FC2ブログ

日本ビール党の部屋

ビール、食べ歩き、俳句、などなど

神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 1月の大倉句会

1月10日の金曜日は、大倉句会に参加した。
今はいろんな句会に顔を出しているけれど、大倉句会は初めて俳句を始めたときから続けている、いわば私の本籍地みたいな句会だ。
なので大倉句会関連記事だけは、別書庫に独立してるのだ。

51回以降の兼題は、こんな感じ。
第51回(2016年1月) 新年、鏡餅、福寿草、冬深し、初(詠み込み) @銀漢発行所
第52回(2016年2月) 立春、鶯餅、春の雪、椿、水(詠み込み) ここから、ひまわり会館にお引越し
第53回(2016年3月) 啓蟄、タンポポ、春一番、蜆、来(詠み込み)
第54回(2016年4月) 春の昼・四月馬鹿・朝寝・草青む・戸(詠み込み) 欠席
第55回(2016年5月) 初夏、五月雨、菖蒲湯、蟇、葉(詠み込み)
第56回(2016年6月) 梅雨寒、朝焼、冷し酒、青芒、清(詠み込み) 欠席
第57回(2016年7月) 暑し、泉、草取、蛍、長(詠み込み)
第58回(2016年8月) 涼し、片陰、滝、月見草、番(詠み込み)
第59回(2016年9月) 残暑、虫籠、鰯、木犀、村(詠み込み)
第60回(2016年10月) 秋澄む、落し水、栗、茸(一般)、田(詠み込み)
第61回(2016年11月) 立冬、酉の市、山茶花、大根、初時雨
第62回(2016年12月) 冷たし、柚子湯、鴨、白菜、山(詠み込み)
第63回(2017年1月) 六日、初景色、笹鳴、万両、湯(詠み込み)
第64回(2017年2月) 日脚伸ぶ、残雪、入学試験(大試験)、梅、島(詠み込み)
第65回(2017年3月) 朧、薄氷、鶯、辛夷、朝(詠み込み)
第66回(2017年4月) 春泥、汐干狩、鳥交る、桃の花、上(詠み込み)
第67回(2017年5月) 卯の花腐し、山滴る、田植、羽抜鳥、井(詠みこみ) 反省会のみ参加
第68回(2017年6月) 雲の峰、草取、目高、蕗、岩(詠み込み)
第69回(2017年7月) 風死す、虹、水着、金亀子、部(詠みこみ) 
第70回(2017年8月) 夜の秋、西日、土用波、水連、久(詠み込み)
第71回(2017年9月) 朝顔、新涼、休暇明、鰯雲、語(詠み込み)
題72回(2017年10月) 名月、新米、砧、鰡、本(詠み込み)
第73回(2017年11月) 冬めく、茶の花、虎落笛、神無月、天(詠み込み)
第74回(2017年12月) 寒波、鰤起し、襖、白菜、有(詠みこみ) 欠席
第75回(2018年1月) 年男、悴む、縄飛、煮凝、当季雑詠
第76回(2018年2月) 待春、冬の虹、狸、冬芽、当季雑詠
第77回(2018年3月) 焼野、水温む、三椏の花、若布、当季雑詠
第78回(2018年4月) 春の宵、陽炎、苗代、桜蕊降る、当季雑詠
第79回(2018年5月) 麦秋、代田、柏餅、袋角、当季雑詠
第80回(2018年6月) 走り梅雨、飛魚、豆飯、新樹、当季雑詠
第81回(2018年7月) 梅雨明、汗、泳ぎ、向日葵、熱帯魚
第82回(2018年8月) 夏の果、夏休み、滝、木槿、当季雑詠
第83回(2018年9月) 秋風、生身魂、秋の蚊、鶏頭、当季雑詠 @麹町区民館
第84回(2018年10月) 秋出水、とろろ汁、秋思、芒、当季雑詠
第85回(2018年11月) 山粧ふ、松手入、燕帰る、柿、当季雑詠
第86回(2018年12月) 師走、隙間風、綿虫、八手の花、当季雑詠 @KoNA水道橋
第87回(2019年1月) 初雀、小正月、寒鯉、冬萌、当季雑詠
第88回(2019年2月) 春近し、冬霞、氷柱、芹、当季雑詠
第89回(2019年3月) 雪の果、北窓開く、雛祭、蛍烏賊、当季雑詠
第90回(2019年4月) 菜種梅雨、草餅、潮干狩、雪柳、当季雑詠
第91回(2019年5月) 夏めく、粽、雨蛙、薔薇、当季雑詠
第92回(2019年6月) 白南風、更衣、金魚、万緑、当季雑詠 旅行とバッティングで欠席
第93回(2019年7月) 灼くる、雲海、花火、紙魚、当季雑詠
第94回(2019年8月) 土用一般、風鈴、端居、蠅、当季雑詠
第95回(2019年9月) 二百十日、良夜、稲干す、石榴、当季雑詠
第96回(2019年10月) 行く秋、干柿、猪、新松子(しんちぢり)、当季雑詠
第97回(2019年11月) 小春、切干、酉の市、帰り花、当季雑詠
               当日席題句会開催 おでん、神の留守
第98回(2019年12月) 白鳥、湯豆腐、寒林、紙漉、当季雑詠
第99回(2020年1月←今回) 書初、ラグビー、寒鴉、鯛焼、当季雑詠
第100回(2020年2月←次回) 春めく、霞、梅見、凧、当季雑詠

