里へ
夕焼け酒場

他のお客さんからの差し入れ
夕焼け酒場

これもたぶん差し入れ、シュトーレン2色
夕焼け酒場

秋刀魚の開きは、店先の炭火コンロで焼かれていて絶品
夕焼け酒場

これは私たちからの差し入れのお酒
夕焼け酒場

夕焼け酒場


これが昨年分の最後の記事、次からは2020年に突入の予定♪


スポンサーサイト



新大久保・クンメー本店 タイ料理難民脱出を目指して

愛するタイ料理の店、赤坂のHOT HOTラポーが閉店してしまってからこのかた、タイ料理難民として過ごす日々。いちろうさんのブログに、新大久保のタイ料理のお店が載ってたので、11月25日の月曜日に、おひささんを誘って行ってきた。
雨模様の中現地集合なんだけど、私は例によって道に迷ったりしてやや遅れる。

<裏tomo君>
新大久保駅と大久保駅を間違えて、出だしから躓いてたね。


店内は広々としていて、おひささんはすでにビールを飲んでいる。
私も慌ててシンハーをオーダーして、乾杯!

まずは定番の春雨の辛いサラダと生春巻、お料理は本格的で辛さも本格的。
ってことで、ビールがすすむ。
周囲のお客さんはタイ人らしき人もちらほら。
お値段はリーズナブルだけど一皿はたっぷりの盛りで、2人だけだとあんまりたくさんの種類を食べられないのが厳しいところか。
このあとトムヤムクンと白身魚の蒸し物をいただいたところで、お開きとする。

この後なぜか2人は近くにあるドン・キホーテへ。
おひささんは職場の忘年会の余興の衣装や小道具の調達、私は怪しげな輸入食料品など物色。
ドン・キホーテって宴会の余興関連の調達以外ほとんど行かない私だけど、結構いろんなものを売ってるんだね。


◆クンメー本店 新宿区百人町1丁目10−7 03-3368-1166


割と派手な外観
新大久保クンメー本店

お待たせしましたの、乾杯!
新大久保クンメー本店

春雨のサラダは、しっかり辛い
新大久保クンメー本店

生春巻
新大久保クンメー本店

トムヤムクンは土鍋でグツグツしたのがでてきた、かなり辛い
新大久保クンメー本店

白身魚の蒸し物、辛くなさそうに見えるけど時々凶悪な青唐辛子が潜んでいるので要注意
新大久保クンメー本店

新宿・ミュンヘン 突然の組閣でビール

Category 5 super typhoon、台風19号Hagibisが首都圏を直撃した翌日の10月13日。
東京は朝からまさに台風一過と言う感じの晴天だ。
でもその爪痕は大きく、朝はほとんどの電車が計画運休となり、家でテレビが伝える被害の状況にただ茫然とするばかり。
北陸新幹線は千曲川の決壊により車両基地が水没して、新幹線が肩まで(と言う表現で良いのか)水に浸かった映像が衝撃的だった。信号系統などの被害もあり当面運休で再開のめどはたっていないと言う。(その後10月25日に運転を再開)

そう言えば、金曜日に一緒に上海蟹を食べたおひささんが、計画運休直前の新幹線で能登方面に帰省すると言ってたけどどうしたのかな・・・
と聞いてみたら、金沢までは行けるもののその先が運休だったため帰省は断念したらしい。
ってことは、たぶん暇だなと思いお誘いしてみると、暇だと言う。めでたく組閣成立。

早い時間からキリンシティで飲もうかと思ったら、この日のキリンシティは開店時刻繰り下げで17時までやってないので、早くからやっている新宿のミュンヘンへ。
都内の電車運行状況も、夕方も近づいたころにはほぼ順調みたいだ。
ハルチカ地下にもぐりこみ、ミュンヘンのおすすめビールを片っ端から飲む。

でもこの日はラグビーワールドカップの日本対スコットランド戦の日なんで、お互い家に帰ってテレビ観戦するため、さくっと解散。
そう言えばワールドカップ、いよいよ明日(というか、もう今日か)決勝戦だね。
日本のラグビーファンを桁違いに増やしたワールドカップ、終わってしまうのはちょっと寂しいな。
Little Glee MonsterのECHOもすっかり耳になじんだのにね。

