FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

王子・MEIJIDO CAFE(メイジドウカフェ) 気まぐれサンドランチふたたび

3月19日の火曜日は、野暮用あって午前中王子へ。午後はこれまた別件の野暮用で原宿に行く必要があり、原宿まで行くと昼過ぎになって混みそうだから、ちょっと早めに王子でランチしちゃうことにする。

王子と言えば山田屋さんや平澤かまぼこで昼から飲むのも魅力的だけど、昼飲むと歯止めが効きにくい性格なんで原則としてお酒はアフターファイブってことで、地元で人気のパン屋さん、明治堂へ。
ここは一階がパン屋さんで二階がベーカリーカフェになっている。ベーカリーカフェでは一階で買ったパンをいただくこともできるし、カフェメニューもある。
ランチのおススメは、気まぐれサンドランチ。
色々な種類のパンを使った4種類のサンドイッチの盛り合わせにサラダとドリンクで¥1,050。
私好みの苦みのあるコーヒーで〆て、どうもごちそうさま♪

◆MEIJIDO CAFE (メイジドウカフェ)  東京都北区王子1-14-8 2F 03-3913-4662
 一度モーニングも行ってみたいんだけど、なかなかチャンスが無いな。


まずサラダがやってくる、マイルドなドレッシングもなかなか美味しい。


きまぐれサンド、隣席の常連らしき老婦人のは、パンが一口サイズにカットされてきてた。




原宿駅舎は変わらぬかわいらしさだけど、界隈は開発工事のクレーンが目立ってた。


スポンサーサイト



日本橋・YAUMAY(ヤウメイ) ラグジュアリーな点心専門店

1月18日金曜日のランチは、中華料理に詳しいFOさんのお誘いで、美味しい点心が食べられるというお店、ヤウメイへ。
昨年暮れにオープンした新しいお店で、ググってみると世界的に有名なAlan Yau(アラン ヤウ)さんって言う人が日本で初プロデュースしたところらしい。私はたくさん食べられるようお腹をすかせるため、東京駅からちょっと歩いて早めにお店に向かうことにした。ところがお店があるビルまでは行き着いたもの、なかなか肝心のお店への入り口が探せず、ビル内を10分くらいうろうろ。結局ギリギリの到着となる。

<裏tomo君>
ビルにまでたどり着いても迷う、筋金入りの方向音痴だよね。


天井高い店内はゆったりした座席配置で、お店のスタッフの目も良き届いている。
次々にオーダーするお料理は、どれも目にも美しく、そしてもちろん美味しい。
で、ランチとは言えこれだけのお料理をお茶でと言うわけにはいかないので、やむを得ずビールをいただいてしまう。さらに、「3人いるから」と言う良く分からない理由で、ボトルワインも頼む。
それぞれ好みを言い合って、あれこれ思いのままに食べる。スープやお粥も食べてみたかったけど、最後に北京風水餃子をいただいたところでさすがにもう限界ってことで、これにて解散。それぞれ夕方から夜の予定へと散っていったのであった。

平日の昼にこういうランチをする贅沢も、良いもんだね。


◆YAUMAY(ヤウメイ) 千代田区丸の内3-2-3 二重橋スクエア 2F 03-6269-9818


久しぶりの東京駅丸の内口、内側から見上げるドームが美しいね。ここから歩いて行く。


丸の内界隈は歴史ある建物がほとんど姿を消して高層ビルの街になってるけど、たまにこういうクラシカルな建物があるとほっとする。



やっとお店に到着して、FOさんと乾杯!


午前中自宅でお仕事をしてたUOさんも、ちょっとだけ遅れて到着。もう一回乾杯!


海老蒸し餃子、こういう定番ものもクォリティ高くて別格なおいしさ。


湯葉巻き。


鴨肉の春巻き、鴨肉みっしり。


素晴らしいランチに、もう一回乾杯!