1~50回の兼題は、この記事参照→ https://japanbeerparty.blog.fc2.com/blog-entry-3196.html
句会の作法は、この記事参照→ https://japanbeerparty.blog.fc2.com/blog-entry-1678.html

会計を担当しているので、いつもの通り少し早めに句会場である神保町の公共施設の会議室へ。
今月はいつもの部屋が取れなくて、ちょっと手狭な隣の部屋で、肩寄合って句会をやる。
所属俳句結社の月刊誌の句会照会で大倉句会をとりあげることになったので、句会のあとで参加者全員の記念写真をパチリ。

<裏tomo君>
なんかやや失敗写真だよね、早く飲みたいもんだから1枚しか撮ってなかったでしょ。


終了後は銀漢亭へ、酒飲み揃いの句会だけに反省会への出席率が異常に高い。そして今回も反省会だけ出席する人もいる。

反省会の終了後はさらに反省するため、精鋭たちはいつもの角の炒飯屋さんへ向かう。
いつもどうみても6席くらいしかあいてないところに無理矢理10人以上で乱入してるんだけど、今回はどう見ても3席くらいしかあいていない。お店のお姉さんは「だいじょうぶ、ここ、ここ」って言うけど、私たちは1ダースくらいいるのだ。
さすがに無理かとあきらめて、2階の餃子屋さんへ。
一階と二階は一応別の店だけど、出て来るお料理は共通のものも多くて、多分同じ母体の店と思われる。だけど、一階のお姉さんはフレンドリーで優しいんだけど、二階のお姉さんはちょっと怖いのよね。

<裏tomo君>
怖いのはアンタたちでしょ。

こんな大倉句会だけど、ついに来月は、記念すべき第100回なのだ。
祭だよぉ~!

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。

◆天鴻餃子房(テンコウギョウザボウ) 千代田区神田神保町2-2 亀山ビル 2F 03-3263-6992
 いつもの炒飯屋さんの二階だけど、どうも一階と同系列らしい。

~ 今日の俳句 ~
 選句中のため後日記載


句会を終えて銀漢亭へ
銀漢亭

乾杯~!
銀漢亭

色々飲んで食べたんだけど、なぜだか銀漢亭の写真はここまで


炒飯屋をあきらめて餃子屋で、乾杯!
天鴻餃子房

干し豆腐の和え物
天鴻餃子房

麻婆豆腐…ってことは、白飯も食べたな
天鴻餃子房

餃子いろいろ
天鴻餃子房

五目あんかけ焼きそばも食べたのね
天鴻餃子房


スポンサーサイト



神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 1月の十六夜句会と極句会は合同開催で

1月9日の木曜日は、女子限定句会の十六夜句会と宴会で活躍する人々が集まる極句会が合同開催された。
例年お正月とゴールデンウィークがらみで句会開催日程の調整が難しくなってくると、この2つの句会は合同開催されることが多い。兼務の人が結構いるからね。
人数が多めだからってことで、句会は会議室では無しにいきなり銀漢亭で、飲みながらの開催となる。
これが私にとっては、2020年最初の句会だ。

<裏tomo君>
2020年最初の句会だけど、銀漢亭に来るのは3回目だよね。
あ、正確には1日2回来た日もあるから4回目か(笑)