◆ミュンヘン 新宿店 新宿区西新宿1丁目5−1 ハルチカ地下3階 03-3342-5660


一足先に到着していたおひささんと無事合流して、乾杯!
新宿ミュンヘン

ビールとソーセージは切っても切れぬ仲。ザワークラウトもお忘れなくね。
新宿ミュンヘン

おすすめメニューのビールを端から頼んでいく。
新宿ミュンヘン

それぞれに美味しい。
新宿ミュンヘン

日本の健闘を祈って、乾杯!
新宿ミュンヘン

新宿・一酔亭(イッスイテイ) 開店3周年おめでとう

5月23日の木曜日、日中は午前も午後も野暮用ありで、夕方から新宿へ。
俳句ナカマのKI氏がやってるお店一酔亭が2016年の開店からめでたく3周年を迎えるとのことで、祝意をこめて訪店する。
相棒はJ子さんとおひささん。
私は出がけに交通トラブルがあって少々遅れて到着すれば、すでに2人は大テーブルの一画で飲み始めてる。まずは3周年おめでとうの、乾杯!

3周年記念のつきだし三種、アサリごはんの一口おにぎり、里芋の煮たの、レンコンのきんぴらがでてくる。こういうちょこちょこおつまみ、酒飲みには嬉しいんだよね。
と言いながら、いきなりポテトフライ、焼きカレー、焼きそばナポリタンの糖質ビッグスリーをオーダーしてしまう。おなか空いてたのよね。

大テーブルの奥で相席になった若手男子の2人組は、3周年のお祝いにとロゼスパークリングを差し入れてくれたらしく、私達にもグラスが回って来る。
ありがとね♪

<裏tomo君>
若い人もちゃんと気を使ってるのに、アンタまさか手ぶら?


何はともあれ3周年、おめでとう。
これからも商売繁盛を祈る!


◆一酔亭(イッスイテイ) 新宿区西新宿7-16-1  03-5937-5212    お店入り口は階段のぼって2階 右手


ちょっと急なこの階段の上、右手がお店入口。
一酔亭

まずは、乾杯!おひささんは「濃いめ」のハイボールみたい。
一酔亭 乾杯

3周年記念のつきだし3種。
一酔亭 つまみ

ピリ辛モツ炒め、ホントに辛い。
一酔亭 つまみ

業務用フライヤーでカラっと揚げる、安定のポテトフライ。
一酔亭 ポテトフライ

若手男子の差し入れで、ロゼスパークリング。
一酔亭 ロゼスパークリング

焼きカレー、中にペンネがぎっしり。
一酔亭 焼きカレー

焼きそばナポリタン、大盛りにしてくれたみたい♪
一酔亭 焼きそばナポリタン


新宿・一酔亭(イッスイテイ) 受賞祝賀会の仕込みと反省会

所属俳句結社の人がめでたい賞を受賞して、その受賞祝賀会を予定しているので、そこでの余興の一つとして映像を作成している。
2月28日の木曜日は、有志(おひささん、N蔵センパイ、J子さん、そしてわたくし)で新宿のレンタルスペースに集まり、ありったけのコスプレ衣装を着てその撮影を行った。時間いっぱい頑張って、終了後は反省会をやらなくっちゃいけないので、近くにある一酔亭へ。

業務用フライヤーがあって揚げ物がお勧めのお店なんで、まずはポテトフライからスタート。
ポテサラ、焼きそばナポリタンと炭水化物系をつまみに、飲む。
最初はビールやハイボールでスタートしたけれど、同じ週にKT氏と来た時にKT氏が入れた焼酎のボトルがあったのを思い出して、その消費に貢献しようとどんどん飲む。
残り1.5センチになったところでKT氏に「先日のボトルいただいてます、残り1.5センチ」とメッセージを送ると、「お体をお大事に。お若いのでしょうがご無理なさらぬやう。」との返信が。
さすが俳人、旧カナなんだね♪

◆一酔亭(イッスイテイ) 新宿区西新宿7-16-1         お店入り口は階段のぼって2階 右手


業務用フライヤーで揚げたてのポテトフライは、絶品。


乾杯!


ポテトフライ、あ、ぽてとかぶってた。


焼きそばナポリタン。



<裏tomo君>
何かもっと色々食べたり飲んだりしてたのは、写真が無かったから無かったことにするわけ?
次のページ