帆立焼売、旨さが半端じゃない。


チャーシューパオは、ホカホカ。


大根餡のパイ包み、さくさく美味。


北京風水餃子は、もっちりまったり、そして熱々。


王子・MEIJIDO CAFE(メイジドウカフェ) 王子稲荷散策と気まぐれサンドランチ

11月27日火曜日は、野暮用があって午前中王子へ。
ってことで、近隣にお住まいのみさ姉とランチのお約束。

野暮用は予想外に早く終わって、待ち合わせまで1時間くらい時間があいたので、かねてから気になっていた王子の稲荷神社を訪ねてみることにする。

大晦日に関東中の稲荷神社の狐たちが王子の大木の下に集まって、ここで装束を整えてから王子稲荷神社に初詣するという言い伝えがあり、歌川広重の版画の題材にもなっている。俳句の世界では王子の狐火と言う年末の季語にもなっている。
これにちなんで平成五年の大晦日から、人間が狐の装束で装束稲荷から王子稲荷まで行列をする、現代版の狐の行列のイベントが始まった。最近はテレビなどでも取り上げられていてかなり有名になってるようで、私も一度は見てみたいなと思いつつ、大みそかの深夜はもうたいてい酔っぱらっていて、一度も実現しておらず。

今回は大晦日でも深夜でもないけど、まずは王子駅の東北方面にある、かつて狐が身支度を整えた大木を祀った装束稲荷へ。
街角にある小さな稲荷だけれど、赤系の結構派手な構え。向い側には狐のお面などを売るお店もある。

その後、狐の行列の順路をたどって線路を挟んで西側にある王子稲荷神社へ。
こちらは正門側に幼稚園があるので、平日は脇の坂道を上って詣でるようになっている。
それほど大きな神社ではないけれど、さらに奥に願掛けの石とか狐の穴跡があるのが面白い。

と、ここでみさ姉からメッセージ着信。
みさ姉の午前中の用事が早めに終わったから、あと10分くらいで来られるとのこと。
あわてて待ち合わせ場所の北とぴあに向かう。
途中、由緒正しそうな和菓子屋さんがあるけれど、先を急ぐので本日はパス。

ランチはかねてから狙っていた、MEIJIDO CAFEへ。
パン屋さん「明治堂」の2階がカフェにいなってるんだな。
11時半過ぎに到着、4人がけテーブル2つと真ん中に大きなテーブル一つの店内は、まだ空いている。
ランチは11:30-15:00、混んできたら相席になるかもと言われつつ、4人がけテーブルへ。

パスタランチが数種類、スープランチ、きまぐれサンド、ハンバーグサンド、それぞれサラダとドリンク付き。
ちょっと迷ったけど、2人とも事前のリサーチで評判の良いきまぐれサンドをオーダーする。

プレートの上には、ハムサンドとチーズサンド、オムレツとラタトゥユソースのミニバーガー、ツナとトマトのオープンサンド、それに一口サイズのぶどうパンにクリームとジャムの甘いサンド。
コーヒーは好みのほろ苦さでなかなか美味しく、満足のランチは、税込み¥1,050だった。

いつのまにか店内は満席、しかも100%女性客。
まだまだおしゃべりが尽きないけど、次のお客さんが入ってきたのと入れ違いに店を出る。
一階は品ぞろえ豊富なパン屋さんになってるんで、ちょっと覗いてみるつもりが結局お買い物。
一番気になったのは、真っ黒なパンにアジフライをサンドしたものだけど、2人とも勇気が足りずパスする。
その後、駅近くのカフェでさらにおしゃべりしてから、再会を約してサヨナラ。

こんな平日ランチ、みさ姉、またよろしくね♪


◆狐の行列 公式サイト https://kitsune.tokyo-oji.jp/

◆MEIJIDO CAFE (メイジドウカフェ)  東京都北区王子1-14-8 2F 03-3913-4662
 9:00-11:00のモーニングは、¥550でパン食べ放題らしい