兼題は無しで当季雑詠の4句出し。
ゲストで参加してくれたYM氏も含めて、句会参加者17名、欠席投句者3名と、計20名の参加となる。

みんな、今年も楽しく俳句しよう♪

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。土日祝日・他不定期休あり、時たま早仕舞いあり。

~ 今日の俳句 ~
 職引きてなほ初夢にみる上司
 七種をまづ確かめてから刻む
 夫も吾も山国の出や雑煮椀


今日もカウンターには常連たちが集う
銀漢亭

今年もよろしくの、乾杯!
銀漢亭

差し入れも含めて、色々出てくる
銀漢亭

この日のカウンター担当はKちゃん、今年もよろしくね
銀漢亭



神保町・わたる コート交換を口実にまたも神保町へ

2020年営業初日の1月6日に銀漢亭でみんなで色々とやらかして、旧職の友人であるKTさんがだれか他の人のコートを着て帰ってしまったと言う知らせを受けた翌日の7日火曜日。

私は前夜ほぼ最後まで銀漢亭に居たけど、気が付いた限りでは忘れ物は無かった。
ってことで、まずは店主サマにショートメールで前夜友人がコートを取り違えたから、誰かから何か連絡があったらお知らせいただくよう依頼する。
一方で、当日勉強会の流れで来ていた団体さんについては、参加者の一人であるI斗氏にコート取り違えの件を連絡して、参加者に問い合わせてもらうことにした。
店主サマから、コート取り違えについての連絡は来てないけど、前夜遅くまで居た人は私以外におひささん、ASさん、UOさん、Kちゃんあたりかなと連絡がある。
俳句関連の怖いお姉さんそろい踏みって感じだ。
その人々にもコート取り違えについて問い合わせを入れる。
で、この日は七草粥の日だったんだけど、朝からバタバタしていて作り損ねたまま夜となる。
仕方ないので夜、家飲みの〆に七草粥をいただく。

コートについては進展の無いままに、1月8日の朝。
UOさんから、「犯人は私です」とのメールがあって、一気に一件落着となる。
KTさんもUOさんも夜に銀漢亭にコートを持っていくとのことなので、成り行き上私も銀漢亭へ。
6時過ぎに店に到着すると、UOさんはすでに5時半ごろに来店してコートを預けて飯田橋での句会のため去っていったらしい。でももしかしたら10時頃に戻ってくるかもしれないらしい。
6時半前にKTさんが到着し、ビールなど飲みながら無事にコート交換完了。

で、せっかくだからどっか行こうかと、KTさんと2人で近くのお蕎麦屋さん「わたる」へ向かう。
日本酒の品ぞろえと日本酒に合うお料理にこだわるお店で、どんどん食べて飲んで、すっかりいい気分となる。
さて帰ろうかと思ったけど、ちょうど駅に行く通り道にあるから仕方がない、再び銀漢亭へ。
句会が終わったUOさんも来ていて、さらに盛り上がる。
これでまたまたコートを間違えたりするとこの話は終わらなくなっちゃうんで、さすがに持ち物には気をつけて解散となったとさ。

◆手打そば わたる  千代田区神田神保町2-28 03-6272-6377
 http://sobawataru.com/

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。土日祝日・他不定期休あり、時たま早仕舞いあり。


銀漢亭、18:30まではハッピーアワーで最初のドリンク200円引き
銀漢亭

ってことで、ビールなど飲んでいるうちにKTさん到着で、さらにビール
銀漢亭


ここで場所を変えて、わたるでまたビール
手打そば わたる

生海苔とほうれん草のおひたし
手打そば わたる

キノコのおろし和え
手打そば わたる

ピントぼけてるけど、白子の天ぷら
手打そば わたる

日本酒に切り替え
手打そば わたる

自家製糠漬け、酸味がたまんない
手打そば わたる

柿の白和え
手打そば わたる

お酒はどんどん頼む
手打そば わたる

手打そば わたる

あん肝
手打そば わたる

手打そば わたる

最後は絶品蕎麦で〆て、ふたたび銀漢亭へ
手打そば わたる



神保町・銀漢亭(ギンカンテイ) 1月6日、2020年の営業スタート!