装束稲荷は赤系のビジュアル、大木は無いけど小ぶりな気が何本かある。


斜め横から見ると、こんな感じ。


10分ほど歩いて王子稲荷神社に到着、手前は幼稚園になってて園児でにぎやか。


左わきの坂を上って、神社へ。


境内は幼稚園児送迎の自転車の駐輪場となっている様子。


本堂正面の鳥居。この先の石段の下が幼稚園、平日はこの門は施錠されている。


本殿の奥に鳥居があるので、行ってみる。


願掛けの石と狐の穴跡があるらしい。






どんどん奥へ。


左手上の石段の上にも祠がある。


石段の下に、願掛けの石。


願掛けの判定マニュアルと、腰を痛めないようにとの注意書き。


石段上の祠。


その右上にあるのが狐の穴跡。


北とぴあに向かう途中にある和菓子屋さん、何やら由緒がありそうだけど、とりあえず今日はパス。


店先に、狐の行列のチラシが掲示されてる。


左の緑色のシルエットは、王子ゆかりの有名人、渋沢栄一かな。



ってことで、みさ姉と落ち合ってランチ。最初はサラダ。


きまぐれサンド。


コーヒー、好みの苦さで美味しかった。


<裏tomo君>
ランチ記事の割にはランチの写真少ないね。

王子・そふりっと オムライスランチ

7月末にお仕事をやめて気が付けばもう4か月近く経つ。
生活が激変するかと思ったけど、夜の出撃や休日の遊びは元々仕事とは関係ない案件が多かったせいか、あまり変わらないのである。
大きな変化は、朝の通勤電車に乗らなくて良くなったことと、昼の外食が無くなったことか。

<裏tomo君>
元々大したお仕事はしてなかったから、そこはあえて書いてないのね。


で、11月15日、野暮用があって午前中王子に行く。
そう言えば私より一足早く職を引いたみさ姉のお住まいはこの近くだったなってことで、ランチにお誘いしてみる。
お互い午後もさしたる用事なしなのでビールでも飲んでも良いかと思ったけど、敢えてノンアルで。
お仕事していた頃も一時期良くみさ姉とランチに行ってたなと、なんとなくそのころの気分を思い出す。

お店のあては特になかったので、通りがかりのところに適当に入ってみる。
外の見本にあったオムライスが懐かしい感じで、2人ともこれをオーダー。
でてきたオムライスが外の見本の1.5倍くらいの大きさでビックリしつつ、結局完食。
お値段は千円で若干おつりがくるって感じ。
今月はもう一回王子で平日午前中に野暮用があるんで、次回はランチビールもやっちゃおうかなどと相談しつつ、この日はさくっと解散。

ってことで、この書庫(ランチのお誘い)も、4か月以上ぶりの更新だね。


◆そふりっと 北区王子1-10-9 03-5390-1772 駅東口から北とぴあ方向に徒歩1分


まずはサラダ。


オムライス、写真では十分伝わらないけど、予想の1.5倍以上の巨大さだった。



ちなみに家にいるときのランチは残り物などで適当に。
これは最近マイブームのシチューオンライス@11月14日。




目黒deステーキ(メグロデステーキ) 肉食系ランチ

京都吟行の続きは書くのに時間かかりそうなので、今朝は帰ってきた翌々日のランチをご紹介!

いちろうさんのブログで、目黒に新しいステーキ屋さんができたのを知って、ランチで行ってみた。
入口で食券を買うシステム、1200円の限定200グラムでドリンク付きをチョイスする。

ゆったりした座席配置で、店内は完全禁煙。
カウンターには各種の塩、辛そうなソース、ニンニクチップス、おろしニンニクが並ぶ。
サラダは千切りキャベツとマカロニサラダ。ご飯は白米と五穀米、それにスープもある。
席に案内されると、卓上に三つに区切られた調味料入れがあるので、これを持ってカウンターに行って好きな塩やソースを選び、ご飯、サラダ、スープを持ってきてエプロンをしてステーキを待つ。
尚、卓上にもワサビや自家製ソースあり。

ドリンクは、烏龍茶・ジンジャーエール・オレンジジュースなどからのチョイスで、残念ながらコーヒーや紅茶やビールは無いみたい。
私は烏龍茶、お連れ様はジンジャーエールね。

やってきたお肉は上に紙がかぶさっていて、これは跳ねがとぶのを防止しているんだね。
紙をどかすと熱々の溶岩プレートの上に、レアめの焼き加減のお肉がカットされている。
時間がたつと焼けてくるので、お好みの焼き加減でどうぞ、とのこと。
もちろん、サラダ、スープ、ご飯はおかわり自由。

あっという間にペロリ、パワーつきそうでここは良いかも。

<裏tomo君>
最近体重計ってないね。


◆目黒deステーキ 品川区上大崎2-26-5 ホテルアベスト目黒 3F 03-3490-5608
 日曜はお休みみたい。



塩やソースはいろんな種類あり。


お肉はカット済み、レアめの焼き加減で熱々の溶岩プレートに乗ってくる。




次のページ