1月6日の月曜日、年末年始の休業を終えて、銀漢亭が営業を再開した。
と同時に、待ちかねていた常連さんたちが、次々にやって来る。

仕事始めだったらしきO師もご来店。
めでたいお正月だからってことで、いきなりみんなにヴーヴ・クリコをご馳走してくれる。
続いてこれまた常連のPヒロシ氏もヴーヴ・クリコもう一本!
しょっぱなから泡の連続で銀漢亭の2020年がスタートする。

この日は私の旧職時代の怖いお姉さんナカマ3人、最も怖いK子姉さんや妖怪チームのKTさん・YIさんも来店してくれて、店内に怖い雰囲気を振りまく。

やがて怖いお姉さん3人組は店を出て行ったけれど、カウンターはますます賑わい、おひささんはじめ俳句界の怖いお姉さんも集結してくる。
2階の会議室で俳句勉強会をやっていた人たちも勉強が終わってお店にやってくる。

そして、だいぶ前に店を出て行った私の旧職時代の怖いお姉さんナカマ3人が、かなり良い感じにできあがって再来店。どうやら、並びのお蕎麦屋さんでじっくりしっかり飲んで食べて、舞い戻ってきたらしい。
そんなこんなで来る人、去る人で賑わって、2020年最初の営業日は終わる。

深夜、
旧職時代のナカマのお姉さんの一人、KTさんからメッセージ着信。
着て帰ったコートが他の人の物らしいと言う。
うーん、酔っ払いアルアルだよね。
とりあえず、対策は明日ゆっくり考えることにして、寝る。


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
 キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。土日祝日・他不定期休あり、時たま早仕舞いあり。


明りはついてるけどまだ営業開始前の銀漢亭
銀漢亭2020初日

ドアにはCLOSEDの看板
銀漢亭2020初日

裏返ってOPEN、2020年の営業がスタートしたよ!
銀漢亭2020初日

いきなりO師のおごりでヴーヴ・クリコ
銀漢亭2020初日

ご馳走さまで~す!
銀漢亭2020初日

酔客やスタッフが次々と割っちゃうので、グラスは割とバラバラな感じで(笑)
銀漢亭2020初日


この後も様々なドラマがあった2020年営業初日、でも公開できる写真はこれでおしまい。


年末年始とファミリー新年会

毎年実家で一族郎党(というほどでもないけど、まあファミリー)の新年会を行っていたけれど、諸般の事情で今年からウチでやることになった。
自慢じゃないけど掃除は苦手で、ここ10年以上ちゃんとした大掃除をしたことが無い。

<裏tomo君>
まったく自慢にならないよね、いわゆる汚部屋…

でもまあ、居間と和室にあるものを全て物置部屋に押し込んでしまえば何とかなるかなと、嫌なことを先延ばしにしているうちにどんどん年が押し詰まっていく。
そんな時に限って、年末に急に泊りに来る人がいたり父の年賀状の宛名印刷を引き受けたりする。

そうしていよいよ大晦日。
とりあえず、物置部屋への物質の移動を行おうかと手を付け始めると、やはりせっかくだから不要物は捨てたいなとかもう読まない本はこの際箱に詰めて売り払っちゃおうかとか欲が出てくる。

結局大晦日は食料品などの買い出し以外はほぼ終日大掃除となる。
まだまだ完成には程遠いけど、さすがに紅白が始まったところで一旦中断。
そして元旦、三が日の朝食はお雑煮なんだけど、ああ何という事でしょう、鶏肉を買い忘れていた。
ってことで、鶏肉抜きのやや寂しいお雑煮を食べて、再び掃除の続き。
ニューイヤー駅伝も見ないで終日掃除、お正月らしいお節もほとんど無し。

そして迎えた1月2日、朝から掃除の仕上げをする。
自分で言うのも何だけど、かなり片付いた。
お料理までは手が回らないんで出来合いのお寿司を調達、お節料理は母があれこれ作ってきてくれて、1歳から89歳までの12名が我が家に集う。
みんなで並んで家族写真なんかも撮っちゃう。
日本の正しいお正月だ。

そして終わってみれば掃除疲れで俳人じゃなくって廃人のようになって、残ったお節で飲みながらだらけているうちに、お正月ウィークは終わったのであった。


みなさま、こんな日本ビール党のtomoだけど、今年もよろしくね♪


食卓写真もあんまり撮る余裕無しだけど、とにかくお寿司だけはふんだんに用意した
新年会

母の昆布巻きは安定の美味しさ、その他一通り用意して重箱に詰めて持ってきてくれた
新年会

私が用意したのはこの乾きもの皿と
新年会

茹で卵たっぷりのマカサラ
新年会

<裏tomo君>
乾きものは袋から出しただけ、マカサラはゆでて混ぜただけ。



次のページ